teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:660/3549 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

落合莞爾疑史 74回

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2015年 3月21日(土)22時23分28秒
  通報 返信・引用 編集済
  74回~http://2006530.blog69.fc2.com/blog-entry-880.html

堀川辰吉郎と閑院宮皇統(1)

前月まで数回にわたって論じた「清朝秘宝の運命」の中で、之に関わった堀川辰吉郎が京都皇統に属することを明らかにしたが、以下に辰吉郎の背景たる「京都皇統」について略述する。

清朝秘宝の運命 1~4

http://2006530.blog69.fc2.com/blog-entry-880.html?q=%E6%B8%85%E6%9C%9D%E7%A7%98%E5%AE%9D%E3%81%AE%E9%81%8B%E5%91%BD%E3%80%8D

 辰吉郎は孝明天皇の世に隠れた直系で、遡れば孝明→仁孝→光格と三代の天皇が続く閑院宮系皇統の直系である。江戸幕末が光格帝に始まるとの論が近来盛んで、慶応大学講師竹田恒泰氏も、先年の講演でその事を強調していた。竹田講師の父は竹田恒和日本オリンピック委員会会長で、伏見宮皇統から出た北白川能仁親王の曾孫に当たる。

 宝歴七(一七一〇)年、直系皇嗣が途絶える場合に備えて、新たに世襲親王家を創立することに幕府の了承が得られ、東山帝の子で中御門帝の同母弟に当たる直仁親王に、霊元上皇から閉院宮号と所領一千石が与えられた。七十年後の安永八(一七七九)年、東山帝の四代孫の後桃園帝が二十二歳で崩御して、ここに皇嗣選定の必要が生まれた。皇嗣の候補は世襲親王家に求める外なく、伏見宮貞敬(一七七六年生)と二代目閑院宮の第一皇子美仁(一七五八年生)、及びその弟の祐宮師仁(一七七一年生)の三親王に絞られたが、生まれたばかりの先帝の遺児欣子内親王の女婿となるには独身が条件で、まず美仁親王が除かれた。残る二人の内、後桜町上皇(百十七代桜町女帝)と前関白近衛内前は貞敬親王を推したが、十日に亘る議論の末、関白九条尚実の推す師仁親王が先帝の七親等で現皇統と血統が最も近いことから、先帝の猶子となって皇統を継ぎ、光格帝となった(在位安永八【一七七九】年~文化十四【一八一七】年)。

 光格帝は、男系血統を遡れば後崇光院太上天皇(伏見宮貞成親王)に行きつく北朝直系であるが、世襲親王家の閑院宮から出たことを以て「光格王朝」の始祖と視るべきものであろう。また閑院宮二代の典仁親王が、光格天皇の父として明治以後慶光天皇と呼ばれることから、直仁親王→慶光→光格→仁孝→孝明と続く直系を、「閑院宮皇統」と称しても、差し支えはないと思う。

 光格帝の事績については巷間史書の記載も多く、また『ニューリーダー』十二月号(*後日紹介)にも詳述したからここには省くが、何を以て幕末の嚆矢とするかが問題で、それを京都学習院の開設と考えるのが一つの観方である。光格帝が設立を企てた学習院は、光格帝崩御二年後の天保十三(一八四二)年に、仁孝帝が幕府の承認を得て開設に漕ぎつけ、当初は幕府を意識して、「学習所」「習学所」など名称も一定しなかったが、孝明帝が嘉永二(一八四九)年に「学習院」の勅額を下賜した以後は学習院を公称とし、明治期に東京に設立された華族子弟のための学習院と区別するため、今は「京都学習院」と呼ばれている。

 公家の子弟を生徒とし、儒学を主として和学を取り入れた教科の会読・講釈を中心とした授業を行った学習院が、文久二(一八六二)年七月頃から急増した朝廷と諸藩の間の折衝の場になり、さらに翌年二月には陳情建白の類を受け付ける機関となったのは、公家側の情報蒐集の名目の下に、以前から尊皇諸藩の下級武士の登院を許していたからである。安政六(一八五九)年十月、安政の大獄により下獄中の吉田松陰は、門人・入江九一に、「学習院をして『四民共学の天朝の学校』たらしむべし」との遺志を託した。平和ボケの今日、その政治哲学だけが強調されている松陰の本質は軍学者で、その松下村塾は政治哲学だけでなく★軍事的実践(テロリズム)を説く学校であった。松陰は、学習院の本質を洞察して右の遺言を託したのである。

 職能集団の公家の中で武事を家職とする羽林家では、中山大納言のごとく、幕府対策上表面は文弱を見せながら、秘かに武略を研究していたフシがある。当時の学習院には、公家方が軍事的実践を家職とする公家侍と尊王諸藩の下級武士を集めて、秘かに尊皇思想と軍事学を習得させる目的があったのかと思う。尊皇各藩も之に応じ、「学習院御用掛」あるいは「学習院出仕」と呼ぶ要員を学習院に派遣し、主なものに長州藩の桂小五郎・久坂玄瑞・高杉晋作、福岡藩の平野国臣、肥後藩の宮部鼎蔵、土佐藩の土方楠左衛門らがいた。かくて学習院は、尊王攘夷の急進派が、広く公家と諸藩志士を糾合して日々国事を論じ、倒幕の陰謀を巡らす場となった。

 ところが、文久三年に「八月十八日の政変」が起こり、公家の公武合体派が三条実美ら尊攘派を処分するとともに、学習院に対しても長州藩士ら関係者の出入りを禁止し、陳情建白の受理も停止した。以後の学習院は、本来の教育機関としての姿に戻り、明治元年には「大学寮代」と改称したが、同三年に廃止され、後に東京学習院に引き継がれた。

 こうして観れば、松陰の遺言に徴するまでもなく、学習院が公家の子弟に対する軍事教育を隠れた目的とするのは明らかであり、その設立を決心された光格天皇は、胸中それを秘められていたものであろう。蓋し、事を興すにはまず人材の養成から始めねばならず、光格帝の学習院設立計画を以て江戸幕末の嚆矢とする所以である。仁孝帝に皇位を譲った後も上皇として御所に君臨した光格帝は、天保十一(一八四〇)年に崩御されたが、次の仁孝帝も六年後に崩御、弘化三(一八四六)年に十五歳で即位された孝明帝の、慶応二(一八六六)年末の突然の崩御を以て、光格王朝は終わった。

 ここからが、私(落合)が仄聞した学校歴史にない★秘史である。何時の頃からか詳らかでないが、この国の支配層の間では、開国に向けての工程とそれに伴う次代の政体の探究が始まり、その実行のために皇統の入れ替えを図った。皇統の変改はこの上もない重大事であるから、関係者は極く少数で、同期する関係者たちの第一世代が、光格天皇(一七七九~一八四〇)・関白鷹司政煕(一七六一~一八四一)・将軍徳川家斉(一七七三~一八四一)・薩摩藩主島津重豪(一七四五~一八三三)らである。鷹司政煕は光格帝の叔父に当たるから、禁裏側は親族がペアを組んだものである。幕藩側は、家斉の叔母・一橋保姫が重豪の正室で、家斉の正室が重豪の娘という間柄で、これも縁戚のペアである。巷説では、家斉側に頼まれた重豪が将軍・家治の世子家基を暗殺して家斉の将軍就任を導いたというほど親密度の高い仲であった。

 関係者の二世代目は、孝明帝(一八三一~一八六六)・関白鷹司政通(一七八九~一八六八)将軍家茂(一七四六~一八六六)・福岡藩主黒田長溥(一八一一~一八八七)である。孝明帝は光格帝の孫で、関白政通は政煕の子だから、二人は又従兄弟のペアである。また将軍家茂は家斉の孫、黒田長煕は重豪の実子であるから、幕藩側もペアである。この中で、孝明帝の妹で家茂の正室になった和宮親子内親王(一八四六~一八七七)が触媒の役割得を果たす。

 右の二世代にわたる関係者が、皇統の変改を核とする幕末維新の仕上げをしたと仄聞するのだが、詳細を語るほどの情報をまだ得ていない。ともかく公認史実と異なる事実は、

  ①孝明帝は慶応二年には崩御されず、維新後も御生存。
  ②孝明帝の御子は、維新後も生きて堀川御所に住んだ。
  ③和宮は明治十年には薨去されず、その後も御生存。
  ④家茂も慶応二年には薨去していない。

  以上が真相ということであるが、これには和宮の家茂への降嫁と東京遷都が深く関係しているらしい。

 そこで、第一世代の動向を観ると、天明七(一七八七)年、庶民「天明の飢饉」の苦難からの救済を求めて天皇に訴える「御所千度参り」が発生した。参拝者が一日七万人に達した時、十六歳の光格帝は、新任関白の鷹司輔平を通じて武家伝奏に命じ、京都所司代に対して窮民救済に関する申し入れさせたところ、すでに五百石の救恤米を決定していた幕府は、新たに千石を追加して朝廷に報告した。皇室権威の復元を目指して朝廷儀式を復旧した光格帝は、文化十(一八一三)年には石清水臨時祭を、翌年には賀茂臨時祭を復活した。この間、幕藩側では、将軍家斉と島津重豪の間で何かを談合し、協定が結ばれたらしいが、内容は未詳である。

 第二世代は、一八五〇年代から六〇年代にかけて、幕府側か皇室の伝統的権威と幕府を結びつけて、江戸幕府体制の再構築を図る公武合体政策を建てた。幕府権力の再強化や雄藩の政権への参加を目的としたもので、皇妹和宮の将軍家茂への降嫁が文久二(一八六二)年に決定、翌年に婚儀が行われた。之に先立つ万延元(一八六〇))年、新見正興を正使、小栗忠順を監察とする遣米使節がポーハタン号で米国に派遣されたが、使節団の米国訪問中の三月三日、大老・井伊掃部頭が水戸・薩摩の浪士に暗殺された。

 直ちに寺社奉行・町奉行・勘定奉行に大目付・御目付を加えた江戸幕府の最高裁たる「五手掛り」が聞かれたが、書記に当たった評定所留役・小俣景徳が、後に帝国大学史談会で次のように証言した。被告たちは「攘夷鎖港のことで幕府の処置が宜しくないと謂うことを第一にして、掃部頭に私曲があった事を申した・・・あの時分に金の格が大層違ってきた、それは掃部頭が改鋳の触れの出る事を知っていて、金貨の買い占めをさせて儲けたことがあるというのであります」。「それは事実あったことでありますか?」。「あったようでございます」。

 当時の金銀比価は、国際相場の十五・三対一に対し日本国内は四・六対一で、米ドルが三・三倍に評価されるドル高両安のために大量の金貨が日本から流出し、之に対処するため小判の改鋳による金量の低減が計画された。日米修好通商条約の通貨条項を改訂するために渡米する小栗忠順は、渡米前に配下・三野村利八に命じて天保小判を買い占めさせた。三野村の大儲けは当時から評判であったが、水戸浪士たちは井伊大老が小栗に命じたものである事を知っていたのである。「五手掛り」は事実を認定したが、「それを吟味すると、上(カミ)にまで及びますので、それに先方もそれは枝葉で、飽くまでも攘夷と条約締結が表向きになっておりますので」として、このインサイダー取引を井伊掃部頭が幕府利益のためにしたものと判断した。

 鳥羽伏見の戦いの後、江戸城における評定で新政府軍に対する交戦継続を主張して罷免された小栗は、三野村に米国亡命を勧められたが応じず、勘定奉行を辞任して領地の下野国・権田村に隠遁した。慶応四(一八六八)年、無血開城の江戸城に入った官軍は、例のインサイダー取引による莫大な利益を知っていたから、城内の金蔵が空なのは小栗が隠匿したと判断し、小栗が大量の荷駄を赤城山に運びこむのも目撃されていたから、直ちに派兵して小栗を捕え、厳しく吟味するが結局解明できず、小栗ら三人を斬首した。真相は、この利益金は秘かに京都西本願寺に運ばれ、孝明帝に献金されて公武合体基金となったと聞くが、無論大老井伊直弼の発意であろう。幕末開国に向けた工作も既に最終段階に達していたから、この孝明基金は王政復古ではなく、明治以後の国事に充てられることとなった。
 
 
》記事一覧表示

新着順:660/3549 《前のページ | 次のページ》
/3549