teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:639/3576 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本の危険を読み直す

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2015年 4月15日(水)11時44分48秒
  通報 返信・引用 編集済
  -- 余話2 --
源田は日本国民を愚弄している。日本に対して無差別爆撃(国際法違反・大量虐殺者)を指揮したカーチス・E・ルメイに対して 日本国家最高の勲章授与(勲一等旭日大綬章)を働きかけた。時の総理は佐藤栄作。 彼も「ノーベル平和賞」を授与されたのだから お笑いではすまされない。 東京・広島・長崎であの大量無差別殺戮を行った張本人に国家最高の勲章を渡す国家も国家だが、 それに踊る首相も首相だ。 (注:昭和天皇は拒否)

http://www.d4.dion.ne.jp/~ponskp/yamato/gf-sakusen/genda343.htm

管理人注:源田実がワンワールドの手先であったのか狂人であったのかは別にしてこういう人間が日本に多くいたということは日本人,特に指導者層にバランス感覚がないと結論ずけざるをえない。そういう人間たちは今でもまるで鼠のように増殖しているのだ。

佐藤栄作に関しては以下の「ある日突然」にキッシンジャーの完全に見下した言葉がある

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/15.html

以下必読

自民党清和会の源流

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/406.html

安部首相・麻生副首相の出自

http://alternativereport1.seesaa.net/article/319090445.html

【日本の有名政治家の出自が集中する、謎の村「田布施」! 朝鮮総連本部落札者(マルナカ)との関係】

http://nishinomajo24.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

小泉家の系譜

http://episode.kingendaikeizu.net/27.htm

関連記事:マッカーサーの告白

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/923.html

中央線の人身事故の多さはの理由は?

http://rapt.sub.jp/?p=19396

その理由はここ~グローバル2000と言います。ブレジンスキーが作ったカーター政権で議会承認を経たグローバル2000=人類皆殺し法案。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/913.html

源田実をWikiで調べると.....

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%94%B0%E5%AE%9F



以下日本の危険を読み直す

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=174 その1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=175 その2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=176 その3

関連記事:落合莞爾の陰謀史観

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3189

以下の25以前の記事は以下を参照

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3187

これらの記事は「在英ワンワールドの狙い・その光と影」と題してブログにアップ予定

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 26

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=631

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 27-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=644

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 27-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=645

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 28-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=647

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 28-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=648

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 29-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=684

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 29-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=685

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 30-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=688

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 30-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=689

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 31-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=694

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 31-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=695

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 32-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=698

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 32-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=699

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 33-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=701

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 33-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=703

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 34-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=707

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 35-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=710

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 35-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=711

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記36

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=733 36

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 36-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=734 36-1

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 37-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=737 37-1

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 37-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=738

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 38-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=742

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 38-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=743

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 39

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=745

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 40-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=747

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 40-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=748

管理人注:ここより順不同になっています。(最初の記事は一番下です)

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 25

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=626

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 24

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=618

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 23

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=614

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 22-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=609

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 22-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=610

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 21-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=603

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記  21-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=604

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 18-2(19と20は見つかりません)

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=499

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 18-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=498

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 17-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=489

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 17-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=490

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 17-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=491

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 17-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=492

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 16-1-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=473

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 16-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=475

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 16-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=476

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 16-5

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=477

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 15-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=461

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 15-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=462

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 15-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=463

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 14-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=436

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 14-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=437

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 14-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=438

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 14-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=439

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 14-5

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=440

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 13-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=382

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 13-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=383

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 13-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=384

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 13-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=385

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 12-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=336

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 12-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=337

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 12-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=338

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 12-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=339

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 11-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=312

10が見つかりません

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=225

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=226

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=227

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=228

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-5

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=229

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-6

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=230

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 8-5

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=190

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 8-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=192

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 8-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=193

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 8-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=183

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 8-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=180

以下は8ー1からですが元記事は字が小さいため読みにくくなっています

●陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記(8)
 日本近代化事業の重要場面に差す「ワンワールド」の影

★井上友実と「日本鉄道事業の父」井上勝

明治維新の最大の人物の一人でありながら茫漠として実像の掴めない吉井友実を調べていると、近代的事業の中でも鉄道と貨幣鋳造、駅逓などの事業がワンワールドとの関連が深いように思えてくる。鉄道といえば 「日本鉄道事業の父」と呼ばれて、今も東京駅頭に銅像が立つ井上勝が、ワンワールド一員であったことは間違いない。
井上勝は前月号で紹介した兵学者武田成章の弟子であった。武田は文政10(1827)年生まれの旧伊予大洲藩士で、緒方洪庵の滴塾で蘭学を学び次いで佐久間象山の門弟となり、 洋式兵学を学んだ。象山の推挙で幕府に出仕し、函館開港に際してペリー提督の応接員として函館に派遣されたが、そのまま同地に留まって、函館奉行の下で諸術調所教授となった。函館時代の武田の弟子には井上勝のほか、「日本郵便制度の父」と呼ばれる前島密(のち男爵)がいた。
 井上勝は長州藩士出身で、天保14(1842)年生まれ、実父は藩の重職にあった勝行である。安政2年、相州警備に行く実父に従い、2歳年上の伊藤博文と知り合う。安政五年、15歳にして長崎海軍操練所に学び、翌年江戸にて砲術を学んだ。作間芳郎『関西の鉄道史一蒸気車から電車まで』には「長崎の海軍伝習所に藩から派遣され、その後長崎や函館で英語を学び……」とあるから、函館に脚を延ばしたのは、砲術習得のために武田門下に入る目的だが、英語履修もしたのなら、4年後「長州ファイブ」の一員としてイギリス密航した際にはさぞ役立ったであろう。

管理人注:イギリスに密航とあるのは間違いでジャーディンマセソンの招待で留学したのであってその裏にはライオネル・ロスチャイルドがいたのです。長州ファイブと言われていますがマセソンボーイズとも呼ばれています。落合莞爾氏の言うワンワールドとはイルミナティフリーメーソンのワンワールド=世界統一政府のことでロンドンでたっぷり洗脳されて帰国したと理解していいでしょう。

 因みに、英語・蘭語・仏語など語学に秀でた武田成章は、兵学者と呼ばれているが、本領は砲工部門であった。この部門は、陸軍の中でも特にワンワールドが関与する領域である。上原勇作が少年時代に武田の塾に通ったのも偶然ではなく、陸軍幼年学校長の武田を善く知る教導団長高鳥鞆之助の計らいと思える。理由は高島が吉井を通じてワンワールドに加入していたからで、武田も緒方洪庵の線でその道に入ったものと見られる。
 長州ファイブとは文久3(1863)年5月、長州藩を脱藩して渡英した志道間多(後の井上馨1835~1915)、山尾庸三(1837~1917)、伊藤俊輔(後の博文1841~1909)、遠藤謹助(1836~1893)及び野村弥吉(後の井上勝・1843~1910)のことである。翌年、志道と伊藤は四カ国の下関砲撃を防止するため帰国するが、他の三人は残留する。
 野村弥吉(在英中復籍して井上勝)はロンドン大学で採鉱・鉄道を学び、明治元(1868)年1月に5年ぶりで帰国した。翌2年、右大臣三条実美邸において、大納言岩倉具美・外務郷沢宣嘉と英国公使パークスとの間で鉄道起業の会談が行われた際、民部郷大隈重信・大蔵小輔伊藤博文も列席したが、通訳をしたのは洋行帰りの井上勝であった。同年10月、井上勝は井上馨の後を継いで大蔵省造幣寮造幣頭(造幣局長に当たる)に挙げられ、民部省鉱山司・鉱山正を兼ねた。造幣頭を辞めてから鉄道事業に打ち込んだ井上は、明治4年に鉄道頭に就き、翌年には新橋-横浜間で日本初の汽車を走らせる。後に鉄道局長官になった井上は、その功績により明治20年、子爵を授爵する。また井上は、小野義信・岩崎弥之助とともに明治24年、火山灰土の原野を開墾し欧州農法に基づく小岩井牧場を創立したことでも知られる。
日本の鉄道事業は、西南戦争後の財政危機から、鉄道民営策が検討された。これに対して工部少輔兼鉄道局長兼技監だった井上勝は鉄道国有主義を持し、明治14年、工部卿佐々木高行に対して「私設鉄道に対する鉄道局長論旨」を提出し、民営鉄道の利益優先主義は日本の鉄道の理念に反するとの主旨を述べた。政府内はもともと鉄道国営論が強く、鉄道開設の準備として東京―高埼間の測量から始めていたが、西南戦争後の財政難で工事の着工が遅れたため、民間資金による鉄道の早期開業を求める動きが生じ、14年(1881)8月1日、岩倉具視を始めとし、華族などが参加して日本鉄道会社が設立された。宮中勤め一筋だった吉井友実が12年に工部小輔・同13年に工部大輔(国交省次官に相当)を兼ねた事情は未詳だが、明治政府にて極めて重要な意味を有していた鉄道民営化に関したことは確かで、15年に宮中から出て日本鉄道会社の長に就く。日本鉄道は川口―前橋間から建設を開始し、16年7月28日、上野一熊谷間を開業し、その後も路線を増やしていった。この2年間に鉄道事業が軌道に乗るのを見た吉井は直ちに辞職し、17年7月に伯爵に叙されると同時に元の宮内大輔に戻り、24年までその地位に在った。宮中奉仕に終始した吉井が例外的に工部(建設)行政と鉄道事業に関与したのは、ワンワールドからの要請に応えたものだろう。

 *******************
  <追記>
 広瀬隆の新刊『持丸長者 国家狂乱編』(ダイアモンド社2007.7.26刊)に、
 ★第三章 鉄路は伸びるー「鉄道の父」井上勝として、興味深い一文の記述がある。
  御参考までに。

管理人注:以下の記事の後半の「週間日本新聞」に長州ファイブが出てきます

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1543

以下はおまけ

持丸長者 その1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=194

その2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=195

その3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=196

その4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=197

その5

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=198

その6

『このような桓武の子だくさんと精力については、宇多天皇の「寛平遺戒」(かんぴょうゆいかい)の証言があり、それによると、桓武は平生の昼はたくさんの子どもたちの遊び相手をしながら、身辺を掃除する采女(うねめ)たちにはとくに「表袴」(うえのはかま)という簡便な袴を着させていた。それは気持ちが動いたときに、「御するに便ならむと欲」したためであったという。桓武が前半生においても何人かの妻子をもっていたことは確実である』.......桓武天皇のことらしい

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=199

ちなみに采女とは

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%87%E5%A5%B3

桓武天皇は以下も参照

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/518.html

日本の正体

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1689

泉湧寺の謎

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1696

桓武天皇の母親は

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1762
 
 
》記事一覧表示

新着順:639/3576 《前のページ | 次のページ》
/3576