teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:415/3577 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日銀が国債を買い続けることが出来なくなる日

 投稿者:Legacy of Ashes の管理人  投稿日:2015年12月22日(火)14時12分52秒
  通報 返信・引用 編集済
  アメリカの利上げが及ぼす甚大な影響

http://homepage2.nifty.com/motoyama/index.htmさまより

関連記事:マージンローンとマージンコール

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3164

72の法則

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3009

その意味は?

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RgBcFEU31WJU8ACDGJBtF7?p=72%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

世界権力構造の秘密

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3483



1929The Great Depression Part one~右サイドのリンク参照





これは2008年リーマンショックの概要~それをはるかに上回る兆候はすでに今年経験した

ロイターから

http://jp.reuters.com/article/us-stocks-idJPKCN0QT2C920150824

ソロスの空売りファンドが日本の年金資金を食いつぶす

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/865.html

7~9月の年金運用損~投資枠を愚かにも公表したら負けるのは当然

http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/23/pension-huge-loss_n_8366208.html

担当者は毎日酒池肉林のドイツ証券など内外株屋による接待づけが以前明らかになった

転載

 12月15~16日に行われたFOMCにおいて、FRBは0.25%の利上げを決定しました。
 7年間にわたって続けてきた事実上のゼロ金利政策を解除し、実に9年半ぶりの利上げとなります。リーマンショック後の長期にわたった金融緩和政策の転換点となるのもので、世界の金融市場に及ぼす影響は甚大となることが予想されます。
 NY株式市場は荒れた展開となりました。
 利上げ発表前まで上昇していましたが、発表後は2日間で620ドルを超える下げ幅となりました。
 また日経平均株価も発表後に300円を超す上げ幅となりましたが、翌日には366円の下げとなり、これも波乱の展開となっています。
 私は利上げ前後に上がったのは、ヘッジファンドなどの投機筋が利上げ確実とみて事前に売り叩いていたものを、買い戻した結果ではないかと睨んでいますが、まあこれは私の憶測です。
 明らかなことは、利上げは株式市場でも債券市場でもマイナスの要因であり、冷え込んだ実体経済にもかかわらず大量に資金を流し込むことで上げてきた株式市場は、いつ暴落を開始してもおかしくない状況にあります。
 「黄金の金玉を知らないか」のふぐり玉蔵さんは、来週にも暴落を開始すると読んでおられるようです。

http://golden-tamatama.com/

 私は玉蔵さんのような相場師ではないので時期はわかりませんが、クリスマスシーズンで人々の関心が他に向いてる時に、暴落を開始するというのもありそうな気がします。

 それと円ドル為替も不気味な動きをしています。
 私は利上げで円に対してもドル高になるものと思っていたのですが、週末の18日は円高に振れたことです。世界の金融市場では、危機が起こると避難通貨として円が買われますが、その兆候なのかどうか気になるところです。

 当HPの10月12日の記事、「近づく世界的な金融大変動」で、FRBの0.25%の利上げが世界にもたらす影響について、吉田繁治さんのメルマガから紹介しました。
 さらに吉田さんのメルマガに利上げに関する記述がありましたので、最初にそれを紹介します。
 たった0.25%の利上げなので、影響は少ないように感じてしまいますが、実は以下の2点で世界の金融市場に甚大な影響を与えます。

 ① レポ金融の縮小

 銀行間の「レポ金融」で、5倍のレバレッジがかかっていれば、

 0.25% × 5倍 = 1.25%

 の利上げに相当するといいます。

 このため、銀行間の流動性の縮小をもたらし、投機資金(債券、株、コモディティ、不動産、デリバティブ)の減少になり、価格が下がるといいます。

 ② 金利スワップでの損失

 世界の金利スワップの想定元本は$319兆(3京8280兆円)もあり、そのうちドル金利スワップは$106兆(1京2720兆円)を占めるといいます。

 金利スワップとは、固定金利と変動金利を交換するもので、ドルの変動金利が0.25%上がるだけで、

 $106兆 × 0.25% = $2650億(約32兆円)


 の受け渡しが生じることになります。
 わずか0.25%の金利の上昇で、金融機関でこれだけの金額が動くということです。
 当然ながら利上げは今回が終わりではなく、来年も続きます。来年3回の利上げがあれば、さらに0.75%の上げがあることになります。
 利上げの影響は今後さらに大きくなっていくのですから、世界のどこかで破綻の憂き目に遭う金融機関が出てくる可能性は高まります。

 吉田さんは、これだけ危険性を伴う利上げを、なぜFRBは行うのか苦慮します。
 そして、どうにか絞り出したのが以下の2つの理由です。

 ① 米国株と不動産のバブルの警戒。

 ② 国債の金利を上げて、海外からの米国債の買いを促す。

 しかしこれらの理由があるとはいえ、世界の金融市場に大変動をもたらし、世界を大恐慌にも導きかねない利上げを、なぜアメリカは行わなければならないのか。悩んだ吉田さんは、以下のような感想を述べておられます。

 ・・・<吉田繁治さんの感想>・・・

なぜ、2015年内に利上げをする必要があるのか。必要がないのに、
FRBの権威ため行うのか。次回不況に陥った時、政策余力を残すた
めか。あるいは、ドル基軸への不安が深いところで生じているのか。
みなさん、どう思いますか?

 ・・・<終了>・・・

 私は12月13日の記事、「アメリカの経済統計の嘘と私の与太話」で、ひょっとするとドル基軸への不安が深いところで生じているかも・・・という記事を書きました。ただしあくまでも私の与太話ですが・・・。

 利上げがもたらす影響は、革命と言われたシェールオイル産業の分野でも深刻なものがあります。
 これから紹介するのは、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガによるものです。

 2011年ころから、アメリカでは本格的にシェールオイルの生産が始まり、2014年にはアメリカはサウジアラビアを抜いて、世界一の原油生産国になりました。

 アメリカのシェールオイル産業を主に担っているのは大手資本ではなく、これを格好のビジネス機会と捉えた中小の石油会社です。
 そうした中小の石油会社は資本力が乏しいので、将来の原油の販売価格を固定した販売契約を担保にして、銀行からローンを借り入れているといいます。
 将来の原油価格を固定しているため、原油価格が大きく下がった場合、銀行は担保割れを起こしてしまいます。そうしたリスクを避けるため、銀行はこのローンをすぐに証券化して利回りの高い金融商品として販売してリスクを回避しています。
 この金融商品は「CLO」と呼ばれ、原油価格が100ドルを超えて、かつ金融緩和で余剰資金が余っていた数年前までは、良く売れていたそうです。
 またシェールオイル会社は、社債を発行して運転資金を調達しています。こうしたシェールオイル会社の社債は将来破綻するリスクが高いとしてジャンク債として扱われるそうです。

 そしてさらにリスクを分散するために、シェールオイル各社の社債を輪切りにしてミックスして、「CBO」と呼ばれる金融商品として売られているそうです。これは破綻したサブプライムローンを輪切りにしてミックスした、「CDO」を連想させます。
 このジャンク債や「CLO」、そして「CBO」などの金融商品は、アメリカの最大手の銀行6行だけで、なんと$3.9兆(約420兆円)も保有していると見積もられているそうです。

 問題は、去年の夏頃から原油価格が急落していることです。
 いまや原油価格は30ドル台まで下がっています。100ドル台をキープしていたときと比べると、3分の1になってしまいました。
 シェールオイル会社のうち、高効率な数社の採算ラインが、40数ドル~50ドル弱程度だといわれているそうです。多くのシェールオイル会社の採算ラインは50ドル以上と言われていて、現在の30ドル台が続くと深刻な影響が出てきます。
 アメリカの利上げは、採算割れに苦しむ多くのシェールオイル会社の経営をさらに窮地に追い込むことになります。

 そうした状況にも関わらず、2016年に原油が上昇する見込みはほとんどありません。

 アメリカ議会は、米国産原油輸出を40年ぶりに解禁する法案を可決しました。また2015年には、経済制裁を解かれたイラン産の原油が市場に出てくると言われています。サウジアラビアが主導するOPECは、原油増産維持を決定しました。中国経済の減速により、これから原油需要が飛躍的に伸びることは考えられません。
 ゴールドマン・サックスは、こうした原油の供給過剰な状態が続くとして、今後15年にわたって原油が安値で推移するとの見通し示しました。また原油価格が1バレル20ドルに下落する可能性は、50%未満と予想しています。

 これまで極めて正確な原油価格予測を発表してきたゴールドマン・サックスですから、そうなるのかもしれません。

 ヤスさんによると、すでに12月14日、「サードアベニュー」と「ストーンライオン」という、シェールオイル関連のジャンク債を運用していた2つのファンドが破綻したそうです。
 これらは比較的に小規模なファンドなので、現時点では市場の影響は少ないと見られているそうですが、今後注目する必要がありそうです。

 私は不思議でならないのは、世界経済を大混乱に陥らせかねない利上げを、アメリカはなぜ行ったかということです。
 吉田さんが考えた2つの理由は、他に思いつかないので、苦し紛れに編み出したとしか思えないのです。
 本当は、アメリカはすべて承知の上で、あえて利上げしたのではないかと疑ってしまいます。
 吉田さんによると、フィシャーFRB副議長は、「シャドーバンクとデリバティブの、利上げによる影響は、FRBは把握していない」と述べているそうです。

 これは実に怪しい話です。

 というのも事前にそう告げることで、世界的な金融の大変動が起こりFRBの責任を問われた際に、「知らなかったのだから、仕方ないじゃないか」と開き直るためではないかと邪推してしまいます。

 とにかく、理由はなんであれアメリカは利上げに踏み切りました。
 私は2016年のどこかで、金融大変動が起こる確率はとても高くなったとみています。

 私たちのような一般庶民ができる防衛策は、現金と金(キン)の現物しかないと私は考えます。銀行が潰れることを想定すると、不用心でも手元に現金を持っている方が得策です。また金は先物やETFではなく、現物を手元に置いておくというのが重要だと考えます。
 その金の現物ですが、今後原油価格が下落すると伴に、絶好の買い場がくるかもしれません。私は現在の1g4100円台の水準では買いませんが、この水準であれば買おうと決めている値段があります(もちろんその値段まで落ちなければ買うつもりはありません)。
 もしその値段に達することがありましたら、当HPでお知らせしようと思います。

(2015年12月20日)

吉田繁治氏の国家破産

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPCxiYB3lWoEUADNWJBtF7?p=%E5%90%89%E7%94%B0%E7%B9%81%E6%B2%BB&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

『ビジネス知識源(無料版)』の配信を受けるための登録

http://www.mag2.com/m/0000048497.htmlへのリンク

基礎から、良質・最新の内容を凝縮し、明快に解いて提供しています。
毎回、目からウロコが落ちるとの評価を受けています
毎週、登録されたメールアドレスへ送信する無料サービスです。

【読者数】
3万7000名余

【読者】
経営者・幹部 管理職・専門技術者 社員 自営 コンサルタント MBAや経営を学ぶ人 大学生・・・

【性別/年齢】
男性70%、女性30% : 年齢層は 20代から60代まで 広範囲です。

http://www.cool-knowledge.com/

吉田 繁治氏:量的規制緩和解除は何をもたらすか

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/contribute/g/02/index6.html

日銀の金融緩和は誰のためか

http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-1539.html

国債の買い手が日銀だけになったとき

http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2013-09-25

<政府が財政信用を失ったあとの世界(日銀しか国債をファイナンスしなくなったとき)>
政府は一般会計の支出(98兆円)を20兆円抑え、20兆円増税をして40兆円の国債の新規発行をなくし、財政を再建する方向に向かうしかなくなる。政府は企業のように倒産はしないが、代わりに国民と企業に大きな迷惑をかける。年金54兆円、医療費35兆円、介護・福祉21兆円、公務員の総報酬40兆円、の合計150兆円が支払えず、どこかを重点的に、または平均的に20兆円(平均で13%)は支出を減らさざるを得ないことになる。20兆円は消費税で10%分になる。

株価は50%下がる

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1010.html



日銀が国債を買い続けることが出来なくなる日

http://hbol.jp/45207

6月1日にかけて日経平均はバブル期以来、27年ぶりの12連騰を達成しました。

「今の株式市場はバブルか?」と聞かれれば「間違いなくバブル」ですが、株式市場に限らず一度バブルになると少しくらいの悪材料には反応せず、相当長期間にわたり膨らみ続けるものです。したがって私は「目先の悪材料が出ても当面は強気」で臨むべきと考えます。’07年夏には住宅ローン危機の兆候がはっきり出ていたにも関わらず、住宅バブルを含む世界のバブルはそこから1年以上も膨らみ続け、NYダウや日経平均も当時の高値を更新し続けました。それでも一連のバブルが弾けると、その理由は誰でも知っていたサブプライムローンを含む住宅ローン市場の過熱だったわけで、あとから「私は世界金融危機を予想していた」と自慢する評論家が山ほど出てきました。

 今の日経平均に置き換えてみましょう。現在はようやくバブルが意識され始めた状況です。連日の高値更新で「そろそろ天井か」と警戒感が高まっている程度なので、今はバブルに乗るほうが賢い選択といえるでしょう。ただし、悪材料がすでに見えてきていることを忘れてはなりません。それは、日銀の金融政策です。

民間銀行の余資をすべて吸い上げる勢いの日銀

日本銀行 黒田東彦日銀総裁は異次元量的緩和の結果、名目金利が下がり、物価が上昇して実質金利が大幅に低下したことで日本経済によい影響をもたらしたと自画自賛していますが、大間違いです。名目金利の低下は、投資全般の収益予想の低下を通じて投資意欲を減退させるからです。2%のインフレ目標も的外れです。日本の潜在成長率はゼロ%台前半なのですから、むしろ目標を達成すればそのギャップを埋められず、国民の生活は苦しくなるだけ。

 最大の問題は、日銀が無尽蔵に資金を供給できると考えている点です。直近の日銀は資産として288兆円の国債と35兆円の貸し付け、12兆円のETF・社債を保有し、それを負債である90兆円の日銀券と213兆円の当座預金でファイナンスしています。つまり、民間銀行の余資を当座預金の形で吸い上げて、国債や資産を買い付けているのです。しかし、民間銀行全体の預金残高は652兆円で貸出残高は453兆円(ともに4月末時点)ですから、もはや余資は199兆円しかありません。昨年の「もっと異次元な緩和」で日銀は年間の国債買い入れ枠を年間80兆円(’17年までで計160兆円)増やしましたが、これを実現するには民間銀行の余資をすべて吸い上げるほかないのです。もちろん銀行だけでなく、信用金庫や農協、日本郵政などにも余資はありますが、これがどれだけ異常なことか……。

 日銀が資金的な限度から国債を買い続けられなくなれば、日本経済が低迷したまま国債利回りが上昇をはじめ、さらにインフレ率が上昇して株価バブルは崩壊すると考えています。すぐにそうなるとも思いませんが、消費増税のために’17年4月までこの国債買い入れを続けると可能性が高まると考えています。

米国の利上げ~闇株新聞

http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-1608.html

すごい会社とあぶない会社

http://blogs.yahoo.co.jp/kaiselection/65318446.html

ジョージソロスのビデオ

https://www.youtube.com/results?search_query=Soros%3A+US+on+the+Brink+of+World+War+III+With+China



ソロスと第三次世界大戦



以下はおまけ




http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin

 
 
》記事一覧表示

新着順:415/3577 《前のページ | 次のページ》
/3577