teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1193/3593 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

子供たちの骨が見つかった

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 4月 2日(水)18時11分10秒
  通報 返信・引用 編集済
 

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51929813.html

(概要)
警告!偽旗攻撃と血の御供は繋がっています。
9.11テロ事件、オーロラ乱射事件、サンディ・フック乱射事件、ボストン・、マラソン爆弾事件、その他の大量殺人事件に共通するものは何でしょうか。最近、益々、このような事件が多発していませんか。
悪いことに、今後、さらに、このような事件が増えていくでしょう。その理由は??
悪魔(サタン)を崇拝するエリートらがこの世に悪霊を呼び込むために血の御供を行っているからです。悪魔崇拝者らは世界中の重要な場所に集合し、悪霊をこの世に招き入れようとしています。
悪魔儀式は特別な場所で特別な日に行うのが最も効果的だということを理解する必要があります。
悪魔儀式を行うのに最も適した日は、春分と秋分の日、夏至と冬至です。
最適な場所は、レイライン(注1)上、古代の埋葬地、或いは古代の人身御供が行われていた場所です。これらの場所には今でも悪霊が潜んでいます。幽霊が良く出る場所でもあります。
彼らがこのような宗教的儀式を行う理由は、彼らが神になりたいからです。イザヤにはサタンも神になりたがっていたことが記されています。
彼らが血の御供を行う目的は何でしょうか。それは。。。悪霊たちを招き入れることです。
彼らは次の事を行って、悪魔を招き入れます。
・血の御供
・鐘を鳴らす(2012年ロンドンオリンピックでも行われた)
・音楽を奏でる
・言葉を使う
オカルトの世界では血の御供が特にパワフルです。
ドルイド教の僧侶(古代ケルト社会)、マヤ人、その他の古代宗教では、人身御供を行うことで有名です。
では、どうして悪魔を崇拝しているエリートらは、このような血の御供の偽旗事件を起こしながら悪魔を招き入れるのでしょうか。
・自分達が今以上のパワーを得たいから。
・悪魔集団の他のメンバーに自分達のパワーを送り、影響を与えたいから。
・彼らが所属する悪魔集団を超自然的方法で隠すため。
・キリストを信じる人々や敵とみなす人々に悪霊を送り込み、人々を呪い、経済苦、病苦などを与えるため。
今後もこのような血の御供の偽旗事件は続くのでしょうか。続きます。
我々はこれを深刻に受け止めなければなりません。
彼らは、何年も前に何千回もの血の御供が行われた場所(ポータル、スターゲート、古代の埋葬地など)を使って悪霊を呼び込んでいます。
キリストを信じる人々は最大の霊力があるため、彼らが狙われる可能性があります。
教会を攻撃したり、キリスト教徒を犯罪者に仕立て上げたり、キリスト教徒の宗教的権利を抑圧したり、嫌がらせをしたり。。。
では、どのようにしたら、悪の勢力と戦うことができるのでしょうか。
我々は彼らのゲームに立ち遅れています。時間がなくなりつつあります。霊界では急速な変化が起きています。
(省略:日常的にキリスト教の教えをもう一度やり直すこと。)

注1:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

関連記事:1997年8月31日ダイアナ妃の死んだ現場.....単数化=11

http://www.dokodemo-bessou.com/france/diana/diana.htm

http://satehate.exblog.jp/15178665

『アルマ橋トンネルは、月の女神ダイアナに捧げられた聖地であった。そこで、彼らは犠牲的生贄を実践していた。これらの儀式中、生け贄として捧げられる犠牲者が、地下神殿内で死亡することが、最重要なことであった。 ダイアナの暗殺は、この古代異教の伝統の再現であった』......記事の中で『女性エネルギーを表す古典的なオカルト象徴 、5花弁の花(薔薇)によって表されていることを見る。ウィキペディアがそれについて言うべきことは:「五葉飾り(フランス語、5つの部分、から)は、中世のキリスト教の象徴主義に見いだされる5花弁の薔薇。これは記事にしましたジャクリーンが手にしていたものです。そこに最後のトドメを刺すものが入っていたということ。

バラの花の関連記事:バチカン株式会社

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/768.html



以下の記事も大変怖い内容ですが事実です

これらのより詳しい内容はブログで記事にしてありますが世界は狂人たちによって支配されていることは元イルミナティ11位階の女性から嫌になるほど聞き及んだことですが悲しいけれど事実なのです。

追加記事:アイルランド、スペイン、カナダの集団墓地から30万人以上の子供たちの死体が発見されました。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51929615.html

『先日、アイルランドのカトリック教会の敷地内に大量の子供たちが埋められた集団墓地が発見されたことをテレビのニュースで1度だけ報道されていました。
しかしその後この事件についての報道は行われていません。権力者達にとって都合の悪い報道は禁止されているからです。やはり、アイルランドの集団墓地に埋められた子供たちはカトリック教会の犠牲者だったのです。カトリック教会は本当に恐ろしい組織です。何しろ、小児性愛者、サディスト、男色、キチ害爺が司祭になっているのですから。。。そんな連中に尊敬の念を抱いているのが、カトリックの信者(全員ではないが)なのです。呆れます。バチカンには悪魔が潜んでいると言われています。地下では悪魔の生贄儀式が行われていますから、キチ害でないと平常心でそのようなことを行えるわけがありません。カトリック司祭は、老いぼれ爺になっても女性よりも子供に対する執着心は強いものです。司祭になる特権として子供たちを好きなように扱い、殺害することができるということです。そして彼らが信じているのは悪魔の教えです。神の教えではありません。そして、犯罪者集団のバチカンやカトリック教会も、英王室も、一般市民がエリザベス女王の逮捕について言及すると逮捕され、監禁されます。権力者に楯突くと必ず囚われ、何をされるか分かりません。このようなことから、イギリスは今でも非英国人の王室が実権を握る専制政治が行われているのが分かります』

『バチカン、英王室、カナダ政府は、カナダの32ヶ所に存在する集団墓地(ネイティブの子供たちが埋められたとされる)を掘り起こして調査することを拒否しています。これまでにもオンタリオやブリティッシュコロンビアで見つかった大型集団墓地から大量の子供の死体が見つかっています。
カトリック教会は、さらに恐ろしいこと(例えば、何年間も無給労働を強いられた未婚の母など)を行ってきたことが分かってしまうため、バチカンのカトリック・チャリティ活動で何が行われたかを記録した内部資料を手渡すことを拒否しています。
最近のカトリック教会の被害者にジャマイカ人とイギリス人のハーフの兵士(ビビアン・カニンガムさん)がいます。彼はエリザベス女王の逮捕について上司に言及した後、イングランドのスタッフォードにあるセントジョージ病院に送られ麻薬を投与され続けています。
2013年に、裁判所はエリザベス女王とエジンバラ公が1964年にカナダのネイティブの学校から10人の子供たちを拉致した証拠を突き止めました。
さらに、イギリス人のデービッド・コンパンさんと彼の妻は、何の罪状もなく、挑発的な行為を受け、麻薬を投与され、ロンドンのパークロイヤル精神病院に監禁されました。彼らはロンドンのカトリック教会にエリザベス女王の逮捕令状について言及した結果、このような扱いを受けています。
ローマ・カトリック教会は組織的に略奪者の司祭達を守ってきたために、何万人もの子供たちが虐待され続けてきたのです。
5月に、国連の人権委員会は、バチカンに対し、カトリック教会による子供達への犯罪に対する国連の要望書に対し、1年以内に何等かの対応をするように要求しました。
ブリュッセルの裁判所では、現在も、フランシスコ法王や他のグローバル・エリートらが行った人道に対する犯罪に対する裁判が行われています。前法王が辞職したのも、このためでした』

国際慣習法裁判所で検索すると2件出てきます

世界権力構造の秘密

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/484.html

世界を動かす悪魔の地下経済

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/482.html

血のチョコレート

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/123.html



元記事は国際慣習法裁判所から

http://iclcj.com/?m=201403

以上の記事の要訳

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51922998.html

2014年04月01日13:57

カテゴリ

ローマ法王フランシスコ、イエズス会総長、カンタベリー王主教にも、有罪判決が下されようとしています。
昨年の2月に、ブリュッセルのInternational Common Law Court of Justice(国際慣習法裁判所)が、エリザベス女王、ローマ法王ベネディクト、カナダのハーパー首相、他の聖職者らに対し、児童拉致、児童売買、児童虐待、児童生贄、児童虐殺の罪で懲役25年の実刑判決が下されました。その後、実際に彼らは投獄されていないようですが。。。そして今度は、他の共犯者(主にホルヘ・マリオ・ベルゴリオ(ローマ法王フランシスコ)、イエズス会総長のアドルフォ・ニコラス、カンタベリー王主教のジャスティン・ウェルビー)に対する裁判が行われます。様々な証拠が集まったことで、有罪判決が下されることは間違いないでしょう。ただし、本当に投獄されるかどうかは分かりません。何しろこの世界を支配する連中ですから、判決が下されても法の力が及ばないのは確かです。それでも、表舞台で活動することはできなくなるでしょう。バチカンやイエズス会がいかに凶悪な犯罪者集団であるかが分かります。彼らは聖職者でもなんでもありません。彼らが実際にやっていることは児童に対する虐待と虐殺です。彼らがいかに狂った人間かと言うことが分かります。バチカンのメンバーを見ても、ほとんどが無能な爺です。自分の孫よりも若い子供達を、自分達の嫌らしい性的欲求を満たすために使い、さらに、キチ害の悪魔カルト教の儀式に子供たちを使い最後には殺害して血まで飲んでしまうのです。こんな気が狂った連中が世界を支配しているのですから、この世は闇なのです。
このような連中がたとえ有罪になっても、投獄もされなければ、本当に自ら罪を償うとは思えません。彼らは死んでも地獄で同じことをやっているでしょう。
http://beforeitsnews.com/scandals/2014/03/busted-vatican-hiding-evidence-convicting-pope-frances-of-killing-and-trafficking-children-evidence-piles-against-him-court-april-7th-must-read-update-2433784.html
(概要)
3月30日付け:

世界中に張り巡らせた児童売買ネットワークを使って、組織的かつ日常的に行われてきた犯罪=新生児から14歳までの子供たちを対象に、児童売買、児童誘拐、性的虐待、身体的虐待、生贄儀式、殺害を行った罪で、ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ(ローマ法王フランシスコ)、イエズス会総長のアドルフォ・ニコラス、カンタベリー王主教のジャスティン・ウェルビー、その他大勢のバチカン関係者らが告訴されました。
この児童売買ネットワークは、第九サークル(バチカンの世界的なオカルト組織)によって運営されていると言われています。第九サークルの活動は、モントリオール、ニューヨーク、ローマ、ロンドン、オランダ、カナダ、その他の国々を含む世界中のローマ・カトリック寺院内で行われています。彼らは日常的に児童養護施設、養子縁組エージェントシー、病院、学校、そしてインディアン特別保留地から子供を奪っています。奪い取った子供たちは生贄儀式に使われるか、単なる性的快楽に使われます。


主任検察官(OCP)のチームは、1832年以来、イエズス会が運営するモホーク・インディアン居住学校(オンタリオ)で児童犯罪が頻繁に行われてきたことを明らかにしました。
彼らは、先住民の子供たちを日常的に虐待、強姦、(生贄のために)殺害していたのです。主任検察官らは、学校の近くに作られた共同墓地から掘りおこしてきた子供たちの死体を検視しました。さらにこれらの犯罪行為を目撃した人たちからの証言やオンタリオの英国国教会の古文書保管所に隠されていた証拠資料を得ることができました。
2人の目撃者の証言によれば、赤いローブをまとった9人の人物が、学校の西側の地下室に置かれた祭壇の周りに集まり、祭壇の上に縛られた状態で寝かされた5才から6才くらいの小さな女の子(この学校の生徒)を繰り返し強姦していたのです。その後、9人の人物は女の子を殺害し、儀式用のナイフで臓物を取り除き、死体をバラバラに切断しました。その後、彼らは、女の子の血を飲みました。その後、女の子の遺体を焼き、学校の西側にある森林の中に女の子の骨を埋めました。
目撃者の証人に基づき、子供たちの骨が埋められたとされる場所を掘り返したところ、女子生徒の制服やボタン、焼け焦げた服そして切断された人骨が見つかりました。

このケース以外にも、サウスダコタ州やワシントン州オマックにあるカトリック系インディアン学校でイエズス会が行ってきた児童や新生児の生贄儀式の犯罪も告訴されています。

上記の証言の他に、主任検察官らは、バチカン図書館に隠されていた第九サークルの秘密資料を入手しました。

4月7日に行われる裁判で、検察官チームは、これらの証拠品を用いて被告側の犯罪を証明することにしています。これらの証拠品により、ローマ法王フランシスコを含む被告らが行ってきた児童売買と生贄殺害に有罪判決が下される可能性が高くなりました。3人の被告らは証拠隠滅を共謀しました。被告らによる原告(ITCCSとケビン・アネット氏)の信用を落とすような作戦が失敗した後、彼らは政府が支配するカナダのメディアに偽情報を流させ、検察当局を批判しました。
4月7日に、刑事責任を問われた被告ら(ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ(ローマ法王フランシスコ)、イエズス会総長のアドルフォ・ニコラス、カンタベリー王主教のジャスティン・ウェルビー、)の欠席裁判が行われます。
裁判所は、バチカンから派遣された秘密オペレーションチームにより裁判所の手続きが邪魔されたり破壊されようとしたことが確認されたため、裁判の日程を1週間遅らせました。このチームはホーリーアライアンスと呼ばれる雇われスパイ、イエズス会のスパイ、ローマ法王の対抗者を暗殺する暗殺部隊で構成されています。 裁判所は、裁判にあたっては原告ら(特にケビン・アネット氏やITCCSの外勤役員)の安全確保を徹底することにしました。

関連記事:バチカンの児童への性的虐待

http://mirushakai.jugem.jp/?eid=545&guid=ON&view=mobile&tid=6

日本でのカトリック教会はそれを認めている

http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/c_abuse/

子どもへの性的虐待に関する司教メッセージ
[English]

日本の教会の聖職者、修道者、信徒のみなさんへ

  最近アメリカでの聖職者による子どもへの性的虐待と、その問題に対する全米司教総会に関する報道がなされています。私たち日本の司教も、このたび2002年度定例司教総会において、この問題に重大な関心を持ち、討議いたしました。

  虐待は、無防備な子どものからだ、たましいに傷を負わせる恐ろしい犯罪です。とくにそれが、子どもの信頼している人々、つまり、司祭やその子どもの親たちによって犯された場合、とりわけ罪深いものです。教皇ヨハネ・パウロ二世は、「子どもたちに危害を加えるような者には、司祭職や修道生活での居場所はありません」、またそのような者は、「司祭職の恵みを裏切る者である」と明言しておられます。

  こうした事態にあって、私たち神の民である信者一人ひとりは、社会においてカトリック教会が真に救いのしるしとなることができるよう、それぞれの司牧と生活の現場で今まで以上に聖なるものとなるように努め、真摯に働かなければならないと思います。

  私たち司教は、日本において教会のために働く人々が誠実であり、献身的であると確信しています。しかし、不幸にして日本の教会において聖職者、修道者による子どもへの性的虐待があったことが判明いたしました。私たちはこの点に関してこれまで十分に責任を果たしてこなかったことを反省します。私たち司教は、被害者の方々に対し誠実に対応するとともに、その加害者である聖職者、修道者に対しては厳正に対処いたします。

  子どもを保護し、心身ともに成熟した人間に成長させることは、すべての大人の義務です。とりわけ、大人の保護なくしては生きていくすべのない子どもたちを守り、育てていくことは、貧しい人、小さい人々に心を砕かれたイエスの道を生きる教会の使命です。人々の救いのために奉仕するという、この教会本来の使命を忠実に果たすことができるように、日本の教会は今後とも、子どもの人権擁護のための活動、またかれらの育成に携わる学校・施設で働く者、および聖職者、修道者の養成に力を注ぎます。

  皆さん、すべてのキリスト者とともに傷ついた被害者の方々の悲しみと苦しみを理解し、彼らのいやしと回復のために、いつくしみ深い神に祈り、また、全世界の教会がこの困難な状況を乗り越えるために、神からの恵みと力づけを祈りましょう。
  私たち日本の司教は、聖職者、修道者、信徒のみなさんとともに、日本においてこのようなことが起こらないよう、自らを正し、教会の刷新に励んでいきたいと思います。
2002年6月21日
日本カトリック司教協議会
司教一同



これはイルミナティのプロパガンダビデオで消されることはありません。
1時間4分33秒に出てくる気持ちのわるい画像はベルギーのグルイエールにある教会からのものです。一番下の写真は知り合いが撮ってくれたものです。
これらはガーゴイルと呼ばれていますが下記拙稿を参照ください

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/18.html

『ヨーロッパにおけるもっとも印象的な中世のガーゴィルは,明らかにパリのノートルダム寺院の塔にあるガーゴィルであって,その大半は13世紀末の様式による。ガーゴィルの一つは錬金術師の像であり,これらガーゴィルが人間の内なる性質を表しているのだという。こうしたオカルティストたちは,キリスト教教義の目的が,人間におけるデーモンの要素をあがなう(変成)ことだとしている。この仮説の観点では,デーモンの形態は人間の諸要素を表し,人間はこうした要素を贖(あがな)われ,天使の堕天を逆転するようなやりかたでもって,天にひきあげられるのである』という意味らしいです。

イザヤ書の解説を読んで見ると過ちばかりが目に付きます

http://otawara-church.com/?p=369

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1193/3593 《前のページ | 次のページ》
/3593