teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:490/3549 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

マーケットの話題~明日の戦略より

 投稿者:Legacy of Ashes の管理人  投稿日:2015年 8月23日(日)14時41分44秒
  通報 返信・引用 編集済
  中国発の世界株安の流れ、今回の急落は果たして「買い」か?

http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/domestic_market/market_topix.aspより

『7月9日につけた安値(19115.20円)が意識されるが、同水準を割りこむとサポート水準が乏しく、24カ月移動平均線(16832円)が控える1万7000円どころに向けて一段と調整色を強める可能性もある。来週は正念場の1週間となりそうだ』

管理人注:日本郵政のIPOまで暴落させることはできないので猛烈なPKOが予想される。5千億くらいつぎ込むのではないだろうか?ただし下げるときは素直に下げさせないと相場のリズムが狂ってくる。僕たちの大失敗はまた繰り返されるのだろう。

8月17~21まで~マーケットの話題のHPより

8月21日の先物手口~上位の買いはPKO

http://megalodon.jp/2015-0823-1547-22/www.traders.co.jp/domestic_stocks/invest_tool/futures/futures_top.asp

注:上海総合指数週足チャート

http://stock.searchina.ne.jp/data/chart.cgi?type=chart_wek&code=SSEC

 東証1部の騰落銘柄数は、値上がり33/値下がり1854と全面安。金融株の下げが目立ち、メガバンク3行は商いを伴って大幅に下落した。日経平均が連日で大幅安となるなか、ここまで値持ちの良かった銘柄の下げが大きくなった。内需、外需、大型、小型問わず総売りの展開で、マザーズ指数は年初来安値を更新した。材料のあったところでは、臨時総会で村上世彰氏らを社外取締役とする議案の否決が伝わった黒田電気が後場から急落した。そのようななか、自己株取得を発表したテクマトリックスがストップ高まで買われ、市場の注目を集めた。7月月次が好調であったネクストや、熊本大と極細のマグネシウム合金ワイヤ作成技術を開発したと伝わった東邦金属、LSI新製品が国産車純正品で採用されたと発表したザインエレクトロニクスなどが強い動きとなった。

 中国リスクがグローバル市場全体に波及する格好で世界株安の展開となった。ダウ平均は年初来安値を更新し、日経平均も節目の2万円をあっさり割り込んだ。中国に関しては、先週の人民元切り下げが株安を招いた格好となり、実体経済の混乱が懸念される。何らかの対策が打たれるとの期待が強いが、先週の人民元切り下げのように、出てくる対策がマーケットに悪影響を及ぼす可能性もあり、対策が出ればそれで市場が落ち着くと考えるのは楽観的か。周辺国への影響も引き続き懸念材料となる。その意味では、米国の利上げ棚上げ、もしくは日欧の金融緩和に期待が高まりやすく、催促相場の様相が強まりそうだ。日経平均はきょう2万円を割り込んだのは仕方ないとしても、1万9500円まで割り込んだのはショッキングな動き。26週線の明確な下抜けで、中長期の上昇トレンドにも黄信号が灯った。目先は7月9日につけた安値(19115.20円)が意識されるが、同水準を割りこむとサポート水準が乏しく、24カ月移動平均線(16832円)が控える1万7000円どころに向けて一段と調整色を強める可能性もある。来週は正念場の1週間となりそうだ。

【来週の見通し】 軟調な展開を予想する。日経平均は今週、週間で1000円超下落した。一定のリバウンドは期待できるものの、下げの度合いが大きかったことへの警戒感から、戻り売り圧力も強いと想定される。国内は週末(28日)の消費者物価指数や雇用関連指標発表くらいしか目立ったイベントがなく、取引時間中は上海株の動向に一喜一憂となりやすい。海外では米4-6月期GDP改定値や米7月耐久財受注など、注目される経済指標は多いが、足元9月の利上げが意識される局面では、結果が悪くても利上げ懸念を払しょくできない一方、良ければ利上げ意識で株安材料となり、経済指標が米国株の買い材料とはなりにくい。ギリシャが選挙の意向を示したことや、北朝鮮と韓国の軍事的緊張の高まりなど、中国以外にもリスクは点在している。突発的な材料で下押し圧力が強まる可能性もあり、上値は重いと考える。

【今週を振り返る】 大幅安の展開となった。4-6月期GDP速報値はマイナス成長も市場予想は上回り前半はしっかりの動きとなったが、上海株が下げ基調を強めたことが嫌気され、一気にセンチメントが悪化した。注目された7月訪日外客数は単月で過去最高を更新したが、中国人訪日客の伸び鈍化などが嫌気され、インバウンド銘柄は発表以降に売られる動きがみられた。FOMC議事録はややハト派的な内容が確認されたが、米国株の買い材料とはならず、為替市場ではドル安・円高が進行したことから、日本株にはアゲインストの流れとなった。上海株の弱い動きが続くなか、世界的な景気減速懸念から、欧米株も大幅安の動きとなり、リスク・オフの動きが強まった。日経平均は週間では1,083円の下落、週足では2週連続で陰線を形成した。

関連記事:カウンター・テロリズム

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/778.html

超暴露 人類のゆくえ―地球植民化計画の巨大陰謀
原書名:Black Helicopters Over America:Strikeforce for the New World Order(Keith,Jim)

キース,ジム【著】〈Keith,Jim〉 林 陽【訳】
徳間書店 (1996/01/31 出版)

国籍不明ブラックヘリの都市攻撃シミュレーション、次々と建造される極秘の強制収容所群、人間管理のIDカード導入など、新世界秩序による“完全なる隷属統治”のシナリオは、ついに最終段階を迎えた。
まもなく「資本経済システム崩壊」のプロットが現実化し、地球規模の戒厳令布告へ―。
今、国連とFEMA「フィーマ」に巣くう支配エリートたちの醜悪・巧妙なる企らみ。

序章 制圧はまず“銃器没収・思想狩り”から開始される!
第1章 UFO、キャトル・ミューティレーション、ブラック・ヘリ―不気味に空を舞う“黒い暗殺者”たち
第2章 一般市民を標的とした特殊部隊による極秘軍事訓練の戦慄!
第3章 闇の国連“裏”部隊の実態―一極武装化への恐るべきシナリオ
第4章 国連(注:軍)による“極秘強制収容所”プロジェクト―全世界が見えざる監獄となる日
第5章 全世界で“国家緊急事態”が演出される
第6章 怪物FEMAが地球の全権を掌握する時
第7章 世界の唯ひとつの“警察国家”へと組み込まれてゆく
第8章 陰謀家の甘き夢―「新世界秩序」の正体がついに暴かれた!
第9章 世界の三つのパワーブロックに分断・統治される
第10章 隷属するか強制収容所に行くか―今こそ「新世界秩序」へ宣戦布告の時!

著者のJIM KEITHも50歳の誕生日を迎える二週間前1999年9月7日謎の死を遂げた。世界にはそういう自殺に見せかける暗殺組織が存在する。名前は言わない。



英文字幕で.....

関連記事:Pro-Terrorism

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1439

当面は以下の説を信じるとしようか~第一の難関

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20121222-00000096-playboy

「世紀の計算ミス」の内容を大まかに説明すると、マヤ長期暦の1周期を約5000年としてグレゴリオ暦に換算した場合、4年に約1日増える“うるう年”を計算に入れていなかったというのだ。つまり、5000÷4=1250日もの誤差が出ており、誤差を修正すると、マヤ長期暦の終わりの日は、西暦2012年12月23日から1250日後の2015年9月3日になるというのである。

ただし、これは「人類滅亡の日」が単に3年延期になったという話にとどまらない。新たに出てきた「2015年人類滅亡説」は、思わぬ場所で波紋を呼んだのである。「マヤの人類滅亡の日」の修正に慌てふためいたのは、エジプトの研究者、それも古代エジプト暦の研究家たちだった。彼らはいったい何に驚愕したのか……。

時はいったん1970年にさかのぼる。エジプトの人々は、毎年氾濫するナイル川に悩まされ続けていた。それを解決するため、ナイル川上流に超巨大なダム、アスワンハイダムが建設された。しかし、その影響で古代エジプト文明の聖地とされていたフィラエ島のイシス神殿は半水没状態となってしまったのだ。

この神殿は、エジプト神話の女神イシスが太陽神ホルスを産んだ場所とされていて、惨状を憂えたユネスコにより、1980年に神殿はアギルキア島に移築保存されるために徹底調査されることとなった。

その結果、神殿の壁には1465体の神々が描かれていることがわかったのだが、このことがエジプト暦の研究者たちを震撼させた。

西暦550年に閉鎖されたこの神殿には、「この場所が閉鎖されれば毎年、秋分の日に一体ずつ神々の加護が失われ、すべての神々が去った年の秋分の日に世界が水没するだろう」という伝説が残っていたのだが、ナイル川の氾濫など毎年のことで、研究者たちも「神を粗末にすると報いを受ける」という伝承程度に受け止めていた。

だが、1465体の神々が描かれていることがわかり、西暦550年から毎年、一体ずつの神々が去るとすると、なんと西暦2015年の9月に世界が水没することになる。』

第二の難関 9月23日

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/844.html

Google Doodleの隠された秘密

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1009.html

ソロスの空売りファンドが日本の年金積立金を食いつぶす

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/865.html

更に参考に
おそらく命を覚悟のイルミナティ知識伝達配信
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/480.html
以前私にも連絡メッセージが届いていたREBACY OF ASHES さんの
私達全員に向けた渾身復活メッセージです
(一部Kazumoto Iguchi's blog転載部分含む)
既に亡くなられている大切な友人の御霊にも報おうとしている
此の人生で皆に伝えて起きたい事がブログ再復活後溢れる様に配信されていますアップ

http://ameblo.jp/stageup-gate/entry-11980842410.html

止まらぬ株安連鎖 不信広がる上海市場、下支え80兆円水の泡

産経新聞 8月25日(火)7時55分配信

 【上海=河崎真澄】中国で実体経済の悪化を反映した株価の下落に歯止めがかからない。6月中旬からの下落局面で、中国は官民合わせて少なくとも4兆元(約80兆円)の資金を投じて株価下支え策を続けたが水の泡となった。「市場をゆがめる」との批判から当局が8月中旬以降、介入の手を緩めた結果、失望した個人投資家がパニック売りを浴びせた。未成熟な証券市場に投資家の疑心暗鬼が広がっている。

 週明け24日の上海総合指数は、前週末21日の終値に比べ一時9%の下落となったが結局、同8・49%安の3209・91で引けた。1日あたりの下落率では2007年2月27日以来、約8年半ぶりの大きさだった。

 終値で同指数がやや戻したのは、午後に入って国有石油大手など一部の銘柄に大口の「買い」が入ったためだ。「最後まで守り抜きたいと考える“ハーレム株”と呼ばれる銘柄に対し、当局が選択的に介入する手口をとり始めた」(市場関係者)からだという。

 一方、前週は21日まで5日で11%超下落した。なかでも21日に前日終値比4・27%下げたのは、英国系の民間調査会社による8月の製造業景況指数が6年半ぶりの低い数値に落ち込んだことがきっかけだった。

 投資家が「政府の公式統計以上に景気悪化が進行している」(市場関係者)と判断した結果といえる。

 中国国家統計局は今年1~6月の経済成長率を前年同期比7・0%とし、通年の政府目標の前年比7・0%達成に自信を示した。しかし、市場では投資家が公式統計よりも海外の調査を信頼する傾向が強まったほか、“ハーレム株”など政府の恣意(しい)的な動きも負のスパイラルを加速させた。

 専門家の間では「経済成長率は通年で、せいぜい5%が精いっぱいだろう」との見方が広がり、公式統計への“水増し疑惑”は強まるばかりだ。

 政府主導の混乱収拾は容易ではなく、上海市場は八方ふさがりの情勢にある。上海総合指数は「売り圧力がなお強く、今後は2500前後まで調整する事態も考えられる」(市場関係者)との警戒感も広がっている。

関連記事:

中国も銀行倒産に備え始めた

http://blog.goo.ne.jp/kirakiraboshi31/e/623e54a8168642bd7ea94913e4945f48

追加記事:24日の経緯に関しては金玉さんがよくまとめています。

http://golden-tamatama.com/blog-entry-2005.html

25日の東京は売買高が4兆9240億円~出来高が約50億株で26日あたりは世界的にリバウンド入りでしょうかね。25日の日経平均先物大証出来高は445,048枚で普段の10倍。Trader's Webの25日発明日の戦略にはこうあります

世界株安ドミノは終わらず、日経平均はそろそろ貯金が底を尽く・・・

 東証1部の騰落銘柄数は、値上がり116/値下がり1751と売りが優勢。主力銘柄を中心に、急落→急伸→また急落の動きとなった銘柄も多く、大荒れの展開。日経平均の下げ幅は733円と、きのうの895円安に次いで今年2番目に大きいものとなった。場中に買われながら失速した銘柄も多いなか、コロプラやサイバーエージェント、任天堂、DENA、マーベラスなど、ゲーム、SNS関連はしっかりの動きとなった。乱高下のミクシィもプラス圏を保った。きのうは総売りの流れであったが、きょうは好材料を発表した銘柄には買いが続いたものも少なくなく、自社株取得に関するリリースを発表したイトーキやリズム工業は大幅高となった。業績上方修正を発表したストリームや、新工場建設に福島県の補助金交付が決まった朝日ラバーはストップ高まで買われた。

 きのうのダウ平均が588ドル安と記録的な下げであったとことを考えると、日経平均が733円安となったこと自体は特段驚く動きではない。ただ、場中に大きく切り返す動きがあり、一時前日比で300円近く上昇する場面がありながら急落し、結果的に長い上ヒゲをつけた陰線で終わったことから、一本調子の下げよりも地合いの悪さが印象付けられた。きょうの動きをみると、今晩の欧米株が持ち直したとしても、買いは恐る恐るになると予想され、下げ止まらない動きとなれば、容赦なく売ってくる動きも予想される。日本株の取引終了後に上海総合指数の3,000p割れが伝わっており、株安ドミノは終わっていない。今年の動きが良かった日経平均も、年始の水準(17325.68円)まであと500円弱と貯金が底を尽きかけている。今年の安値は16592.57円(1月16日)。テクニカル的には24カ月移動平均線が16764円にあり、17000円割れから安値更新あたりまでの下げを意識しておく必要がありそうだ。

25日時点のサポート

http://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?prm=no&type=1&newscode=921134

閑話休題:さて25日東部時間の相場ですが欧州も高くダウ先物も高く日経夜間も高い。ということは寄り付きは大幅高で始まり大引けに落とす作戦では??

米ダウや日経平均は底入れか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150825-00000045-bloom_st-bus_all

ダウさらに下げへ

http://finance.yahoo.com/news/expect-markets-to-fall-20-to-40-percent--marc-faber-205301479.html#

マネックス証券は~22,000円へ

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150825-00010001-biz_mos-nb

急落場面では何もしない

http://www.morningstar.co.jp/msnews/news?rncNo=1666862&newsType=fund


http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:490/3549 《前のページ | 次のページ》
/3549