teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:397/3587 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ロイター1月8日の記事

 投稿者:Legacy of Ashes の管理人  投稿日:2016年 1月26日(火)00時24分27秒
  通報 返信・引用 編集済
  コラム:世界的株安の中心に米利上げの「反作用」

http://jp.reuters.com/article/tamaki-c-idJPKBN0UM0KA20160108?rpc=188&sp=true

管理人注:25日の日経225先物でゴールドマンとJPモルガンが大幅な売り長。2月19日まであと25日しかないが何もないことを願う

順ちゃんのツイッター

http://twilog.org/JunjiHattori

2016年2月19日がX-DAY?

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1122.html

2016~17年の原油価格を10ドル引き下げ

http://jp.reuters.com/article/research-crude-creditsuisse-idJPKCN0V41CL

26日日経平均先物が切り返し~原油高をうけて.....たったそれだけなんだよね

http://www.morningstar.co.jp/msnews/news;jsessionid=751B0E3EE71243AD7C923B069C6A1480?rncNo=1709733&newsType=market

26日上海総合指数が急落~資本流出懸念で1年1カ月ぶり安値

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O1JLUP6JIJUP01.html

26日の夜間では猛烈なPKOが入る。円安にして原油高にもって行けば株は上がるとというコンセンサスができたようだ

田巻 一彦

[東京 8日 ロイター] - 年初から始まったグローバルな株安という「市場大変動」の中心には、米利上げの反作用が存在する。中国人民元や中国株の下落と中国経済の減速を結びつける意見もあるが、米利上げによる新興国からのマネー流出が、最もぜい弱性の顕著な中国市場で表面化したとみるべきだ。米連邦準備理事会(FRB)が年4回の利上げを前提にするなら、市場の振幅は一段と激しくなると予想する。

<元買い介入で一息>

8日の市場では、人民元の基準値設定水準と中国株の動向に注目が集まった。その中で中国当局は、基準値を9営業日ぶりに元高水準へと設定。その後、元買い介入も実施したもようで、中国株は乱高下しつつ前日比プラスで推移した。

これを見て、21年ぶりに大発会から4日続落だった日経平均.N225もいったん反発。ドル/円JPY=EBSも118円台に切り返した。

ただ、市場が鎮静化に向っていると認識している参加者は少数にとどまっている。サウジアラビアとイランの対立は激しさを増し、地政学的リスクは高止まったまま。北朝鮮の核実験で北東アジアの緊張感は一段と強まった。中国経済は減速基調が鮮明になっており、ユーロ圏も消費者物価指数(CPI)の低迷が続き、世界経済はリスク要因が目白押しだ。

複合するリスクが、世界経済の不透明感を一段と濃くしているというのが、市場の多数説の見方だろう。

<投機筋を刺激したフィッシャー発言>

だが、その情勢判断は、正しいように見えてツボを外している。市場大変動の中心に位置しているのは、米利上げというアクションだ。

複数の市場関係者によると、一部の米系ヘッジファンドは、フィッシャーFRB議長のある発言に強烈に反応したという。

それは、6日にCNBCとのインタビューで語った「個人的に(4回の利上げを実施するというのは)大まかな見積もりの範囲内だ」という言葉だった。

市場には、利上げは2回との思惑も根強く残っているが、フィッシャー副議長は「少なすぎる」「市場は今後の進展を過小評価している」とも述べた。

<狙われた人民元>

市場では、変化を予知して先回りし、利益を稼ぎ出す参加者を「勝ち組」と称賛する。複数の市場関係者によると、7日の人民元安と中国株下落、日本株の大幅下落の下で売りの主役は一部の米系ヘッジファンドだったという。

米利上げの「反作用」は、昨年末から広範な新興市場国の株と通貨の下落として表面化してきた。

米欧日の中銀による大規模な量的金融緩和によって、ホットマネーが最後の「利益獲得の場」としてコモディティ市場に向った。その結果、米利上げ開始とともに新興国・資源国の通貨と株価が真っ先に売られてきた。

そして、投機マネーが次にターゲットにしたのが、人民元であることが年明けに判明する。中国本土内にあるオンショア市場のドル/元レートと、香港や海外にあるオフショア市場のドル/元レートのギャップが拡大していることに着目。元売り圧力をかけた。

そこには「SDR(国際通貨基金の特別引き出し権)入りした元という新しい環境で、中国当局は簡単には元買い介入できないだろうという売り方の思惑も、働いたのではないか」(国内市場関係者)という見方が出ていた。

今年に入ってからの中国株安は、人民元安が起点とみられており、実際、8日の市場で元買い介入が実施されたもようと伝わると、中国株は前日とは一転して大幅下落現象を回避して推移した。

<深刻なOPECの価格調整機能喪失>

さらに問題なのは、サウジアラビアとイランの政治的対立で、石油輸出国機構(OPEC)の価格調整機能が事実上、ゼロ近くまで低下し、原油価格の上昇が当面、望めなくなっていることだ。

原油価格の下落は、市場のリスクオフ心理を一段と強め、新興国・資源国からのマネー流出を加速させる。中国の人民元には、一層の売り圧力がかかることになる。

<カギ握るイエレン議長の判断>

このような構図の中で、FRBが3月の利上げに向けて着々と準備を進めていけば、中国からのマネー流出圧力が弱まることはないだろう。このままでは、人民元安─中国株安─日米欧の株安─円高という流れが、基調として継続することになりかねない。

そこで注目されるのは、イエレンFRB議長の発言だろう。大幅な市場変動は、米経済にも打撃となる。株安は米企業や消費者の心理を冷え込ませ、ドル高進展で米製造業の業績を一段と落ち込ませる。

イエレン議長が、利上げペースの緩和に言及すれば、リスクマネーの逆回転と世界的な株安基調は、いったん「小康状態」になる可能性がある。

市場の危機が深刻化しないうちに火消しできる手段を持っているのは、イエレン議長であると強調したい。

コラム:中国の米資産売却、世界市場の「頭痛の種」に

http://jp.reuters.com/article/column-us-china-headache-idJPKCN0UT07Q?sp=true

James Saft

[12日 ロイター] - 中国からの資本逃避は、米国の金利をこの微妙な時期に本来あるべき水準以上に押し上げることで、グローバル金融市場に新たな打撃を与えるかもしれない。

膨大な資本が中国を離れつつある。理由は中国経済の減速、人民元CNY=CNY=CFXSの下落、汚職摘発などさまざまだが、2015年の逃避額は1兆ドル、あるいはそれ以上に達するとの試算もある。

資本が逃避する場合、中国の外貨準備担当当局は、人民元の下落を容認するか、これまで蓄積した3兆3000億ドルの資産の一部を売却しなければならない。元安は輸出には追い風となるものの、連鎖的な下落スパイラルに陥る可能性があるため、中国はこれまで、元相場を市場原理に委ねることに抵抗してきた。

中国共産党の中央財経指導グループ弁公室の韓俊・副主任は11日、元のいっそうの下落についての質問を受け、「ばかげているし、ありえない」と述べた。

「中国には引き続き大量の資本が流入している」と韓氏は言うが、現実の証拠に抵抗する虚勢のように見える。

中国が元相場を支える決意を固めているならば、それはドル建て資産をさらに売却することを意味する。米国債が中心だが、社債など他の債券も含まれる。債券が売られれば、利回りは本来落ち着くべき水準よりも上昇することになる。

これが米国の金利上昇に直結するわけではない。中国からの影響は、全体としてみれば明らかにデフレ寄りである。したがって、金利上昇というよりは、通常であれば国債利回りの低下により経済が受けるはずの追い風が弱まることになろう。

2016年の第1週、米国債は年明け最初の週としては、いくつかの指標で過去最高を記録し、一方で株式は最も低調となった。だが中国当局による米国債放出によって、国債価格上昇も利回り低下も制約されていたかもしれない。

またこの状況から、昨年12月に10年ぶりの利上げを行った米連邦準備理事会(FRB)が、経済運営の主要手段である金利のコントロールという点で困難に直面していることも浮き彫りになっている。

アトランタ地区連銀のロックハート総裁は11日、「私見では、ダウンサイドリスクはもっぱら、世界の他地域が米国経済に与える影響に関連している」と話している。「先週の世界的な株式市場の下落は、中国経済のデータが予想を下回ったことで引き起こされたように思われる」

先週のデータによれば、中国の外貨準備高の減少は12月だけで1080億ドルと、記録が開始されて以来最大となっている。昨年1年間では、外貨準備高は5000億ドル以上も縮小したことになる。

<大規模な米国債放出>

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの試算によれば、中国は昨年に米国債2920億ドルのほか、米国の政府機関債券30億ドル、米国系以外の資産1700億ドルを売却した。同社はまた、米国企業の社債も中国による売却を免れない可能性があるとの予測を11日に示している。同社の試算では、中国は米国企業の社債4000億ドル以上を保有しているという。

銀行から国債金利ではなく変動金利による支払いを受けることで投資家が得られるスワップ・スプレッドは、ここ数週間縮小しているが、これも中国による米国債放出に関連したトレンドだ。

11日の時点で、2年物スワップ・スプレッドは、1カ月前の約24ベーシスポイントに比べ、9ベーシスポイントまで低下した。

昨年は、場合によってはスワップ・スプレッドがマイナスになることさえあった。米国政府に比べれば銀行の方がはるかにリスクの高いカウンターパーティであることを考えれば、これは異常な状況である。

確かに、米国の借入金利は依然として非常に低い。10年債US10YT=RRの利回りは2.17%にすぎず、2年債US2YT=RRの利回りはわずか0.93%である。

これは過去15年にわたる中国の外貨準備の蓄積という現象の落とし穴であり、こうしたトレンドのせいで、FRBの努力にもかかわらず米国の金利があまりにも低くなってきているとも言える。

これは米国の住宅バブルの潜在的な原因の一つでもあり、それより前のドットコム・バブルにも貢献していた可能性がある。投資家はリスクを取り、借り手にとっては、これだけ金利が低ければ借りないわけにはいかなかったからだ。

とはいえ、中国の外貨準備資産の運営しだいで、米国の経済のかじ取りがどれほどやっかいになりうるか、ましてやグローバル金融市場の見通しがどれだけ不透明になってくるかという点については、注意を怠らないことが肝心である。

原材料を大量に輸入して完成品を大量に輸出する中国は、すでに世界中にデフレの波を送り出している。中国が米国製品に対する需要を圧迫しつつ、ドルベースの借り手にとっての資金調達コストを上昇させることで利益率を圧迫するのであれば、FRBの立場は苦しくなる一方なのである。

また中国が米国債やそれ以外の確定利付債券を売却することで、市場ストレス時におけるポートフォリオ運用実績に対する投資家の期待にも大きな影響が生じるだろう。

資本逃避への圧力が弱まる兆候が見えないなかで、中国が主要な市場リスク、経済リスクの一つとなる状況は今後数カ月にわたり続くだろう

現実味増す原油20ドル

http://jp.reuters.com/article/opec-nigeria-breakingviews-idJPKCN0UR0C020160113?sp=true

Andy Critchlow

[ロンドン 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 原油価格が1バレル=20ドルになるというのは、掛け値なしの予想だ。石油輸出国機構(OPEC)の加盟各国がさまざまな意見対立をいったん脇に置いて大幅な減産に合意しなければ、世界的な供給過剰の継続と中国経済の先行き不透明感の強まりを背景に、20ドルの局面が現実化してもおかしくない。

逆にロシアなどOPEC非加盟の有力産油国の協力があれば、大幅減産は可能になる。

北海ブレント先物は年初来で15%も下落し、いくつかの大手銀行は価格見通しを下方修正している。モルガン・スタンレーは現在、原油価格が人民元安とイランからの新規供給で20ドルまで下がる恐れがあると予想。ゴールドマン・サックスも昨年11月に似たような見解を表明した。OPEC内でも弱小加盟国は不安を抱いている。

ナイジェリアの石油相が12日に発言したように、一部のOPEC加盟国は公然と臨時総会の開催を要求している。ただし最有力加盟国のサウジアラビアや同国と親密な関係にあるペルシャ湾岸諸国が首を縦に振らない限り、臨時総会が開かれる公算は依然として乏しい。

臨時総会を阻んでいるのは、サウジとイランの関係悪化ではなく、ロシアの存在だ。ロイター調査によると、OPEC非加盟ながらも世界最大の産油国であるロシアは今年、日量1100万トン近くと旧ソ連崩壊後の最高水準まで生産量を拡大すると見込まれる。

だからOPECにとっては、自分たちが減産してもロシアが追随しなければ、市場シェアを失うリスクがある。事情に詳しい関係者の話では、もしもロシアの同意があったなら、昨年12月のOPEC総会で有力加盟国は日量200万バレルの減産を受け入れただろうという。

一部加盟国は減産の議論を続けているが、原油市場に効果を及ぼすには恐らく300万─400万バレルの減産が必要になるとみられる。

こうした大幅で協調的な減産が実施されれば、原油価格はすぐさま安定化する。しかしもしもOPECがロシアと事前に合意せずに臨時総会を開いたとすれば、価格は下げ止まりそうにない。次の動きは、ロシアがどんな手を打つかになってくる。

●背景となるニュース

・ナイジェリアの石油相は12日、OPECの一部加盟国が価格下落に対応するための臨時総会開催を要請していると語った。

・原油価格は、モルガン・スタンレーが人民元安とイランからの新規供給で1バレル=20ドルまで値下がりする恐れがあると警告し、下げ幅が拡大した。

・OPECは昨年12月の総会で減産を合意できず、生産枠も決められなかった。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。


いいタイミングでやるもんだ

2016/01/22 に公開

リビア北部ラス・ラーヌーフ(Ras Lanouf)の石油貯蔵施設で21日に発生した火災は、1日経っても燃え続けている?。今回の火災について当局は、石油輸出ターミナル制圧を目指すイスラム過激派組織「イ?スラム国(IS)」の襲撃によるものとしており、原油貯蔵タンク4基、合わせて約20?0万バレルが炎上しているという。(c)AFP

2016年1月23日

Firefighters on Friday battled a blaze at an oil facility in northern Libya for a second day, an official said, after an assault by jihadists aiming to seize export terminals. IMAGES

おまけ:Nikkei Webから

猛烈寒波、「北極振動」が関係 ヤマは越す

2016/1/25 22:57日本経済新聞 電子版

 日本付近を24日に襲った強烈な寒波は、周辺地域を含む各地に記録的な低温をもたらした。日本の奄美大島では115年ぶりの雪を観測。台湾では、25日朝までに体調を崩す人が続出した。寒気が広がった理由の一つに、北極から寒気が吹き出す時期に、上空を吹く偏西風の南北方向への大きな蛇行が重なったことがある。

 防災科学技術研究所雪氷防災研究センターの上石勲センター長は「ここまで寒気が降りてくるのは珍しい現象だ」…

管理人注:北極振動ってな~に?

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RhOBL7taZWN1YA9jmJBtF7?p=%E5%8C%97%E6%A5%B5%E6%8C%AF%E5%8B%95&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

Wikiでは~https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%A5%B5%E6%8C%AF%E5%8B%95

いつも冷静なTrader's WEBでは悲観論が

全面安で日経平均は再び17000円割れ、今の日本株に上に行く力はなし

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり148/値下がり1759と売りが優勢。海運株が弱かったが、なかでも川崎汽船の下げが目立った。東芝は連日の大幅安で年初来安値を更新。インフラファンドの今期の上場見送りで大幅下方修正となったタカラレーベンが急落した。創業者の退任が伝わったニトリHDは下げ幅拡大となる場面があった。一方、3Q好調観測が報じられた住友大阪セメントが大幅高。前期比で増配の見込みとなったKOAや決算好調の日置電気、分割発表のフロイント産業などが強い動きとなった。総じて大型株は敬遠され、フィンテック関連などテーマ株の一角に資金が集中した。

 22日の日経平均941円高が流れを変えるかと期待されたが、きょうの動きを見ると、銀行やソフトバンクが弱く、主力は軒並み売りと、22日より前の日本株売りの際に見られた動きと非常に似ており、大幅高を経ても基調に変化はない。あすはアップルの決算が注目材料となる。「iPhone」の販売減速は一定程度は織り込み済みで、既に関連銘柄も大きく下げてはいるが、とにかく地合いが悪いことから、ネガティブな内容となった場合、下に大きく反応する可能性はある。上海株が6%超の大幅安で終えており、今晩の欧米株が中国株安を吸収して上昇しない限りは、あすも厳しい展開が想定され、きょう同様にディフェンシブ銘柄や、動きの良いテーマ株が物色されると考える。決算発表シーズンに入っているにもかかわらず、個別のファンダメンタルズを吟味する動きはほとんどなく、全面高か全面安かの荒い動きばかりが続いている。決算を通過した日本電産や安川電機なども指数に歩調を合わせて上げたり下げたり。日本株はFOMCのハト派的声明や、日銀追加緩和がなければ上に行く力はない、そんな印象さえ感じられる。

おまけ~秘密結社

http://sekainoura.net/category/judea-2/secret-organization

シークレットガバメントとは

http://sekainoura.net/sikurettogabamento-donasosiki.html

陰の政府と役者たち~英文

http://www.whale.to/b/shadow.html

映像の世紀~連続

https://www.youtube.com/watch?v=f6KJ9WjUTtw&list=PLIifsfsw8xTVF75sO6P3WK9N6Choq6T4q

浅ましい姿

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1965

今天皇皇后両陛下はフィリッピンにおりますが

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2187

ソフトバンクの買収資金はどこから出ているのか?

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2423

先週後半からこのM資金が大手証券にばらまかれているらしい。GPIFが21兆円の損失というニュースが流れてから財務省が動きだしたのかも?

本当のことをはなそうじゃないか

http://twitcasting.tv/kochi53/movie/3235557

http://blog.goo.ne.jp/saitamaihousousa/e/22ac3c6b185c317b1ee4e3f87fa24bfa

フィンテックという怪しいIT

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO76056900T20C14A8000064/

おまけ~水素水











2015/09/18 に公開

金スマSP!異端の医師 近藤 誠
http://ganhanaosuna.seesaa.net/articl...
ガンで死ぬより、医者に殺される。

医療・環境・消費者問題評論家
船瀬俊介氏

「抗がん剤で殺される?薬って毒なの?」
統合医学医師の会公開講演会↓
https://www.youtube.com/watch?v=sDoLC...
がん細胞は体内にあってあたりまえ、だから
ガンで死んだら110番!
~~~~~~~~~~~~~~~

「がん治療を考える」

20代という若さで亡くなった惜しまれる女性有名人
https://www.youtube.com/watch?v=ZTVtz...

乳ガンと闘う川村カオリ:「ZOO」(1)
https://www.youtube.com/watch?t=579&a...





ブド―を栽培する際にボルドー液という農薬を撒く必要があります。ブド―はその液体を吸収することになります。また多くのワインでは酸化防止剤が含まれています。管理人の場合あまりワインは飲みませんが生ハムやチーズと一緒の飲むのはメルシャンのおいしいワインです。とても安いしその酸化防止剤は入っていません。





2015/05/18 に公開

ウィリアム・リーが、がんの新しい治療方法を披露します。その方法とは血管新生と呼ば?れる、腫瘍を肥大させる血管をターゲットにしています。きわめて重要な第一ステップは?、進行するがんを食い止める抗ガン作用のある食品を食べることです。

癌も脂肪細胞も、血管新生によって栄養源にしている。
よって血管新生を止めることができる食品で、がんを抑制できるのだ。
ただし、これらの食品の効果は試験管の中の実験によるものだから、そのままの数値には?ならない。
問題は、食品の吸収率にある。
このことはすべての健康食品に言えることなのだ。
注目すべきは、抗がん剤より強い血管新生阻害効果を、食品は持っているということだ。
食品名
ねぎ科の野菜(タマネギ類)  ベリー類(すべての種)  黒米  シナモン
柑橘系果物  アブラナ科の野菜  フラックス種子(エジプトハーブ)
ショウガ  ブドウ  緑茶  キノコ類オメガ3脂肪  ピーマン ザクロ マルメロ(カリン)  レスペラトロール(ブドウや赤ワインに含まれる) 大豆  ホウレン草  トマト  ターメリック など。



ゴーヤもいいそうです~上のビデオのリンクにあります

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin

 
 
》記事一覧表示

新着順:397/3587 《前のページ | 次のページ》
/3587