teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:820/3576 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

エイズウイルスは細菌兵器だった

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年11月13日(木)18時15分53秒
  通報 返信・引用 編集済
  https://ja-jp.facebook.com/satoru.utsumi/posts/475900805827011

関連記事:小学生にワクチン強制

http://ameblo.jp/sugi-hayama/theme-10016062447.html

内海 聡
2013年6月30日 ?

ゲイリー・グラム著『暴露 エイズウイルスは細菌兵器だった』より一部抜粋

1969年、ソ連KGBのスパイと疑われていたW・ズミュネス博士(Dr. W. Szmuness 1982年6月肺ガンで急逝)という人物がアメリカへの入国を難なく許可され、即座にニューヨーク市血液センターの要職に就いた。彼はそこでB型肝炎ワクチンの研究・開発にいそしみ、その“実験用”ワクチンを、全米の主要都市で、若くて健康な白人の男性同性愛者たち、とくに乱交的な性行動を持つ人間を選び抜いて接種していった。このB型肝炎ワクチンを製造したのは国立衛生研究所(NIH)で、この実験にはアトランタの疾病管理センター(CDC)と国立アレルギー感染症研究所、そして製薬会社のメルク・シャープ&ドーム(MSD)とアボット・ラボラトリーズが研究のために参加していた。

1978年11月から1979年10月にかけて初の試験が行われたニューヨーク市では1083人の男性同性愛者がボランティアとして接種を受け、その翌年の1979年1月、全米初のエイズ症例が同じニューヨーク市で発見されることになる。さらに引き続いて1980年3月から81年10月にかけて、サンフランシスコ・ロサンゼルス・デンバー・セントルイス・シカゴでも同実験が1402人の男性同性愛者を対象に行われ、1980年9月にはサンフランシスコで、翌81年にはロサンゼルスでもエイズ症例が発見されるにいたった。

この「生体実験」によってやがてエイズがアメリカへも蔓延していったことは、すでにアラン・キャントウェル・ジュニア氏の著書でも指摘されてはいたが、それとまったく同じ真相暴露が本書でも展開されているのは偶然の一致ではあるまい。だが、アラン・キャントウェル・ジュニア氏の著書で触れられていない「新事実」が本書にはあった。エイズの症例が現れたとき、CDCはB型肝炎ワクチン被験者の中でエイズに罹ったのは4%だけだと主張した。だがそれから4年後、症例数が60%になったところでCDCは数値の公表を止めてしまった。なぜか? CIAの情報筋がグラム氏に伝えたところによれば、ついには「100パーセントに達した」のだという。その諜報部員はこう断言した。

アメリカ最大の都市のゲイ・コミュニティに大がかりにそして徹底的にエイズを広めるために、ズミュネス博士のB型肝炎ワクチンには意図的にエイズウイルスが混入されていたのだ。

文書によれば、凍結乾燥されたエイズウイルスは、「静脈注射用ヘロイン」に添加され、鼻から吸入するコカインにも混入された。このようにしてエイズウイルスは鼻粘膜から吸収されて即座に効果を現わし、確実にウイルス入りのコカインを吸入した者を感染させた。

エイズは基本的には「性的接触」によって感染する、というのが今日の常識であろうが、本書によれば、「安全なセックス」「コンドーム」などはマヤカシの神話にすぎず、エイズウイルスが「血液を介して感染する」ものである以上、わずかたった一滴の血液で感染し、キスさえも危ないという。唾液中にはごく微量ながら血液は存在するが、キスによって微細な傷のある粘膜から感染しうると。これまで国立衛生研究所(NIH)や国立癌研究所(NCI)は「キスではエイズは移らない」と喧伝し、すっかり今日では“定説”となった観もあるが、そもそもキスを媒介にしてヒト免疫不全ウイルスHIVがヒトからヒトへと伝播する可能性を警告していたのはHIV発見者のリュック ・モンタニエ博士であった。「HIVは唾液によって運ばれる可能性があるし、口内に傷があると唾液によるHIVの伝播が助長される恐れが強まる」と彼は予見したが、実際1997年7月CDCによって、キス(口内出血)が原因でエイズに感染した事例が確認されたのである。むろん血液による感染はキスだけというわけではない。

本の前書きより

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1887299.html

訳者まえがき】私たちは恐怖の時代を生きている

【序章】どうして悲劇は起こったのか
 エイズの流行はある目的のために計画され、その計画どおり実行された
 われわれが知らされないままでいる真実を追う

【I章】パンドラの箱が開けられた
 エイズウイルスは人間を攻撃するために人間がつくり出した兵器
 「世界で最も権力のある者たち」に操られたホロコースト

【II章】ブレジンスキーの世紀末予言
 エイズ以外にもあった「政府による一般市民への犯罪」
 米国陸軍の化学・細菌兵器の無差別な実験が明らかにされる
 兵器としてのエイズ開発ののろしが上げられた
 アメリカ政府は今や疑われることなく、いかなるウイルスでも感染させられる
 たった一度の使用で中毒から抜けられなくなる「新ヘロイン」
 マインド・政治的・人口コントロールのためのヒト遺伝子操作

【III章】謎の核心、コードワード・カーディナル
 上級民族による支配、「アメリカの貴族」たちの精神基盤
 アダム・スミス、マルサスに始まる「よりよき未来のためのホロコースト」
 20世紀最大の秘密、「オリンポスの神々」の存在

【IV章】名門七家による永久支配計画
 アメリカにつくられた「有色人種への人口抑制と支配民族の創造」拠点
 きっかけは富豪たちの「アメリカヘの移民制限プラン」に始まっている
 1915年、名門七家族の「永久支配計画」がスタートした
 環境・優性保護の仮面を被った人種差別主義者の饗宴
 ヒトラーの人種政策を方向づけ、完成させたコールドスプリングハーバー

【V章】狙い撃たれた黒人たち
 カミュの『ペスト』で予言された陰鬱な未来がここに
 今、アメリカ人の多くが「確実に訪れる死刑執行の日」を待っている
 アフリカでのエイズの異常な拡大はすでに予告されていた
 エイズは黒人層を狙い撃つ「理想的兵器」

【VI章】アルフレッド大王計画と世界保健機閑
 免疫機構を破壊して人の命を奪うウイルス製造の「マンハッタン計画」
 種を超えて伝染する「カクテル・ミックス」が完成した
 フォートデトリックの試験に獣医が参加した謎
 かくて「オリンポスの神々」は世界の有産者たちに予言していた
 アメリカでのエイズ感染をスタートさせた「アルフレッド大王計画」
 伝播の隠れ蓑に使われた世界保健機関
 「ソーク・ワクチン汚染事件」とSV-40ウイルスの問題
 世界保健機関のワクチン接種、そしてエイズの急激な発症

【VII章】同性愛者に仕掛けられたCIAの実験
 ハイチでの実験の標的は同性愛者だった
 アフリカ豚コレラウイルスと「MK-ウルトラ計画」
 「ゲイ関連免疫不全症候群」に始まるアメリカでの発症

【VIII章】ゲイ絶滅作戦の幕開き
 エイズ=アフリカミドリザル起源説の嘘
 「エイズは自然発生し、自然に広まった」から「ゲイ・ルート」へ
 同性愛や不潔、過密状態では説明できないケニア、ウガンダ、ザイールの状況

【IX章】医療現場に潜むエイズウイルス
 誕生した危険な神話、「エイズは性的接触によって感染する」
 「激しいキス」でもエイズは感染する
 「安全なセックス」は単なるまやかしにすぎない
 危険な血液供給への赤十字の関与
 「病院それ自身での高い危険性」の意味
 外科・歯科手術ではウイルスのミクロの霧が襲う
 キャリア歯科医師に治療を受けたために感染した悲劇

【X章】発表されなかった機密の報告
 エイズウイルスは皮膚を通じても侵入する
 ウイルスを運搬する「デンディトリック細胞」
 エイズウイルスが脳内に隠れて不検知となる可能性
 アメリカ疾病管理センターが隠蔽する悲惨な現状

【XI章】ダイアナ妃とブッシュ夫人の危機
 「自分は健康だ」と思い込むキャリアたち
 ニューモシスティカリニ肺炎がゲイを襲った理由
 ダイアナ妃は果たして「安全」だったのか
 なぜエイズだけが「保護された病気」となるのか

【XII章】エイズ偽装に利用されたゲイたち
 ゲイ根絶のために設立された「国際ゲイ協会」
 モントリオールでのゲイの大行進がもたらしたもの
 ゲイと政府がエイズ検査を遅らせ中止させる
 ゲイと政府の背後には「オリンポスの神々」がいる

【XIII章】策定されていた黒人抹殺計画
 バンベリー会議に現われた「オリンポスの神々」の使徒たち
 非常に危険なモンスターウイルス人工合成の背景
 ついに告白された「新ウイルス」製造の事実
 「遺伝子の選択感受性」にエイズの秘密があった
 世界の「好ましくない人口」を激減させるために

【XIV章】歪められた医学の実情
 アメリカで最も優れたエイズ研究者・ギャロのうごめき
 エイズ研究を遅らせ、停滞させたのは公式機関

【XV章】高価な毒を売りさばく製薬会社
 何十億ドルもの浪費のあとに何が残されたのか
 エイズ患者は「不必要に高価な薬剤」の犠牲になっている
 AZTは発症を早める「殺人薬」
 あまりにでたらめなAZTの臨床試験とその結果
 食品医薬品局はなぜAZTをスピード認可したのか

【XVI章】ごく少数の人間を神にする遺伝子操作
 エイズウイルスよりも恐ろしい細胞複製の研究
 かくてエイズは時代遅れの細菌兵器となる
 「薬剤新時代」は今、どこに向かおうとしているのか
 アメリカ政府が密かに巨費を注ぎ込んだ「ヒトゲノム計画」
 遺伝子工学は「オリンボスの神々」にとって次のステップにしかすぎない

【XVII章】環境主義者フィリップ王子の失言
 エイズウイルスは人類を絶滅させてしまうかもしれない
 エイズは悪魔のしわざか、はたまた人口抑制の自然な解決法か
 国際通貨基金もエイズ流行に関係している
 エイズは第三世界の貧者を襲う
 エイズに続いて「新しい結核」が来襲する
 「隠蔽工作」に加担する医学雑誌
 「彼ら」が狙っているのは疫病パニック、警察国家

【XVIII章】暗黒部分を暴くためには
 もう一度、エイズにどう対処するかの議論を
 まずはすべての人への厳重なスタリーニングが必要

【XIX章】最後の希望は自然療法
 これまでの医療、製薬への「ノー」から始まる
 注目すべきアラブ、アフリカでの薬草によるエイズ制止
 薬草治療の秘密を明かそう
 生きる望みを託して、真実の公開を要求する

<転載終了>

関連記事:生物兵器

http://megalodon.jp/2009-0130-2033-20/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/2.html

以下は拙稿の生物兵器から.....翻訳は管理人ですが日本で唯一のものです。

特別のウイルス,癌プログラム用の腫瘍学,癌原因及び予防区分の研究

PHASE1.スペシミンの選択,およびウイルス,ウイルス表現(Expression)の検知

STEP1.1 研究のためのグループ選択の基準の設立

A.伝染病(疫学)としてのリード

1.地理的な生き物の群れ(clustering)
2.血清学としての群れ
3.環境としての群れ
4.遺伝としての群れ
5.家族(より高い癌家系)としての群れ

B.臨床状態

1.病理学の状態(鋭い慢性と軽減)
2.免疫学の状態(臓器移植・患者の欠乏)
3.遺伝のパターン

STEP1.2 伝染病と臨床状態のコンピューターを駆使した,情報収集と貯蔵

STEP2.1 患者の協力と臨床施設の設立

STEP2.2 選別された患者からのスペシミンの収集

A.白血病,リンパ腫患者

1.鋭く慢性の治癒していない脊髄性,慢性リンパの新生物
2.Burkittリンパ腫,および疫病

B.肉腫患者

1.軟細胞
2.骨形成

C.カーリノマ患者

1.軟細胞
2.骨形成

C.同じくカーリノマ患者

1.乳房状
2.頚部
3.鼻咽頭

D.その他の腫瘍患者

E.個人と癌に罹るハイリスク

1.遺伝子異常
2.癌家系とハイリスク
3.免疫不全症

F.一致したコントロール

STEP2.3テスト用血清,及び細胞組織の徹底した収集,貯蔵,配送の開発

A.標本収集の標準的な品質管理の徹底

B.組織病理学の見本の確認

C.貯蔵と配送のより改良された技術の開発

D.十分な貯蔵施設と配送ネットワークの開発と維持

STEP3.1 ウイルス,及びウイルス表現の検知

A.物理学的方法

1.電子顕微鏡の使用

2.分離技術

B.生化学と免疫化学の方法

1.酵素
2.抗原
3.核酸

C.生物学的な方法

1.免疫
2.組織培養
3.動物の感受性

STEP3.2 ウイルス表現の検知の新技術開発

A.物理的な(電子分離と過程分離技術)
B.化学的な(投下技術)(達人注:Chemtrailなど空から散布のこと)
C.生物的な(腫瘍細胞,またはウイルスの宣伝)

決定ポイント(黒枠)

ウイルス基準表現の検知に基ずいた研究アプローチの選択

基準

1.ウイルス粒子は存在する
  -形態論の特性は認識された協定に従うに違いない(ねばならない)
  -粒子は特有の浮遊密度を所有するに違いない(ねばならない)
  -粒子は核酸を有するに違いない(ねばならない)

2.現状のウイルス表現
  -認識された癌ウイルスと関係する抗原の存在
  -腫瘍形成性であると知られている(いた)核酸の存
   在
  -知られている癌ウイルス,及びウイルスプロセスに関
   連した酵素活性の存在
  -特定の悪性腫瘍中の共通抗原の存在,癌患者の中
   の免疫反応の刺激ーこれらの種を徹底調査せよ

   因果関係学の要因の修正とウイルス,もう一つの流れ

PHASEⅡーA 応答,及び最初の特性記述の確立

STEP1.1 ウイルスの複製

A.組織培養による成長と産出

1.初期のシステムの決定
2.二次的なシステムの決定(達人注:無限につくれる不定胚のこと)

D.敏感な哺乳類試験システムの開発

1.伝染力の決定
2.ウイルスの回復の決定

(これらの記事はPHASEⅣーBまであります)


STEP1.2 特定のセル・システムの連続的な生体外・生体内の宣伝のためにその手段を改良し開発するべし

A.タイプCウイルスの応答

B.タイプBウイルスの応答

C.ヘルペスタイプ・ウイルスの応答

STEP2.1 初期の特徴ずけ

A.ウイルスの形態論,及び応用の特徴の決定

B.同様の形態論のすべての既知のウイルスとの関係の決定

STEP2.2 特定のウイルスの診断の試薬の準備,方法の決定,改善

A.標準化された参照ずみのウイルス,及びウイルスの抗原

B.ウイルスとウイルス抗原の標準化された特定の抗原

        決定ポイント(黒枠)

より完全な特性記述,及び仮定疾病関係用の候補ウイルスの選択

基準

1.ウイルスは腫れ物に関係している
2.ウイルスは既知の非Preliferative(実験的?)な疾病に排他的に関連した、完全に特徴ずけられた働きではない
3.ウイルスは中に折れ重なり組織培養から,転用可能です。あるいはさらに必要な仕事にふさわしいレヴェルの動物も必要です。(達人注:非ユダヤ人という家畜の意味)

 もし1)または 2)がノーであれば,ドロップ

 もし3)がノーで,あれば,ドロップ。もしウイルス表現が存在するならば,PHASEⅡーBへ進む。

PHASE ⅢーA 仮定疾病関係,及び完全な特性記述の定義

STEP1.1 推定の疾病関係

A. ウイルス,ウイルスの抗原,あるいはウイルスの一貫した繋がり,ウイルスが分離されるタイプの異なる新生物に備えた抗原を解決させたと断定できる。

B.ウイルスの抗原,あるいはウイルスへの免疫学の反応性を示す証拠が,疾病共同状態と関連させられる抗原を解決させた(ホストが示すかどうかの決定)。腫瘍患者の中の抗体の発生率は正常な(見たところでは)人の中でより著しく高い

C.選択された動物類の中のウイルスの抗原への免疫の反応性の決定(達人注:動物類=ゴイム=非ユダヤ人)

D.伝染の自然なルートの決定

E.細胞形質転換,あるいは他のウイルス表現が共同発癌性の要因を要求するかどうかの判断

STEP1.2 ウイルス,ウイルスの抗原およびウイルスの解決した抗原への特殊なホスト,免疫反応の検知,及び計量に対する敏感な生体外,生体内の試験を開発し,またその改善。

STEP1.3 生物学の代理人,化学の代理人,及び物理的な代理人とウイルス発癌性の相互作用を定義し,量を計測する方法の開発

STEP2.1 完全な特性記述

A.生化学
B.生物物理学
C.免疫学

STEP2.2ウイルスの抗原,及びウイルスの解決した抗原など,生化学,生物物理学,免疫学的側面からのウイルスの特徴ずけの方法と開発

決定ポイント(黒枠)

コントロールすべき免疫学,生化学のアプローチの選択

基準

1.ウイルス,ウイルスゲノム,あるいはウイルスは抗原を解決させた,あるいは特定の抗体,一貫して定義された対照群と比較している場合,著しくより高いレベルに特定の新生物は関係している

2.候補ウイルスは,あるいは抗原は,大規模な生産(製造)を許可するために充分な安定性を実証した

3.抗原は動物(或いは人間の生体内のウイルスを中和する)の中の保護免疫反応を刺激する

4.ウイルス活動は,手段によって修正することができる。免疫学的に,削除あるいは,共同発癌性の要因のコントロール

1)2)と4)がイエスなら,PHASEⅣーAへ,1)がイエスで2)3)がノーの場合,ドロップ

決定ポイント

コントロールするべき,免疫学,生化学のアプローチの選択

基準

1.ウイルスの一貫した仲間は特定の新生物と備えた表現
2.定義された対照群に対するウイルスの表現についての重要な免疫学のホスト反応
3.免疫学以外である手段はウイルスの表現を修正することができる

PHASEⅢーB 新組織形成の維持とウイルスの特性

A.異なる新生物を備えたウイルス表現の組織としての決断

B.ホストが疾病状態と関連している,ウイルス表現に免疫学の反応性の証拠を示すかどうかの 決断

C.選別された動物類の中のウイルス表現への反応性の決定

D.細胞形質転換,或いは他のウイルス表現が発癌物質の原因かの決定

E.ウイルス遺伝子が,存在する場合には,その性質と固執を決定

F.核酸の点からウイルス遺伝子の特定の表現の決定

G.遺伝子活動の製品,および大規模生産の実現の可能性の決定
PHASEⅣーA 免疫のコントロール

STEP1. 免疫学的に相応しい(適した)コントロールの決定

A.能動免疫法の評価(達人注:この計画が出されてから,ワクチン,BCG接種により,多くの子供たちが影響を受けたと推察できる)
1.特定のワクチン
2.特定のBCG
B.受動免疫の方法の評価

1.血清
2.細胞(Cells)又は細胞の分散

STEP2.試薬の準備,及び測定する活動用、技術の標準のための研究施設の設置

A.安全性の特異性,清浄,および有効性の決定用の敏感な方法の開発

B.生産量の実現可能な数量の決定

STEP3.もっとも有効なプロトコールの決定

A.服用量摂生法の確立

B.決定するかどうか疾病状態の変更,あるいはウイルスの応答はレスポンスと関連させた

決定ポイント(黒枠)

臨床試験入門のための,統制手続きの有効性の確認

基準

1.入手可能な充分な材料
2.充分な臨床実験(達人注:人体実験)による安全の確立
3.抵抗力の保全は実証された
4.動物(達人注:ゴイム=獣=非ユダヤ人)による疾病のコントロール、ウイルス応答,また,組織培養によるコントロールは実証された

1)2)3)と4)がノーの場合,ドロップ

1)2)3)と4)がイエスの場合,次のステップへ

抑制措置(注:人口削減のことではないかと?)を評価するため臨床試験を計画し実行する。

PHASEⅣーB 生化学のコントロール

STEP1.生化学による最適な手段の決定

A.生化学の障害(変更)の本質の決定

1.核酸
2.プロテテイン
3.脂質
4.炭素水酸化物

B.特定の抑止的(秘密を守れる)な代理人、及び計測活動の開始

1.合成物のふるいわけのための生体外システムの開発
2.選択する,あるいは定義された自然,及び生化学の障害、特定の合成活動に基ずいた抑制する合成物の開発
3.培養された細胞の差異のコントロールの実証(あるいは,生体内で)
4.異なる動物モデルシステムの中の抑制する活動の調査

C.結果を評価し,完成させる代理人の選定

1.活動,毒性,及び選択性の観点からの代理人の定義
2.完成させるための,代理人のランクずけ

STEP2.試薬の準備,及び測定する活動のための技術研究施設と標準の確立

A.実現の可能性を決定する,あるいは,大規模生産(達人注:組織培養・不定胚による製造)のための生産工程

B.(ウイルスを生産する過程での)標準的な品質管理

1.代理人の守秘義務
2.標準的量の再生産
3.安定性

C.有効性の分析用の敏感な方法の開発と適用

1.生物学のシステム
2.活動の特異性
3.毒性の程度

STEP3.生化学コントロールの方法の評価

A.有効な生体内のレベルを維持するための管理と数のルート,服用量のサイズ,及び(超低)周波数の決定

B.確立している分析方法に,薬品を混ぜる定義された障害の有効活用

C.実現の可能性,有効性,及び安全性での臨床試験用のランクずけと服用摂生法

決定ポイント(黒枠)

臨床試験入門用のコントロール方法の有効性の確認

基準

1.充分な材料が入手可能なこと
2.予防,コントロール,障害の除去などは,すでに生体外の動物実験で実証された
3.疾病のコントロールは対照となったグループを,時間を超えて充分な期間維持される

1)2)3)と4)がノーならドロップ

参考:暗殺者研修

http://satehate.exblog.jp/10899427/

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:820/3576 《前のページ | 次のページ》
/3576