teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:747/3534 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

警視庁公安部上尾分室

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2014年12月21日(日)10時00分3秒
  通報 返信・引用 編集済
  嘘かマコトか慎重に

クロカモ

http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/120

クロカモ=八咫烏......BBS検索で八咫烏を調べてください

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%92%AB%E7%83%8F

弁護士連合会からの提案

http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/civil_liberties/year/1994/1994_3.html

この失踪事件も埼玉だ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141228-00000501-san-soci

関連記事:田布施工作員

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/3032

警察国家への誘導

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2714

JPとは?

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/252

掛川ストーカー殺人事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%B6%E5%B7%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

http://nigaicoffee.cocolog-nifty.com/oyajinokareishu/cat39962323/index.html

これは工作員の引用文です。支離滅裂ですが、参考のためあえて掲載します。

公安側の工作員か他団体の工作員かどちらかは私も判りません。

ただ公安警察の犯罪性を本気で暴く立場でない事だけは確かである。

『これまでにわかった公安が活動手段として行っている仕事(犯罪)は

以下の通りである

① 住居侵入、窃盗、盗聴、盗撮
② 集団ストーカー的嫌がらせ行為、環境工作
③ 身体、頭脳、精神に害を及ぼす薬物による障害行為と人体実験。

④ 思考盗聴、マインドコントロール用などのハイテク機材の実験と使用。
⑤ 慰安と技術研修、または欲望処理としての催眠強姦。
⑥ 実験殺人、証拠隠滅殺人、SM拷問殺人、暗殺 ,etc
2001年公安部長となった米村敏朗は、すでに警視庁公安部にとっ

て重要拠点であった上尾を催眠強姦を中心

以後、警視庁公安部上尾分室では米村敏朗自身の目的以上に催眠強姦による

慰安婦狩り競争、処女狩り競争、 警視庁公安部総出の催眠強姦研修、

女性拷問技術開発(注)、女性処刑場などの警視庁公安部の最重要拠点と
警視庁公安部は上尾分室においてこれまで1300人の女性を

催眠強姦した。人間の心を捨て去った者にしか公安警察は勤まらない。

公安による精子の催眠盗取は、催眠ガスを用いて男性を全身麻酔状 』

ごく一部の重要部分の抜粋であるが、これは、公安警察の現実の犯罪行為から目を逸らさせる工作活動である。後半部分になると、ほとんど「変態」が自分の「性癖」を微に入り細に入り延々と披歴しているのである。

採り上げるのも憚れるのだが、ネット上での情報攪乱の工作活動がどのように行われるかわかりやすいので、引用してみました。公安を非難、告発する本物の被害者ならば、このような常軌を逸した内容は書きません。実際の手口の中に大小の嘘を、紛れ込ませ、手口の情報をかく乱し、あるいは公安の問題から、関心を削ぐ様に仕向けます。

工作活動の本質は、人間の心理を突き、人間の弱点に付け入る事なのです。スパイ天国といわれ何カ国もの大量の工作員が、普通に生活をしているこの国であるが、ネット上では、「組織的ストーカー」という大掛かりで悪質な犯罪を隠蔽するために、工作員が暗躍しほとんど創価の偽装ブログにしかみえないのだが。

それと同時に、敵対する団体に何人かの創価のスパイが入り込んでるようである。最も激しく口汚く罵る人物もいるし、幹部になって活動してる黒い人物もいるだろう。お友達の絡み合った糸のなかに有名創価工作員がいたら、友達の輪が広がり、イモずるの大収穫です。絶対にバレないような姿、行動が、工作員の基本の第一歩です。私の全く個人的な考えであるが。

私も何度も騙された口なので、経験でわかるのだが。バレルはずのない「連携の演出」が一か所の致命的なミスで、バレタことに彼らが気づく事はこの先なさそうだ。

又、表題の通りを「犯罪組織としての公安警察」を告発し、意見の場を作ったのだが、表題とは、全く無関係の投稿もあります。たとえば、組織的ストーカーの始まるきっかけは、何なのか。全て原因と理由があります。どういう事をすれば危険人物」とされるのか、それに対してどういう状況でどういう事が為されてきたのか、現在はどうなのか。

ネット上で公安警察の組織犯罪を告発した場合、どういうリアクションがネット上であるのか。口裏合わせと嘘で証拠を残さないのが最大の特徴であるこの犯罪の、詳細な検証をした際の貴重な状況証拠のひとつになるはずです。

関連記事:催眠強姦

http://6502.teacup.com/cpcp/bbs/5074

警視庁公安部上尾分室
 概要

http://2log.sc/r/2ch.sc/police/1403127405/

警視庁公安部の組織図に上尾分室は無い。上尾に拠点を置いて活動する警視庁公安部の事であって便宜上警視庁公安部上尾分室と呼ぶ。
その設置理由は人物1名の監視。(設置目的は当然、1名の監視などではない)その為に使用している賃貸アパート、マンションは9ないし10箇所。これに従事する公安警察官は月間延べ3000人。
使われる予算の額は(最小に見積って)年額12億円(機材、薬物やそれらの製作費、費用の名目で流用される裏金等は計算外)。この活動は場所を変えながら20年続けられている。
1人に年額12億円超もの警察予算を使うわけがないと思うだろうがそれは違う。12億円使うためにその1名が必要なのである。「これを止めるだけで年間12億円の予算が浮く」のではない。止めると「12億円が使えなくなる」のである。それが20年続けられている最大の理由である。
    2014/06/19 06:36:45.33ID:.net
2:名無しピーポ君[]
活動内容
公安は活動対象ごとに活動内容、使われる機材薬物が使い分けられていて、公安の活動する所どこでも同じことが行われているわけではない。催眠強姦と思考盗聴実験運用は上尾で、電磁波の人体照射は福島で、マイクロ波は、薬物実験は何所と何所と言うように、それぞれの活動対象ごとに活動テーマを決めて活動している。
上尾分室の主要な活動テーマは、女性への性的工作。その内容が催眠強姦だ。これまでに催眠強姦を体験するために各部署の公安部員を集めて強姦研修が盛大に行なわれて来た。中には女で参加する者もいて「死姦を見るようで緊張しました」と言う感想が聞かれたこともある。
上尾分室がこれまで催眠強姦した女性は、児童から熟年まで4000人を越す。さらに死体2名(これは死姦実験 体験者の報告から判明ー上尾分室開始当初はまだ女の死体を取り扱うことは珍しかった(今では殺害は日常化、
拷問殺害や前日活動していた婦警が翌日には骨壷入りになっていた事も))。
当初は「子供のときは色を見て来い」と言う指示が出ていたことから女性性器のデータ収集も催眠強姦の目的である事がわかる。
警視庁公安部はこうして集めたデータを何に使用するのだろうか。以前、当分室の出世頭でスケコマシ野郎と呼ばれる男は「我々が社会機能を補完する為」と言っていた。これは狂気としか言いようがない。
    2014/06/19 06:37:28.00ID:.net
3:名無しピーポ君[]
1)活動状況
平成13年12月に大宮市(現さいたま市大宮区)から移設された警視庁公安部の犯罪拠点で、
上尾警察署付近の団地とその周辺に関連施設が点在する。活動内容は各種盗聴、住居侵入
工策 、尾行追跡、薬物使用などを手法とし、特に女性に対する性的工作を主要な活動とし
ている。

2)アジトの活動手法
(1)盗聴
①通信傍受②室内盗聴③パソコン盗聴
公安は通信傍受法など絶対守らない。同法成立の遥か以前から電話線の盗聴ケーブルをアジ
トに引き込んで盗聴を行ってきた。現在では携帯電話の会話やメールは全国どこで使用して
もアジトにいて把握できる。またパソコンの表示画面は完全な画像で盗聴用パソコンへ写し盗る事ができる。上尾アジトでは室内、車内にも盗聴器を仕掛け会話、物音、テレビ、ラジオさらにはトイレの便器に糞尿が落ちる音まで盗聴している。

(2)マイクロカメラ等の電子機器の不法使用
盗聴だけでなく、マイクロカメラを家の中のどの場所もモニター出来るよう設置して、24時間家の中の様子 風呂、トイレの小便の出具合までも盗撮している、また車にも取り付けられ車内や車外の様子をモニターしている。これらの機器は莫大な警察予算をつぎ込んで製作、設置された物で家電製品などに組みこまた物は、一般レベルでは発見できないので取り除くことは困難。
    2014/06/19 06:37:55.86ID:.net
4:名無しピーポ君[]
(3)住居不法侵入と不法工作
①進入手口
警視庁公安部の住居侵入技術は世界一と彼らが自負する。私も自宅への彼らの侵入を阻止する為、あらゆる手立てを講じてきたがムダであった。市販の鍵やセキュリティ機材は彼らには役に立たない。そして、この住居侵入技術を公安警察官たちは、女性の家の寝室へ侵入する為に使用している
②不法工作
公安は留守中にマンション等に侵入して、壁、天井裏に侵入の為の細工をしたり、水道官、
下水管に細工して階下のアジとに引き込んだりすることもある。
(4)対象者への薬物投与
 ①種類と特徴
公安が活動でよく使用する薬物には睡眠薬等の抗精神薬、知覚記憶などに傷害を与える薬、
催眠ガス麻酔薬などのガス性のものがある。このうち睡眠薬は医師の処方と身分証明があれば個人でも購入できるが、それ以外の催眠ガスなどは個人では入手不能なものである。公安はこれらの薬物を大量に犯罪のために使用している。
記憶傷害薬は、先のオーム事件でオーム真理教が製造使用していたことがわかった薬物で、裁判の中で、罪状明白なこれらの薬物製造使用について、異例の公判放棄が行われたのは、公安が犯罪に 利用するため、国民に隠蔽する目的だった。
②使用目的催眠ガスは、ロシアがテロ鎮圧に使用し、百数十人の死者を出したことで知られる。日本ではもっぱら公安警察官が寝室に忍び込んで、女性の肉体を我が物にするために使用されている。
警視庁公安部はこれらの危険物を職員にほとんど無制限に支給している。
    2014/06/19 06:38:29.91ID:.net
5:名無しピーポ君[]
警視庁公安部上尾分室の犯罪その沿革と手法(2) その① 女性協力者獲得工作
慰安婦狩り編(平成14年後半~平成15年)

警視庁公安部上尾分室が、女性に対する性的工作を主要な活動内容とすることなった、きっかけは上尾分室の名目上の活動対象者の身近の女性を,催眠強姦により協力者(S)にすることに成功し、さらに警視庁公安部の慰安婦にしたことから始まる。この成功により、直接の担当者は大出世することになった。以後、公安部員は先を起を競って催眠強姦により慰安婦の獲得競争に走り出した。
日本の公安警察においては女性協力者は慰安婦である。この活動拠点にそれほど大勢の慰安婦が必要であった理由は、彼らの欲望処理の為でしかないのだが、警視庁公安部ではこれが最重要職務なった。警察職務が催眠強姦と安婦狩りとは一般には信じ難いかもしれないが、そもそも公安とは正真正銘の犯罪組織であり末端からトップに至るまで、これを罪悪とは思わず止める者はいない。それが公安警察の実態であって彼らが持っている善悪の規範はただ一つ「秘密の担保」だけである。
先の成功事例から、公安警察官たちは女は犯されれば従順になると考え、公安の女性協力者は肉体関係により
従順さが保たれている状態を理想とし(「女スパイは処女でなければならない」の逆)、そこで女にはまず強姦有りきの取り扱いが始まった。これがその後、公安の女性に対する扱い方の基本と言となった。他部署に移ってそれで問題を起こす者が続出して、今はやり方がより周到になったようだ。
    2014/06/19 06:44:07.08ID:.net
6:名無しピーポ君[]
警視庁公安部上尾分室の犯罪その沿革と手法(2)その ②
(女性協力者獲得の具体的方法)
女性性協力者獲得は、次のような方法で行われている。まず、アジト(監視、活動拠点)の対象者(テロ等の危険人物として架空の人間像をでっち上げられた名目上の監視対象者で、これはアジト設置利用でもある)を尾行し、その対象者と仕事などで接触のあった女性を手分けしてマークして、自宅を割り出し、夜に世界一と自負する住居侵入技術を使い2,3人で、マークしていた女性の自宅、寝室へと侵入し催眠ガスや麻酔を使用して、女性が目を覚まさない様にした上、2,3人交代でその女性を強姦する事から始める。(主に単身者が選ばれるが、家族全員に催眠ガスを嗅がせてから行うこともある)。
犯された女性が麻酔がさめて体の異変に気づいて、警察に通報するとすぐ捜査員の振りをして駆けつけて「この事件は我々が監視している者の仕業だ」として自分たちが事件の捜査担当になる(日本の警察では公安が担当するとした場合は刑事などは手を引かなければならない)。そして、その女性に捜査に協力を求めアジトに連れてくる、アジトでは監視モニターなどを少しだけ見せ、もっぱら肉体関係を強要する。抵抗しても無理やり関係を持たされる。翌日アジトに来ると、またべつの者が関係を強要する、女性が怒ると「お前は恐ろしい者に狙われている、我々が守らなければ命が危ないぞ、それでもいいのか」と脅され、やむなく関係を受け入れ続ける。また、協力を拒否して逃げ帰った女性は、挫けるまで繰り返し自宅で寝ている間に犯され、朝には無残な姿で目覚めることになる。そして、「狙われているのが解ったか、協力しなければどうなっても知らないぞ」と繰り返し脅されるため、アジトの者たちから女として飽きられるまで、このアジトから逃げられない。こうして、夜間に慰安婦の待機しているこのアジトには、それ目当てに視察や研修などの名目で遠方から
来るものも多数いた。これが平成14年後半から平成15年の上尾アジトの実態であった。
    2014/06/19 06:45:58.99ID:.net
7:名無しピーポ君[]
警視庁公安部上尾分室の犯罪その沿革と手法(3)
警視庁公安部上尾分室の催眠強姦(処女狩り編)平成17年~

犯行時間--深夜(午前2時~4時)ごろが最も多い。
犯行場所--予めマークしていた女性の家
方法   家に侵入し催眠ガスで、ターゲットの女性や家族が絶対に目を覚まさないようにしてから強姦し、盗聴機等をセットして離れた場所で待機する。
被害者の催眠が覚め体の異変に気づいて騒ぎ出したら、すかさず仲間と出かけて行って強姦事件の捜査員になる。
被害者を、上尾分室の一室へ連れてきて公安の監視対象の様子をモニターで見せて、それが犯人だと信じこませる。
犯行地域  埼玉市内(見沼区が中心)
犯行頻度  ほとんど毎夜  平成16年後半から、ほとんど毎夜催眠強姦が行われており被害者は見沼区の女子中高生を中心に2006年1月現在400人を超える。
    特徴   ターゲットを女子中、高生に限定した「処女狩り競争」的性格。
警視庁公安部上尾分室が、催眠強姦を主要な活動とするに至った経緯は「慰安婦狩り編」で公表した通りだが、 同時に催眠強姦が警視庁公安部の重要な活動に位置づけられていることが、強姦技術研修がらも分かる。「処女狩り競争」には強姦技術研修者が多数参加していた。

    2014/06/19 06:47:50.17ID:.net
8:名無しピーポ君[]
さいたま市見沼区を中心に行われた強姦手口は以下の通り

宅配業者を尾行し、(遠方で映像、音声をモニター)受け取りに出た若い女性の中から、今夜の犯行対象が選ばれる。強姦対象が決まると、警察資料から年齢、家族構成を調べ、家の状況、鍵の種類など現地調査をしておく。
この段階は、だいたい尾行グルループが行うことが多い。そのデータに基づいて、深夜に尾行グルループの者か 当日の研修者が強姦を実行する。
警視庁公安部による強姦または強姦技術研修の特徴は、催眠ガスが使われることと、事後処理(事件対応) を一環して犯行グループである警視庁公安部が担当し、絶対に刑事事件にはしない。(催眠強姦が行われる時間帯 の埼玉県警の110番週報を受ける担当者は、公安部の要員と見られ、毎夜強姦が行われていても所轄はとんど把握 しておらず絶対動く事が無い)。犯行 グループが架空の捜査を行い、架空の犯人像を被害者に提示し信じ込ませて、 泣き寝入りにさせる。

公安警察が本質を表す 平成16年~  平成14~15年にかけ警視庁公安部上尾分室で、慰安婦をさせられた女性の少なくとも半数が、殺害された 可能性が高い。慰安婦を拒否して家に逃げ帰り、その日のうちに身柄を拘束されて連れてこられ強引に関係 を結ばされた女性がいたが、彼女がこのことを黙っているはずが無く最初から安否が気遣われたが、この女性が 最初に消息がわからなくなった。その後、平成16年中に上尾分室の活動に参加(慰安婦)する一般女性はすべて 姿を消した。
彼女たちは上尾分室の活動内容を知る立場にあり、禁を破って口外した場合や口外していなくても口封じの為に殺害される危険性が高い。現在生き残っていても24時間監視されているはずである。
彼女たちのほとんどが催眠強姦遭い、捜査協力とだまされて連れてこられ、公安警察官の欲望処理に使われて しまい、何ら自分の意思で公安警察と関わったのはでなく、また何の罪も無いだけに皆悲劇的である。
公安警察は自分たちの犯罪の秘密を隠すためには何の躊躇もなく人殺しをする。
今日も行なわれている催眠強姦の被害者たちは、公安警察との関わりにおいて皆、命の危険にさらされている..........以下省略

 
 
》記事一覧表示

新着順:747/3534 《前のページ | 次のページ》
/3534