teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:735/3535 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

天皇家と失われたイスラエル10支族

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2015年 1月 7日(水)12時57分7秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1041.html

関連記事:

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2697

『「見よ、わたしはエフライムの手にあるヨセフと、その友であるイスラエルの部族の木を取り、これをユダの木に合わせて、一つの木となす。これらはわたしの手で一つとなる。」エゼキエル書37章19節

失われた十氏族とユダをまた一つに戻すと予言している。現在「イスラエル共和国」を名乗っているのは、南ユダ王国のユダたち。失われた氏族の帰還を願って、失われた氏族=イスラエルを名乗るエフライムは、十氏族の一つであるヨセフの子でマナセと兄弟である

エズラ第四書』第13章.....「彼らは異教徒の群れから離れ、人類がいまだかって住んだことのない土地へ行き、自国では守ることの出来なかった規則をせめて守るようにとの計画を、お互いに持ち合って、さらに遠い国へ進んだ」....日本が、人類の住んだことが無い土地ではないだろうが、オリエントや欧州から見れば、それに近い感覚の島だろう』

http://ameblo.jp/hex-6/entry-10734584745.html

天皇家はエフライム族?

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1654

日本の国名が旧約聖書に

http://ameblo.jp/junraelian/entry-11142839939.html

神社の中の聖書

http://ameblo.jp/hex-6/entry-11972613769.html

上の関連記事:INRIとクロスペンダント その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/520.html

INRIとクロスペンダント その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/521.html

失われたイスラエル10支族で検索すると.....

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RgBcmM4axUtD0A8saJBtF7?p=%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%EF%BC%91%EF%BC%90%E6%94%AF%E6%97%8F&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

画像は元記事参照

日本の天皇家は、現存する皇室としては世界最古の歴史を持ち、日本建国から同じ血統をひく一族で、まさに天皇家は日本の歴史そのものといっても過言ではありません。

日本書紀によれば、神武天皇が帝国を創建したのが紀元前660年ですが、この時代は古代イスラエル王国がソロモン王の死(BC928年)後、北イスラエル王国(10支族)と南ユダ王国(2支族)に分裂し、北イスラエル王国はBC722年にアッシリア帝国に滅ぼされ、10支族はイスラエルの地から連れさられ、以後行方不明(失われたイスラエル10支族)になります。 南ユダ王国はバビロニアに滅ぼされ、2支族はバビロニアに連れさられますが(バビロン捕囚)、ペルシャ帝国がバビロニアを滅ぼし、ユダ王国の2支族は故郷に戻る事が許されました。

日本の建国は、北イスラエル王国の10支族が、国を追われ、東に向かい、アジア各地に散ってから、約60年後のことであり、日本の天皇家の家系図があまりにも北イスラエル王国のリーダーであったエフライム族と酷似し、日本の文化・風習が古代イスラエルのものとよく似ているため、失われたイスラエル10支族が日本にきて、エフライム族が日本を建国したのではないかという説があります。 イスラエルから日本までは、直線距離で約10,000Kmなので、1日5Km歩くとして約5年で来れますし、ラクダや馬を使えばもっと楽に来れるので、現実味のない話ではありません。

現在イスラエルでは、失われたイスラエル10支族の探索と帰還を図るため、「アミシャーブ」という専門の機関を作り、既にアジア各地でDNA鑑定も含め10支族の末裔を見つけておりますが、最も有力な候補として日本の天皇家をあげています。

「アミシャーブ」の探索によれば、シルクロードの終点にある日本にも「失われた十支族」が来日し、日本の中枢に大きな影響をあたえた証拠が多くあるとし、特に神道の祭祀にヤハウェの神殿の祭祀との偶然ではありえないような類似点が多く残っていると言っています。  また、聖書に記述にある「過越しの祭り」「仮庵の祭り」も日本の正月の祭りなどに残されているということです。

私は、この可能性はかなり高いと見ており、その有力な情報の一つに、神武天皇に至るまでの日本神話の系図と、旧約聖書にあるエフライム族の系図とが、また話の内容が全く同じである事があります。  これだけの一致は、まず偶然ではありえないと思います。

日本神話の神武天皇と旧約聖書のエフライム族

天皇家 と エフライム族
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/262.html

神武天皇の名前は、カム・ヤマト・イワレ・ビコ・スメラ・ミコトでありますが、現在の日本語からでは理解不可能で、何のコッチャとなりますが、これは古代ヘブライ語で考えると意味を成します。

古代ヘブライ後で、 カム・ヤマトゥ・イヴリ・ベコ・シュメロン・マクト、すなわち、「 サマリヤの王、ヤハウェのヘブル民族の高尚な創設者 」という意味になります。 ちなみに、サマリヤは、古代ユダヤの北イスラエルの首都であります。

恐らく、日本に伝わったインパクトある文化・文明は、まずは揚子江の長江文明と稲作、そして次には北イスラエル王国の失われた10氏族の子孫による古代イスラエル文明と文化、さらに4~6世紀にかけて中央アジアの弓月国からきた原始キリスト教徒(ネトリウス派キリスト教徒)の秦氏による古代イスラエル、キリスト教文明、そして6~7世紀に中国から漢字と共に仏教が伝来、戦国時代にキリシタンによるヨーロッパキリスト教文明、そして明治時代にはフリーメーソン(ヨーロッパ啓蒙思想:宗教色よりも科学技術)、さらに敗戦後はアメリカ文明であり、我々の文化・習慣は幾層にも複雑に重なったものであると思います。

宗教的には、仏教伝来以前からある神道は、古来からの自然・祖先崇拝に古代イスラエル文明の影響を受けた(少なくとも秦氏により神社というものがつくられてからは)物である事に間違いはありません。

人類最古の文明であるメソポタミアのシュメール文明の影響も指摘されますが、イスラエル人(現在的にはユダヤ人)の祖であるアブラハムは元々シュメール文明のあったウル出身の人で、神の啓示を受けてカナンの地(今のイスラエル)に移動したので、旧約聖書の大洪水の話など、全てシュメール文明のギルガメッシュ叙事詩のパクリで、シュメールの影響が間接的に日本にあっても不思議ではありません。  何故に、アブラハムはカナンに向かわねばならなかったのか?  私の推測では争いに敗れて、ウルを去らねばならなかったのだと思いますが、旧約聖書にエデンの園(メソポタミア地方:ウルの近く)を美化してるのは、豊かな祖国を思い出してはイジイジしていたのだと思います。

七夕の起源
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/719.html
日本神話とギリシア神話
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/115.html
本当にあった大洪水
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/233.html
もののけ姫
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/234.html
シュメール 古代都市ウル
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/235.html
エデンの園
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/232.html

1/3 Japanese are Jewish? Eng/Sub 日本とユダヤ
http://www.youtube.com/watch?v=00BP86cks4w&feature=related
2/3 Japanese are Jewish? Eng/Sub 日本とユダヤ
http://www.youtube.com/watch?v=4uVVrePl9e8&feature=related
3/3 Japanese are Jewish? Eng/Sub 日本とユダヤ
http://www.youtube.com/watch?v=xoowLHXVTvI&feature=related
相撲は古代イスラエルの神事だった
http://www.youtube.com/watch?v=U9NqwW6Bka8
1/2 Japanese curious SUMO "Jacob vs God" 一人角力(hitori-sumo)
http://www.youtube.com/watch?v=REvxEdhheaQ&feature=related
2/2 Japanese curious SUMO "Jacob vs God" 一人角力(hitori-sumo)
http://www.youtube.com/watch?v=3DltTnBM0HU&feature=related

Ten Lost Tribes of Israel in Japan? Biblical Japanese Festivals? (1/2)
http://www.youtube.com/watch?v=ulwxNUVFWrs&feature=related
Ten Lost Tribes of Israel in Japan? Biblical Japanese Festivals? (2/2)
http://www.youtube.com/watch?v=xEF8YO73PVA&feature=related

天皇家の紋章
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/242.html
天皇家 もう一つの紋章
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/244.html
天皇と記紀神話
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/115.html
京都 と エルサレム
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/412.html
秦氏
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/413.html
羊太夫
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/414.html
山伏の兜巾 と ヒラクティリー
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/268.html
秦氏 と 日本の中のユダヤ文化
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/267.html
日本 と ユダヤ の良く似た風習
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/277.html
日本語 と ヘブライ語
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/276.html
神輿 と 聖櫃(Ark)-1
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/273.html
神輿 と 聖櫃(Ark)-2
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/274.html
神輿 と 聖櫃(Ark)-3
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/275.html

祇園祭 山鉾巡行
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/928.html
伏見稲荷大社
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1035.html
諏訪大社
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1036.html
八坂神社
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1037.html
宇佐八幡宮
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1038.html
籠神社
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1039.html
伊勢神宮
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1040.html

秦氏・日本とユダヤ文化
http://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/msgcate45/archive
フリーメーソン
http://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/msgcate46/archive

イスラエル12支族
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/260.html

イスラエル12支族  旧約聖書
旧約聖書の 「創世記」 によると、アブラハムは100歳になってから、息子イサクが出来、イサクにはエサウとヤコブの双子の息子が生まれました。 ヤコブが神と格闘し、 「イスラエル」 と名乗るよう神からお告げを受けますが、このヤコブの12人の子供達が、イスラエル12支族の基礎となりました。

歴史学的には、ヤコブの12人の子供というよりは、イスラエル人の12の部族を表しているとされています。 何故なら、この12人の子供達の名前が、後世の確実な資料で明らかになっている12部族の名前と一致するからです。 ヤコブの4人の妻・妾から生まれた子供達というのは、12部族が4つの系統に大別された事を表すものであるとされているようです。

また、12部族のうちの10部族は北イスラエル王国をつくりましたが、アッシリアに敗北してから、どこに行ったのか分からなくなってしました。 南ユダ王国をつくったユダ部族とベニヤミン部族は、ユダ部族がベニヤミン部族を吸収合併する形となり、ユダヤという名前が出来る事になります。

ヤコブ(イスラエル)の子供達 ~生まれた順~

1、 ルベン    (母レア)
2、 シメオン  (母レア)
3、 レビ     (母レア)
4、 ユダ     (母レア)
5、 ダン     (母ビルハ)
6、 ナフタリ   (母ビルハ)
7、 ガド      (母ジルハ)
8、 アシェル  (母ジルハ)
9、 イッサカル (母レア)
10、 ゼブルン (母レア)
11、 ヨセフ   (母ラケル)
12、 ベニヤミン (母ラケル)

*レアはラケルの姉でヤコブの妻
*ラケルはヤコブが最も愛した妻
*ジルハはレアの女奴隷
*ビルハはラケルの女奴隷

管理人注:母ラケルの関連記事~ラケルの墓

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/305.html

イスラエル12部族

1、 ルベン
2、 シメオン
3、 ユダ
4、 ダン
5、 ナフタリ
6、 ガド
7、 アシェル
8、 イッサカル
9、 ゼブルン
10、 マナセ(メナシェとも言う)
11、 エフライム
12、 ベニヤミン

*レビ族は祭祀を司る専門職であるため、通常、イスラエル12支族には数えません。
*レビ族を除いてイスラエル12支族を数えるときは、ヨセフ族の2人息子のマナセ(メナシェ)族とエフライム族を独立させて数えます。 すなわち、ヨセフ族はありません。

管理人注:八咫烏が言っている賀茂氏=レビ族

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1921

賀茂氏も秦氏である

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2930

レビ族のアロン

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/2773

内容(「BOOK」データベースより)
約2700年前、中東地域で暮らしていたユダヤ人たちは、大国アッシリアの手で捕囚され、そのまま歴史から忽然と姿を消した。これが、失われたイスラエル10支族である。捕囚後、彼らイスラエル10支族がどのような運命をたどったのかはわからない。だが、彼らイスラエル10支族の末裔は、今も世界のあちこちで生きている。おそらくはこの日本でも―。本書は、失われたイスラエル10支族の末裔を求め、ついには世界中に離散した人々の行方をつきとめた、イスラエルの特務機関「アミシャーブ」の調査報告である。

アミシャーブ

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A3xT6s2p7KxUaTkAkhuJBtF7?p=%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%96&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

『アミシャブはイスラエルの失われた10支族(12支族)を捜し求め、世界中の国々を調査している。最高責任者はラビ・エリエフ・アビハイル(Rabbi Eliyahu Avichail)。インドにはマナセ族の子孫ではないかとされる人々がおり、アミシャブ傘下の「ベネイ・マナセ」(Bnei Menashe)という団体が帰還運動を推進しているなど、世界各地で同様の活動を行っている。アミシャブは古代日本と日ユ同祖論に注目しており、アビハイルがすでに日本の各地へ赴き、調査を続けている。

アミシャブと同様の活動をする組織としては、シャーベイ・イスラエル(英語版)(Shavei Israel、ヘブライ語:??? ??????)も存在している。』

もう一つの例としてイエメンのユダヤ人救出作戦がある

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/611.html

これはイスラエル最大の国家プロジェクトと言われる

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1736405.html

しつこく書きます。イスラエル最大の国家プロジェクトはパレスチナ併合よりもアミシャーブが優先です。それは2700年前行方不明になったユダヤ十支族を帰還させるものです。対象は天皇家と日本人です。日本に人が住めなくなれば、そうなる仕組です http://anatanoshiranaisekai.blog.fc2.com/blog-entry-33.html …(このURLは消去)

イスラエルに帰還させる日本人は、厳密に言えば全部ではない。天皇家を出した秦氏です。1700年前に百済から18000人渡来した弓月の君、秦氏末裔です。送るのは数百名で十分、あとは住めない日本で皆殺し。ちょうど欧州ユダヤ人の運命と同じです。これをシオニズム運動といいます (管理人注:それで3,11をやったのか?)

ここの記事の一番下の記事に注目

http://rapt.sub.jp/?p=19145

京都こそが裏イスラエル

http://rapt.sub.jp/?p=17054

君が代と古代イスラエル

http://matome.naver.jp/odai/2137462181239441701

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アビハイル,ラビ・エリヤフ
1932年、エルサレムで生まれる。1961年より、失われたイスラエル10支族の研究と探索活動に従事する。1975年に特務機関アミシャーブを設立し、失われた10支族の探索活動を本格的に開始した。探索範囲はインド・ビルマ・タイ・中国・日本・ヨーロッパ・南米におよび、各地で10支族の末裔を発見した。アビハイル師は10支族の末裔の改宗・イスラエル帰還事業も推進しており、すでに約1000名の10支族の末裔がイスラエルに帰還している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



 
 
》記事一覧表示

新着順:735/3535 《前のページ | 次のページ》
/3535