teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1072/3534 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

浅田真央の父と母

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 5月21日(水)19時28分29秒
  通報 返信・引用 編集済
 

http://nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/146950の我が敬愛する日刊ゲンダイより勝手に転載

名古屋市内の通称「女子大小路」と呼ばれる一角で、真央の父・敏治(55)は売れっ子ホストとして知られた存在だった。

 小学生の頃に父親が死去。繁華街で働いて、家計を支えてきた苦労人だ。11年12月に早世した真央の母・匡子(享年48)も若くして両親を失っている。姉と2人、それこそ身を削るような努力で生計を立ててきた女性だ。

■破産寸前まで娘に投資
 青春を犠牲にして働いた男女は夜の街で出会い、やがて結ばれた。後の天才少女が生まれたのは、1990年9月25日。宝塚ファンの父はトップスター大地真央にちなんで「真央」と命名した。

 母には家庭の事情で諦めた夢があった。プロのバレエダンサーになる。その夢を託すように真央には3歳からバレエを習わせた。

「真央ちゃんが初めてリンクに立ったのは、5歳のとき。足首が鍛えられてバレエが上達する。そう考えて匡子さんはフィギュアを学ばせたのです」(浅田家の知人)

あくまで「バレエのためのフィギュア」で、真央はメキメキと頭角を現していく。小3で全日本の新人発掘合宿に招集。小6で最難度のトリプルアクセルを跳んだ。

 この子を金メダリストに育てる――。両親も腹をくくった。バレエ教室をやめ、放課後は母の車で大須のリンクに移動し、連日5時間の猛練習。スケート優先の生活で学校を休む日も増え、同級生と遊ぶ時間もなくなった。

■ノーブラ

「真央はブラジャーしていないから、楽でいいわね。舞の(おっぱいを)半分もらいなさい」。週刊誌が報じた安藤美姫の発言。確かにお世辞にも巨乳とは言えないサイズだ。姉は〈舞のおっぱいEカップ〉というメッセージ付きプリクラ画像がネット上に流出している。

 フィギュアは金のかかるスポーツだ。コーチの指導料、有名クラブの登録料、衣装代、遠征費……。1年で大手企業の会社員の年収分が軽く吹き飛ぶ。しかも姉の舞も国内トップ級のスケーターだ。独立した父の経営店は大繁盛だったが、姉妹の育成費を捻出するのは至難のワザだった。

名古屋市名東区の住宅地にある浅田家の登記簿を見ると、資金繰りの厳しさがうかがえる。真央誕生の翌年に3階建ての住居を新築。父はそのローンを抱えながら、05年8月に土地建物を担保に差し出し、大手消費者金融からカネを借りた。極度額は1300万円に上った。

■ひっそりと街から消えた父

「あの頃が一番苦しかった。一家が破産してもおかしくなかった」
 母が生前、知人に当時を振り返った言葉だ。

 05年12月に15歳でGPファイナルを制して以降、真央は年4~7社とCM契約を結び、出演料は1本4000万~6000万円とされる。年間1億円以上を稼ぐ、国民的アイドルとなった頃、父は密かに夜の商売から離れた。

「娘の体面を気にしたんだろう。最近はだいぶ減ったけど、まだ世間に誤解を受ける職業でもある。自分の因果を、かわいい娘に背負わせたくない。そう考えたのでしょう」

とは、父を知る女子大小路の老経営者。

 父はメディアの前に現れようとしない。どんな人物なのか。本紙記者は浅田家前で対面した。

 180センチ近い長身、ロマンスグレーを横分けにした風貌は歌手の玉置浩二を彷彿させる。運転するトヨタ車の助手席にはサングラスに深紅の口紅、黒ずくめで大人っぽい衣装の真央を乗せていた。直撃取材は真央の女性マネジャーに制止されたが、父の娘へのまなざしは柔和そのもの。

 消費者金融の根抵当権が外れたのは07年4月、住宅ローンの完済は10年9月のことだ。娘の稼ぎは育成に投資し、返済は後回しにした結果だろう。

■ひとり飯

 現在、中京大近辺のマンションでひとり暮らし。行きつけの定食屋で、ひとりで納豆を食べる姿が、しばしば目撃されている。

淡い夢阻む連盟のソロバン勘定

「五輪という最高の舞台を集大成にしたい」

 今季限りの引退を決めた真央。何よりカゴの鳥の生活だ。10代前半から、ほぼ休みなく、黙々とスケート漬けの日々。同級生たちのように合コンやデート、青春を満喫する機会はなかった。

「大学までスケート最優先の生活で、多感な時期を共有できた友人は見当たらない。フィギュア界では“妹キャラ”で可愛がられているけど、心を割って話せる相手は姉の舞さんしかいないんじゃないかな」(スポーツライター)

 1年前の雑誌インタビューで真央はこんな心境を吐露していた。

「出会いがないんです。本当は普通の22歳なんですけどね。みんなと一緒の日本人なのに」

引退後は結婚もしたいし、子供もたくさん欲しい。そんな淡い期待に立ちはだかるのが「大人の事情」だ。

 真央が鮮烈デビューを飾って以降、日本スケート連盟は空前のフィギュアブームに沸き、バブルを享受してきた。公表する財産目録によると、06年6月末に約4・6億円だった「正味財産」は、13年同期でおよそ3倍の約13・6億円まで膨んだ。

 貢献したのは主催大会の放映権料だ。05年度に年約4500万円に過ぎなかった収入が、13年度には約2億円まで跳ね上がった。

「スケ連は資産を貯め込むだけで、後進の選手は全く育っていない。真央たち黄金世代が引退し、視聴率が稼げなくなれば、テレ朝やフジの中継撤退は十分に考えられます」(広告代理店関係者)

■処女伝説

 まったく男の影が感じられない。高橋大輔や小塚崇彦との仲を勘ぐる声もあるが、互いにジュニア時代から顔を合わせてきた仲。兄妹のような関係の域を出ないとか。やはり……。

そのため、五輪後は真央を1年ほど休養させ、現役は続行させる。18年の次回五輪に出るのかどうか。ファンの気をもたせ、フィギュア界の屋台骨を支え続けてもらう――。そんな声もメディア関係者から漏れ伝わってくる。

 真央がささやかな夢をかなえる日は来るのだろうか。

■理想の相手

 年上で優しくて面白い人。辛酸なめ子との対談で北斗晶の夫で、レスラーの佐々木健介がタイプと打ち明けている。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:1072/3534 《前のページ | 次のページ》
/3534