teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:908/3592 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

自分探しなんて無駄なこと?

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年10月 7日(火)18時34分14秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www.gruri.jp/article/2014/08131130/

“ありのままの”“自分たちのサッカー”をどう考える? 養老孟司さんが説く「自分探しなんてムダなこと」
「自分」の壁..... 養老孟司 著

管理人注:解剖が専門の氏は私の嫌いな人間の一人です。この人のやり方は.....相手が見ているに違いないものを言葉にし,相手が感じているに違いないものを言葉にし,相手が聞いているに違いないものを言葉にするという臨場感を創り出し本を買って読まなくてはいけないというストックホルム症候群を作り上げるのです。そうしないと本なんて売れないのです。自費出版してご覧なさい.....3冊売れれば大成功なのです。

関連記事:カルトの教義 その3

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2957

『目の前にいるアバターは、あなた自身です。ということは、アバターにもあなた自身の人格があります。つまり、2人のあなたがいるわけです。ただ、アバターはあくまでもダミー。本当に守るべきあなた(本物)は、アバターの1歩後ろにいます。ここで注意してほしいことがあります。アバターはもう1人のあなたですが、ダミーでもあるので敵の警戒心を解く位の人格、本物のあなたよりも隙が多い人格にしなければなりません。極端に言うと、本物よりも少し低いIQの持ち主にします。(中略)』

早いもので今年ももう3分の2が過ぎようとしている。

今年の流行語は何になるだろうか。「レジェンド」「号泣」「ダメよ~ダメダメ」「STAP細胞」等々。すでにいろいろな候補が登場しているが、「隠れキーワード」とも言える言葉がある。

「自分」だ。

■「ありのまま」?「自分たちのサッカー」?

 え? そんなフツーの言葉のどこが? と思われるだろうか。

 でも、「アナと雪の女王」の「ありのままで」のサビの歌詞はご存知の通り「ありのままの“自分”になるの」だ。ありのままの自分になって自由になる、という歌詞はどこかかつての大ヒット曲「世界に一つだけの花」にも通じるところがある。とにかく、簡単に “自分”を肯定的に捉えることが前提だ。こうした「ナンバーワンではなくてオンリーワンでいい」というメッセージは多くの共感を得ているようだ。

 一方で、「自分」絡みのコメントで不興を買ったのがサッカー日本代表かもしれない。選手たちは大会を終えて口々に「“自分”たちのサッカーができなかった」とコメントしていた。結果が悪かったこともあり、このコメント自体かなりバッシングの対象にもなったのである。「自分たちのサッカーって何だよ」「相手がいるんだから当たり前だろ!」等々。そういえばかつての大会後、中田英寿選手が「自分探しの旅」に出るとコメントしたときにも、賛否さまざまな反応があったことが思い出される。

■自分探しなんてムダなこと

 そして、もう一つ「自分」といえば、東大名誉教授の養老孟司さんが『バカの壁』に始まる「壁」シリーズの最新刊として刊行したのが『「自分」の壁』。

 この本は、「自分とは何か」という根源的な問いに答えるところから始まっている。著者の養老さんは、幼稚園の頃からその問題を考えてきたというだけあって、答は実に深く、また意表をつく指摘も多い。中でも、「自分探しなんてムダなこと」というオビのコピーは、自分探しに汲々としている人の胸に刺さるのではないか。

 戦後の日本では、戦争への反省もあって「個人」の「個性」をひたすら重視する教育をするようになった。しかし、それ自体が本当に日本人に適していたのか。同書の中で養老さんは疑問を呈している。

「『個性を伸ばせ』『自己を確立せよ』といった教育は、若い人に無理を要求してきただけなのではないでしょうか。身の丈に合わないことを強いているのですから、結果が良くなるはずもありません。それよりは世間と折り合うことの大切さを教えたほうが、はるかにましではないでしょうか」

 たしかに「アナ雪」のエルサは当初、世間と折り合う方法を知らなかったが、最終的に自分をコントロールする方法を見つけて、幸福をつかんでいる。ある意味で、「折り合う」ことをおぼえたのかもしれない。

 こんな意見に対して、「それでは世間や他人の顔色をうかがってばかりの人間になるんじゃないか」と心配する人もいることだろう。しかし、「そんな心配はいらない」と養老さんはこう述べる。

「個性だとか自分らしさなんてものは、そもそもすでにその人の中にあるのです。そんなものを探す必要はありません。『自分探し』なんて言うけど、じゃあ探しているのは誰なんだよ、ということになる。
 伝統芸能の世界では、弟子は徹底的に師匠を真似ます。『とにかく同じようにやれ』と言われ、長い間、真似をし続ける。それでもどこか師匠と違うところがどうしても出てくるものです。それが個性であり、『自分らしさ』でしょう。
『本当の自分』というものは、最初から発見できるものでも、発揮できるものでもありません」

 こうしたメッセージへの共感もあってか、同書はすでに20万部突破のベストセラーに。『バカの壁』に始まる「壁」シリーズは4冊の累計で600万部を突破している。きっかけは「アナ雪」でもサッカーでもいいが、たまには「自分」という大きな問題を考えてみるのもいいかもしれない。

ぐるり編集部

この記事の右にリンクされている記事が凄い

裸になっても稼げない風俗嬢

http://www.gruri.jp/article/2014/08111130/

なぜソープランドの本番は取り締まれないのか

http://www.gruri.jp/article/2014/08261130/

女子大生兼風俗嬢が増えている理由

http://www.gruri.jp/article/2014/10031730/

関連記事:スタニスラフスキーの演技論

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/440.html

 『現在の新宿2丁目はかつての赤線地帯である。パンパンくずれの梅毒もちの女の掃き溜めであったこの2丁目も作家にかかると見違える女になる。

 「青春の門」自立篇で早稲田大学へ入ったばかりの信介は,ある日校門の前にいた2年生の緒方に出会い,物語は始まる。緒方は演劇を専攻し信介は,はじめて新宿2丁目の「かおる」を知る。学生は金がない時,かおるのもとへ本を持参して金を借り,バイトが終わると借りた金と引き換えに本を返してもらう。

 いつもかおるの部屋は,貧乏学生の本でうまっていた。悲しい真理を知りつくしている哲学者的「かおる」と楽しい真理しか知らない学生との交流を描いている。

 緒方は信介に言う。夜になると面白いぞ あっちでもこっちでも女達の例の声がきこえてな。あれは客に早く行かせるための演技にすぎんがね。

 「スタ二スラフスキーの演技論]では,まず自分が感情移入して その役と状況に没入してしまわなきゃならん。

 だがここは演技で没入しちまったら意味がないだろ。自分はあくまでも醒めていて,客だけを興奮させなきゃならんのだからな。

 夢中にならず真に迫る,という困難な命題が彼女達には課せられているわけだ................』


その命題がクリア出来る日陰の女のみが生き残るのである。そういう女性は年収数億円稼ぎホストクラブ通いなど眼中になく数年で引退して悠々自適の生活をしたり銀座の雇われマダムでなくオーナーママとなるのです。あるいはたまに末期ガンになって80過ぎの大富豪と結婚しあっという間に巨額の財産を築いた女性もいるのです。管理人はパリでそういう日本人女性を見ました。歌舞伎町あたりの売れっ子風俗嬢も結局は仕事の鬱憤を晴らすためホストに入れ込んで,しまいには歌舞伎町金融から金を借り......AVやソープに売られ南へ南へと流れて行くのです。しかし現在はそんな暗い話ではなく自らAVに飛び込んでくる「明るいキチガイ」が大多数を占めるようになってしまった。それをキチガイが見るのです。若者を性の巣窟におびき寄せることはイルミナティの戦略の一つなのです。

暴力団の演技論

http://www.web-sanin.co.jp/gov/boutsui/boutsui2.htm

雑学~遠くを見つめて

http://denik-bise.blogspot.jp/search/label/%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%AD%B0%E5%AE%9A%E6%9B%B8%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F

黒木昭雄氏は自殺か他殺か?多分後者でしょう

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RADH4peDRUIxgAbECJBtF7?p=%E9%BB%92%E6%9C%A8%E6%98%AD%E9%9B%84&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

黒木昭雄たった一人の捜査本部

http://blogs.yahoo.co.jp/kuroki_aki

警察はなぜ堕落したのか

http://blogs.yahoo.co.jp/kuroki_aki/6593808.html

いつものように黒木氏の遺体は解剖せず

http://blog.livedoor.jp/bettycat530-shinjitsu/archives/7616536.html

参考:グーグルはこの方法で成功した

https://eb.store.nikkei.com/asp/ShowItemDetailStart.do?itemId=D3-00031955C0&n_cid=STORE441

グーグルは、この方法で成功した!
グーグル会長がビジネスの真髄を初公開!

■グーグル現会長で前CEOのエリック・シュミットと、前プロダクト担当シニア・バイスプレジデントのジョナサン・ローゼンバーグは、グーグルに入社する以前から経験豊富なIT業界のトップ・マネジャーだった。だが、2人が入社したグーグルは、「他とは違ったやり方をする」ことで有名だ。これは、ビジョナリーであり、人とは反対の行動をとりがちな共同創業者2人、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの方針に沿ったものだった。

■入社してすぐにエリックとジョナサンは悟った。グーグルで成功するには、ビジネスとマネジメントの方法をすべて学び直さなければならない、と。本書では、著者2人がグーグルの成長に貢献しながら学んだ「教訓」を豊富な事例とともに語る。

■テクノロジーの進歩は消費者と企業のパワーバランスを激変させた。この環境下では、多面的な能力を持つ新種の従業員??スマート・クリエイティブ??を惹きつけ、魅力的で優れたプロダクトを送り出す企業だけが生き残れる。戦略、企業文化、人材、意思決定、イノベーション、コミュニケーション、破壊的な変化への対応といったマネジメントの重要トピックを網羅。

■グーグルで語られる新しい経営の「格言」(「コンセンサスには意見対立が必要」「悪党を退治し、ディーバを守れ」「10倍のスケールで考えよ」……など)やグーグル社内の秘話を、驚異的なスピードで発展した社史とともに初めて明かす。

■すべてが加速化している時代にあって、ビジネスで成功する最良の方法は、スマート・クリエイティブを惹きつけ、彼らが大きな目標を達成できるような環境を与えることだ。本書は、ただその方法をお教えするものである。

■序文はグーグルCEO兼共同創業者のラリー・ペイジが執筆した。

■【著者】
エリック・シュミット(Eric Schmidt)
 2001年グーグル入社。同社がシリコンバレーのベンチャー企業からハイテク業界の世界的リーダーへ成長するのに貢献。現在は取締役会長として対外的問題に責任を持つ。他社とのパートナーシップやさまざまなビジネス関係の構築、政府との関係、ハイテク分野のオピニオンリーダーとして活躍するほか、グーグルCEOをはじめ経営上層部に事業や政策問題について助言を行っている。2001年から2011年までグーグルCEOを務めた。
グーグル入社以前はノベルとサン・マイクロシステムズで経営幹部を歴任。プリンストン大学で電気工学を専攻、カリフォルニア大学バークレー校で修士、博士(いずれもコンピュータ科学)を取得。アメリカの大統領科学技術諮問委員会、イギリスの首相諮問委員会の委員を務めるほか、エコノミスト・グループ、メイヨー・クリニック、カーン・アカデミーの取締役を務める。シュミット・ファミリー財団を通じた慈善事業では、海洋生物の研究や教育を含めた気候変動問題に集中的に取り組み、とくに自然科学とエンジニアリング分野の最先端の研究に力を入れている。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:908/3592 《前のページ | 次のページ》
/3592