teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:813/3549 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ワクチンについての衝撃的な証言

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年11月 1日(土)03時15分13秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/post-c2fc.html

2013年5月29日 (水)
三千三百三十: ワクチンについて

私は、ブログ、『世の中おかしい・・・』様を見ていると、以下のビデオを見る機会がありました。
http://ameblo.jp/hidy0701/entrylist.html

「ワクチンについての衝撃的な証言」というビデオです。

私は、このビデオの内容の概要を書かせていただきたいと思います。
-------------------------------------
ワクチンについての衝撃的な証言
http://www.youtube.com/watch?v=_poi0Mz84YY




YouTube: ワクチンについての衝撃的な証言

-------------------------------------
「次の録画は2011年6月28日に法案1055号の支持の為に与えられた証言になります。」

「しかしながら、彼らの発明によって子供達は学校へ登校する権利が拒否されている事実をこれらの発明者が感銘しないのは確実です。」
「僕の名前はアメヤといいます。10歳です。」
「僕はワクチンで傷つけられた自閉症の子供の兄弟として自分の経験を共有する為にここにいます。」

「ただ他にも懸念を持った市民が大勢いるという事をここで示したかったのです。」

「私の名前はアリソン・チャップマンです。」
「そして私には3人の美しい子供達がいます。」
「全員ワクチンに対しての様々な種類の反応があります。」

「私はジャネット・ラビタン医師です。」
「今日は臨床医としてここで話す為にやって来ました。」
「1982年以降、小児科医をしています。」

「私の名前はミッシュ・マイケルズです。」
「ほぼ20年以上に渡りTV業界で気象予報士として働いています。」

「私の名前はエレン・ウィリアムスです。」
「この部屋にいる多くの人々と違って」
「私の子供は自閉症ではありません。」
「私の子供はアメリカ疾病予防管理センターがワクチンの為に概説した5つの国の警告指標を持っているのです。」

「私の名前はシンシア・ムーアです。」
「私は元重役、元特殊教育主唱者です。」
「現在は身体障害者です。」
「私はまた自閉症を持つ12歳の子供の親でもあります。」

「私の北セーラム大学のリチャード・ディース教授です。」
「私は神経薬理学者であり、我々が行った研究についてお話しさせていただく機会に感謝します。」

「WBZ(ボストン、マサチューセッツ州メディア)の私の報道内部からですが、私は現行で最近で新しい科学的調査をニュース管理部署へ紹介し始めました。」
「私は彼らに自分の科学調査の中で遭遇したワクチンで傷つけられた子供達のストーリーを紹介し始めました。」
「事ある毎に私が言われたのは、そんな話は無いからその科学が設定されているのだという事です。」
「ですから、この局でその話をTVで紹介する理由は無い。」
「なぜなら、単にそれらは極端論な話だからであって、それが大衆を表しているのではないとです。」
「私にとってそれは驚くべきことでした。」
「なぜならメディアは人々の声であるべきだと思っていたからです。」
        :
        (中略)
        :
「そして明らかにその点において」
「私のニュース部屋では、人々の声の様に活動してはいなかったのです。」

「彼が予防接種を受ける度に、彼は熱を出し、段々悪くなっていきました。」

「私が自分の居住区にいた時に、赤ん坊が乳幼児突然死症候群で死ぬのを見ました。」
「ワクチン接種の一時間後にです。」
「この出来事は私の医療キャリアの初期に2回以上起きているのです。」
「1989年以降、マサチューセッツ州で42人の子供達がワクチン接種の周りでなくなっているという記録があるのです。」
「子供達の内の98%は学校で提供されるワクチン接種を受けようとしています。」
「98%近くがワクチン接種後10日以内に亡くなっています。」
「その内の1/3は最初の24時間以内に亡くなっているのです。」

「私の一番上の娘はまだ数ヶ月の頃のワクチン接種の1時間後に呼吸発作の様な痙攣を起こしました。」

「僕も接種したワクチンの影響を受け、その結果、思い喘息とアレルギーを持っています。」

「今年だけでも120人のマサチューセッツ州の子供達が重い反応を起こしていて、47人が救急救命室に入り、11人が入院し、一人が心停止と脳出血という命を脅かす合併症で60日間の入院を過ごしています。」

「、、、そして私の子供達は明らかにそのカテゴリーの中にいるのです。」
「ですが残念な事に、私の息子の反応が欠神発作や胃腸の痛み、食物アレルギー、睡眠障害、時折、ドラッグでハイになる感じの様な人格変化・・・ただ彼は変わってしまうんです・・・そういった事を私は目撃しています。」

「これはブライアンです。」
「3種混合ワクチン接種の1時間後です。」
「彼が典型的子供であった最後の日です。」

「3種混合ワクチンの15か月後ですが、その夜、彼が寝ていなかったのを思い出します。」
「非常に有毒な匂いのするオムツで泣いて起きたのです。」
「その48時間後に彼が40.58度の熱を出した事もまた思い出します。」
「その三日後には体全体に発疹ができました。」
「彼はまだ眠れず、有毒な匂いのオムツは止まりませんでした。」
「私は彼の体中にできた発疹の中央部を見る為に彼のシャツをめくりあげました。」
「彼がずっと続く発作が始まり、後にそれが欠神発作である事に私達は気づきました。」

「これはホーデンです。」
「ヘルメットをかぶっています。」
「なぜなら、彼には発作性疾患があるからです。」
「そして更に追い討ちをかけるように、彼の医学評価データシステムの発作のひとつが更に悪くさせたのです。」

「その翌日、彼は私を『マミー』と呼ぶの止めてしまいました。」
「そして姉の後を追わなくなりました」
「2歳までに全てが失われてしまったのです。」

「そしてこれはニコラスです。アリソン・マクニールの息子です。」
「15か月ワクチン接種の1時間以内にびらん性下痢がありました。」
「彼が毎日先生達に伝えられる事があります。」
「頭が痛い。」
「小児科医をお願いします。」

「なぜならもう一度言いますが、アルミニウムは生命と互換性のない毒だからです。」
「ホルムアルデヒド、水銀、エタノール、アルミニウムそしてフェニルです。」

「食品表示法がワクチンにはただ適用されないのです。」

「ここで12件の研究が発刊されています。」

「それはワクチンやワクチン過程だという事が判明し、、、」
「、、、そしてこれらは全身性の結果にも繋がっているのです。」

「そこにある疫学のほとんどは、これらのワクチンに反応する子供達の集まりを拾い上げる事がないのです。」

「それぞれ個人個人が予防接種を受け、毎回予防接種を受ける度に反応があるのです。」
「そしてそれらは累積されるのにワクチンの安全性はその累積テストを必要としていないのです。」
「そして単一のワクチンのテストでさえも」

「これは子供世代における広大で制御されていない人体実験なのです。」

「定期的な予防接種は私達が子供達に見ているこれらの慢性疾患と関係があるのです。」

「ですからほぼ全ての学校が予防接種を命じていますので大きく適用率が上がっているのです。」

「他の国々ではアメリカがしばしばチャンスの国と呼ばれています。」
「ワクチン接種を受けていない子供達は学校に行く事ができないなんて本当にチャンスなのでしょうか?」

「もしここが自由な国であるのなら、何故アメリカの両親達にはワクチン接種をするかどうか選択する権利がないのでしょうか。」
「どうかH1055法案が通過するよう私達を助けて下さい。」
「そうすれば全ての子供達がワクチン接種状況に関わらず学校へ行く事ができるのです。」
「ありがとうございました。」
        :
        (証言場で拍手あり)
        :
 
 
》記事一覧表示

新着順:813/3549 《前のページ | 次のページ》
/3549