teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1124/3525 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

奴隷同士を結束させないために

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 4月 2日(水)09時54分10秒
  通報 返信・引用 編集済
  支配者は奴隷が結束しない様に奴隷間に憎しみを起こさせる問題を作る。日本と近隣諸国との問題も同じなのである。人はそれを賎民資本主義と呼ぶ。そんなことより日本人の隣人との仲の悪さはなんとかならないのか。挨拶は心の花を咲かせるのに。



http://japanese.ruvr.ru/2014_02_19/128899687/より

参考記事:WGIPで検索すると...........

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=WGIP&inside=1

WGIPとはWar Guilt Information Program(戦争責任周知徹底計画)のこと

永遠のゼロの著者百田尚樹氏は田母神氏の占拠応援演説でWGIPに触れていた。これがきっかけでバッシングが起きたのは記憶に新しい。日本にジャパンハンドラーがいるように中国や韓国でも米国のハンドラーがいるのです。

田母神俊雄氏をWikiでみると.........

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%AF%8D%E7%A5%9E%E4%BF%8A%E9%9B%84

中国人の反省

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00000013-rcdc-cn

ロシア人専門家:日本は中国のプロパガンダ攻撃を恐れる必要ない
Photo: EPA
   「Japan Times」紙が報じたところによれば、中国は日本に対して本格的な情報戦争を仕掛けており、それはすでに両国の経済協力に損害をもたらしているほか、日本にとって否定的な影響を持つ恐れがあるという。ロシアのドミトリー・ストレリツォフ専門家は、状況を誇張してはならないと指摘している。

   「Abe put Japan on back foot in global PR war with China」と題されたこの記事の主眼は、中国は日本に対するネガティブキャンペーンを強化するため、昨年12月の安倍首相による靖国訪問を利用している、というものだ。その目的は、日本で軍国主義が復活しつつあると言いふらし、増大する中国の軍事費から国際世論の注意をそらすためらしい。「Japan Times」紙はまた、中国による情報電撃戦が成功することを多くの日本人が恐れている、と指摘している。日本が平和を脅かすという中国の主張を全世界が受け入れつつあると恐れているのだ。

モスクワ国立国際関係大学のドミトリー・ストレリツォフ教授は、日本人は何も恐れる必要はない、と指摘している。

   -中国が誰かに何かを信じさせることなどできないでしょう。中国の中にいる人々も、日本に対する批判は、国内世論をまとめるためのプロパガンダに過ぎないことを知っているのです。

   ストレリツォフ教授は、プロパガンダキャンペーンは複雑な中国の国内プロセスを反映したものであり、共産党と軍の関係もそのひとつだと指摘する。安倍首相に靖国訪問は、国内の支持率を向上させたものの、米国やロシアなど、日本にとって重要なパートナー諸国から批判を呼んだ。この靖国訪問は、中国によって今後もしばらく切り札として使われるだろう、とストレリツォフ教授は話している。

   -中国と日本の間での首脳会談問題は依然として厳しい問題です。いくつかの国際会議が予定されており、そのなかで首脳会談が行われる可能性はあるものの、中国は靖国問題を持ち出して、尖閣問題の存在を日本に認めさせようなどとするでしょう。しかし日本もそのような譲歩を行わないでしょうから、中国は首脳会談については棚上げし、しばらくは経済など他の方面で利をかせごうとするでしょう。

   ストレリツォフ教授は、日中首脳の行動は砂場での子供同士の喧嘩のようだと指摘する。少なくとも、中国指導部は日本との関係をそれほどかき混ぜたくないと考えているような兆候が見られる。特に、尖閣問題の先鋭化を避けるため、昨年に比べれば、周辺海域での中国船舶の出没頻度が減っている。

   ストレリツォフ教授は、中国で定期的に発生する日本批判が、日本をして米国との軍事政治同盟をさらに進ませ、日中関係改善をより困難にする、という見方についても賛成しないようだ。

   -日本が米国との同盟を強化するのは、長年にわたって進行している客観的プロセスであり、アジア太平洋地域における再編を反映したものです。これは中国のプロパガンダがなくても進むものです。というのも、中国が発展すればつまりは日本にとっては競争相手になるのですから。

   しかしこの競争は、日本と中国が経済的パートナーであるという事実をひっくり返すものではなく、遅かれ早かれ、両国の関係は自然に正常化するだろうとストレリツォフ教授は考えている。これは、日本との緊張関係が経済成長にとって害であり、国益を損すると中国が認識したときに可能となる。中国はいままでも必要なタイミングで譲歩を行うことができると示してきたのであるから、今回もいつかそうなるだろう。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/2014_02_19/128899687/

参考記事:秦氏,賀茂氏,裏天皇,八咫烏

http://blogs.yahoo.co.jp/nehan_sintai/26020859.html

この国の裏の仕組みに関して非常に大切なことが書かれています。
要点のみをメモしましたので、もし興味があればご覧くださいませ。

いつも一緒(旧Legacy of Ashes) さまから抜粋転載

賀茂氏=レビ族
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1921
『天皇が天皇になるためにもっとも重要な儀式といわれる「大嘗祭」を主催し、そのすべてを取り仕切っているのは、宮内庁でも伊勢神宮でもなく、京都の賀茂神社――それも、天皇の儀式のいっさいを執り行うのは下鴨神社なのです。』

※管理人
大嘗祭(おおにえのまつり)は、天皇が即位の礼の後、初めて行う儀式。
一代一度限りの大祭。「おおなめのまつり」「だいじょうさい」とも呼ぶ。

日本の秘密.....
http://uzumasa-1962.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-d473.html
以下転載
『裏神道高官のナマの声をあげましょう。
われら忌部は秦氏である。
秦氏には色々な職業、家系がある。
例えば、政治関係を担当した秦氏は藤原家がある。
経済担当は三井家があり、三井家が神宮遷宮時の費用を捻出しておった。
武家担当の秦氏には源平等がある。
よろしいか?

秦氏は歴史から姿を消した。
それは改名したに過ぎない。
役割分担をはっきりさせると共に国体の護持の為に秦氏は改名したのだ。
われら忌部は秦氏の中でも祭祀を専門に担ってきた。
よろしいか?

秦氏系忌部は神宮、熱田、諏訪、宇佐、高良等の大社の祭祀をしておる。
しかして、物部系忌部は出雲、伊雑、籠、石上、大神神社等の古社の祭祀をしておる。
賀茂氏は忌部の中でも最高の祭祀支族である。
大祭司は賀茂氏であり、忌部の中の忌部である。
よって、賀茂氏も秦氏である。

賀茂氏の中でも陛下直属の賀茂氏は戸籍と姓名が無い。
戸籍の無き賀茂氏をわれらは「漢波羅」と呼ぶ。
表の陰陽師を陰陽師、裏の陰陽師を漢波羅と申す。
この漢波羅が神道奥義を握っておられる。』

先日「ヤタガラスを動かせ」とのメッセージを受けた人の話を聞きました。
ところで「ヤタガラス」ときくと、熊野三山を思い浮かべるかもしれませんが、人間界でいう所の「ヤタガラス」とは、裏神道秘密組織「八咫烏」のことを指します。
「八咫烏」とは生まれもって戸籍に入る事を免除され、法律上は存在していない事になり日本国民でもありません。一生を国体と神道の護持に捧げていき、もし死んでも騒がれる事もないそうです。
決して歴史の表舞台に登場することはないが、日本の歴史が大きく動くとき、影には闇夜の烏のごとき暗躍するそうです。

ちなみに過去に「虚無僧」とよばれた者は彼らの下部情報収集用のスパイであり、常に日本国の動きを把握し、操作していた様です。
数少ない民間人として、彼らとパイプを持つ飛鳥昭雄氏によると、「八咫烏」の人数は、数十人。中枢をになっているのは「十二烏」とよばれる12人であり、更にその上に「大烏」と呼ばれる人がいます。
大烏は3人存在し3人で「金鵄」と呼ばれ、「裏天皇」としての役割を担うといいます。

歴史の影に秦氏あり
彼らは全員が「漢波羅」とよばれる迦波羅(カバラ)の達人で、陰陽師(注:裏の陰陽師)でもあります。
その正体はイスラエル12氏族の内、祭祀をつかさどっていたレビ族の末裔で、「賀茂氏」と呼ばれる「秦氏」の一派だといいます。

※管理人
カバラとはユダヤ教の伝統に基づいた神秘主義思想で、
全ての神秘を解く鍵と言われ、西洋魔術に最も影響を与えている古代の神秘です。

あの気鋭の陰陽師、安倍清明やそのライバルの蘆屋道満はもちろん、そもそも陰陽道の開祖である役小角も「賀茂役君小角」と呼ばれる「賀茂氏」の一員であったそうです。

そしてその「賀茂氏」=「八咫烏」裏神道の本拠地が、京都にある「下上賀茂神社」だそうです。事実、賀茂別雷神社、通称「上賀茂神社」は全国約11万社の神社の総元締めでもあります。
実はこの「下上賀茂神社」はあの「伊勢神宮」と表裏一体の動きをなし、雛形でもあるといいます。要は、「伊勢神宮」に「動き」があるときは、それに先じて、「下上賀茂神社」に「動き」があるわけです。

「上賀茂神社(賀茂別雷神社)
≒「伊勢内宮」
「下鴨神社(賀茂御祖神社)」
≒「伊勢外宮」
では、その「動き」とは一体何か?
それは、「伊勢神宮」の封印が解かれることを意味します。

では、その「伊勢神宮の封印」とは何か?
現在、伊勢神宮には、「内宮」と「外宮」、および数々の「別宮」があります。しかしその中心はやはり「内宮」と「外宮」の二正殿。
しかし、「八咫烏」はこの構造において伊勢神宮における封印されしもう一つの「正殿」が存在する事を明らかにします。

其の名は「伊雑宮」!

先にも紹介した「旧事本紀」が神庫から発見されたあのお宮です。
この「伊雑宮」の封印が解かれる時、すなわち、現在の「伊雑宮」の格式が正式に内・外宮と並び、そこに納まるべぎ三種の神器がそろう時、伊勢三宮として「伊勢神宮が復活する」というのです。
では真の伊勢神宮が甦ったとき、一体何が起こるのか?

抜粋転載おわり
---------------------------------

ご紹介しましたブログには今回も大変勉強になりました。
この国は明らかにオカシイ…
国民の命も人権も守らなければ、子供の命や将来さえ無視する…
あまりに不気味であり何か途轍もない裏がありそうだ。
たとえ何があっても日本だけが決して変われない理由???
知ったところで何も変わらないかもしれない。
ただし知らないことには何も始まらない。
国民全体の集合意識を高めていく以外にはありません。
今後も無心に地道に勉強して参ります(-_-)

米国大統領の系譜(彼らはイルミナティの人形なのです)

http://www.jiji.com/jc/d4?p=usp221&d=d4_psn

皆さん驚かれるかもしれませんが日本には天皇が二人いるのです....

小野寺直で検索すると3件出てきます

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8F%AC%96%EC%8E%9B%92%BC&x=0&y=0&inside=1

 
 
》記事一覧表示

新着順:1124/3525 《前のページ | 次のページ》
/3525