teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3254/3558 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

GODIとは?

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 6月 9日(土)16時41分28秒
  通報 返信・引用 編集済
  下記は井口和基氏のブログをご覧下さい。

『ここに人工地震(爆弾による)の危険性の入り込む隙があるというわけですナ。福島原発の保安会社がイスラエルの専門企業だったというのもまったく同じことである。

IODP とか、インターナショナルという名前がつくと、さも国際的なグローバルな最先端の仕事をしているような気分が得られ、若い日本人研究者はさもすごいことをしているような錯覚に陥る。これが「マインドコントロール(洗脳)」と我々が言っているものなのである。若者を洗脳することは非常に容易い。これが最先端だ。これが今の時流だといえば、かつての勝海舟や坂本龍馬のようにすぐに洗脳できるからである......中略......

さて、ではそもそもこの「ちきゅう」というプロジェクトを組んだ悪玉はだれだったか?

今流行の東電の清水社長やIAEA会長に治まっている天野之弥事務局長のような役割を果たした人物がいたのである。
Wanted! 即刻こいつを逮捕せよ!:原発のドン、天野之弥帰国
それがこの御仁。加藤康宏
(東大卒の悪者はなぜかみんな同じ顔つきをしていますナ。)

この人は、原子力担当者でもあったのである。心底の悪ですナ。

この人物が「天下り」したのが、「独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)」というものである。この組織が、税金でさまざまな海洋研究のための船を発注(建造ではない!)し、そのうちに出来たのものが「地下深部掘削船ちきゅう」というものである。

面白いのは、話はこれで終わらない。
「地球深部探査船「ちきゅう」の引渡し及び今後の予定について」
によれば、「ちきゅう」を建造したのは、三菱重工業(株)長崎造船所であった。それが平成17年7月29日(金)にJAMSTECに引渡しされたのだが、所詮は日本人研究者は、文科省の公務員の大学研究者でしかいない。日本の進学エリートの馬鹿ものたちに、掘削技術は0。どこにも掘削できるエキスパートがいないのである。

そこで、この加藤康宏が悪巧みを考えた。それが、「GODI(グローバル・オーシャン・ディベロプメント)社」という民間の会社を作って、「ちきゅう」の航海や運営をそこに丸投げするということである。』

どんな馬鹿でも真実を語ることはできるが、うまく嘘をつくことはかなり頭の働く人間でなければできない。
byバトラー

管理人注:GODI=カバラ数字転換=六芒星

Integrated Ocean Drilling Program=IODP=カバラ数字転換=11

2001年4月25日 起工..3+4+7=14=5
=五芒星=バフォメット

2002年1月18日進水式..4+1+9=14=5
=五芒星=バフォメット

全長210メートル=3(A)

幅38メートル=11(B)   (A)+(B)=3月11日

喫水9.2メートル=11

エンジンMitsui12ADD30V,5,270KWx6=12+3=6
                =5+2+7=14=5
                 6+5=11(聖なる数字)
                =エンジン6基X11=66
                =6+6=12=3=3月11日

吐き気がするね!!

 
 
》記事一覧表示

新着順:3254/3558 《前のページ | 次のページ》
/3558