teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:878/3559 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

カルトの教義は簡単 その1

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年10月 5日(日)17時14分14秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://ameblo.jp/antibizwog/entry-10850780168.html#mainさまより

上記ブロガー様の資料保管庫より その1

http://arsmagna.jimdo.com/

資料保管庫 その2

http://arsmagna2.jimdo.com/



無題

http://ameblo.jp/antibizwog/entry-11895955589.html

Words:Kahimi Karie 対訳

I come here
このゆううつを吹き飛ばすために
その涙を忘れるために
I come here
なぜ あなたは永遠の希望を誓うのだろう
どうして この世界は繰り返し続いていくのだろう
I come here
わたしは あなたの誓いを信じている
どうしてかって あなたは わたしの戦士だから
I come here
わたしの木が あなたの風で揺れている
それは今 あなたが ここへ来るサイン

どうして
あなたの瞳の中に
わたしの瞳が見えるのだろう

椅子の上に一つの月
夜は口を閉ざし
光は ため息をつく
わたしたちは時間に触れる

I come here
それは今 あなたが ここへ来るサイン

椅子の上で転がる月
夜は黙祷し
光が それを暖める
そして わたしたちは時間に触れている

I come here
わたしは あなたの誓いを信じている

生き物達は息をひそめ
星は厳かに未来を告げる
あなたは静かに扉を開き
そして わたしは眠りに落ちる

≪苫米地英人 著『洗脳―スピリチュアルの妄言と精神防衛テクニック』 より抜粋≫

Roentgenium:新自由主義者達、国際金融資本家達の代理人である売国“談合”マスゴミが“搾取”の為に行っている詐欺の手法や洗脳のテクニック、その応用の手掛かりとして。

関連記事:自分探しなんて無駄なこと

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2958

重宝部員さんへのお返事です

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1418

中共イルミナティ

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1906

洗脳支配

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1499

悪魔教の原理・心の操縦術 その1

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1407

悪魔教の原理・心の操縦術 その2

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1409

悪魔教の原理・心の操縦術 その3

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1414

〔苫米地英人 著『洗脳―スピリチュアルの妄言と精神防衛テクニック』 第2章 カルトという裏ビジネス①カルトの成り立ち より抜粋〕

■カルトによる洗脳の手法

多くの信者を引き留め続けるには、洗脳的なテクニックが必要とされます。ここではその一端を紹介しておきましょう。個人、或いは団体による洗脳の技術論は、次の3段階に分かれています。

1.変性意識の形成
2.内部表現の書き換え
3.アンカーとトリガーの埋め込み

(略)内部表現の書き換えは、相手のリアリティ、つまり臨場感空間を書き換える作業です。そして、アンカーとは「錨(いかり)」の意です。ここでは「記憶しておく」という捉え方がわかりやすいでしょう。人間の脳内に埋め込まれた「或る心理状態もしくは体感状態」を指します。トリガーは「引き金」の意。アンカーを引き出すきっかけとなるものです。言葉や仕草、或いはイメージなどに隠されています。

洗脳ではこのアンカーとトリガーをどれだけ上手く埋め込むことが出来るかで、その出来が変わります。例えば、教祖の華やかな衣装を見ると心が安らぐ、或いは、教祖が口にする「地獄に堕ちる」という言葉を聞くと戦慄する、などです。教祖の衣装や言葉がトリガーで、心が安らぐ、戦慄するのがアンカーです。(中略)

どのカルトでもアンカーとトリガーを埋め込むことは可能です。伝統宗教の寺院や海外のスピリチュアリズムの協会などで修行すれば、変性意識を引き起こす技術やアンカーやトリガーを埋め込む技術を自然と覚えられます。

例えば、読経や護摩焚き(ごまだき)には、変性意識を生成する技術が備わっています。既存の宗教に入信して修行を積めば、自然と覚え、使えるようになるのです。日本神道や日本仏教、或いはキリスト教やイスラム教・・・・。宗教、宗派によって方法論は違えども、前述の技術は全て組み込まれています。だからこそ、宗教として成り立ち、多くの人を信じ込ませることが出来たのです。(後略)

〔苫米地英人 著『洗脳―スピリチュアルの妄言と精神防衛テクニック』 第3章 カルトという裏ビジネス②カルトの巨大化 より抜粋〕

■答えは全て否定的

5人、10人のミニカルトから、50人、100人の中堅に成長するまでには、或る程度の年月が掛かります。江原啓之氏もスピリチュアリストになる決心をしてから、有名になるまで10年ほど要しています。1990年頃に初めてイギリスのスピリチュアリスト協会で学び、スピリチュアリストとして歩み始めたようですが、著作がベストセラーとなって名前が知られるようになったのは2001年のことでした。

また100人単位の信者を抱えようと思ったら、単に「霊が見える」と言うだけでなく、変性意識を使って幻覚を見せたり、話術のパターンを覚えたりすることも必要です。

私が脱洗脳に関わった、或る韓国系シャーマニズムカルトでは、シャーマンは女性でした。韓国では女性のシャーマンがとても多い。そして、シャーマンに依存するのも女性が多く、殆どが若いOLです。シャーマニズムカルトに通う女性の相談内容は、ほぼ100%が恋愛の悩みです。表面上は違っていても、よくよく聞くと根本は恋愛です。

女性シャーマンもその辺りは心得ています。その証拠にアドバイスは常に同じです。全て、「別れなさい」です。シャーマンは恋愛を成就させる方向には導きません。それでは当たり前過ぎますし、仮に上手くいったとしても、女性がシャーマンよりも恋人の言うことを聞く恐れがあるので、シャーマンにとってはメリットがないからです。

そもそも、自分以外の人物と関係を断ち切るのが、シャーマンの仕事です。信じられる者がシャーマンしかいないという状況を作り出さなければなりません。

ところで、シャーマニズムとは、教義の無いスピリチュアリズムみたいなものです。巫女やイタコのように霊に憑かれる人達、いわゆる霊媒をシャーマンと言います。シャーマニズムでは、霊がいることを示す人がいないと成り立ちません。スピリチュアリズムのような霊や生まれ変わりを信じると言う論理よりも、霊媒として振舞えるかが需要な条件です。また、スピリチュアリズムのような宗教体系はありません。

韓国は生粋のシャーマニズムの国です。20人に1人はシャーマンだとも言われています。何せ、国内のキリスト教会にもシャーマンがいるくらいですから、筋金入りです。キリスト教では本来シャーマニズムはあり得ないので、シャーマンは魔女扱いされてもおかしくないでしょう。しかし、第2次世界大戦後にキリスト教の布教を行うのにシャーマニズムを利用した為、多国とは一風変わった形態になっているのです。その結果、韓国ではシャーマニズムと合わせて4~5割の人がキリスト教も信じています。

さて、実際に恋人と別れた女性達は、3カ月もすると恋人のことを忘れるでしょう。そして「あなたの言う通り、別れてよかったです」と感謝するようになります。

人生で大きな危機に立たされた時、教祖が言うことは大体決まっています。極端に言えば、「出家しなさい」です。出家して、教祖以外の関係を断ち切るようにアドバイスするのが一番的確なのです。

仕事で悩んでいれば、「会社を辞めなさい」でよいでしょう。そもそも、仕事で悩みを抱えている人は、多かれ少なかれ会社を辞めることを考えていたりするものです。末期癌や不治の病など、命が少ない立場の人が現れたら、教祖にとってはラッキーでしょう。宗教的なあの世の論理で、「如何に幸せに死ぬか」「来世で幸せになる為に今を苦しんでおく」などと言えばよいからです。あの世の論理に引き摺り込んでしまえば、その人の財産を独り占め出来ます。

スピリチュアル教の論理は、この世の執着を捨てると来世では良いことがある、という内容が目に付きます。「執着しているといけません」「捨てたから幸せになったでしょう」という訳です。「あなたの魂はお金に執着があります。やめなさい。お金は捨てなさい。私が代わりに社会の為に使いましょう。ですから、私に預けなさい」これがスピリチュアルの論理です。

カルト的に的確なアドバイスを出せるようになれば、信者はもっと通うようになり、お布施も多く取れるようになるのです。

〔資料〕Cult - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88

■巨大カルトは上場企業

何千、何万と存在するミニカルト。その中から、教祖自身が企画したかどうかは別として、巨大カルトへとテイクオフするものがあります。元々お金が目的で始めた人は、最初から巨大カルトへの野望を持っている可能性があります。(中略)

普通は、精神的な権力と程々のお金を求めて始めます。そして企画したのか偶然なのか分かりませんが、或る時巨大化するものが出てきます。キリスト、イスラム、仏教の3代宗教を国家と例えたら、巨大カルトは一部上場企業、中堅カルトがマザーズ上場、そしてミニカルトが未上場のベンチャー企業といった辺りでしょうか。

ベンチャーからマザーズ、或いはその上の二部、一部上場へとのし上がるには、様々な要因が絡み合います。売上があることは勿論、証券会社などの後押し、投資してくれる大企業の存在、後見人になってくれる有力政治家・・・・。条件を満たして実際に上場する企業は、1000社に1社の割合です。カルトもこれと同じです。何千、何万もあるミニカルトから巨大化するのは数える程です。

では、どういったカルトが巨大化するのでしょうか。企業と同じく要因は様々ですが、一番に挙げられるのが、テクノクラート Technocrat(高級技術官僚、技官)的な参謀が付くかどうかです。

企業でも、1人の創業者と数人の社員に、カリスマ・マネージメントが付くと急速に拡大したりします。アメリカの企業に於ける優秀なMBA(経営学修士)のような存在です。新興宗教として拡大しているカルトは全て、教祖の他に優秀な参謀がいます。参謀は、信者とは限りません。妄信的な信者と言うよりは、確信犯的な人こそ優秀です。教祖の言いなりの参謀では、行き詰ることが多いからです。(中略)

教祖に心酔せず、教義にも与(くみ)しない。しかし、マネージメントや宣伝活動は優秀。そんな人物が、参謀として存在しているかどうかでカルトは大きく変わるのです。参謀がいれば、営業活動や宣伝活動も幅が広がります。教祖自身で行うと胡散臭く思われることも、口コミという形で広げられます。

後は、江原氏のように本を出版したり、ニューエイジ系の雑誌で宣伝したりして、広く信者を集う方法でしょうか。何せ、自分の知っている人よりも遥かに多くの人を集めなくてはならないわけですから、一筋縄には行きません。

最近だと、インターネットを利用したホームページやブログの活用なども目に付きます。また、商品を製作することも1つの手です。例えば、開運を齎す判子やカルマが良くなる水など。ここまで来ると完全にビジネスですが、よくある手法です。商品の評判が良ければ、口コミで不特定多数に広がりますし、堂々と宣伝することも出来ます。

〔資料〕Technocrat - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88

〔資料〕Master of Business Administration(MBA) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E5%96%B6%E5%AD%A6%E4%BF%AE%E5%A3%AB

■カルトの教義はシンプル

≪≪宗教には、独自の教義があります。カルトも大きくなると教義を定めますが、基本的には3大宗教の教義に手を加えたものばかりです。オリジナリティは皆無と言ってよいでしょう。

カルトにとって教義は、信者への指針となることは勿論、お金を集める為の方便となります。(中略)カルトの教義はとてもシンプルです。日本では日本仏教と神道をアレンジした程度が大半です。逆に、力を入れて複雑な教義にすると、かえって自分の首を絞めかねません。

第1章でも述べましたが、カルトには必ず魂の永続性や、生まれ変わりの論理が入ってきます。後は、カルマか穢れのどちらを取り入れるかでしょう。カルマは自分自身の生まれ変わりに関係していますが、穢れは道教や神道の概念で、人から人へと移ります。親から子へ、或いは周囲の人へと、伝染病のように移ると考えられています。被差別民や月経中の女性を近寄らせず、忌み嫌ったのは穢れが移るという概念からです。

日本仏教には、生まれ変わりやカルマ、或いは穢れの概念が少なからず入っています。その為、日本人はこれらの概念を信じ易いものです。しかし、何度も言うようですが、これらの概念は信仰と結び付くことで圧倒的な差別主義を生み出します。

しかし、カルトにとっては、差別主義かどうかなど関係ありません。死後の世界における、これらの概念は日本人には受け入れられ易いので嬉々として取り入れています。カルマの論理で言えば、前世という概念を使うかどうかは別として、魂は永遠です。死後の世界もあります。「今、あなたが苦しいのは、魂が磨かれている証拠。その苦しみを受け入れると、あなたの魂は大いに磨かれ、来世では良いことがあるでしょう」となります。

後は、教義に現世利益(げんせりやく)を入れるかどうかです。現世利益とは、文字通り、あの世ではなくこの世で御利益を得ることを指します。人々にとっては、この世でも御利益があるに越したことはないので大歓迎の論理です。

しかし、現世利益は、宗教的論理とは合致しません。現世利益のように「今苦しむと、生きているうちに将来きっと良いことがあるでしょう」とすると、あの世の論理から遠ざかってしまい、自己矛盾を内包してしまいます。

お寺で交通安全の札を販売して、車内に置いておくと交通事故が減ると謳っているのを見かけますが、あれは現世利益を肯定する日本仏教の論理です。安産祈願、合格祈願・・・・。神社ならばともかく寺での販売は、釈迦の教えに忠実な本来の仏教の論理と矛盾します。

現世利益は、末端宗派が信者の勧誘をする時に、よく用いられています。大元である本家は、彼らの行為を見て見ぬふり。もし指摘されても、末端だからよく分かっていないのだろう、という程度です。一刻も早く布教したり、お金を稼ぐには、現世利益は大きな材料となる為、つい手を出してしまいがちです。

ただ、本当に大きくなるカルトは、現世利益を正面から打ち出しません。あの世の論理ありきです。その代わり、教義の中に入り込まない程度に、現世利益を上手くまぶしていることはあります。(中略)

しかし、ここで説いている論理では、現世利益はあくまでも副産物に過ぎません。表向きの目的は解脱であり、来世で良いステージに上がることです。ただ、その為の修行していると、現世でも思わぬ効果がある、というわけです。これならば、論理矛盾が生まれません。

更に、もう1つ教義に何か加えるとしたら、「執着、煩悩をなくせ」という考えでしょう。これは一見、もっともな考えと思う人もいるかも知れませんが、裏を返せば、「全財産を置いていけ」を意味しています。

カルトはお布施を貰わなくてはいけないので、「この世で苦しんだほうがいい」という論理も認めさせなければなりません。「この世で苦しむ=お布施を払う」というわけです。カルトの殆んどは、これも取り入れています。但し、表現としてはあくまでもオブラートに包んでいますが。

後は、誰もが共感する道徳的な訓辞を適当にまぶしておきます。「皆に親切にしましょう」とか「人には愛をもって接しましょう」「大きな声で挨拶をしましょう」などです。

基本的にカルトの教義には、好いことしか書いていません。「金を搾取する」「日本人は皆殺し」と書かないのは当たり前です。これはスピリチュアリズムも同様です。霊や占いという不確かなものに、小学校でも学べる当たり前の道徳をミックスさせて「なるほど」と思わせています。≫≫

鎌倉時代、浄土真宗を創った親鸞や日蓮宗を創った日蓮は、世間では新興宗教、つまりカルト扱いでした。実際、当時の権力者からの迫害に遭っています。

「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで浄土に行けるという浄土真宗と、「南無妙法蓮華経」と唱えれば仏性(ぶっしょう)が顕現(けんげん)するという日蓮宗。どちらもシンプルな教義です。しかし、だからこそ人々に受け入れられ、今では立派な宗教として浸透しています。

浄土真宗系と日蓮宗系を合わせると、壇信徒数は3000万人を超えるでしょう。日本の人口の4分の1です。かつては、カルト教扱いされ、島流しの憂き目にも遭っている両者。しかし、今や日本における宗教のメインストリームになっています。教義をシンプルにすることが如何に大切かということが理解出来るでしょう。勿論他の宗教でも同様のことが言えます。キリスト教にしても初めはカルト扱いされ、イエスは磔(はりつけ)にまでなっています。

〔資料〕浄土真宗 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E7%9C%9F%E5%AE%97

〔資料〕日蓮宗 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%93%AE%E5%AE%97

■最強の印籠「宗教法人」

≪≪カルト教祖にとって、教義以上に大切なことがあります。それは、税金対策です。いくら教義を定めようと、スピリチュアルを扱おうと、宗教法人格がなければ宗教と認められません。つまり、税金を払わないといけないのです。

宗教法人格とは、宗教法人として登記していれば、寺や神社といった不動産を持つことや公益事業を行うことも出来ます。また、この権利の何よりのメリットは、税金を徴収されない点。宗教は元々営利目的ではないという発想のもとに生まれているので、課税されないのです。

勿論、宗教法人でも営利活動を行えば課税対象となります。しかし、どれが営利活動、布教活動かいった境界はそう明確には出来ません。宗教法人格を持たないカルトは、お布施を貰えば税務署に申告しなければなりません。しかも、収入の内訳などを事細かに開示しなければならないので、教祖にとってはとても厄介です。

昔は宗教法人格が簡単に取得出来、それこそ八百屋兼宗教家でも罷(まか)り通った時代がありました。しかし、流石にそれはおかしいと見直され、審査が厳しくなりました。また、オウム事件以後は、無闇に宗教法人格を与えるわけにはいかないという風潮になり、今では新規に取得することはほぼ不可能です。(中略)

では、新規でなければどうでしょう。実は、ここに宗教法人格取得の裏道があるのです。現在、宗教法人格を取得しようと思えば、新規でない、つまり既存の宗教法人を買い取る方法があります。今現在宗教法人格を持つカルトの殆どがそうです。

教祖は手に入れたい宗教法人に目を付け、入信して役員になります。そして、その教義をベースに布教活動を始め、或る日突然その宗教法人格を買い取り、その後教義を少しずつ変えていくのです。≫≫

■宗教法人格取得の裏技

≪≪既存の宗教法人格の購入には、更なる裏道があります。いわゆる「青空宗教法人」です。これは日本では知る人ぞ知る、しかし、一般の人には出来るだけ知られてほしくないカラクリ、裏技中の裏技です。

日本には、末寺(まつじ)と単立(たんりつ)という2つの宗教法人の形態があります。

末寺というのは、各宗派の本山の下に位置する寺です。例えば、比叡山延暦寺を本山として、その統制下になる寺のことを指します。言うなれば支店です。何々宗という1つの宗教法人の中には、何千もの末寺が入っています。末寺は本山に依拠することで守られていますが、同時にお布施による収入の一部を上納しなければなりません。

上納を嫌うなど様々な理由から、本山を離脱して出来たのが単立です。単立宗教法人で有名な寺として、東京は浅草にある浅草寺(せんそうじ)が挙げられます。浅草寺は元々天台宗の末寺だったのですが、独立したことによって今は本山です。単立のメリットは、宗教法人格の取得のし易さにあります。新たに宗教法人格を取得するのは大変ですが、本山から独立する場合には意外と簡単に取得出来るのです。

単立宗教法人となれば、お布施などの収入は全て自分の寺に入ります。その一方で、自らが本山になってしまうと、収入がなければ運営出来ません。日本では意外と単立宗教法人の寺が少なくありません。そして、その殆どが収入などの理由で、大きな宗派から独立したものです。まさに企業と同じです。大企業の系列であれば、儲けを徴収されますが会社の安定は確保されます。また、独立すれば設けはそのまま自社に入ってきますが、失敗すると倒産してしまいます。

しかし、単立宗教法人には企業と違う点が1つあります。それは、倒産がないということです。お布施などが少ない、或いは後を継ぐものがいないと寺としては潰れてしまいますが、宗教法人格は残っています。事実上の寺は無いが、宗教法人格はある。これが青空宗教法人です。

新たに宗教、カルトを興したい人は、この青空宗教法人格を買って、代表役員になればよいわけです。

最近の青空宗教法人格は、オウムの影響で値上がりしましたが、それでも5000万円もあれば購入出来るでしょう。宗教法人でないカルトにとって、宗教法人格はまさに垂涎(すいぜん)もの。その為、宗教ビジネスの裏側では、ブローカーが暗躍しているほどです。5000万円という値段は法外だと思う方もいるかも知れませんが、大きなカルトにとってはこれほど安い買い物はないでしょう。

仮に、売上が1億円のカルトがあったとしましょう。で、宗教法人を5000万円で買ったとします。確かに、5000万円という大金は失いますが、残りの5000万円を購入した宗教法人に入れると税金は事実上ゼロ円になります。現在、法人実効税率は最大40%。控除もありますから、収支では変わりません。

仮に売上が2億円あれば、本当は税金で8000万円取られるところを、最初の年で1億5000万円がまるまる残せるのです。信者が500人いるカルトだと、1人から月に1万円得ていたとしても、年間で6000万円の収入ということになります。

このクラスになると、税の申告漏れは国税庁扱いになります。つまり、宗教法人でなければ、数百人規模のカルトでも、マルサが動き始めるのです。しかし、これが宗教法人になった途端に、税金で煩(わずら)わされることはなくなります。たとえ営利目的の疑いがあっても、収入が年間5~6000万円程度の宗教法人ではマルサは先ず動きません。

しかも、一度宗教法人格を取得すれば、ほぼ永続的に税金は取られません。後は全て儲けになります。また、宗教法人には固定資産税が掛かりません。これは大変な優遇措置です。日本中にいろいろな宗教の大きな建物が沢山存在するのはこの為です。

カルトでなかったとしても、喉から手が出るほど欲しいシロモノでしょう。勿論、その辺りのことは税務署もよく心得ています。昨日までIT企業だったのに今日から宗教だと主張してそこに収益を入れても、税金は0円にはならないので悪しからず。≫≫

〔資料〕末寺 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AB%E5%AF%BA

〔資料〕単立 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E7%AB%8B

■宗教法人格があれば非常識な教義も通る

≪≪一度、宗教法人格を取得すれば、裁判所にも警察にもその教義を問われることはありません。

たとえ、教義に「女性は教祖の前では裸になってひれ伏さなければならない」「全ての財産を自分の信じる者に納めないと地獄に堕ちる」などと、非常識なことが書かれてあったとしてもです。「おかしい」と指摘した時点で憲法違反となります。もっと言えば、人にどれだけ危害を加えようと、教義に書かれてさえいれば、そして信者が承知さえしていれば、先ず文句を言われることはありません。(中略)

チベット密教には、弟子はグル(教祖)の為に処女を1人探し出し、グルと彼女の性交中に垂れ落ちる汁を啜(すす)らなければならない、という教義まであります。仮に、日本で同じことをしても、それが教義として証明出来たならば、誰も何も言うことが出来ません。それ以外にも私達の常識では考えられない修行が沢山あります。

オウムでは、宗教儀式として何人もの信者が死んでいます。しかし、警察はその事実を掴みながらも、出家信者の修行中の死と言われて、手を出すことは出来ませんでした。竹刀で殴り殺されようが、LSDで死のうが、全て事故扱いとなってしまったのです。

宗教法人格を持ったカルトを詐欺で立件するのも非常に困難です。例えば、或る信者が、教祖や教団幹部から「御利益がある」と言われて壺を1000万円で購入したとしましょう。その後詐欺だと思って警察に駆け込んでも、相手が宗教法人であれば余程のことがない限り取り合って貰えません。「あなたはそれを信じて買ったのでしょう」と言われて終わりです。

また、宗教法人を切り崩そうと気概を持った法曹関係者は少ないでしょう。何故なら、それは政権政党を敵に回す行為と受け取られるからです。

だからといって、政権政党や有力政治家を支持する宗教団体がカルトである、と言っているわけではありません。問題は、カルトが宗教法人を取得して悪用することであり、全く別の話です。

それでも、宗教法人に手を突っ込むことそのものが日本ではタブーになっています。確かに、明らかな脱税やセクハラが起これば罪に問われますが、最終的に逮捕された人はごく僅かです。宗教関係者に「私達は、お役所からきちんと認証を受けた宗教法人です。そしてこれは宗教活動の一環なのです」と面と向かって言われると、皆尻込みしてしまいます。これが、「宗教法人は無敵だ」と言われる所以(ゆえん)です。

オウムを徹底的に追及し、攻めることが出来たのは、宗教法人格を取り上げたからです。しかし、それは地下鉄サリン事件などの無差別テロがあったからこそ可能でした。地下鉄サリン事件や松本サリン事件、坂本弁護士一家殺害事件〔※TBSも関与〕といった、桁違いの事件を起こしたからです。

逆に言えば、それ位大きな事件を起こした団体でなければ、一度認証を与えた宗教法人格を取り消すことはなかなか出来ないのです。≫≫

■メディア対策と教団の護持

≪≪長くカルトを続けているところは、宗教法人格を取得して、メディア対策を怠りません。宗教法人でないと直ぐに税務署がやって来ます。もし脱税していたことが露見すると、社会的制裁でマスコミにリークされます。週刊誌の記事になれば、イメージが落ち、信者を集めるのに支障をきたしてしまうでしょう。

統一教会は、メディア対策にミスして、マスコミに叩かれた為に、大学でのサークル活動、勧誘活動を大っぴらに出来なくなりました。学校や親にばれた学生信者の中には、強引に連れ戻された者もいたようですから、協会にとっては大変な痛手です。

大きなカルトになると、専門のメディア対策担当を設けています。幅広い人脈を持つ週刊誌の元記者やテレビ局の元有力プロデューサーなどをコンサルタントとして雇っています。自分達にとって都合の悪い記事やニュースを彼らに事前に潰して貰う為です。

コンサルタントには業界で力のある者をスカウトしなければなりません。そうでないと、メディアを抑えられないのです。中途半端な影響力しか持たない人物を雇ってしまったなら、例えば写真週刊誌の記事を取り下げて貰う為に「1000万円を用意する」と言っても、そのことまで記事にされて終わりです。イメージが落ちてしまいます。

逆に、「金を出さないと記事を書く」と、脅しをかけてくるブラックジャーナリストもいます。カルトが脅されるというのは皮肉なものですが、それを上手に利用すれば裏社会との繋がりが形成されたりもします。

裏社会には、意外と信心深い人が多いものです。例えば、ヤクザには日蓮系の信徒が意外に多いと聞きました。それが本当ならば、これは日蓮の平等主義を端的に表しているとも言えるので、良いことだと考えるべきでしょう。

前述しましたが、日本仏教は神仏習合で神道が混じっており、元々道教から入った穢れ意識があります。動物を殺す、つまり死を生業とする人達は「触れば汚れが移る」不可触賤民といって忌避(きひ)されてきました。そういう意味では、ヤクザも「切った張った」の世界ですから、同じような扱いを受けていたようです。

ですから、彼らが日本の寺に入ることは出来なかったのです。しかし、日蓮は帰依(きえ)したい者を分け隔てなく受け入れました。ヤクザが壇信徒になることを許したわけです。

また、日蓮は現世利益を取り入れるのがとても上手な人でした。法華経を唱えれば、「博打に勝てる」「喧嘩で死なない」などということを、その教えの中に含ませていました。ヤクザは争いが絶えない世界ですから、いつ死ぬとも限りません。死の危険性が高い分、身心深くなります。ですから、彼らにとっては非常に心強い上に、とても有難い教義な訳です。

今でも日蓮系にヤクザの信徒が多いならば、その為でしょう。こういった歴史的な流れとは全く別の話として、カルトが裏社会と繋がりを持ち、それを受け入れれば、お布施の面は勿論のこと、いざという時に社会的バックアップやメディア対策などでも大きな力になって貰えます。≫≫

■カルトの収支

カルトとして安定した運営を維持し易いのは、信者が数十人程度の規模であるミニカルトです。信者1人当たりから徴収するお布施を数万円程度に抑えておき、財産の全てを寄進させる出家信者を3、4人確保しておけば、それだけで構いません。巨大カルトほどの莫大な収入は望むことは出来ませんが、リスクは非常に小さいでしょう。

ビジネスとして一番大変なのは、信者が2、300人のカルトです。これだけの信者を抱えると、それなりの本部が必要となります。月額2、300万円の場所を確保すれば、固定費として売上高に対する原価率が発生します。実はカルトは原価率がとても高い。と言うのも教祖が贅沢だからです。

仮に300人の信者がいて1カ月のお布施が300万円とすると、全員合わせても900万円。中には10万円位出す信者もいますから、大体1000万円ほどになります。その内、家賃として300万円、外部のコンサルティング会社などに任せた総務や経理の専門的な事務仕事費用として約200万円、そして光熱費や運営をするに当たっての諸経費が約200万円は掛かるので、教祖の手元に残るのは300万円程です。宗教法人でなければ、勿論税金は本来これにしっかり掛かります。

これだけのカルトを擁しながら、月額300万円程の収入では、教祖にとって少な過ぎるでしょう。派手で仰々しい服を着て威厳があるように振舞うには、それなりのお金が掛かるものです。経理からすれば、300万円で何とか抑えてほしいところですが、教祖は嫌がります。「300人もの信者が自分を拝んでくれているのに、どうして貧乏をしなければいけないのか」と思うのです。

信者の数が500人を超え、1000人に手が届きそうになると、今度はこれまでと違った問題に直面します。先ず宗教法人格を購入しなければならないですし、メディア対策にも気を配らなければなりません。勿論、拡大路線を維持する為に、その間も信者の勧誘を怠ることは許されないでしょう。また、人数が増えると、信者に対する引き締めも行う必要があります。

こうなると、とても教祖1人で全ての計画を立て、実行出来るものではありません。前述したように優秀なブレーンが数人必要になってきます。(中略)

一度、巨大カルトとして歩み始めれば、後は成り行きに任せておいて構いません。信者は無償で働いてくれますし、宗教法人格を取得していれば事実上税金は掛からないのです。いわゆるマルチレベルマーケティング Multi-Level Marketing(MLM)〔※連鎖販売取引〕のビジネスモデルなのに、中間レベルのバックマージンはゼロでよいというぼろ儲けのビジネスとなります。

何も無いところから、お金を稼ぎ出すビジネスとして、これ以上のものはないでしょう。カルトという裏ビジネスはこのようにして成立し、上手く起動に乗せると濡れ手で栗のシステムを築き上げることが出来るものなのです。≫≫

〔資料〕Multi-Level Marketing(MLM) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E9%8E%96%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E5%8F%96%E5%BC%95
 
 
》記事一覧表示

新着順:878/3559 《前のページ | 次のページ》
/3559