teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:717/3568 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

偽イスラエル政治神話の著者・ロジェ・ガロディの結論

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2015年 2月13日(金)16時49分36秒
  通報 返信・引用 編集済
 


2012/08/25 に公開

(日本語字幕版)

レイチェル・コリー(Rachel Corrie, 1979年4月10日 - 2003年3月16日)は国際連帯運動(ISM)所属のアメリカ人反戦活動家。ガザ地?区での活動中にイスラエル国防軍の武装ブルドーザーを止めようとして運転中のブルドーザーの前に立ちはだかり、死亡した。アメリカ人でありながらパレスチナのために犠牲となったコリーの死は、様々な議論を巻き起こした。シオニズム(Zionism)とは、イスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しよう、あるいはユダヤ教、ユダヤ・イディッシュ・イスラエル文化の復興運動(ルネサンス)を興そうとするユダヤ人の近代的運動。後者の立場を「文化シオニズム」と呼ぶことがあるが、実際には様々な関係があると思?われる。「シオン」(エルサレム市街の丘の名前 英語ではザイオン)の地に帰るという意味である。参考:ウィキペディア



これは連続ビデオなのでYouTubeをクリックしてください

下の記事に「水晶の夜」が出てきます~キエフと右派セクターによるオデッサ水晶の夜 (写真・閲覧注意!)

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-4bc4.html

「水晶の夜」をWikiで検索すると.....

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%99%B6%E3%81%AE%E5%A4%9C

http://www.jca.apc.org/~altmedka/nise-30.html

(a)…人類の人間化の叙事詩としての神話の正しい利用法について

 すべての人々は、文字の発明以前でさえも、口承伝説に磨きを掛け、時には現実の事件を根拠にしながらも、共通の特徴としては、彼らの起源や、社会的組織や、文化的儀礼や、首長の権力の源泉や、共同体の将来の計画などについて、しばしば、詩的な正当化を試みてきた。
 これらの偉大な神話は、人類の人間化の叙事詩として、神、または伝説的な先祖の軍功を物語り、偉大な反乱の時代の意義を説明する。それらの反乱は、人々が自分たちの力と義務、彼らが置かれた当時の条件の苛酷さに対する任務を自覚し、具体的な姿を通して、彼らの経験にもとづき、希望を抱くことから始まったである。神話は、将来の最終的な状態を映し出す。そこでは、彼らのすべての幸福な夢と“救済”が完成する。
 各大陸の神話から数例を借用するに止めるが、たとえば、インドの『ラーマーヤナ』は、われわれに、主人公のラーマとその妻、シータの苦難と勝利の物語を通して、男性と女性の崇高な姿、彼らの名誉の感覚、汚れのない人生への要求に対する誠意などを描き出している。ラーマという英雄の名前そのものが、神の名、ラームに近い。神話の力は、このように物語以上に非常に強くて、何千年にもわたり、人々の人生の地平に偉大な人間の肖像を打ち建てることによって、彼らの人生に霊感を与えてきた。[現存の]『ラーマーヤナ』は、ヴァールミーキ[伝承では三世紀の詩人]が作った詩編から何世紀も経て、その最も優れた口承の伝説が文字化されたものを、さらに一五世紀の詩人、ツルシダスが編集し直したものである。『ラーマーヤナ』には、より深い神秘に満ちた幻想の作用と、常に未完成な人間の上昇への願いの詩が満ちている。ガンディーは、死の間際に、彼を暗殺した者を祝福したのだが、ガンディーの唇から最後に出た言葉は、ラームだったのである。
 同じ問題が『マハーバーラタ』でも、「バガヴァッド・ギータ」[神の歌。6巻の中の哲学的詩編]において、その頂点に達する。そこでは、アルジュナ王子が、クルクシェートラでの決戦の最中に、人生と自分の戦いの意味について、最終的な疑問を提示するのである。
 別の文明、すなわち、人間と自然との関係についての別の理解にもとづく、別の人間と神についての神話としては、たとえば、『イリアード』がある。『ラーマーヤナ』とヴァールミーキの関係と同じく、『イリアード』についても、すべての民間の口承伝説が文字化された際に、ホメロスの作品とされた。『イリアード』でも、たとえば、ヘクトルのような登場人物を通して、人が描き得る限りでの、最も崇高な人間の姿を映し出す。ヘクトルは、人々を救うために、死の運命を覚悟しながら、不屈に歩み続けるのである。

アイスキュロスの関連記事:

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83A%83C%83X%83L%83%85%83%8D%83X&x=0&y=0&inside=1

 アイスキュロスの『プロメテウス』も同様に、二千年以上も経た一九世紀のシェリー[一七九二~一八二二。イギリスのロマン派詩人]による『プロメテウス解縛』とともに、自由を求める戦いの偉大さの永遠の象徴となっている。アンティゴネの“不文律”に関する訴えも、同様に、書き物よりも、権力よりも、法よりも、さらに高い“崇高な生き方”を望む、すべて人々の頭と心に、こだまのように絶えることなく蘇り続けるのである。
『カイダラ』のようなアフリカの神秘に満ちた偉大な叙事詩も、グリオ[呪術師などの訳例もあるが、ここでは語り部の意味]の口承伝説から文字化された作品となっている。作者とされるハムパト・バは、アフリカのホメロス、またはヴァールミーキである。アズテクの集団移住を歌った無名の作者についても、一生涯を掛けて一九世紀のヨーロッパの人々の自由な意志に関する神話、『ファウスト』を熟成させたゲーテについても、『白痴』と題した小説で、すべての近代の偶像の破壊者としてのムイシュキン公爵を描くことによって、イエス・キリストの新しい解釈を示したドストエフスキーについても、やはり、同様のことが言える。似たような別のイエス・キリストの生き方が、予言者の騎士、ドン・キホーテの冒険を通して描かれている。この騎士は、金力にもとづく新しい支配の誕生を見た世紀の中で、ありとあらゆる制度と衝突する。そこでは、恐れを知らず、非難を物ともしない高潔な騎士が、幻想と失敗しか味わうことができないのである。
 これらの群像こそが“世紀の伝説”の例証なのであり、その存在によってこそ、今再び、ヴィクトル・ユーゴーとともに、高らかに鐘を鳴らして、人間の再生を告げることができるである。
 それらの全体像は、人間の真の“神聖な歴史”を構成するものであり、慣習および権力の重圧を越えるための失敗した試みをも通して、人間の偉大さと正しさを、歴史的にもとづいて証明するものである。
 人々が“歴史”と呼ぶものは、勝利者たち、すなわち、帝国の支配者、人々の土地を荒らす将軍たち、偉大な科学や技術の発明者を服従させて、経済的または軍事的な支配の道具として使い、世界の富を財政的に略奪してきた勝利者たちによって描かれている。
 それらについても足跡が残っている。石の記念碑や、城塞や、凱旋門や、宮殿や、彼らの栄誉を称えた書物や、カルナック神殿の壁画のようにラムセスの軍隊の凶暴さを浮き彫りにした石像や、または、十字軍の詠唱隊員、ギベール・ドゥ・ノジャンが残した年代記の弁解的な回想録や、または、ユリウス・カエサルの『ガリア戦記』のような貪欲な征服の回想録や、または、おべっか使いのラス・カーズの筆を通して、ナポレオンがフランスを歴史上で最も下劣にしてしまった軍功を自慢している『セント・ヘレナ回想録』などに、それらの記録は残っている。
 この種の歴史の場合には、神話の利用は当たり前のことだが、神話を凱旋行進の戦車に鎖でつなぐことさえ遠慮なしにやらかす。
(b)…歴史の変装をした神話と、その政治的利用

 本書『偽イスラエル政治神話検証』は、宗教的にも、政治的にも、いかなる意味でも混乱を目的とするものではない。
 シオニストによる『トーラ』と“歴史的文書”、とりわけ『ヨシュア記』、『サムエル記』、『列王紀』に関する解釈への批判は、いかなる意味でも、聖書の価値、人類の人間化、神性化の叙事詩で聖書が啓示した価値を過少評価することにはならない。アブラハムの自己犠牲は、人間が、仮の道徳や脆弱な論理を、それらを相対化する無条件の価値によって乗り越える場合の永遠の模範である。同様に、出エジプトの物語は、すべての屈従からの離脱、解放を求める抑えようのない神への訴えの象徴として、不動の位置を占めている。
 私が否定するのは、それらの聖句を、部族的、国家主義的なものに変形するシオニスト流の読み方である。シオニストは、神と人間、それも、すべての人間の、あるがままのすべてとの契約という巨大な思想を矮小化し、人間の歴史上で最も邪悪な思想を導き出している。一部の不公平な神、すなわち偶像化された神による「選ばれた民」という邪悪な思想に基づいて、あらかじめ、支配と、植民地化と、虐殺を正当化している。これではまるで、あたかも、ヘブライの歴史以外には、世界中のどこにも、“神聖な歴史”が存在しなかったかのようである。
 私の本書における論証に関しては、その鎖の鐶の一つといえどもおろそかにせず、出典を明記した。私の主張は、決して、イスラエル国家の破壊を目的とする思想から発したものではなくて、ただ単に、その神聖視への反対から発したものである。イスラエルの土地は、フランスや、ドイツや、アメリカなどの、他のどの土地とも同じく、約束された土地ではなくて、それぞれの世紀の歴史的な段階の軍事力の行使によって、征服された土地なのである。

 大砲の一撃によって、歴史を際限なく作り直そうというのではない。ただ単に、これ以上、ジャングルの掟の支配を続けさせないために、すべてに関しての共通の国際的な法の適用を求めているのである。
 中東に関する特殊な問題を単純にいえば、第二次世界大戦の終了直後に国連が定めたパレスチナ分割決議、および、隣り合う国境線の蚕食、水の盗用、占領地での住民追い出しを同時に排除する二四二号決議の適用に帰着する。不法に占領した地区への入植、イスラエル軍や武装した入植者によって守られた植民地という現実は、占領行為の継続に他ならない。この状態は、本物の平和、二つの平等で独立した民族の平穏で長続きのする同居、アブラハムの流れを汲む三つの宗教が合流する場所としてのエルサレムに関して、排他的な所有を主張することなしに、お互いが尊敬し合う関係によって象徴される平和の実現を、不可能にしている。
[“ホロコースト”神話の国家による政治的利用]

 同様に、「ホロコースト」神話の批判も、単なる犠牲者の死体の数の勘定の問題ではない。たとえ一人であっても、その信仰や民族的名所属の如何によって迫害されることがなくなれば、それだけ人間全体への犯罪が少なくなるのである。
 ところが、この犯罪が犯された時には存在していなかった国家によって、政治的な利用が行われている。その被害の程度が他のすべてと比較にならない状態だったと主張するために、数字の誇張と、“ホロコースト”という用語がそうであるように、宗教的な用語を使う神聖化までが行われ、それよりさらに残酷な民族虐殺が忘れられてしまったのである。
 最も巨大な利益を得ているのはシオニストである。彼らは、排他的に犠牲者を独占し、それを踏み台としてイスラエル国家を創設した。第二次世界大戦では五千万人の死者が出たのに、ユダヤ人だけがヒトラー時代の犠牲者であるかのように主張し、それを根拠にして、すべての法の上に居座り、国内および国外での、ありとあらゆる不当な強請行為を合法化している。
[千年を支配したコンスタンティヌス寄進状の嘘]

コンスタンティヌス寄進状関連記事:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8C%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%AF%84%E9%80%B2%E7%8A%B6

そういえばカエサルの特許状も捏造だった

http://www.sqr.or.jp/usr/akito-y/tyusei/108-europe8.html

関連記事:世界を操る支配者たち(4)~欧州貴族ハプスブルグ家

http://www.kanekashi.com/blog/2012/06/001872.html

 何百万もの善意の人々の考え違いを非難する積もりはない。彼らは、すべてのメディアによって普及された嘘だらけの神話を信じている。当然のこととして、たとえばガス室の犠牲者の問題で憤激したり、聖書の言葉通りの読み方にもとづいて、現代の解釈をまったく知らずに、「選ばれた民」に対する神の約束を信じ込んでいる。
 敬虔なキリスト教徒たちは、四世紀からルネッサンスまでの一千年以上もの長期間にわたって、[ローマ帝国皇帝]コンスタンティヌス[一世]によるローマ司教への法王の国の“寄進”[教皇による王権支配を企んだヨーロッパ中世最大の偽書『コンスタンティヌス寄進状』]を信じ込んでいた。この嘘は、千年を支配したのである。
 私自身の祖母は、何千人もの信仰厚い人々と同様に、一九一四年八月二日、自分の目で、血が流れる十字架が空に昇るのを確かに見たと言い、そのことを死ぬまで信じていた。
 この現在の本の目的は、シオニストの神学による諸々の悪事を判断することが、誰にでもできるように、すべての参考資料を提供すること以外にない。シオニストは、アメリカの無条件な支持を得て、すでに五回も戦争を引き起こしており、彼らのロビーを駆使してアメリカの有力者に影響を及ぼし、そこからさらに世界の世論を動かし、世界の統一と平和への脅威となっている。
(c)…偽造者と批判的な歴史

 最後に、われわれにとっての課題は、どんなに小さな情報についても、われわれが確認できる出典や確証の材料を用意することであり、すべての嘘と根本的に一線を画することである。嘘は宿命的に、宗教や共同体への不信を生み出し、憎悪と迫害を呼び起こす。
 この種の卑しむべき行為の典型は、『シオンの長老の議定書』である。これについては、拙著『パレスチナ/神の伝言の土地』の中でも、九頁も費やして、警察による偽造の過程を明らかにした。私が教えを受けた原典は、アンリ・ロランが一九三九年に出した反駁の余地のない論証、『われわれの時代の黙示録』である。この本は、翌年の一九四〇年、ヒトラーによる焚書の対象となった。ナチによる反ユダヤ主義プロパガンダの絶好の材料を台無しにする本だからだったからである。復刻本が一九九一年に出版されている。
 アンリ・ロランは、つぎの二つの剽窃文書を発見した。この二つの文書を基にして、今世紀の初頭、ロシアの内務省の警察官吏、フォン・プレヴが、問題の偽造文書を作成したのである。
1……一八六四年にフランスのモウリス・ジョリイが、ナポレオン三世に反対する立場で書いた『モンテスキューとマッキャヴェリの地獄での対話』と題するパンフレットである。そのどの章にも皇帝の圧制に対しての、あらゆる批判が転載されていて、すべての政治的支配に対して適用できる内容になっている。
2……ロシアからの移民、イリア・ツィオンが、ロシアの大蔵大臣、ヴィッテ伯爵に反対するために出した『ヴィッテ氏の圧制はロシアをどこへ導くか?』という題の評論である。発表されたのは一八九五年であるが、これがまた今度は、一七八九年以前に、カロヌ氏に反対するために出されていた風刺書の剽窃であって、これも、すべての大蔵大臣と国際的な銀行との関係に関して使える内容なのである。この剽窃文書に関しての特筆すべき点は、これがさらに、ヴィッテ伯爵を憎んでいたフォン・プレヴによって、ヴィッテに関する報告の手本にされたことである。
 この卑しむべき種類の探偵小説的偽造文書は、生憎なことに、かなり利用されてしまった。特に、いくつかのアラブ諸国での利用に関しては、私は、早くから批判を加えている。この誤った利用によって、シオニストとイスラエル、および彼らの国際的な圧力団体は、彼らの中東政策に対するすべての批判を、偽造者の仕業と同一視する機会を得たのであり、それによって、さらに非難を強めることができたのである。
 多くの読者は、結論に到達するのを非常に急ぎ、しばしば、無味乾燥な証拠を挙げる作業を嫌うものである。しかし、以上に列挙した理由にもとづいて、私は、読者には余分な手間となり、疲労の原因となることを意識しながらも、あえて、いかなる問題についても、必ず出典を明示したのである。


[本書で展開した主張の要約]

 政策に奉仕する神話で歴史を神聖化せずにいうと、批判的な歴史は、つぎのように要約できる。
 ヒトラーは、その最初の政治的宣言以来、人種主義的な思想に基づいて、共産主義の次にユダヤ人を標的に選んだ。彼の主要な使命は共産主義の破壊にあった。彼は、長らく、共産主義を、実業家による再軍備の手段の引き渡しと、たとえばミュンヘンにおける事態[訳注1]のような、彼らの政策による国民の引き渡し以来の、“ヨーロッパの民主主義”の寛容と譲歩の産物だと評価していた。彼のユダヤ人との戦いにおける最初の口実は、矛盾に満ちていた。一方で彼は、ロシアの一〇月革命はユダヤ人の仕業であり、ユダヤ人の共謀によって、ヨーロッパにも共産主義政権が確立される恐れがあると言い張り、世界的な共産主義の化身の表現として、“ユダヤ=ボルシェヴィズム”という呼び名を広めた。ところが他方では同時に、ユダヤ人を、世界的な資本主義の化身として非難したのである。

訳注1:ミュンヘンにおける事態。ヒトラーは一九二三年一一月八~九日のミュンヘン一揆に敗れて投獄されたが、その発端は、賠償支払いの遅滞を理由とするフランス・ベルギー軍によるルール地方の占領だった。ミュンヘンを中心とするバイエルン地方では、中央政府が〈受け身の抵抗〉さえ中止したことへの抗議の声が高まり、行政・軍・警察首脳が〈三頭政治〉で実権を掌握し、ベルリンへの進軍まで企画した。しかし、最後には、ヒトラーの突撃隊だけの孤立したデモ行進が、警察隊の射撃を受けて鎮圧される結果となった。

 国家社会主義党の綱領では、すでに、《ユダヤ人は同胞ではありえない》と宣言していた。
 このように、文化、音楽、科学などのすべての分野で最も輝かしい業績を発揮している多くの人々を、ユダヤ教の信仰を口実として、ドイツ国民から排除するのは、宗教と人種を故意に混同する行為に他ならない。
 この怪物的な排除の思想から出発して、詩人ハイネを否定し、天才アインシュタインを追い出すことになるのだが、彼は、すでに一九一九年九月一六日、友人ゲムリッヒに宛てた手紙の中で、彼自身の“最終的目標”(letztes Ziel)として、“ユダヤ人を遠ざけること”を挙げていた。この“最終的目標”は、それとの戦いで彼自身が破れた“ボルシェヴィズム”の場合と同様に、彼の死ぬまで変わらぬ目標だった。
 この“ユダヤ人を遠ざけること”は、彼の変わらぬ政策の一つであるが、彼の経歴の変遷に伴って、違う形を取った。
 彼が政権を握って以後、彼の財務大臣はユダヤ人代表のシオニストと一九三三年八月二八日に協定を結び、ドイツのユダヤ人をパレスチナに“移送”(ヘブライ語では“ハアヴァラ”)する政策を推進した。(ブロシャット、ヤコブセン、クラウスニック『親衛隊国家の解剖学』82)
 二年後、一九三五年九月一五日のニュルンベルグ法制定により、一九二〇年二月二四日にミュンヘンで国家社会主義党が定式化していた綱領の4および5条が、法律化され、効力を持つに至った。この条文は、ドイツ帝国の市民権に“血の擁護”を課すもので、“カトリックの王”[スペイン国王と同義]がスペインで一六世紀に、ユダヤ人や“ムーア人”に対抗する“血の純潔”(“linpieza del sangre”)の口実とした場合と同様に、旧約聖書のネヘミアとエズラの物語に見習っている。この法律は、国家機能、および民間社会の支配的な部署から、ユダヤ人を排除することを許した。この法律は、異人種間の結婚を禁止し、ユダヤ人を外国人と規定した。
 差別政策は、一九三八年の水晶の夜を、以後の口実として、さらに野蛮さを加えた。
 一九三八年一一月七日、パリ大使館の顧問、フォン・ラトが、グリンスパンという名の若いユダヤ人によって暗殺された。
 この事件は、ナチの新聞で交響曲よろしく一斉に報道された。一一月九日夜から一〇日に掛けて、本物のユダヤ人追放の暴動が荒れ狂い、彼らの商店は襲われ、掠奪され、ショーウィンドーが破壊された。水晶の夜の呼び名は、割れたガラスのイメージからきたものである。
 結果は陰惨だった。《八一五の商店、一七一の住居、二七六のユダヤ教会堂、それ以外に一四のユダヤ人社会の記念物が襲われ、破壊された。二万人のユダヤ人、七人のアーリア人、三人の外国人が逮捕され、三六人が死に、三六人が負傷した》(ニュルンベルグ裁判記録・ゲーリング以下、これを提出された被告が、すべて真正と認めた一九三八年一一月一一日付けのハイトリッヒからゲーリング宛ての報告書)
 この事件は、激情に駆られたドイツ人の民衆の暴動ではなくて、ナチ党が組織したポグロムであった。その証拠となるのは、調査を依頼された国家社会主義党の最高裁判事、ヴァルター・ブッフの報告(ニュルンベルグ裁判記録)である。彼は、一九三八年一一月一一日以後に逮捕された一七四人の党員の裁判を担当していたが、それらの党員たちは、ハイトリッヒの命令を受けてポグロムを組織し、参加していたのだった。
 しかし、この一七四人の党員の中には、下級幹部しかいなかった。
 政府と総統本人は、関与を否定した。犯罪を認めた例外はゲッベルスだけだった。しかし、命令が“最上部”から出たという仮説を排除することはできない。ゲーリングが直ちに、つぎのような三つの差別拡大の命令を出しているので、なおさら、この疑惑は強まる。
 第一に、ドイツのユダヤ人に、総額で一〇億マルクの罰金支払いを課した(ニュルンベルグ裁判記録)。
 第二に、ユダヤ人をドイツの経済的職業から排除した(同前)。
 第三に、水晶の夜の事件で起きた被害に関して、保険会社が被害当事者に支払うべき保証費用を、被害当事者にではなくて、政府に収めるように決定した(同前)。
 衝撃的な問題点は、このようなドイツのユダヤ人に対する圧迫に用いられた口実と、その仕打ちが、パレスチナのアラブ人に対してイスラエルが行っていることと、いかにも類似していることである。
 一九八二年、ロンドンで、イスラエルの外交官が襲われるという事件が起きた。イスラエルの指導者たちは、直ちに、それがPLOの仕業であると非難し、PLOの基地を破壊するためにレバノンを侵略し、二万人を殺した。ベギン[当時のイスラエル首相]とアリエル・シャロン[同国防相]は、かつてのゲッベルスと同様に、“彼らの水晶の夜”を演じたのだが、罪のない被害者の数は桁違いに多かった。
 違いは、また、レバノンに対する侵攻の火蓋を切る時の口実の立て方にもあるのだが、実際には、イスラエルの指導者たちの長期にわたる計画が背景にあった。ベン=グリオンは一九四八年五月二一日、彼の『ジュルナル』に、つぎのように書いていたのである。
《アラブ連盟のアキレス腱はレバノンにある。この国のイスラム政権には人工的な基盤しかないから、容易に転覆できる。キリスト教政権の樹立が可能である。レバノンの南の国境線は、リタニ川になるべきだ》(前出『ベン=グリオン/武装した予言者』)
 六月一六日には、モシェ・ダヤン将軍が、その方法を正確に語った。
《あとは、将校を探すことだけだ。ただの大尉で良い。わが方の大義名分を立てる必要があるから、買収して、マロン派[キリスト教徒]の人々を救う宣言を請け負わせる。その後、イスラエル軍がレバノンに入って、キリスト教政権を樹立できるだけの領土を占領する。あとはすべて、ルーレットの上のサイコロのように回転する。レバノン南部の領土は、すべてイスラエルに併合される》(『ジュルナル』79)
 シャロンの宰領下に準備され、その目の前で実行された徹底的な虐殺もさることながら、レバノンにおける犯罪を、さらに嫌悪すべきものにしているのは、その基本原理自体であり、その口実すらも、もともと、PLOになすりつけることが不可能なのであった。
 サッチャー夫人[当時のイギリス首相]は、下院で、この犯罪がPLOの明白な敵の仕業であるという証拠を提出した。犯人が逮捕され、警察の調査の所見が発表された直後、彼女は、つぎのように声明したのである。
《主犯が襲撃目標の人物を挙げたリストの中には、ロンドンにいるPLOの幹部の名前もあった。……以上の事実は、暗殺者が、イスラエルの主張とは違って、PLOの支持者ではないことを立証している。……私は、イスラエルのレバノンに対する攻撃が、この襲撃事件によって引き起こされた報復であるとは信じない。イスラエルは、この事件を、レバノンに対する敵対行為を再開する口実として、利用したのである》(『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』82・6・8)
 以上のようにイスラエルのプロパガンダが否認された経過は、フランスでは、まるで気付かぬ振りの黙殺で終わった。なぜならば、この否認の経過は、新しい侵略の口実に使われていた“防衛の正統性”という伝説を、崩壊させるものだったからである。
 レバノン戦争には、ヒトラーの人種主義の内的な論理の中における“水晶の夜”の場合と同様に、イスラエル国家のすべての侵略と強奪に共通するシオニストの教義の内的な論理が、刻み込まれていた。
 ユダヤ人の状況は、“水晶の夜”以後、それ以前にも増して悲劇的に変化した。一九三八年には、エヴィアン協議会が開かれ、三三の“西側の民主主義国”が集まった。ソ連とチェコスロヴァキアは代表を送らず、ハンガリー、ルーマニア、ポーランドは、オブザーヴァーを送って、ユダヤ人を自分たちの国から追い出してくれと要求しただけだった。
 ローズヴェルト大統領はエゴイズムの手本を示した。“ウォーム・スプリングズ”での記者会見で、つぎのように語ったのである。
《合衆国への移民割り当て数については、見直しも、追加も、まったく予定していない》(「エヴィアン協議会から三〇年」『ル・モンド・ジュイフ』68・4/6掲載記事)
 エヴィアンでは、《迫害されている人々を引き受けたり、彼らの境遇を真剣になって考えて心配する》ことには、誰一人として熱意を示さなかった(『ナチズムに関する十の教訓』76)。
 一九四三年三月、ゲッベルスは、つぎのような皮肉を飛ばすことができた。
《ユダヤ人問題の解決には、どの案が一番良いのだろうか? いつの日にか、どこかの領土で、ユダヤ人国家を創設するという案なのだろうか? いずれは、そうなるだろう。それにしても、奇妙なことがある。なにかといえば、すぐにユダヤ人に好意的な世論が燃え上がる諸国の内の、どの国を取って見ても、間違いなしに常に、ユダヤ人の受入れを拒絶しているのだ》(前出『憎悪の日読祈祷書』)
 ポーランドの敗北後には、ユダヤ人問題を臨時に解決する方法の可能性が出てきた。一九三九年九月二一日、ハイトリッヒは、“最終的目標”(Endziel)と言う表現を使って、保安部の幹部に、ソ連領内の新しい最前線に一種の“ユダヤ人居留地”を建設するように命じた。(同前)
 フランスの敗北によって、ナチには、新しい展望が開かれた。ユダヤ人問題と、その“最終的解決”のために、フランスの帝国主義支配下にあった植民地を利用することができるようになったのである。
 一九四〇年に休戦して以後、すべてのユダヤ人をマダガスカルに追い払う案が、飛び出してきた。
 一九四〇年五月以後、ヒムラーは、《東部の外国人の取り扱いについての、いくつかの考察》と題して書き留めた。
《すべてのユダヤ人をマダガスカルその他の植民地に移住させることによって、ユダヤ人と言う概念が消え去ることを希望する》(前出『季刊現代史資料』57)
 一九四〇年六月二四日、ハイトリッヒは、リッペントロップ外相宛てに、今や、ユダヤ人問題の《領土的な最終的解決》(eine territoriale Endlosung)の予測ができるようになったと書き送った(前出『ヒトラーと最終的解決』82)。
 それ以後、“マダガスカル計画”の技術的な練り上げが行われた。一九四〇年七月三日には、外務省のユダヤ人問題担当者、フランツ・ラデマッヒャーが、詳しい報告書を提出した。そこには、つぎのように記されている。
《目前に迫った勝利の結果、ドイツにとって、私の考えでは、同時にヨーロッパのユダヤ人問題を解決する可能性が開けている。望ましい解決策とは、ユダヤ人を全部ヨーロッパから追っ払うこと(“Alle Juden aus Europa”)である。
 専門報告班DIIIは、ユダヤ人問題の解決策を、つぎのように提案する。平和協定において、フランスはマダガスカル島を、ユダヤ人問題の解決のために使用できるように引き渡し、同島に居住するフランス人、約二万五千人の移住と補償に責任を持つ。同島は、ドイツの委任統治下に入る》(ニュルンベルグ裁判記録「ドイツ対外政策資料」)
 一九四〇年七月二五日には、ポーランド総督のハンス・フランクが、このマダガスカルへの移送にはヒトラー総統も賛成しているとした上で、しかし、イギリス海軍が海上を封鎖しているので、この重要問題に関する海上輸送は実現不可能だと認めた(ニュルンベルグ裁判記録)。
 代わりに臨時の解決策を探す必要が出てきた。
 口頭弁論では、つぎのような発言があった。
《親衛隊長官とドイツの警察長官が、地理的限界の考慮を抜きにして、[ユダヤ人問題の]最終解決(Endlosung der Judenfrage)に必要な方法の全体に、責任を持つことになった》(同前)
 ユダヤ人問題は、以後、ナチが占領したヨーロッパの範囲内に戻った。
 マダガスカル計画は、とりあえず、延期された。
《ソ連との戦いによって、最終的解決のための(fur die Endlosung )新しい領土の配分が可能になった。その結果、総統は、ユダヤ人をマダガスカルへではなくて東部に移動させると決定した》(同前)
 総統は実際に、一九四二年一月二日、つぎのように語っていた。
《ユダヤ人はヨーロッパから立ち去るべきである。ロシアに行くのが一番良い》(『ヒトラー独白録/一九四一~一九四四』80)
 ドイツ軍がソ連軍に押し返される状況を反映して、“ユダヤ人問題”の解決には、《無情な厳しさ》(『東部諸国におけるユダヤ人迫害』)が求められた。
 一九四四年五月、ヒトラーは、二〇万人のユダヤ人に一万人の親衛隊の看守を付けて、軍需工場で働かせるように命じた。集中収容所の居住条件は非常に悪かった。発疹チフスが流行し、何万人もの犠牲者が出て、火葬場の焼却炉の増設が必要になった。
 さらには、移送される流刑囚は、自分の移送路を自分で建設しなければならなかった。悪条件の中での疲労と食料不足によって、その大部分の、何万人もの流刑囚が死んだ。
 このようにして、流刑囚の犠牲者名簿は、ユダヤ人、スラヴ人の名前で埋まった。彼らを奴隷なみに酷使した残酷な支配者のヒトラーは、人間の価値を、利用できる労働力としてしか認めていなかったのだ。
 これらの犯罪を過少評価してはならない。犠牲者たちの言語を絶する苦難についても同様である。正確な事実の評価をすれば、この恐ろしい情景を描き出すために、ダンテの地獄から火の海を借りてきて薄明りを付け加えたり、神学的かつ犠牲的な“ホロコースト”の保証人になったりする必要はないのである。
 まったく誇張がない歴史が、そして、そういう歴史のみが、神話よりも優れた最良の告発者なのである。
 そして何よりも、そういう事実に即した歴史の方が、一種類のみの罪のない犠牲者に関してのポグロムの次元と比較して見れば、実際に五千万人の死者を出した人道に対する犯罪の全体像を、矮小化せずに伝えることになるのである。しかも同時に、この野蛮行為に面に向かって武器を手にした戦いでも、何百万人もの死者が出ているのだ。
[歴史の真実の確立こそが最良の検事論告]

 繰り返して言うが、以上の歴史的な評価は、まだ仮のものに過ぎない。すべての批判的な歴史においてと同様に、または、すべての科学の場合と同様に、以上の歴史的な評価は、見直すことができるものであり、また、新しい材料が出現すれば、それに応じて見直されるべきものなのである。何トンものドイツの文書類が、アメリカ軍に押収され、アメリカに運ばれた。いまだに完全な公開はなされていない。ロシアにある文書類の方は、長らく研究者の接近が禁じられていたが、最近、公開され始めた。
 だから、まだまだ、大きな仕事が残っている。神話と歴史を混同しないような条件を作り出す必要がある。これまでのような、各種の知的テロリズムの駆使による研究以前の結論の押しつけを許してはならない。
 実のところ、ニュルンベルグ裁判記録を“聖典承認”しようとする彼らの動きは、その主張の理論的基礎の脆さを、自ら暴露しているのである。歴史は、他の諸科学に負けず劣らず、触れることのできないア・プリオリから出発してはならないものなのである。
 ニュルンベルグ裁判が広めた数字については、最も重要な部分の誤りが明らかになった。アウシュヴィッツの死者の数字、“四百万人”の方は、すでに“百万人より少し多い”となっており、“権威筋”までが、この見直しを受け入れ、この犯罪の記念碑を作り直したのである。
“六百万人”の教義に関しても、すでに、最も非妥協的なジェノサイド論の擁護者、ライトリンガーでさえもが、著書、『最終的解決』の中で、四百五十万人という数字への変更を余儀なくされている。ただし、この数字自体も、世論や学生を相手にメディアが操り広げるプロパガンダの題目として通用しているだけで、最早、科学的な議論の世界では相手にされていない。
 重要なことは、これらの「ア・プリオリ」算術の空虚さを説明したり、気味の悪い死者の数の精密な調査を行うことではない。これらの用意周到な嘘を繰り返し宣伝することによって、歴史の組織的系統的かつ手前勝手な変造を強制してきた意図が、どこにあったのかを明らかにすることが、最も重要なのである。
 まず必要なのは、ユダヤ人殉教者名簿の現物を作り上げることだったのであり、そのために「陳腐化」を防ぐという口実が設けられた。その目的は、千七百万人のロシアの民間人や、九百万人のドイツ人などの、その他のすべての犠牲者たちを二流扱いにするだけでなく、ユダヤ人の苦難に対してだけ、のちの名称、「ホロコースト」のような、神聖な性格の特権を授与し、それを他のすべての犠牲者に対しては拒絶することにあった。
 つぎに必要となったのは、以上の目的を達成するために、すべての正義の基本的な法則と、真実を確立する努力を踏みにじることだった。
 たとえば、つぎのようなことが必要になった。“最終的解決”は、絶滅、または“ジェノサイド”を意味しなければならない。ところが、実際には、いかなる記録文書も、そう解釈できないのである。すべての記録文書が常に意味するのは、すべてのユダヤ人をヨーロッパから排除することであり、その行き先は、東部だったり、アフリカのどこかの居留地だったりしたのである。それだけでも、すでに十分に恐ろしいことだったのだが。
 そこでさらに、すべての記録文書を偽造する必要が生じた。たとえば、“移送”を、“絶滅”と訳すのである。この種の“方法”による翻訳を行えば、どんな記録文書からでも、都合の良い材料を作り出すことができる。こうして、恐ろしい虐殺が、さらに“ジェノサイド”へと発展したのである。
 この種の記録文書の意図的な小細工を、一例だけ示しておこう。ジャン=クロード・プレサックは、著書、『アウシュヴィッツの火葬場』(93)[訳注1]の中で、この恐ろしいほどの多数の死亡者名簿に、付録の恐怖を付け加えたいという熱心さが高じた余りか、ドイツ語の“Leichenkeller”という単語に出会う度に、直訳すれば“死体の穴蔵”、つまり、“遺体安置室”でしかないのに、“ガス室”(同前)と訳している。そうしておいて、彼は、“暗号化された言葉”という考えを持ち込み、死刑執行人(名前はメッシング)には、《“死体の穴蔵”が“ガス室”だと書く勇気がなかったのだ》(同前)と称しているのである。

訳注1:ここでガロディが例に挙げているプレサックの原著の六五頁では、chambre a gaz (la Leichenkeller 1)[ガス室(遺体安置室1)]となっており、その隣が、vestiaire (la Leichenkeller 2)[更衣室(遺体安置室2)]だという主張になっている。

 ところが、この“暗号化された言葉”という仮説は、記録文書を自分の都合の良いように利用するために、しばしば活用されてはいるものの、何の根拠も持たないのである。まず最初に、ヒトラーとその共犯者たちは、すでに本書でも詳しく指摘したように、自分たちの他の犯罪を隠す努力を、まったくしておらず、その上に、図々しくも明確な用語で発表していた。さらに、イギリスは、当時、極めて高度な暗号解読の技術と機械の開発に成功し、ドイツの通達類を明瞭に受信していた。何百万人もの人間を工業的に絶滅させるというような、巨大な技術的計画が実行されていたとすれば、その関係の通達類は必ずや数多かったに違いないのである。
 ヒトラー支配下の記録文書には、“領土的な最終的解決”という用語が、実に頻繁に登場する。この用語が、組織的系統的に拒否されている状況は、やはり、「ア・プリオリ」の結論、すなわち、“六百万人”、または、“ジェノサイド”の正当化を否定するような、すべての分析を拒否しようという意図が働いていることの、何よりの証明である。
 同じく手前勝手な論理が必要とされ、いまだにまかり通っているのは、“目撃証人”の評価の問題である。“ガス室”の存在に関しては、相当数の“目撃証人”による言明があったにもかかわらず、ドイツ領土内には“ガス室”はなかった。ところが、東側の“ガス室”の存在に関しては、いまだに、同工異曲の証言が、絶対に異議を差し挟めないものとして、通用され続けているのである。
 最後に、科学的かつ公開の場での専門的な鑑定にもとづく議論の拒否がある。その一方には、言論弾圧および黙殺による返答の拒否がある。これでは、疑惑を解消できるはずがない。
 歴史の真実の確立こそが、ヒトラー主義に対する最良の検事論告である。
 本書の使命は、まさに、この一点にある。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:717/3568 《前のページ | 次のページ》
/3568