teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:645/3523 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

NHK今日の料理・後藤繁栄ダジャレ集

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2015年 3月15日(日)19時09分41秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://ww6.enjoy.ne.jp/~are/gotou.html

「やきそばかおるのページ」

http://ww6.enjoy.ne.jp/~are/index-top.html

●「お気に入り」 に追加しておくと何かと便利です。
NHKの癒し系・隠れファン急増中の後藤繁榮アナの「きょうの料理」でのダジャレを集めました。イッヒッヒッヒ。 制作:やきそばかおる

管理人注:NHKもこんな感じで自由にやって欲しい。

後藤アナウンサー情報

●2010年2月8日(月曜)
 一日講座「美味しいお話 ~「きょうの料理」と「地球ラジオ」と~」
 NHKカルチャー青山教室(東京都)にて開催!

 放送開始以来半世紀を超える「きょうの料理」、
 世界で聴かれている「地球ラジオ」の名司会者が、
 番組の裏話や心に残るエピソードを中心に、
 共感を生み出すコミュニケーションのヒントをお話します。
 会話のスパイス、ユーモアもたっぷり効かせます。

●「きょうの料理」NHK教育テレビ 月曜~木曜 11:00~11:25 再放送 21:00~21:25
●「後藤アナのダジャレ教室」(小学館:後藤繁榮 著)発売中
●「きょうの料理のヒ★ミ★ツ」(平凡社:後藤繁榮 著)発売中

(コショウを入れる時)
・後藤アナ「コショウをコショコショ入れます」

・斉藤さん「コトコト、弱火でゆっくり煮ます」
・後藤アナ「ゴトーゴトー煮たらダメなんですね」

(エリンギを入れる時)
・後藤アナ「エリンギは エリンギ(縁起)がいいんですよね」
 ばぁば 「そうですわよ~」

(ダジャレ3連発)
 ※半分に切ったタマネギにツナを乗せる時
・後藤アナ「タマネギのツナを乗せて、おツナ味」
 平野さん「キャハー!」

・後藤アナ「次はタマゴを乗せて エッグあい(ええ具合)」
 平野さん「うんうん!」

・後藤アナ「マスタードを乗せたら この料理は マスター(ド)したようなもの」
 平野さん「後藤さん、今日は冴えてるね~!
      リハーサルの時からスゴかったけど、後藤さんは元気ね~!」

(陳先生のゴーヤー料理の試食にて)
・後藤アナ「苦味・甘味・酸味・・・コレがホントの三位一体」

(豚を使った料理にて)
・後藤アナ「豚はよく痛めないとブタれちゃいます」
 陳さん 「うまい!」
 後藤アナ「トンでもないことです」

(ブリの料理にて)
・後藤アナ「ブリは本当にお久しブリ」

(ブリの料理にて)
・後藤アナ(ゴホゴホ・・・)
     「風邪が急にブリ返してきたようです」

・村田さん「ここでしょうゆを入れます」
 後藤アナ「しょうゆうことなんですね」

・(にんじんの皮をむく時に)
 後藤アナ「ピーラーを使うとピラーっとむけますね」

・村田さん「きぬさやはヘタとスジをとってあります」
 後藤アナ「ヘタにスジをとった?」

・門間さん「ひき肉を炒める時、お団子にしたくないからお肉をバラバラにしたいわけ」
 後藤アナ「ハラハラしちゃいけないけど、パラパラにしたいというわけですね」

・後藤アナ「ときこばぁばはず~~っと旬のままですね」
 ばぁば 「もう はるかかなたですよ」
 後藤アナ「ず~っと旬が続いてらっしゃる。なんか気持ちがシュンとするといけませんよね」

・後藤アナ「ニラはよくニラないといけないんですよね」
 ばぁば 「ニラは(煮なくて)いいんです。火の通りが早いから」
 後藤アナ「ハァ・・・・」
 ※ばぁばが後藤アナのダジャレに気付かなかった例

(切った小松菜を見て)
・後藤アナ「小松菜も『こまつたな~』というくらい切ってありますね」

(きんかんを切りながら)
・堀江さん「切りますと種が飛んでくるんですよ」
 後藤アナ「そうタネ」
 堀江さん「本当タネ」

(白菜を使った料理で)
・陳さん 「このように葉がパリパリしたところを使ってくださいね」
 後藤アナ「東京でもパリ」

(春雨を使うとき)
・後藤アナ「冬でも春雨」
 陳さん 「夏でも春雨」

・辻口さん「ゆっくり砂糖を溶かしてくださいね」
 後藤アナ「砂糖なのでサッとは溶けないですね」

・(豆乳を使った料理にて)
 後藤アナ「豆乳を投入するわけですね」

(きのこづくしの料理の日に)
・後藤アナ「いやぁ、私はキノコとうちの子は大好きで・・・」
 田村さん「私も じゅんこ、れいこ、まさこ といましてねぇ・・・
      一番下の子は『きのこ』にすればよかったですねぇ~」
 後藤アナ「それもいいかもしれないですねぇ」

(カレイの水分をとっているときに)
・ばぁば 「ここでよく水気をとりましょうね」
 後藤アナ「油と仲良くするためにも水分はきちんと取らないといけませんよね」
 ばぁば 「そうですよ」
 後藤アナ「エラのところもとらないとエラいことに」
 ばぁば 「あらあら 出ました。そうですね。大変なことになります」

・ばぁば 「ここで落とし蓋をします」
 後藤アナ「牛肉なのに落としブタ」
 ばぁば 「まぁ、今日はよくできました。はなまる!」

・後藤さん「(試食しながら)ナムプラーとおしょうゆだと味がマイルドになる・・・
      こりゃ、まいるど まいるど(参るぞ 参るぞ)」
 平野さん「参りましたーーー!」

・後藤さん「このおとそはどこで飲むんですか?」
 平野さん「なんで?どこで飲むの?」
 後藤さん「おそとでは飲まない・・・」
 平野さん「出ましたーーーーーー!」

・(「黒豆のうっ鶏ごはん」を皿に盛りながら)
 後藤さん「鶏をトリわけながらチキンといただくということですね」
 平野さん「ワッハッハッハ!」

・柳原さん「乾燥したらいけないので黒豆に紙ぶたをします」
 後藤アナ「『乾燥したらアカンそう』というように覚えたらいいですね」

・(黒豆を煮ていて泡が出てきた時)
 柳原さん「あふれ出るぐらいの泡ですね」
 後藤アナ「あわててしまいますね」

・柳原さん「こちらはミョウバンです」
 後藤アナ「今晩でも『ミョウバン』です」

・板井さん「サケの下ごしらえをします」
 後藤アナ「サケだけに、さー、問題(サーモンだい)です」

・板井さん「とり肉は余分な脂を取り除いてください」
 後藤アナ「『とり』だけに、とりのぞく」

・ケンタロウさん「にんにくは芯を取り除いてください」
 後藤アナ「『しん』どくても取り除いたほうがいいわけですね」

・塩田さん「今日はメークインを使います」
 後藤アナ「私もよくメンクイン(面食い)って言われます」

・後藤アナ「ラッキョウを漬けるとラッキョー(ラッキー)になりますね」
 板井さん「きゃは~~!キターー!」

・田村さん「続いてイカ料理です」
 後藤アナ「イカをイカす料理ですね」

・(あんを作るときに)
 後藤アナ「あんを作るのは案外(あんがい)簡単ですね」

・(れんこんを使った料理の時に)
 後藤アナ「私、れんこんを見てると
     『れんこんれんこんれんこんれんこん・・』って言いたくなるんです」
 田村さん「・・・?」
 後藤アナ「連呼したくなるんですね」

・(重曹:じゅうそうを入れる時に)
 後藤アナ「重曹を入れるんですよね。ジュースを入れちゃダメですよね」
 野口さん「重曹です」

・野口さん「ぬるま湯を徐々に入れます」
 後藤アナ「『徐々に』っていうことは『ジョッ、ジョッ』っていうことですね」

・後藤アナ「このおにぎり、鯛が入ってるんですか!?・・タイしたもんですね~」
 平野レミ「ハイ、出ました~~~!後藤さんのギャグ!」

 (大根をクランベリーソースにつけるときに)
・後藤アナ「『大根』だけに、つけすぎると『大混乱』になってしまいますね」
 平野レミ「アッハッハッハ!みなさん、分かりました~~?」

・後藤アナ(しめじを紹介する時に)
     「兵庫県しめじ(姫路)市・・・」

・後藤アナ(しめじを切って、バラバラになった時に)
     「これはしめじ(しめし)がつきません」

・枝元さん「ここで野菜を『ザ~~ッ、ザ~~ッ』と入れます」
 後藤アナ「『ダ~~ッ』ではいけないんですか?」
 枝元さん「『ダ~~ッ』でもいいです」

・後藤アナ「ワタクシの名前は『ひとりでもゴトウ』っていいます」

・枝元さん「残った鶏肉はバンバンジーにするといいですね」
 後藤アナ(両手を「バンバン」叩きながら)「バンバンジー!ですね」

・(マグロの赤身を紹介する際に)
 後藤アナ「マグロの赤身ですね。赤くてもまっぐろ(マグロ)」

・柳原さん「ここでゴボウを入れます」
 後藤アナ「一本でもゴボウですね」

(柳原先生がダジャレを言った例)
・柳原さん「しょうががないからしょうがない・・っていうわけにもいきません」
 後藤アナ「あら先生、お上手ですね。イッヒッヒ」

・後藤アナ「白菜は長寿の食べ物ですよね・・・
      『はくさい(百歳)まで生きられる』ってね・・・」

・(砂糖が容器からなかなか出てこない場面で)
 後藤アナ「砂糖だけにサっと入りませんでしたね」

・門間さん「この『あん』が温かいんですね」
 後藤アナ「あんが案外温かいんですね」

・後藤アナ「塩をパッパッと入れるわけですね。
      最近、家でも『パパ』と言われるどころか、『パ』とも言われてません」

・後藤アナ「今日も電子レンジをよく使いますね。
      レンジつ(連日)使ってらっしゃるんですね」

※平野さん:平野レミさんのこと
・平野さん「ハイ、ゆで豚完成!」
 後藤アナ「え?ゆで豚がもうできちゃったんですか!?トンでもないことですね!」

・(ジャコを使った料理にて)
 後藤アナ「ジャコっていつも料理では『じゃあ、こ(ジャコ)んな具合でいいか』
      っていう感じで寂しそうにしていますよね」

・(平野さんのトークにて)
 平野さん「私の近所に『ドレミファ荘』っていうアパートがあるのよ。
      名前からして『レミさんが経営しているの?』って言われるけど、
      ワタシそこまで金持ちじゃないの」

・後藤アナ「中国麺もいいけど『イケメン』もいいでしょ?」
 平野さん「イケメン、どこかにいないかな~?(スタジオを見渡す)」
 後藤アナ「(自分を指差して)あ、ココにいますよ」
 平野さん「アッハッハッハ!(爆笑)」

・平野さん「ゆずはタネが多いですね」
 後藤アナ「ゆ~ず~(融通)がききませんよね」

・(アサリを前にして)
 平野さん「まァ~、立派なアサリ」
 後藤アナ「夜になってもアサリ」

・(「クミン」という香辛料に関して)
 後藤アナ「クミンの香りがいいですね。私、品川クミン(区民)ですけど」

・(阿川佐和子さんをゲストに迎えた時に)
 平野さん「ここでサワークリームを入れます」
 後藤アナ「あ、今日は阿川サワ子さんがゲストだからですね」

・(キャロットのシャーベットを試食する場面にて)
 後藤アナ「このシャーベット、しゃべっている間に溶けちゃうんじゃないかと心配だったんです」

・後藤アナ「豚は『ポーク』っていうでしょ?ポクも大好きなんですよ~」
 平野さん「アハハハ!出ました~~!」
 後藤アナ「イッヒッヒッヒ」

・(シイタケの話の時に)
 後藤アナ「僕、シイタケの裏がキライなんですよ」
 平野さん「『シワが嫌い』ってこと?すみませんねぇ~、私、シワだらけで」
 後藤アナ「シワないですよ」
 平野さん「アッハッハッハ!」
 後藤アナ「・・・シワあせ(幸せ)ですね」

・平野さん「やっぱり、人生は楽しまないとね!」
 後藤アナ「ボクはねぇ~、遊ぶのは苦手なんですよ」
 平野さん「エッ!?あんなにダジャレばっかり言ってるのに!?」

    (豆腐をつぶすときに)
・後藤アナ「四角くてキレイな豆腐をぐちゃぐちゃにするなんて、豆腐がかわいそうですね」
 平野さん「????」

・平野さん「ここでバターを入れます。でも夫はバターが嫌いなんですよね」
 後藤アナ「『おっとっとっと、いけないよ』っていうことですよね」

・平野さん「スープが沸騰したらスグに火を止めてください」
 後藤アナ「ふ~っとしたらいけないんですね」
 平野さん「アッハッハッハ!そうですね(かなり強引)」

・後藤アナ「私、こういうアジの入った春巻きはアジめて(初めて)です」
 平野さん「アジめてですって!みなさん、わかりました??」

・平野さん「残ったニンジンのカスをどうすると思います?」
 後藤アナ「人にカス(貸す)」
 平野さん「出ました!吉本に行ってきなさい!NHKのアナウンサーなのに・・・」

※平野さんのダジャレ
・平野さん「野菜が入ると、や・さ・しい味になるんです」
 後藤アナ「『野菜』だけに『優しい』」
 平野さん「アハハハハ・・後藤さんのおかげです」

・三國さん「火でアルコールをとばすことで、ギュっと引き締まった味になるんです」
 後藤アナ「そういえばボクも最近 脂肪がついて・・・あ、そういう話じゃないですね(やんわりとしたノリツッコミ)」
 三國さん「・・・・・」

・(鶏肉のワイン煮込みを食べて)
 後藤アナ「鶏肉の味がオーケストラを奏でていますね」
 三國さん「・・・・・」

・(鶏料理の時に)
 後藤アナ「鶏の皮をとる時は鶏肉だけにチキンとやりますね」
 大宮さん「わぁ~~、うまいですね」
 後藤アナ「これ、僕の定番なんですけど」

・大宮さん「寝かせていたカレー粉をおこす(使う)わけですね」
 後藤アナ「(大声で起こす)ワ~~~!!」
 大宮さん「そ~~ですね」

  ・後藤アナ「サバは触らないようにしています。『サバらぬ神にたたりなし』」
 田村さん「・・・・・」
 後藤アナ「イッヒッヒッヒ」

・田村さん(カレイとヒラメの見分け方の話で)
      「『左ヒラメ』の『右カレイ』って言いますね」
 後藤アナ「私、カレイは左ききかと思いました。『私のカレイは左きき』」
 田村さん「・・・次にいきましょう」

・(ハヤシライスソースを作るときにフライパンに手をかざしながら)
 後藤アナ「おいしくな~れ、おいしくな~れ」

・後藤アナ「この『りんごソース』ならソースだけ食べてもおいしそうですね」
 山本さん「いや、ソースだけだと美味しくないんですよ」

・(ケーキの型の準備をする時に)
 後藤アナ「(肩をまわしながら)これで肩、いや、型の準備ができましたね」
 山本さん「そーですね」

・後藤アナ「このバナナケーキ、『そんなバナナ!』っていうくらい、美味しいですね」
 山本さん「ハハハハ・・・(目が笑ってない)」

・山本さん「(ボウルに入ったクリームを混ぜながら)底が隠れるくらい混ぜます」
 後藤アナ「そこ(底)が肝心なんですね」
 山本さん「さ、ここからはマジメにやりましょうよ」
 後藤アナ「イッヒッヒッヒ」

  ・後藤アナ「砂糖は『さっと(砂糖)』入れますよ」
 河野さん「はいはい、さっとね」
 後藤アナ「イッヒッヒッヒ」

・後藤アナ「このカッテージチーズなら、カッテー(家庭)でも料理できますね」
 牧野さん「あー、そーですね」

・後藤アナ「あ、コレ、塩がシオシオ入るんですね」
 牧野さん「少々ね・・・」
 後藤アナ「イッヒッヒッヒ」

・(ワインのソムリエの田崎真也さんに「シラー種」のワインを紹介されて)
 「シラー種なんて、シラーなかったです。イッヒッヒッヒ」

・(ワインを飲んで)
 後藤アナ「いやぁ~、私のようにさわやかなワインですね」
 田崎さん「え?」
 後藤アナ「イッヒッヒッヒ」

・(ワインのソースのかかったピーマンを食べて一言)
 後藤アナ「ピーマンとワインが口の中でダンスを踊っていますね。イッヒッヒッヒ」
 田崎さん「・・・・・」

・後藤アナ「この料理ならおじさんでも作れますね」
 田崎さん「別におじさんでもおばさんでも関係なく作れますよ」
 後藤アナ「そうですよね。イッヒッヒッヒ」

・後藤アナ「このナンは自家製なんですか?
      ナンて簡単に作れる料理なんでしょう」
 栗原さん「・・・・・」
 後藤アナ「イッヒッヒッヒ」

・(ゆでた大豆を試食する時に)
 栗原さん「熱いですよ」
 後藤アナ「僕は面の皮は厚いって言われてるんで大丈夫です」
 栗原さん「・・・・・」
 後藤アナ「イッヒッヒッヒ」

・(料理に酒を入れる時に)
 後藤アナ「酒をサケ(先に)に入れるんですね。イッヒッヒッヒ」

・後藤アナ「大豆はとても体にダイズ(大事)なんですよね」
 栗原さん「今の(ダジャレ)、最高ですね」
 後藤アナ「ありがとうございます」

・後藤アナ「この白身魚、黄色いですね」
 栗原さん「卵黄をかけてあるんです」
 後藤アナ「なんとランオウ(乱暴)な!」
 栗原さん「・・・・・」
 後藤アナ「イッヒッヒッヒ」

NHK後藤繁榮アナウンサーの横顔
・NHKアナウンサーのチーフ
・2004年4月 放送界で最も歴史のある「ギャラクシー賞」の月間賞を受賞。
・聞こえるか聞こえないかのような小さな声で「たまに」ダジャレを言う。
・全国紙の夕刊でも「今日の後藤さん」というテーマで取り上げられるほどの人気者。
・趣味は読書と南京玉すだれの実演。
・実家は、漫画『美味しんぼ』でも紹介された鶏の研究所。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E8%97%A4%E7%B9%81%E6%A6%AE

やきそばかおるのページ

http://ww6.enjoy.ne.jp/~are/index-top.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:645/3523 《前のページ | 次のページ》
/3523