teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1209/3589 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

戦争はメディアが起こす? クリミア銃撃事件を検証

 投稿者:名無し  投稿日:2014年 3月22日(土)10時21分43秒
  通報 返信・引用
  続きです。
(発砲事件があったという、ウクライナ軍基地の場所探しです)

1 ①Скай МЕБЕЛをグーグルで検索→②http://www.mebelskay.kiev.ua/firms/citySimferopoli-1.html
のドメインがヒット→③ページ左の都市からСимферопольを選び、
Симферополь Скай МЕБЕЛをグーグルで地図検索→④http://www.082.crimea.ua/info/index/contact.map/u/23741/id/24163
がヒット(地図上の電話番号「067 230 93 28」とAFP写真1枚目にある電話番号が一致→⑤事件現場はСкай МЕБЕЛの前の通りであることが判明。

2 住所はСимферополь : Склад, ул. Кубанская, 1а
シンフェロポリ市クバンスカヤ通り1A
Складとありますので、倉庫(家具店の)かも知れません。

3 地図を航空写真で見ると、このお店(倉庫?)、Скай МЕБЕЛの通りの向かい(左側)に軍基地らしい敷地が広がっています。これがウクライナ軍基地かもしれません。
 AFPによれば、発砲事件が発生したのは「首都シンフェロポリ(Simferopol)の北東にあるウクライナ軍基地」ということです。
 地図を小さくすれば、この基地が首都シンフェロポリの北東に位置しているのが確認できます。
 ということで、発砲事件はこの基地内か、または附近で発生したと考えられます。

4 AFP5枚目の写真は、夜間行動の様子です。
「ロシアの声」http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_19/ukuraina-ransha/
では「建設中の建物の窓から行われたもので…」と伝えています。
 この写真でも、工事が途中となっているブロック壁、コンクリート塊があったりして「建設中」です。

5 1枚目の右側に後ろ手に縛られたような人物が写っています。この人物の服装はウクライナ軍兵士とは明らかに違っています(地元の人が騒ぎを見物しに行って拘束されたのでしょうか)。
 写真説明では「ウクライナ兵らを拘束するロシア兵」とあります。この「ら」が気になります。現場にはロシア兵、露派民兵、警察、ウクライナ軍兵士、報道関係者しかいないはずですから。

6 工事現場+後ろ手に拘束された人物=?です。
 ウクライナ国防省は「自己防衛と自らの命の保護のため、武器の使用を許可する」と命令を下しました。
 当たり前の様ですが、応戦すれば多数の犠牲者が出るのは火を見るよりも明らかであり、本格的な戦闘になるにもかかわらずです。
 襲撃と関係があるのではないか…勝手な想像ですが、そんな気がします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Скай、スカイは店の名前ではなく、ブランド名でした。
「スカイ製品取り扱い」という感じでしょうか。
いずれにしろ、この写真は町中でのことと思われます。
ウクライナ兵が町中を歩いていたら、ロシア兵に臨検されたということでしようか?
でも、これも変ですよね。
非常事態で外出禁止になっているはずですから…。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

AFPの記事、写真なんか変?だと思います。
で、トム・ジーヤの冒険で推理してみました。

------------------------

クリミアの軍基地襲撃で2人死亡、ウクライナ危機は「軍事段階に」
http://www.afpbb.com/articles/-/3010549?pid=0

写真説明↓
ウクライナ南部クリミア半島のシンフェロポリ(Simferopol)で、ウクライナ兵らを拘束するロシア兵とみられる部隊(2014年3月18日撮影)。(c)AFP/Alisa Borovikova

--------------

基地を襲撃してウクライナ軍兵士を拘束しているみたいですけど…。

でもね、写真にあるМЕБЕЛ、メベールはウクライナ語で「家具」。
Скай、スカイはウクライナ語にもロシア語にもないから、店の名前だと思う。
「スカイ家具店」と言うところかも。

ガラス窓にポスターが貼ってあるし、電話番号らしい「099 252 09 91」「067 230 93 28」という数字も見える。
ガラス窓の貼り紙のBXOДは英語のalarmのこと。
要するに、この写真は基地の中じゃなくて、街中での「スカイ家具店」前での出来事。

ブルゾンの背の高い男性、何かを指示している様子で、この人は本当に軍人?
ロシア人?
4人の目出し帽をかぶった兵士の服装をよく見ると統一されていない。
とくにスコープ付き狙撃銃をもった兵士の靴は普通の軍靴ではなくて、スニーカーみたいに見える。

では、Скай МЕБЕЛはどこにあるのでしょうか?
http://www.mebelskay.kiev.ua/firms/city-Simferopoli-1.htmlというドメインがヒットしました。
これにmebelskay.kiev.ua、city-Simferopoli-1.htmlとありますのでキエフ、シンフェロポリにお店があるのは確からしいです。。

ホームページの左側に、お届けできる都市の名が書かれています。
ドネツク、ハリコフなどの名前がありますから、クリミア、ウクライナ東部・南部方面もに営業網を持っているお店のようです。

ところで、8枚目の写真の右端の黒い影は何だろう?
7、8枚目の皆さん、うつむき加減。
おまけにへっぴり腰です。
いずれにしろ、素敵な家具に囲まれてのんびりと一家団欒ができる平和が訪れますように祈りたいものです。

※写真をよく観察すれば、わからないことが浮かんできます。
わからないことだらけですので、ご教示お願いします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1209/3589 《前のページ | 次のページ》
/3589