teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:933/3548 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ジョンタイターの予言は当たるか?

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年 8月25日(月)11時35分21秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://golden-tamatama.com/blog-entry-1554.html



2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカに核爆弾を投下。核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する。

その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。台湾、日本、韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。

2017年、30億人の死者を出した末、ロシアの勝利に終わる。

2020年、アメリカ都市部の敗北により内戦が終わる。ロシアの援助によって、新たな連邦政府が成立する。
アメリカの地方区分は、現在の州ではなくなる。分裂したときの5勢力で構成され、社会主義国家に近くなる。内戦後の生存者は図書館や大学の周りに集結してコミュニティを形成している。新たな連邦政府は首都を現在のネブラスカ州・オマハに置いている。アメリカ以外のほとんどの国も社会主義国家のような体制になっていく。

2040年頃、オリンピックが復活する予定。



イルミナティも随分広まってきましたね

http://www.geocities.jp/bluewhitered34/sekainouraexcel001shousai.htm

以下は桜井よし子さんの731部隊について。拙稿でも多く書いてきた



済南事件で検索すると2件ヒットします。残虐な画像に注意

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8D%CF%93%EC%8E%96%8C%8F&x=0&y=0&inside=1

かつてラムズフェルドはもう一度9.11を.....と叫んだが

http://golden-tamatama.com/blog-entry-1576.html

自信を奪ったのは他人でなく自分だった

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/204.html

ジョセフ・マーフィー博士は「人生には永久不滅の法則がある。それは『あなたがあきらめてしまわない限り、奇跡は必ず現実になることである』と述べています。マーフィー博士はこれを人生の黄金率(ゴールデンルール)と呼びました。

 作家のよしもとばななさんは「私から自信を奪ったのは他人ではなく自分である,という責任の重さを本当の意味で理解した.....という話は以下の通りです。

 『自分が清らかだったという自慢話では決してなく,私は小さい頃,本当にものや植物とお話していた。花瓶が割れてもかわいそうだと泣き,動物が死んだりしたらお祈りしたり嘆き悲しみ,もう大変だった。いらいらした人がいる部屋に入ると頭痛がしたし,病院に行くといろいろ感じてしまいそれだけで一日寝込んだ。悪意にも敏感でびくびくしていたし,旅行に行ったら帰るときには「ありがとう,お部屋よ」と言って出た。自分の中に小さな友達がいて,その友だちが喜ぶものを集めて袋に入れ,いつでも、持って歩いていた。

 実は今もほとんど内実は変わっていないのだが,小さい頃はいっそうむき出しだったと思う。そんな私がどんな目にあって生き抜いてきたか,想像がつくであろう。人々はみな私を狂っているとか神経質だとか,もう少ししっかりしなさいだとか丈夫になりなさいだとか,うっとうしいだとか,面倒くさいだとか,繊細すぎると言った。私はいったんそれを本気で真に受けてみた。現実社会の一員として,ものすごく現実的になってみたのだ。

 そうしたら,いいこともたくさんあった。たとえば,愛する動物が死のうとしているときに,しっかりと地に足をつけて体を使って看病できるようになった。いろいろな人に会ったり,いろいろなところに行ったりすることがこわくなくなった。あらゆる人の意見を理解し,合わせることもできるようになった。その段階で,私は自分の中の小さな人の叫びから少しだけ逃げた。その瞳は透明すぎるし,生きてゆくには必要がない,なんといってもその面を大事にすると,男の人からは追いかけられ,女からはねたまれ,苦しいことが多すぎて,ろくなことがない。図太い方が往きやすい,どんどん奥に押し込めておこう,自分の中にその人がいることを知っているんだから,大丈夫だとたかをくくった。

 でもその小さな人はどこまでも叫び続けた。小さい声で,でも決して消えないはっきりした調子で。その人はまだ植物や動物と話ができるし,部屋や石の声も聞けた。清められた空間とそうでない空間との違いを,掃除の有無だけでなくわかることができた。ただ人間だけがこわい,そう言っていた。人間をこわがっていたらきりがないよ,もういいよ,人のことなんてどうでも,そういうふうに私は切り捨てようとした。でも,小さな人はうなずかなかった。苦しむことも,とことんやったほうがいいというのだ。

 そしてあるときその人は突然,美しい反逆をはじめたのだった。私がごまかしたり楽になろうとしたり人に好かれようとしてついていた小さな嘘はみんな明るみに出て,おそろしい勢いで浄化が始まった。後は小さい人の声と共に生きるしかない,でも私にはまだ自信がなかった。あるところから,私は人に合わせることがどうしてもできなくなった。これまでは「わかるわかる,その考え方わかるところがある」と言えていたのに「私はあなたがとても好き,でもここは違う。私はこう感じる」としか言えなくなった。そうしたら,驚くほどたくさんの人が離れていって,お互いが傷ついた。そんなでは意味がないではないかとさえ思った。それでも私は,小さい人の声を消せなかった。

 そして次に起きたことは,ほんとうにわかってくれる人が,ひとりまたひとりと近づいてきてくれたのだった。それでも恐ろしい痛みをむきだしのままくぐって,私は弱っていた。その過程で投げつけられたさまざまなののしりで、体が痛いほどだった。そして少し自信を失っていた。わかってはいるけれど,失ってしまったのだ。そのリハビリの過程で,私はホ・オポノポノに出会った。あるとき,イハレアカラ・ヒューレン博士のインタビューを読んだのだ。その辛辣さが真実の愛であることが,似たものを持つ私にはすぐわかった。そして,彼のことを調べて,クラスに参加した。

 私が恥ずかしく思っていたこと,生きてゆくのに弱すぎると思っていた全てのこと。小さい人を大事にすること,その全てがそこでは光に包まれていた。私が小説を書く上で,本をつくる上でしようとしていたことは,全て正しかったのだ。ここには確かに同じ発想がある,そう感じた。これまで誰に言っても「大げさな」「空想だ」「それでは生きていけない」と言われたことの全てが,そこで肯定された。私の中の小さい人を(管理人注:小さい人=インナーチャイルド)育てていく技法も具体的にしっかりと教わった。

 それで私は猛然と変わりはじめた。変わりはじめたら,これまでに出会った数少ない理解者たちがどんなに私を思って,ほんとうの私に戻るためにどんなにはげましてくれていたか,はじめてわかった。自信が戻ってきた。自信とともに,私にはもう地に足のついた苦しい時期に学んだあらゆる経験もそなわっていた。そして私から自信を奪ったのは他人ではなく自分である,という責任の重さをほんとうの意味で理解した。おそろしい他人を想定して自分を正当化するのをきっぱりとやめた。そして,私は気づきはじめている。これはとても大変なことだが,実は私はずっとひとりぼっちでこれをやってきたのだ。

 永遠に続く孤独な徒労だと思ってやってきたことが,光の道,意図のある自信の道に変わったのは,ヒューレン博士の姿を見て,その黒く輝く瞳をのぞきこんで,自分と彼が,そして全ての人が属するほんとうに美しい「無限」を見たからだと確信している。』

マーフィーの黄金率の法則も潜在意識の引き寄せの法則ですが場合によってはその潜在意識を閉じ込めることも肝心かと。

阿修羅より~悪質な嘘はやめようね

http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/822.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:933/3548 《前のページ | 次のページ》
/3548