teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3267/3569 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

The Masonic Family

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 6月 9日(土)10時52分44秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www.freemasonrywatch.org/a_certain_point.html

フリーメーソンとは何か その5

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/245.html

ベートーベンの第9とFEMA CAMP

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/17.html

コメントから その1

ベートーベンの第九とFEMA CAMP
gattoparda
2012/6/4 11:49
tatsujin様、ご無沙汰です。
相も変わらず、マイペースのgattopardaです。亀さんの歩みではありますが、日々、「お勉強」は続けております。
光文社新書「指揮者の仕事術」伊東乾著で説かれている、第9の歌詞の解釈を読んで、長年の疑問が晴れました。音楽学生時代から、何回もこの合唱に参加しているのですが、かなり有名な指揮者の先生からも納得の行く解釈は得られず、tatsujinさんのこの記事を読んでも今ひとつよくわからずにいました。この内容が、エデンの園の事件を示しているのは解っているのですが、重要なキャラの「へび」さんが出て来ない、、、ドイツ語の訳がもいま一つ噛み合わない、、、と素朴な疑問を持っていました。この本の第5章「言葉に命を吹き込む仕事 第9交響曲の魂を訪ねて」によると、官能的な快楽は「虫けら」に与えられ、、、の下りの「虫けら」は「へび」だそうです。前書のP165から、その部分の解釈を引用します。
ー快楽はエデンの園でトグロをまく(イヴをたぶらかし、人間を堕落させた)あのヘビにすら与えられている。そしてその(ヘビも住むエデンの)楽園に立つ「命の木」に至る道には、神様の代役として、恐るべきケルビム天使が仁王立ちして(ヘビの誘惑で)死するべき定めとなった人間たちを戒めている(その死の試練を越えて私たちは初めて楽園のくることができる)ー
この作品はカントの宇宙観、死生観を歌い上げようとした、、、「歓喜」とは、、星のかなたにおわすはずの、唯一神にゆだねて、歓喜の満ちて死ぬこと、、、見方を変えれば、ある意味「死の讃美」じゃありませんか、、、いやはや、なんとも、、、

コメントから その2

ベートーベンの第九とFEMA CAMP
2012/6/4 1:20
はじめまして
演奏会の後,ネット検索していて,訪れました。
おもしろい思想捜査に,読みふけりました。
「抱かれてあれ」の解釈に合点がいったところだったので,深く考える機会となりました。
どうもありがとうございました。

 
 
》記事一覧表示

新着順:3267/3569 《前のページ | 次のページ》
/3569