teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1177/3588 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

カトリック教会と奴隷貿易

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 4月12日(土)18時04分24秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://peace-appeal.fr.peter.t.nishiyama.catholic.ne.jp/2005_doreiboueki.htm

西山俊彦著

カトリック教会と奴隷貿易

― 現代資本主義の興隆に関連して ―


サンパウロ刊


2005. 9.14 初版
2006. 3.  1 第二版

【書評を掲載いただきました】
カトリック新聞 2006年2月19日 3848号 サレジオ修道会  阿部仲麻呂神父様
正義と平和協議会 JP通信 2006年3月  Vol.137 日本基督教団 大正伝道所 上地武牧師先生

聖母の騎士 2006年6月号 『この人2006』欄

          【目 次】

推薦文 武者小路公秀(前国連大学副学長)

「カトリック教会と奴隷貿易」における文明史と救済史の交錯

第一部 カトリック教会は奴隷貿易に深くかかわってきたのではないのか

・課題のありか ・奴隷制は「人道に対する犯罪
・カトリック教会は奴隷貿易に断固一貫して反対して来たのか

第二部 新大陸の実態とカトリック教会の関与(一)

   ・先住民インディオ達の虐待と奴隷化
   ・教会の関与-教皇は聖俗両権能を行使-
   ・一層明白な教会の関与

第三部 新大陸の実態とカトリック教会の関与(二)

・教皇文書は奴隷貿易を禁止したか
・キリスト教化は奴隷化への方便ではなかったか ―手段と目的の倒錯―

第四部 プランテーション生産と産業革命、
   そして、それに続く先進諸国の隆盛(と途上諸国の衰退)

・産業革命は近代資本主義の起点
・「三角貿易」の主軸は奴隷貿易、そのまた主軸は「中間航路」
・奴隷労働が本源的蓄積を結果したと理解するウィリアム・テーゼ

第五部 奴隷貿易正当化の理論と実態
   「人みな神の子」を語って止まなかったキリスト教が何故…

・奴隷制を正当化する一般“理論”
・キリスト教世界に認められる正当化論

第六部 「見捨てられた大陸」の現状

・アフリカ諸国の独立と成果 ・国際社会の二つの約束
・「市場経済(マーケット・エコノミー)」は(効率的でも)公正でもない

第七部 カトリック教会によるSSA諸国の現状認識と奴隷貿易についての対応

・「愛の宗教」「平和の道具」としての自己規定
・「解放の神学」はラテン・アメリカだけのもの?
・アフリカ諸国の現状についての教会の認識
・謝罪を要するのは奴隷貿易についての「教会の罪」―「教会の責任」を再考するために ―

はじめに

「カトリック教会と奴隷貿易」というタイトルを目にして「まさか」と驚かれるのが普通ではないでしょうか。しかも、それが現代の重大問題であると訴えていることを耳にされると、筆者の頭を疑い始められるのが
「落ち」ではないかと思います。

 でも、筆者は本気なのです。 カトリック教会と奴隷貿易とは密接な関係があるのです。

  今、ここに息吐(つ)いている私たちの問題として…… もし、カトリック教会がポルトガルとかイスパニアの世界制覇を奨励せず、奴隷獲得を承認したり黙認したりしなかったら、現在進行形の資本主義の隆盛も、その体制下に非人間的な日々を強いられている何億という人々もいなかったとは言えないでしょうか。奴隷制度がなければ新大陸でのプランテェーションはなく、綿花がなければ産業革命はなく、技術と市場の世界的拡大がなければ、被植民地下の世紀にわたる隷従も極貧も、そして、一極覇権主義の雄叫びも、なかったと思えてなりません。そして、そのスタートラインとなった大航海時代にカトリック教会は決定的な役割を果たしていたのです。現在につながっている決定的な役割を……

 そんな昔の事を今更言って何になる、と言われるかも知れません。確かに昔の事でない訳ではありません。しかし、ものには始めがあり、何事にも原因があるとすると、少しく振り返ってみるのと見ないのでは、どちらが理性的、人間的となるのでしょうか。特に日本のキリスト者にとって、あの声は天からのものとして響いたのではなかったでしょうか。

「過去を振り返ることは、将来に対する責任を担うことです。」(教皇ヨハネ・パウロ二世)

 もうあの声も過去のもの、どこかへ消え去ったのかも知れません。 忘れやすいのは世の常、しかし、アメリカ建国二百年を記念したのも、新大陸発見五百年記念を祝ったのも、遂昨日のことではなかったのでしょうか。やはり祝っていたのです、同じ昔の事を。 ただし、大切なことはどちらの側から記念するかという事、 「平和の福音」を信じる者が、敗者、弱者、…の側から記念していなかったら大変です。何故なら、「平和」は「例外なき幸せの実り」であり「この小さき者の一人」を無視してはあり得ないもの、福音を信じる者には「貧しき者への選択」しかその基準はありません。

 本当に、「平和の福音」に勝るものはなく、キリスト者はその福音を信じて行う者、だから、この上なく幸せな者、このささやかな吟味を明日への希望の、そして、今日の責任の、一歩として行きたく希います。

       2004年11月

                           筆 者

目次

http://peace-appeal.fr.peter.t.nishiyama.catholic.ne.jp/newindex20.htm

教会と天皇制を考える

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=eZ27SOfGqigJ&p=%E8%A5%BF%E5%B1%B1%E4%BF%8A%E5%BD%A6&u=peace-appeal.fr.peter.t.nishiyama.catholic.ne.jp%2F2004_2_11_tennousei_kouenkai
.pdf#search=%27%E8%A5%BF%E5%B1%B1%E4%BF%8A%E5%BD%A6%27


ローマ法王児童への性的虐待問題で謝罪

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140412-35046485-cnn-int

ローマ法王、児童の性的虐待問題で謝罪

CNN.co.jp 4月12日(土)16時10分配信

(CNN) ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は11日、カトリック聖職者による児童らへの性的虐待問題に関連し、「個人的に許しを乞いたい」と謝罪の意を表明した。また、虐待を犯した者は処罰を受けなければならないとも述べた。

バチカン放送局によると、国際的な児童保護運動などを進めるカトリック教の非政府組織(NGO)の代表者に語った。性的虐待問題に関する同法王のこれまでの発言の中で最も強い調子の非難をにじませたものともなっている。

米国に本部がある聖職者による虐待被害者の連絡団体は、法王が虐待の実行者への処罰に触れたのは初めてとみられると指摘。ただ、言葉ではなく今後の行動が必要とも釘を刺した。

フランシスコ法王は、教会は虐待の被害を承知しているとし、この被害は聖職者によってもたされた個人的かつ倫理的なものであると指摘。その上で虐待問題への対処では1歩たりとも後退しないとの決意を示した。

同法王は今年3月、イタリアの地元紙コリエレ・デラ・セラとの会見で性的虐待問題への対応に触れ、「カトリック教会は多分、透明性と責任を持って行動した唯一の公的組織」との考えを表明。「しかし、攻撃を受けたのは教会だけだった」などと弁護的な発言もし、虐待の被害者らから非難されていた。

国連の委員会は今年2月、カトリック聖職者による児童への性的虐待についての報告書を発表し、この問題に対するバチカンの対応は不十分と批判。教会は犠牲者への配慮より自らの組織防衛を重視していると切って捨てていた。

管理人注:虐待どころか児童を殺して生き血を飲んでいたということで食べ残った肉は猫に食わせた事実は元イルミナティから聞いた。その証拠は以下の記事です

血のチョコレート

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/123.html

ローマ法王、児童の性的虐待問題で謝罪

CNN.co.jp 4月12日(土)16時10分配信

(CNN) ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は11日、カトリック聖職者による児童らへの性的虐待問題に関連し、「個人的に許しを乞いたい」と謝罪の意を表明した。また、虐待を犯した者は処罰を受けなければならないとも述べた。

バチカン放送局によると、国際的な児童保護運動などを進めるカトリック教の非政府組織(NGO)の代表者に語った。性的虐待問題に関する同法王のこれまでの発言の中で最も強い調子の非難をにじませたものともなっている。

米国に本部がある聖職者による虐待被害者の連絡団体は、法王が虐待の実行者への処罰に触れたのは初めてとみられると指摘。ただ、言葉ではなく今後の行動が必要とも釘を刺した。

フランシスコ法王は、教会は虐待の被害を承知しているとし、この被害は聖職者によってもたされた個人的かつ倫理的なものであると指摘。その上で虐待問題への対処では1歩たりとも後退しないとの決意を示した。

同法王は今年3月、イタリアの地元紙コリエレ・デラ・セラとの会見で性的虐待問題への対応に触れ、「カトリック教会は多分、透明性と責任を持って行動した唯一の公的組織」との考えを表明。「しかし、攻撃を受けたのは教会だけだった」などと弁護的な発言もし、虐待の被害者らから非難されていた。

国連の委員会は今年2月、カトリック聖職者による児童への性的虐待についての報告書を発表し、この問題に対するバチカンの対応は不十分と批判。教会は犠牲者への配慮より自らの組織防衛を重視していると切って捨てていた。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1177/3588 《前のページ | 次のページ》
/3588