teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:894/3606 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

米国財政の内幕が暴露された

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年10月29日(水)14時03分58秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/blog-entry-593.html



ジム・ロジャーズがマネーゲーム相場の終焉を警告

http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-2761.html




日本の金融緩和両刃の剣

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141102-00000003-mai-bus_all

イルミナティが作り上げたサタン

http://www.thetruthseeker.co.uk/?cat=53

The Truth Seeker

http://web.archive.org/web/20070707094936/http://thetruthseeker.co.uk/index.asp

管理人注:結論としてジム・ストーンは紐付きのConspiracy Theoristsということが判明しましたので支援はしないことに決定しました。

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2466

最新のHPでCIAのInfowarsを褒めたたえてもいましたよ。

ONE-EVIL.ORG

http://one-evil.org/content/home.html

Joe Vialls生前のHP

http://web.archive.org/web/20030409000810/http://geocities.com/vialls/index.html

Joe Viallsほどの人でも9.11の航空機はCGであったことは解明出来ていなかった。それほど完全犯罪に近かったのです。今ではかなり暴かれていますが。

http://web.archive.org/web/20030207043556/http://www.geocities.com/mknemesis/homerun.html

JIM Stone Mind Control

http://www.jimstonefreelance.com/vialls2.html

Jim Stone...エボラは病気でなくアジェンダ

http://jimstonefreelance.com/ebolaisanagenda.html

エールフランスがクラッシュか?どこも報じていない。誰が乗っていたかだろう

http://www.reactorbreach.com/showthread.php?tid=358

Joe Viallsは人口津波の恐怖を暴いていた

http://www.whale.to/b/vialls_h.html

Joe Vialls References

http://en.wikipedia.org/wiki/Joe_Vialls

記事の半分以上は削除されていますが半分は見ることが出来ます。OSSの極秘文書などは当然削除されていますが日本のブロガーはコピペして残してあります。コピペが如何にに重要かということを痛感します。Joe ViallsのHPは維持されています。その維持費用を寄付したい旨先方に先ほどメールしました。

関連記事:OSSの極秘文書.....リンク先をクリック

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=296260

http://web.archive.org/web/20030210220533/http://homepage.ntlworld.com/steveseymour/nuke/bali_micro_nuke.htm

以下はバリ島での小型核爆弾使用について(Micro-Nuke)

http://web.archive.org/web/20030210220533/http://homepage.ntlworld.com/steveseymour/nuke/bali_micro_nuke.htm

Joe Vialls ダイアナ妃暗殺を解明する

http://web.archive.org/web/20030406234334/http://geocities.com/murderinparis/ritz.html

ダイアナ妃で拙稿を検索すると......沢山出てくるよ

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83_%83C%83A%83i%94%DC&x=0&y=0&inside=1

増益でも人員削減が続々

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00000030-reut-bus_all

米マイクロソフト3000人を削減、7月発表のリストラ計画完了へ

ロイター 10月30日(木)6時9分配信

[シアトル 29日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>は29日、約3000人を削減すると発表した。今回の人員削減によって、マイクロソフトは7月に発表した全従業員の14%に相当する1万8000人の削減計画を完了する。

マイクロソフトの広報担当は、今回の人員削減の影響を受けるのは複数の国の多岐にわたる部門と説明。638人は本社のあるワシントン州の社員という。

黒字なのに二割削減

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/854.html

以下はRKさんの記事のコメントから

ソフトバンク、ユニクロ等の大企業は法人税を払わず、北朝鮮に送金か?
ユニクロを手掛けるファーストリテイリングの税引前純利益756億5300万円に対して、法人税等支払額は52億3300万円で実効税負担率は6.92%。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20141002/Litera_513.html

日刊ゲンダイ様ぁ~、上記記事も併記しながら、「5000万円店長も ユニクロ」の記事を掲載して下さいね~
中小企業に不公平な圧力記事になりますよ~
更にアベリカ偽不正選挙政権が、消費税増税だの、法人税減税だの、滅茶苦茶やり放題なのも、批判して下さいませんか~
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154483

FRBの声明全文......日経WEBより

米FOMC声明の全文 10月29日発表

    2014/10/30 5:24

 【ワシントン=岩本昌子】10月29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明は次の通り。

 前回9月のFOMC会合後に得た情報によると、米経済活動は穏やかなペースで拡大している。労働市場の状態はやや改善が進み、雇用数はしっかりと増え続け、失業率は下がってきている。全体的にみると、幅広い労働市場関連の指標は、労働資源の未活用が次第に改善していることを示している。家計支出は穏やかに伸びてきており、民間設備投資も改善していっているが、住宅市場の回復は依然として遅い。

 物価上昇はFOMCの長期目標を下回る水準が続いている。市場基盤の測定によるインフレ値はやや下がっているが、アンケート調査による測定では長期のインフレ期待は安定した状態を維持している。

 法律で定められた使命を達成するため、FOMCは雇用の最大化と物価安定の促進に努める。FOMCは、適切な金融緩和政策によって経済は穏やかなペースで拡大し、労働市場関連の指標や物価上昇率はFOMCの二大使命と整合的な状態に向かって動いていくと予想している。景気見通しと労働情勢に対するリスクはほぼ安定した状態にある。エネルギー価格の低下やその他の要因から短期的には物価上昇は抑えられる可能性が高いが、FOMCは物価上昇率が目標である2%を下回る水準が続く可能性は今年はじめに比べるとやや薄らいできたとみている。

 FOMCは労働市場の見通しが現在の証券購入政策の開始以降からこれまでに十分に改善してきたと判断する。さらに、米経済は幅広い分野で物価を安定させつつ、最大雇用を達成する目標に向けて前進し続けるのを後押しするのに十分な底堅さがあると引き続き判断している。その結果、証券購入政策を10月で終了すると決定した。米機関債と住宅ローン担保証券の償還した元本を住宅ローン担保証券に再投資し、保有国債の償還金を入札で再投資する既存の政策は維持する。米連邦準備理事会(FRB)が非常に大きな額の長期証券を保有し続けるこの政策は、金融緩和状態を維持するのに役立つはずだ。

 FOMCは29日、雇用の最大化と物価の安定にむけて続いている改善状態を後押しするためには、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を現在の0.0~0.25%で維持するのが適切であると再確認した。この金利を維持する期間の決定にあたっては、雇用の最大化と物価上昇率2%という目標に向けた現在の前進ぶりと今後の改善予測の両方を評価していく。労働市場の情勢を示す指標や、インフレ圧力やインフレ期待の指標、金融市場の状態を含めた幅広い情報を考慮して判断していく。

 これらの要因の現時点での評価に基づき、長期インフレ期待が良く抑えられており、物価上昇率がFOMCの長期目標値である2%を下回る水準にとどまるとの予測が続くようなら、証券購入政策を10月に終了した後も「相当の期間」は現在の0.0~0.25%というFF金利の誘導目標範囲を維持するのが適切である可能性が高いと予測する。ただし、今後入ってくる情報が米経済はFRBの雇用と物価における目標に向かって現在の予想よりも速く前進していることを示すようならば、FF金利の誘導目標の引き上げは現時点での見通しよりも早く起きる可能性がある。逆に、目標達成への進みが予想よりも遅いならば、誘導目標の引き上げは現時点での見通しよりも遅くなるだろう。

 FOMCが金融引き締めを始めると決定したときは雇用の最大化と物価上昇率2%の2つの長期目標と一致するバランスのとれた方策を実施していく。今のところは、失業率や物価上昇率がFRBの二大使命と整合する水準近辺に収まった後でも、経済情勢によってはある程度の期間、FF金利の誘導目標をFOMCが長期的に通常とみる水準以下に維持することが正当化される可能性もある。

 決定はイエレン議長及びダドリー副議長を含む9人のメンバーの賛成による。ミネアポリス連銀のコチャラコタ総裁は反対票を投じた。物価上昇見通しに活気のない状態が続き、最近は市場基盤の計測による長期インフレ期待が下がったことを踏まえると、少なくともあと1~2年で物価上昇率が2%に戻る見通しになる時期まではFOMCはFF金利の誘導目標を現在の状態で維持し、証券購入政策も現在のペースで続けるべきだとの理由による。

関連はなさそうですが.....モンサントの大株主は誰?

関連記事:NASAの未来計画文書

拙稿でも記事にしましたNASAの人口削減計画

http://m.webry.info/at/mizu888/201307/article_2.htm

ビデオの説明は.........

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1882401.html#more

人口削減計画 その1

http://zepyhrer.tumblr.com/post/58029860482/awarenessxx

人口削減計画 その2

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/.m/blog/2013/06/_no2-475d.html?p=2

人口削減計画 その3

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/.m/blog/2013/06/_no2-475d.html?p=3

人口削減計画 その4

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/.m/blog/2013/06/_no2-475d.html?p=4

人口削減計画 その5

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/.m/blog/2013/06/_no2-475d.html?p=5

人口削減計画 その6

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/.m/blog/2013/06/_no2-475d.html?p=6

人口削減計画 その7

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/.m/blog/2013/06/_no2-475d.html?p=7

人口削減計画 その8

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/.m/blog/2013/06/_no2-475d.html?p=8

遺伝子組み換え食品はGMO・genetically modified organismといいます

http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/.m/blog/2013/06/_no2-475d.html



日銀が追加緩和のサプライズ ── なぜ今? その背景は?

THE PAGE 10月31日(金)15時50分配信

日銀が追加緩和のサプライズ ── なぜ今? その背景は?

[写真]経済・金融情勢について安倍首相と会談、意見交換した黒田日銀総裁(2014年09月11日、ロイター・アフロ)

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を実施することを決定しました。追加緩和を予想していた市場関係者は少なく、市場では驚きが広がっています。日経平均株価は一時800円以上も上昇しました。

 日銀は、2013年4月から量的緩和策を実施してきました。これは日銀が国債などの資産を積極的に買い取り、市場(金融機関)にマネーを大量供給するというものです。マネーが大量供給されると、多くの人々が、物価が上昇するのではないかと考えるようになります(インフレ期待)。これによって実質金利を低下させ、設備投資などを促そうというのが量的緩和策の主な狙いです。

 量的緩和を実施して以降、インフレ期待は為替市場に影響を及ぼし、円安が進んできました。円安の進行によって輸入物価が上昇し、国内の物価も徐々に上がってきました。しかし、物価の上昇に賃金が追い付かなかったことや、国内の設備投資があまり回復していないことから、消費は思ったほど伸びておらず、日銀が設定していた2年で2%という物価目標は実現が難しくなってきました。

 同じ日の午前、9月の消費者物価指数が発表となりましたが、代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.0%の上昇にとどまりました。7月が3.3%、8月が3.1%ですから、伸び率が着実に低下していることがわかります。日銀では消費税による物価上昇を2%程度と見ているので、消費税の影響を除いた物価上昇率は 1.0%ということになります。このままでは1%を切る可能性も高く、物価目標の達成はかなり難しい情勢といえるでしょう。

 今回の追加緩和はこうした状況を考慮して決定されたと考えられます。これまで、1年あたり60兆~70兆円のペースで増やすとしていたマネタリーベース(日銀が金融機関に供給するマネーの総額)を約80兆円まで拡大します。また、上場投資信託(ETF)と不動産投資信託(REIT)の保有残高も3倍に増やします。市場にさらに大量の資金を供給するわけです。

 日銀とは正反対に、米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は10月29日、量的緩和策を終了することを正式に決定しています。米国は緩和終了で日本は真逆の追加緩和ですから、円安がさらに進む可能性が高くなってきました。円安が進めば輸入物価は上昇する可能性が高いですから、日銀の目論見通り、物価上昇に弾みがつくかもしれません。

 一方、日銀は追加緩和という最後の手段を使い切ってしまいました。今回の追加緩和の規模で、予想通りの結果が得られなかった場合、さらなる追加緩和を市場から要求されるというリスクを抱え込んだことになります。日銀の量的緩和策はまさに正念場を迎えたといえるでしょう。

(The Capital Tribune Japan)

管理人注:日銀のETFによる先物買いは大体毎日144億円なのですがそれの3倍を毎日やって株価を吊り上げるという狂気の沙汰。円を145円ほどに下落させ米国のドルの%修正に備えようとしてえいるのかも?

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:894/3606 《前のページ | 次のページ》
/3606