teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1077/3612 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

米倉涼子の下げマンはひど過ぎる

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 6月23日(月)17時35分17秒
  通報 返信・引用 編集済
  7月11日記事追加

マー君のDL入りはスプリットが落なくなった時点でひょっとしてと危惧はしていましたが,やはりバカ星野が昨年の日本シリーズで200球投げさせたのが響いている。ヤンキースもリスク要因としていたがそうなってしまった。MLBの中四日は変えた方がいいだろう。バカ星野には自らの病という天罰が下された。ヤンキースの監督もまた馬鹿だ。QSが16で止まった時点で一回ローテーションを飛ばすくらいの配慮は必要だった。マー君は今後靭帯を強化するトレーニングを重点的にするべきだろう。とにかくたぐいまれな下げマン女と握手した結果こうなったとは思いたくはないがそうなったんだから今後そういう類の女を遠ざけることだ。週給数千万円もらっているんだから早く復帰してほしい。サバシアの給料ドロボーに比べれば可愛いもの。マー君はうまく仮病を使う術も身につけた方がいい。例えば首を寝違えたとか......。巨人時代の上原がキャンプでよくやっていたよ。それにしてもマー君はアイシングをちゃんとやっていたのか疑問符がつく。投手コーチのロスチャイルドは首にしたほうがいいだろう。名前からして気に入らない。それと打撃コーチも首だ。ソリアーノが戦力外になったのは救いだ。

ちょうどいいタイミングで以下の記事が日刊スポーツで紹介された

 『マー君は取扱注意? ニュージャージー・タイムズ電子版が26日、楽天からヤンキースへ移籍する田中将大投手(25)について、慎重に起用しなければならないとの論説コラムを掲載した。日本シリーズ第6、7戦で連投するなど、すでに通算1315回を投げている田中を「同年齢のどの大リーグ投手よりも多い」と登板過多を指摘。2~3シーズンで燃え尽きないためにも「ヤンキースは必要に応じて登板をとばすなどの配慮をすべき」と論じた。』

また昨年の記事では............

ポスティングシステム(入札制度)での米大リーグ移籍が注目されるプロ野球楽天の田中将大投手について、ニューヨーク・ポスト紙は12日付の電子版で「ポストシーズンでの田中の起用を見て、獲得に不安を示す声がある」などと伝えた。

 記事は、日本シリーズ第6戦で160球を投げて完投した翌日に、第7戦で救援登板したことなどポストシーズンでフル回転したことを挙げ「投資する側から見れば、あれは普通の使い方ではない」というある球団幹部の談話を紹介した。

 また田中に興味を持つほかの球団関係者は契約前に詳細な身体検査が必要とし「交渉権を得たチームが身体検査の結果を気に入らなければ、契約しないこともあり得る」と話したという。

 [2013年11月13日8時54分]

 とすでに危ぶむ声も出ていた

以下は日刊スポーツより

http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20140711-1332534.html

ヤ軍GM「リハビリ不調の場合は手術も」

 ヤンキースのブライアン・キャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM)は10日、電話会見に応じ、故障者リスト(DL)入りした田中将大投手(25)が、右肘内側側副靱帯(じんたい)を部分断裂していることを明らかにした。

 今後について「リハビリには6週間かかる。リハビリがうまくいかなかった場合には手術も選択肢に入ってくる」との見通しを示した。手術になれば、通称トミー・ジョンといわれる靱帯の修復手術になる。

 同GMによると、田中は10日にシアトルでチームドクターのクリストファー・アーマド氏ら3人の医師の診断を受けた。「故障は(古傷などではなく)新しいもの。診察した3人の医師ともに手術は勧めなかった。断裂は小さいとの診断だった」と話した。

 田中は先発した8日のインディアンス戦後に右肘に痛みを訴え、磁気共鳴画像装置(MRI)による検査を受けた。デビューから6連勝を飾り、5月の月間最優秀選手(MVP)に選ばれるなど12勝(4敗)を挙げる活躍で15日のオールスター戦(ミネアポリス)に選出されたが、DL入りで登板はなくなっていた。

 [2014年7月11日11時23分]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140623-00000032-dal-spo

管理人注:ニュースで米倉涼子さんがムネリンと翌日にはマー君と握手している写真を見たとき悪い意味で胸騒ぎがした。早速ムネリンはDL入り。今朝のマー君は7回3失点はまあまあだったが打線が沈黙。同点にする場面もあったがピッチャーライナーでアウト。さらに解説は与田剛。選手を絶対に褒めない嫌な解説者だ。メジャーの経験もないのに偉そうに語る。与田剛の解説と新聞で見た途端マー君は今日は絶対に勝てないと確信をした。恐らく22日の中四日の登板があるにもかかわらず一緒に食事に行ったり遅くまで話し込んだりマー君の表情やボールのスピードを見るとそう感じた。マー君が11勝を上げたのはマー君が四番手のローテーションだからだ。黒田投手の時は相手の投手はすごいのが出てくるので点が取れない。来年はおそらく開幕投手だろうから勝ち星は遠くなる。

与田はかつてある女性と不倫関係を持ち妊娠させているしパンツの中に問題がある男だ

http://news.livedoor.com/article/detail/4690115/

奥さんが可哀想

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100402/enn1004021252005-n1.htm

田中将、7回3失点「すごく悔しい」2敗目もQSメジャー記録に王手

デイリースポーツ 6月23日(月)9時5分配信

 「ヤンキース0‐8オリオールズ」(22日、ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手(25)は22日(日本時間23日)、オリオールズ戦に先発し、7回を投げ106球6安打6奪三振1四球で2敗目(11勝)を喫した。

 自身の連勝は5連勝でストップしたが、開幕からメジャーでただ1人継続しているクオリティースタート(QS、6回以上投げて3自責以下)を「15」に伸ばし、メジャー記録にあと「1」とした。防御率は2・11となり、リーグ1位の座をアスレチックスのスコット・カズミア投手に明け渡した。

 初回はいきなり連打を浴びて、無死一、二塁のピンチを背負うも3番ジョーンズを左飛、リーグ本塁打トップのクルーズをスライダーで空振り三振、昨季本塁打王のデービスをスプリットで空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けた。

 しかし、二回2死から8番スクープにカウント2‐2から外角低めのスライダーを左越え本塁打で1点を献上。三回からの4イニングは1安打1四球で二塁さえ踏ませない好投だった。

 打線の援護のないまま迎えた七回は先頭ハーディに中前打、さらにマチャドに右中間二塁打を許して無死二、三塁。内野ゴロと犠飛で2点を追加された。

 この日はヤンキース打線が相手先発ティルマンから1点も取れず、粘投した田中将を見殺しにした。

 試合後の田中将は自身のピッチングについて「全然よくなかった」と厳しい自己評価。七回の2失点を「最後の最後に取られてしまって大事なところで粘り切れなかった」と振り返った。

 敗戦投手にはなったが、打線の援護がないながらもゲームを壊さなかったのも事実。メジャーデビューからの連続QSは、1973年にスティーブ・ロジャーズ(エクスポス)が残したメジャー記録に王手を掛ける「15」となったが、田中将は「数字はそうかもしれないですけど、(点の)取られ方が悪い。1‐0で行っていれば、もっと(勝つ)チャンスがあったと思う。すごく悔しい形でマウンドを降りてしまった」と最後まで表情を緩めることはなかった。



2012/03/24 に公開

「ピタゴラスの定理(三平方の定理)」の証明です。ピタゴラス自身がおこなったとされ?る方法をアニメ化しています。
PYTHAGOREAN THEOREM Proof by Pythagorean

以下はすべて削除されていますが例えばアインシュタインによる証明をYouTube上部で検索して引き出すと

http://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%A8%BC%E6%98%8E

と引き出すことが出来ます。

#1.レオナルド・ダ・ヴィンチによる証明  " Leonardo Da Vinci "
http://www.youtube.com/watch?v=YE-TeF...

#2.ピタゴラス自身による証明  " Pythagorean "
http://www.youtube.com/watch?v=LyGmcL...

#3.パズル的な方法による証明 " Geometric Proof "
http://www.youtube.com/watch?v=10rSlt...

#4.インド数学者バスカラによる証明  " Bhaskara II "
http://www.youtube.com/watch?v=vQW4Jz...

#5.アインシュタインによる証明 " Albert Einstein "
http://www.youtube.com/watch?v=plQ89e...

#6.ユークリッドによる証明 " Euclid ( Eukleides ) "
http://www.youtube.com/watch?v=wn3GwS...

ロト6やロト7がいつまでたっても当たらない訳

http://quasimoto.exblog.jp/21251744/

9.11をやったのはイスラエルという数字

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2434

関連で同じような記事

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1790

弓矢の発射装置

http://okwave.jp/qa/q5067809.html

ロト6やロト7は詐欺商法

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2659

みずほ銀行という893組織

みずほの前身は

第一勧業銀行
日本興業銀行
富士銀行

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2132

当選番号は筒抜けか

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1811

みずほ銀行暴力団融資事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BF%E3%81%9A%E3%81%BB%E9%8A%80%E8%A1%8C%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E5%9B%A3%E8%9E%8D%E8%B3%87%E4%BA%8B%E4%BB%B6

ロト7で8億円一口,と8億円2口

2013/5/17 800,000,000 東村山プラザ 東京都東村山市恩多町 ヨークマート東村山店正面
2013/5/17 800,000,000 観音寺 香川県観音寺市観音寺町 観音寺駅通商店街内
2013/5/17 800,000,000 観音寺 香川県観音寺市観音寺町 観音寺駅通商店街内

これはおかしいですね。

東村山あたりのヤクザは

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%87%8E_%28%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E5%9B%A3%29

香川県のヤクザは

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%A6%99%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E3%81%AE%E3%83%A4%E3%82%AF%E3%82%B6%E3%81%AF&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

香川県丸亀市に本拠に置く暴力団で、六代目山口組の三次団体。上部団体は二代目若林組。

http://yakuzazimusyo.seesaa.net/category/21246429-1.html

警察はヤクザ相手の場合調べようともしない。3.11だってそうだ。3月4日に大量の地震関連土建株が仕込まれても東証やSECは何も調べない。日本は詐欺師ばかりなり。

みずほ暴力団融資事件

http://biz-journal.jp/2013/10/post_3126.html

みずほ銀行の歴代取締役たちは今、恐々としているという。同行の暴力団組員への融資に対する隠蔽工作が善管注意義務違反に当たり、巨額の損害賠償を請求される恐れが出てきたからだ。

 会社法では取締役らに経営上の善管注意義務が課せられている。善管とは「善良な管理者」の略で、民法644条に「善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う」と定められている。取締役であれば、会社に損害を与えないように注意を払って行動する義務がある。株主代表訴訟で善管注意義務違反に当たると認定されれば、取締役は損害賠償を命じられることになる。

 今回発覚した暴力団構成員への融資問題では、経営トップが参加する取締役会などに計8回、グループ企業・オリエントコーポレーション(オリコ)を通じた暴力団組員への融資残高の推移を記載した文書が報告されていた。融資が発覚したのは2010年12月。問題融資の実態を把握していたのは西堀利(旧富士銀行出身、在任09年4月~11年6月)氏、塚本隆史氏(旧第一勧業銀行出身、同11年6月~13年7月)の歴代頭取だけではなかった。持ち株会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)社長を兼務する、みずほ銀の佐藤康博頭取(旧日本興行銀行出身、同13年7月~)も11年7月~12年1月の取締役会などで計4回、「オリコの反社(会的勢力への)取引について」と題された資料を受け取っていた。11年7月の段階で知りうる立場にあったにもかかわらず、10月8日の記者会見では「参考資料を見た記憶や説明を受けた記憶もない。スペシフィック(具体的)な議論がなかったため問題と認識するには至らなかった」と釈明をした。

 取締役会で十分に議論されず、担当役員以外が問題を認識していなかったとしても、取締役として善管注意義務違反責任を問われる可能性はある。暴力団構成員への融資を認識していたかどうかは、さほど問題ではなく、不作為に注意を怠ったとしても賠償責任を負うのである。担当だったかどうか、認識していたかどうかに関わらず、取締役としての職責を果たせなかったことに対する責任が問われるのが善管注意義務である。歴代の取締役が恐々としている理由がここにある。
●オリンパス事件の事例

 これまでに善管注意義務違反を問われた事件を振り返ってみよう。

 巨額損失隠しが発覚したオリンパス事件では、まず個人株主が動いた。11年11月、1999年以降に在籍した取締役、監査役、会計監査法人に対して調査を行い、調査の結果、善管注意義務違反が判明した場合には総額1494億1900万円(と延滞遅延金)の支払いを求める提訴を行うよう同社に請求。株主提案を受けて同社は請求内容について調査に入った。

 オリンパスは12年1月10日、歴代経営陣計19人の責任を認定した「取締役責任調査委員会」の調査報告書を発表した。調査報告書は一連の不正によって計859億円の損害が生じたと認定。19人に対して損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 東京地裁は損失隠しの実行者として財務担当の山田秀雄前監査役と森久志前副社長、実務を担った中塚誠前常務の3人を認定した。経営トップだった菊川剛、岸本正寿、下山敏郎の歴代3社長は損失隠しを認識していたと断定した。

 責任を問われたのは歴代の経営トップだけにとどまらなかった。11年10月に就任した高山修一・新社長ら、ほかの13人は損失隠しの認識はなかったものの損失隠しに利用された高額な買収案件を決めた取締役会決議に賛成している。不正を妨げず取締役としての注意を怠ったとして、善管注意義務違反が認定された。この判断をもとに19人の責任の重さに応じて一人当たり1億1000万~36億1000万円を請求した。調査委員会から善管注意義務違反と認定された高山社長ら13人の取締役は全員、12年4月の臨時株主総会で退任した。13人のうち2人は取締役から執行役員に格下げされたが、オリンパスに残った。

「監査役等責任調査委員会」は1月17日、新旧監査役10人のうち5人について監査役としての注意を怠った善管注意義務違反と認定。認定損害総額は83億8232万円とされた。これを受けてオリンパスは5人に総額10億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。対象期間中に会計監査に携わったあずさ監査法人と新日本監査法人については、「損失隠しを発見するのは困難(だった)」として責任を認めなかった。

 不祥事が起こっても、直ちに善管注意義務違反ということにはならない。しかし、オリンパス事件では「見過ごし」も善管注意義務違反と認定された。この事件は日本企業の取締役を震撼させた事件となった。
●みずほ銀にも善管注意義務違反認定の可能性

 みずほ銀のように不祥事の発覚後に隠蔽を図ったり適切に公表しなかった場合には、積極的な善管注意義務違反があったとして損害賠償責任を負う可能性が高い。

 過去には取締役らの不作為が善管注意義務違反に当たるとして賠償責任が認められたケースがある。その典型例が「ミスタードーナツ」の食品衛生法事件をめぐるダスキンの株主代表訴訟だ。肉まんに食品衛生法違反の添加物が混入されていたことについて、担当専務らは関係者に口止め料を支払って隠蔽。商品発売終了後にこの事実を把握したとされる担当外役員らも、マスコミが動くまで、隠蔽した。この「積極的には公表しない」という行為も取締役の善管注意義務違反に当たるとして、株主が取締役や監査役に106億2400万円もの支払いを求めて提訴した。

 大阪高裁は07年1月18日、「直ちに事態の深刻さを認識して公表すべきだったのに、事実を隠蔽して会社の信用を著しく傷つけ、消費者の信頼を失わせた」として、発売時は違反の事実を知らなかったとされる取締役員らも善管注意義務違反に当たる、と認定。元専務ら13人に53億4350万円の支払いを命じ、この判決が確定した。

 みずほ銀は金融庁に問題の資料を提出しなかった点で、ダスキンのケースより悪質だ。金融庁が9月下旬に業務改善命令を出して以降、みずほFGの株価は下落し、株主は大きな損失を被った。金融業界内には「歴代経営陣が善管注意義務違反で100億円単位の株主代表訴訟を起こされる可能性は充分ある」との見方もある。
(文=編集部)

 
 
》記事一覧表示

新着順:1077/3612 《前のページ | 次のページ》
/3612