teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:820/3577 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

NESARA法案はガセ

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年11月16日(日)12時04分15秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://ja.wikipedia.org/wiki/NESARA

Wikiの英文はもっと詳しいですが日本語解説で語られていることは間違いないようです。元々Leo Waantaの27兆ドルの使い道から始まったものであり拙稿でLeo Wantaを検索すると色々出てきます。NESARAは元々「レーガン・ミッテランプロトコール」の陰謀のカウンターとしてあったものでWikiには......

『NESARAが公開されるとシャイニ・グッドウィン(Shaini Goodwin)という人物が自らのウェブサイトで、NESARA法案の扱いは散々だったものの2000年3月に非公開の議会審議を通過し、ビル・クリントン大統領も署名の後、2001年9月11日に法案施行されたと発表。この法案は合衆国最高裁判所により報道禁止命令(かん口令)が敷かれたとされた。グッドウィンは、クリントンに続くジョージ・ブッシュ大統領もNESARAの存在を国民の目から反らすために、9.11同時多発テロ事件とイラク戦争を演出したと主張。グッドウィンによるNESARA案は、当初のバーナードの提案から至極乖離していく。

その後インターネット上において、NESARAに関して様々な政府による陰謀案が語られるようになり、NESARAに関する研究グループが複数立ち上がっていった。信奉者からは、大量のUFOが近い将来やってくる、爬虫類系宇宙人がアメリカ政府をコントロールしているなど、予言めいた発言も上がるようになる。

NESARA提案者のバーナードは2005年になって、グッドウィンによって起こされたNESARAに関連する政府陰謀説などの存在に気がつく。そして彼はNESARA法案が可決された事実はないし、法案番号もないと否定した。しかしNESARAの信奉者らは、近い将来NESARAの予言は成就するとしばしば語っている。』と。

Leo Wantaの記事は以下で読むことが出来ます

ファティマ第三の預言

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/878.html

NESARAに触れているサイト

http://www12.plala.or.jp/gflservice/gflservice.html

ケムトレイルの掲示板では

http://hidemaro36.bbs.fc2.com/

>kei2さん、ご紹介の記事に関して、
・つむじ風さんの引用動画と関連した記事が2日前にあります↓
★アメリカで何か大きなことが起きようとしているのでしょうか? 追記有り (11/07)
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-11469.html

達人さんは:NESARAと英文記事にありますのでこの記事はガセです。本当はそれと反対のことが行われようとしているのです。と、http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/882.html

*NESARAネサラについての記事が2014/11/11、宇宙への旅立ちさんちにUPされています。http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/11/blog-post_11.html

情報が錯そうしていて、どれが正しいのか混乱中です・・・

NESARAの表面的なユートピアとは.....

『ユートピアの表面的なゴールは人類に世界的な幸福を与えるというものである。しかし,彼らの裏に潜んだ意図は世界民衆の(マインド)コントロールを段階的に増して行くということでもある。19世紀に大英帝国とドイツは主要なイルミナティのコントロール地域であった。行動科学研究(Behavioral Science Research)は1882年にイギリスで設立ツれた。しかし,マインドコントロールに関わる,最初のツ学,精神ツ学技術はドイツのカイザル・ウイリヘルム研究所で開発ツれた。Human Relationsのタビストック研究所は1921年にロンドンに設立ツれた。人間のBreaking Pointの研究のために(注:人間がある限度を超えると正常な精神状態を保つことが出来なくなるポイント)。1932年,ドイツの精神ツ学者クルト・レウインがタビストック研究所の取締役となった。イギリスとドイツは壷の中の二つの豆のようにマインドコントロールをツけ合った。彼らの兄弟団は(アドルフ・シュタイナー<ドイツツとウイン・ウエスコット<英国ツを軸とする)黄金の夜明け結社(Order of Golden Dawn)と黄金の曙ヘルメス教団を通してこれらの二つの団を結合ツせた。この秘密結社は多くのナチス党員とイギリス貴族社会を構成した。』

参考:

http://ameblo.jp/noritarou19780217/entry-10988441094.html

グノーシス的啓示=覚醒

覚醒は、人間一人ひとりが自己自身の生命の神秘に対して目覚めることを意味する。


それは「上(=精霊、神)」からの呼びかけに対して、


無意識の底に眠っていた真の生命が応答することによって達成されると説く。


人間が自己に超越する生命に帰一する契機は、


自己の中にある神性に目覚め、それによって心の変容が起こるということ。


・錬金術師たちはもちろんパラケルススも、非知の暗い深淵に直面したことは間違いない。


そして前進できず、彼らは精霊の光の訪れや夢の導きに頼らざるを得ないことを自認していた。


そのためそばに付き添う、親しく見守る「守護霊」を必要とした。


啓示を与える神や心霊的存在は蛇の形で表彰されるが、普遍的な型である。


アヤワスカで変性意識になると、蛇や幾何学模様を見ると言いますね。

アマゾンのシャーマン その2

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83A%83%84%83%8f%83X%83J&inside=1&b=5

管理人注:

アマゾンのシャーマン その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/31.html

アマゾンのシャーマン その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/32.html
 
 
》記事一覧表示

新着順:820/3577 《前のページ | 次のページ》
/3577