teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:376/3577 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

シャープは買収されたが東芝は無理だろう

 投稿者:Legacy of Ashes の管理人  投稿日:2016年 2月 5日(金)20時49分29秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160205-00000115-jij-bus_all

管理人注:シャープを救った男

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/140

在日は恩義を感じないというのは経験から本当だ。ソフトバンクの創業者はかつてシャープの早川専務に自動翻訳機を一億円で買ってもらいそれを資本に事業を拡大した。早川専務はこの翻訳機はおもちゃに過ぎないが若い企業家のために一肌脱いでくれたことを孫は気づかなかった。シャープが苦境に陥ったとき孫は見向きもせず放置したが持ち株を売り一兆円くらいは工面できたはずである。それでこそ人間~孫の事業は失敗するであろう。

シャープ買収で大筋合意=鴻海と29日正式契約へ―郭会長が優先権獲得表明

時事通信 2月5日(金)18時2分配信

 シャープは5日、台湾の電子機器受託製造大手、鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下で経営再建を図ることで大筋合意した。鴻海はシャープを事実上買収し、事業売却はせずに雇用を確保しながら再建を目指す方針。総額7000億円を投じる。29日に正式契約を結ぶ方向だ。鴻海の郭台銘董事長(会長)が急きょ来日し、大阪市のシャープ本社で、高橋興三社長ら経営陣と交渉を行った。
 郭会長は交渉終了後に記者会見し、優先交渉権を得たと表明した。その上で「90%乗り越えた。残る10%は法律的な面でほとんど問題ない」と述べ、交渉は大筋で合意したとの認識を示した。
 鴻海は総額7000億円のうち、成長資金として5000億円を投じる方針。シャープは鴻海の傘下に入る条件として、事業売却をせずに企業としての一体性を保つことや雇用の維持、液晶などの技術の保護を挙げ、郭会長に確約を求めたとみられる。

日本は本当はとっくに破産しているのです。銀行からの日銀への当座預金に0.1%の金利をつけて生き延びてきたのです

2007/2/28
「日本国破産への最終警告」

http://web.archive.org/web/20071228213318/http://
angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/441.html


船井幸雄の今知らせたいこと

http://web.archive.org/web/20071029221124/http://funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200612001

2006年12月1日

日本は近々国家破産する

 先週11月24日に久しぶりに森木 亮さんと、ゆっくり話しました。
 最近の私は、彼の近著の『2008年 IMF占領』(2005年 光文社刊)と『日本国破産への最終警告』(2006年 PHP研究所刊)を読んで、「森木さんはやはり天才だ。発言は正しい」と判断していました。
 後著には、「日本国は最終破産前夜だ」というページがあります。とりあえずそのところを紹介します。読んでください。

◆日本国は最終破産前夜だ

 明治維新から138年たつが、この間、日本は二回も国家破産を経験している。
 一回目は日露戦争勃発(1904年=明治37年)から第一次世界大戦のさなか(1916年=大正5年)までの12年間である。
 二回目は、満州事変勃発(1931年=昭和6年)から太平洋戦争が終わった年(1945年=昭和20年)までの14年間である。
 過去二回の国家破産は、いうまでもなく戦争が原因だった。膨大な戦費をまかなうため、多額な負債を抱えこんだからである。このため、国民は大増税と超インフレに襲われ、過酷な生活にさらされた。当然のことながら、国民が買わされた国債も、乏しいなかからお国のために預けた郵便貯金も紙くずとなった。わずかに残った財産も、日常生活を維持するだけの食料や燃料や衣類に替わったのである。
 そういう国家破産の時代がみたび訪れようとしている。
 すなわち三回目の国家破産はすでに1999年(平成11)に始まっている。それから今年は7年目だ。
 財政学では財政爆発曲線に入ると、その国はやがて破産するといわれる。
 財政爆発曲線とは一言でいえば、その年に返さなければならない国の借金総額がその年の税収の何倍になっているかという指数である。国の借金総額とは、具体的には国債の利子と満期がきた国債を精算するために発行される新たな国債=借換債の合計だ。
 たとえば、ある年に48兆円しか税収がないのに、その年に返さなければならない利子と借換債の合計が130兆円ならば「2.708」という数字が出る。これを指数化するために100をかけると270.8となる。これを財政爆発指数という。
 現実の日本にあてはめて見てみよう。
 2005年度(平成17年度)の政府予算では、(利子9.3兆円+借換債103.8兆円)÷税収47兆円=2.406となる。これに100をかけると240.6だ。しかし、本当は分子に「隠れ借金」を入れて計算すべきだ。隠れ借金とは、財政投融資からの借り入れのことで、国会の議決を必要としないから、隠れ借金などといわれる。
 まあ、そこはとりあえず厳しく詮索しないでも、財政爆発指数が240.6というのは、実はとんでもない指数なのである。
 私は、この財政爆発指数が300に近づいたとき、日本の財政的な国家破産が、誰の目にも明らかになるのではないかと判断している。
 私の予測では、2008年度(平成20年度)には、[(利子22兆円+借換債119兆円)÷税収48兆円]×100=294となる。
 2008年とはどういう年だろう。7月には日本でサミット(先進国首脳会議)が開かれ、8月8日午後8時には北京オリンピックが開幕する。
 そういう年に日本の国家財政は破産する。しかし、世界経済そのものは明るくなる見通しで、株価も上昇するはずだ。だから私は、利子を2005年の約2倍に想定した。株価が上がれば、現在1.5%である十年物国債の長期金利も倍になると想定しなければいけないからだ(転載ここまで)。

 つぎに破産するとどうなるかですが、それはIMF(国際通貨基金)の管理下におかれるようになる・・・ということですが、すでにそれはネバダ・レポートとして、2002年2月14日に、竹中平蔵さんが国会で、その存在を認めたので周知になっています。つぎのようになる可能性が大きいのです。

(一) 公務員の総数および給料の30%カット、ボーナスはすべてカット
(二) 公務員の退職金は100%カット
(三) 年金は一律30%カット
(四) 国債の利払いは5年から10年間停止
(五) 消費税を15%引き上げて20%へ
(六) 課税最低限を年収100万円まで引き下げ
(七) 資産税を導入して、不動産に対しては公示価格の5%を課税。債券・社債に対しては5~15%課税。株式は取得価格の1%課税
(八) 預金は一律にペイオフを実施するとともに、第二段階として預金額を30~40%カットする

 財政学のエキスパートである森木さんとの、話しは楽しかったのですが、「多分、多くの日本人は、このことを知らないのだろう。だから小泉内閣を支持し郵政民営化に賛成したのだろう」と気がつき、私は言論人として、このような大事なことを知らそうとしなかった自分の怠惰さに気づき、2日間くらい睡れませんでした。
 「私も日本人だなあ」と、つくづくびっくりしたのですが、ぜひ森木さんの近著を一冊くだい読み、危機感を持ってほしいと思います。常識的には、彼の言は正しいと言えます。ついでに、’97年に国家破産し、IMFの管理下に入った韓国のその後を勉強すると、国家破産の大変さが、よく分ります。たとえば33あった銀行が三つに減ったのです。

関連記事:株価は50%下落する

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1010.html

おまけ

以下はhttp://www.globaleye-world.com/2016/02/277.htmlより

死に至るオリーブ・オリーブオイル数千トン流通(日本)

By globaleye  |  2016.02.05 03:09

以前から噂がありました、イタリア製の「偽造オリーブ」と「偽造エキストラバージン・オリーブオイル」につき、イタリア警察は色出しのため硫酸銅を塗ったオリーブ8万5000トンとシリアやトルコ産の「イタリア製」と表示されたエキストラバージン・オリーブオイル7千トンを押収したと発表し、19人が告発されたとなっていますが、問題はすでに日本・アメリカ向けに【偽造エキストラバージン・オリーブオイル】数千トンが販売されていることです。

異常に安い【エキストラバージン・オリーブオイル】は日本でスーパーやディスカウントストアーで販売されており、一説では日本で販売されている殆どの【エキストラバージン・オリーブオイル】が偽物とも言われており、今後どのブランドが偽造エキストラバージン・オリーブオイルを使っていたのか明らかになり、大問題に発展するかも知れません。

この問題は、死に至ることもあることです。

発表では以下のように報じられています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オリーブは、前年以前に収穫され色落ちしたオリーブに鮮やかな緑色を着けるため、硫酸銅でコーティングされ「リサイクル」された。硫酸銅は殺虫剤などに使用される成分で、過剰摂取すると吐き気やおう吐、腹痛などの症状が出るほか、死に至る場合もある

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今や「安かろう、悪かろう」は、日本だけではなく、イタリアにも言える事態になってきたと言えます。

こちらはギリシャの年金制度改革でデモ~日本でも年金カットはありますから人ごとではありません。ここ数年で2回カット済。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_105731

年金積立金の運用めぐり国会論戦

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160205-00000048-nnn-pol

その他~油が危ない

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPSLu4F7RW5mYAPgmJBtF7?p=%E6%B2%B9%E3%81%8C%E5%8D%B1%E3%81%AA%E3%81%84&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

野菜の残留農薬を洗いながそう

http://macrobiotic-daisuki.jp/residual-agricultural-chemicals-2394.html

マイナスカロリーの食べ物~唐辛子など。韓国やタイで眼鏡をかけている人は少ないし体系がスマートな人が多い。画像の女性のように

http://zatusoku.com/minus-calorie.html

そんな中先日下田のマクドナルドで食べているとポテトの油に『ラード』を入れているのを目撃しました。これは大変素晴らしいことです。最近おいしくなりましたよ。

また裏メニューがあってビッグマックでいつもいうのですが.....ピクルス多めにして,と。タマネギなどもできます。

一番下の画像は将来の奥さん

シリアのダマスカス市内

https://youtu.be/dnTPSgF0HEs?t=123



リンクも参照



リンクにメーソンの90位階というのがありますがシスコさんの話では本当だそうです。(2008年の話)



後半にヒトラーの出生の秘密にも触れている大変優れた内容です

八咫烏の正体とは

http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/52016819.html

裏天皇とはいったい誰なのか?

http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/52014592.html

関連記事~思いつくままに その8

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1116.html

ジョージ・タケイ  かつて自分を裏切った祖国を愛している訳

http://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20160204-00002038-ted

翻訳
私は宇宙船エンタープライズ号の 退役隊員です 私は巨大な宇宙船で 汪洋たる宇宙を飛び回りました この宇宙の旅を共にした クルーはというと 多種多様な人種 文化 そして背景を有する 世界各国から集まった 人員で構成されていました 我々の使命は まだ見ぬ新たな世界や 新たな生命体 文明を探し求めて 人類未開の宇宙を 大胆に突き進む ことでした

さて... (拍手) 私はアメリカに渡った 日系移民の孫に当たります 彼らもまた 機会を求めて 未知の新たな世界へと 大胆にも渡っていった というわけです 母はカリフォルニア州 サクラメント出身で 父はサンフランシスコです 二人はロサンゼルスで出会い 結婚し そして私が生まれました 二人はロサンゼルスで出会い 結婚し そして私が生まれました

私が4歳の頃でした 1941年の12月7日 日本軍が真珠湾を爆撃しました これを皮切りに世界は 一夜にして戦争へと突き進みました これを皮切りに世界は 一夜にして戦争へと突き進みました アメリカは突如として ヒステリー状態に陥りました アメリカは突如として ヒステリー状態に陥りました 日系アメリカ人や 日本人を祖先にもつ アメリカ国民らには 疑惑と恐怖 そして むき出しの憎悪の眼差しが 疑惑と恐怖 そして むき出しの憎悪の眼差しが 一斉に向けられました 理由は単に 真珠湾を襲った日本人に 見た目が似ているからです ヒステリー状態は さらに膨らみ ついに1942年の2月 合衆国大統領 フランクリン・ルーズベルトの命令で 合衆国大統領 フランクリン・ルーズベルトの命令で 西海岸の日系アメリカ人は 全員捕らえられたのです 西海岸の日系アメリカ人は 全員捕らえられたのです 西海岸の日系アメリカ人は 全員捕らえられたのです 私たちは告訴することも 裁判を起こすこともできず 「適正手続きの保障」すら ありませんでした 「適正手続きの保障」は 司法制度の核心です 「適正手続きの保障」は 司法制度の核心です しかし正義は消え失せました 私たち日系人は収監されたのです 有刺鉄線で囲まれた10の収容所は アメリカの中でも最も荒廃した 地域にありました うだるように熱い アリゾナの砂漠や 耐えがたく蒸し暑い アーカンザスの湿地 ワイオミング アイダホ  ユタ コロラドの荒れ地に カリフォルニアの 人里離れた地域です

4月20日 私は5度目の誕生日を祝いました 私の誕生日から わずかに数週間後でした 両親は弟とまだ乳児の妹 そして私のことを 両親は弟とまだ乳児の妹 そして私のことを 早朝に突然起こして 着替えさせました 早朝に突然起こして 着替えさせました 弟と私がリビングから 窓の外を眺めていると 二人の兵士が こちらにやって来ました 彼らの持つライフルの先には 銃剣が光っていました 玄関先で足を止めると ドアをガンガン叩きました 玄関先で足を止めると ドアをガンガン叩きました 父が応対すると 兵士たちは「全員 外に出ろ」 と命令してきました 父が私と弟に 小さな荷物を手渡すと 父が私と弟に 小さな荷物を手渡すと そのまま外に出て立ったまま 母が出てくるのを待ちました そのまま外に出て立ったまま 母が出てくるのを待ちました しばらくして 片手に赤子の妹を抱え もう片方でダッフルバッグを持って 母が出てきました 母の両頬には とめどなく 涙が流れ落ちていました あの光景は今も忘れません 私の脳裏にしっかりと 焼き付いています

私たち家族は家を追われ 他の日系アメリカ人たちと一緒に 私たち家族は家を追われ 他の日系アメリカ人たちと一緒に 列車に詰め込まれました 各列車の両端には 見張りの兵士がいて 各列車の両端には 見張りの兵士がいて 私たちはまるで犯罪者でした そうして四日三晩もの間 列車に揺られて アメリカの三分の二を 横断して ついには アーカンザスの湿地へと 連れてこられたのです 収容所を囲んだ有刺鉄線を 今でも覚えています 収容所を囲んだ有刺鉄線を 今でも覚えています 私たちに自動小銃の照準を合せてくる 監視塔のことも忘れはしません 私たちに自動小銃の照準を合せてくる 監視塔のことも忘れはしません 夜間 兵営から便所に走る私を 沿うように追いかけてくる サーチライトのことも忘れません 沿うように追いかけてくる サーチライトのことも忘れません ただ 5歳の私には おしっこに行く道を照らす明りは 少し嬉しくもありました おしっこに行く道を照らす明りは 少し嬉しくもありました 子供だった私は 自らが置かれている状況を 子供だった私は 自らが置かれている状況を 理解するには幼すぎました

子供には驚く程の 適応力があります 捕虜収容所での 悲惨を極めた非日常が その適応力をもって 私の日常に成りかわったのです その適応力をもって 私の日常に成りかわったのです 騒々しい 人々でごったがえす ホールで1日に3回 汚らしい食べ物のために 並ぶことも 父と一緒に 集団で浴びるシャワーも 私には普通になりました 収容所で過ごし 有刺鉄線で囲まれた 捕虜としての生活が定着したのです 有刺鉄線で囲まれた 捕虜としての生活が定着したのです

戦争が終結すると 私たちは解放され 戦争が終結すると 私たちは解放され アメリカ全土どこへでも行ける 片道切符を渡されました アメリカ全土どこへでも行ける 片道切符を渡されました 両親はロサンゼルスへ 帰ることに決めましたが 両親はロサンゼルスへ 帰ることに決めましたが かつての故郷での生活は 困難を極めました 私たちは無一文で 全てを奪われた上に 世間の風当たりは散々でした 全てを奪われた上に 世間の風当たりは散々でした 最初の住まいはスキッド・ロウという LAで最も貧困層の多い地区で 最初の住まいはスキッド・ロウという LAで最も貧困層の多い地区で 路上生活者や酔っ払い 犯罪者などが暮らしていました 路上生活者や酔っ払い 犯罪者などが暮らしていました 小便のひどい悪臭が 大きな通りだけでなく 小さな脇道や 玄関からも漂いました ひどい体験でしたよ 子供だった私と弟は 恐怖も覚えました ある日のことです 酔っぱらいがふらふらと近づいてきて ある日のことです 酔っぱらいがふらふらと近づいてきて 私たちの目の前で倒れたと思うと 嘔吐したのです まだ小さかった妹は言いました 「ママ お家に帰ろうよ!」 有刺鉄線に囲まれた収容所が 当時の私たちにとっては 帰りたいと思う「お家」だったのです

両親は普通の生活を 取り戻そうと必死に働きました 両親は普通の生活を 取り戻そうと必死に働きました 全てを失ったので 両親にとっては 人生半ばでの再出発でした 両親にとっては 人生半ばでの再出発でした 文字通り身を削りながら働きました そうして やっとの思いで 資金を工面して 素敵な郊外に寝室が3つある 一軒家を購入しました 思春期を迎えた私は 幼少期の収容体験について とても興味を寄せるようになりました 幼少期の収容体験について とても興味を寄せるようになりました 社会科の本も読むようになり アメリカ民主主義の理想に ついて学びました 「全ての人間は平等に造られていること」 「全ての人間は― 生命 自由及び幸福追求 について不可侵の権利を有すること」 収容所での体験を思うと この主義主張はどこか 腑に落ちませんでした 歴史の教科書は収容所について 全く触れていませんでした 歴史の教科書は収容所について 全く触れていませんでした そこで私は父とこのことについて 毎晩長く ときに熱く 議論するようになりました そこで私は父とこのことについて 毎晩長く ときに熱く 議論するようになりました 父と私は何度も議論を重ねました そうして私が得たもの それは父の英知でした そうして私が得たもの それは父の英知でした 父こそが あの収容の状況下で 最も苦しんだ本人なのでした それでも父は アメリカの民主主義を深く理解し 私に言いました「この民主主義は 人民のために存在している」 私に言いました「この民主主義は 人民のために存在している」 「民主主義には 素晴らしい可能性もあるが 人間と同じく 脆く崩れ去る可能性もある」 父は教えてくれました 「アメリカの民主主義は 民主主義を機能させる過程において そこに関わる制度や考え方を 大切にしている善良な人々によって 支えられている」ということを 大切にしている善良な人々によって 支えられている」ということを 父に連れられ 選挙対策事務本部に行くと 当時はイリノイ州知事が 大統領選に出馬しており 父はアメリカの選挙政治についての いろはを教えてくれました それと 第二次大戦中の 若き日系アメリカ人たちのことも それと 第二次大戦中の 若き日系アメリカ人たちのことも 一緒に語ってくれました

真珠湾が爆撃されたとき 若いアメリカ人と同じくして 若い日系アメリカ人らも自ら アメリカ合衆国の為に闘おうと 徴兵委員会へと志願にいったそうです しかしこの国を想っての行動も 拒絶されてしまったそうです しかしこの国を想っての行動も 拒絶されてしまったそうです 日系アメリカ人たちは兵役を拒否され 「非外国人であり敵だ」と形容されました 祖国の為に闘おうと 立ち上がったのに 敵呼ばわりされるのは 常軌を逸しています 唯一の救いは「非外国人」という 部分でつまり 否定的な表現を伴いながらも 「アメリカ国民」ではあったわけです しかし 後にはその「国民」の 地位さえ剥奪され 1年間に渡る強制収容を 強いられていたのです

その後 米国政府は 戦時中の人手不足に気づきました すると 突然手のひらを返して 若い日系アメリカ人たちに 兵役につく門戸を開きました 若い日系アメリカ人たちに 兵役につく門戸を開きました まったくもって不合理な話ですが 驚くべき 素晴らしいことが 起こりました 男女問わず数千人もの 若き日系アメリカ人たちが 男女問わず数千人もの 若き日系アメリカ人たちが 有刺鉄線で囲まれた 収容所を後にして 彼らを監視していた 兵士たちと同じ制服を着て 収容所に家族を残したまま 合衆国のために立ち上がりました

彼らが立ち上がったのは 有刺鉄線で囲まれた拘置所から 家族を解放するためだけではなく 人は皆 平等であるという 当時はないがしろにされていた 米国民主主義が守るべき まさにその理想を取り戻そうと 彼らは立ち上がったのです

「全ての人間は平等に造られている」 彼らには合衆国の為に 闘う覚悟がありました 日系アメリカ人による日系人だけの 特別部隊が編制され 日系アメリカ人による日系人だけの 特別部隊が編制され ヨーロッパの戦地へと 送り込まれました そして危険も顧みずに闘いました 彼らは信じられないような勇気をもって 勇猛果敢な素晴らしい戦いぶりを見せました 彼らが送り込まれたのは 最も危険な任務ばかりで 全部隊中 最悪の戦闘死傷率を 継続的に記録しました

それを如実に物語る 戦いが一つあります それがゴシックラインの戦いです この難攻不落の山岳地帯は 洞窟の中から この難攻不落の山岳地帯は 洞窟の中から ごつごつとした山腹までを ドイツ国防軍が占拠していました ごつごつとした山腹までを ドイツ国防軍が占拠していました 3つの部隊による 6ヶ月にもわたる砲撃も 功を奏せずに 6ヶ月にもわたる砲撃も 功を奏せずに 膠着状態が続いていました そこに日系第442連隊戦闘団が 追加戦力として投入されます そこに日系第442連隊戦闘団が 追加戦力として投入されます 第442連隊戦闘団の練り出した戦略は ユニークでしたが それと同時に 危険なものでもありました その山の背面は 断崖絶壁だったため その山の背面は 断崖絶壁だったため ドイツ国防軍は 背面からの攻撃は不可能だと 高を括っていました 第442連隊戦闘団は この不可能に目をつけたのです 月明かりさえない闇夜に 第442連隊は 300m以上もある絶壁を 登り始めました 完全武装をした状態で 断崖絶壁を一晩中 黙々と登っていきました 暗闇の中ですから 手や足を滑らせる者が いないはずもなく 手や足を滑らせる者が いないはずもなく 山峡へと落下して 命を落とす者もいました 山峡へと落下して 命を落とす者もいました ただただ 音もなく 落ちていきました 自分たちの存在を知られないよう 声を押し殺して堪えました 8時間もの間 休みもなく 登り続けました 頂上まで辿り着いた者は 夜明けが来るのを 静かに待ちました そして 朝日が昇ると同時に 奇襲を仕掛けました そして 朝日が昇ると同時に 奇襲を仕掛けました 不意を突かれたドイツ兵は この丘を諦め 遂に ゴシックラインが陥落しました この丘を諦め 遂に ゴシックラインが陥落しました 6ヶ月もの膠着状態が続いた戦局を 第442連隊はものの32分で 打開してみせたのです 第442連隊はものの32分で 打開してみせたのです

全くもって素晴らしい所業ですよ そして終戦を迎え 第442連隊は第二次世界大戦において 最多の勲章を受けた部隊として アメリカ合衆国へ帰還しました 最多の勲章を受けた部隊として アメリカ合衆国へ帰還しました 彼らをホワイトハウスに迎えると トルーマン大統領は言いました 「諸君は戦の敵だけでなく― 偏見に対しても戦いを挑み 見事に勝利を勝ち取った」

彼らは私のヒーローです 合衆国の光り輝く理想を 彼らは信じてやまなかったのです そして証明してくれました アメリカ合衆国民とは 一部の人たちの地位ではないことを そしてその定義に人種的背景など 関係はないということを 彼らの業績は 恐怖 疑念 憎悪の対象とされた 日系アメリカ人らをも アメリカ合衆国民の定義の 一部分としてしまったのです 彼らは変革を成し遂げ 我々に遺産を残してくれたのです 我々に遺産を残してくれたのです 彼らは私のヒーローです そして私の父もまた 民主主義の本質を理解し 私を導いてくれたヒーローです 民主主義の本質を理解し 私を導いてくれたヒーローです 先人が托してくれた遺産 そしてその遺産には 責任が伴います ですから 私は 祖国アメリカが 今よりさらに良い国に成長し 祖国アメリカが 今よりさらに良い国に成長し 我が国の政府が民主主義の本質に さらに近づけるよう力を尽くします 我が国の政府が民主主義の本質に さらに近づけるよう力を尽くします 過去の偉大なヒーローたちと 私たち皆がくぐり抜けてきた 苦境のおかげで こうして皆さんの前に ゲイの日系人として立っていられます しかし それ以上に重要なのは 私が誇り高きアメリカ人であることです

どうもありがとうございました

(拍手)

ジョージ・タケイ

検索すると....

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPSPOrT7hW61AAS6uJBtF7?p=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%B1&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

レスリー・T. チャン「中国の出稼ぎ労働者の声」

http://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20150604-00001554-ted

翻訳
私たちが毎日使うものを 作っている人たちのことを お話します 私たちが毎日使うものを 作っている人たちのことを お話します 靴にハンドバックやコンピューター そして携帯電話など いろいろあります この話題は罪の意識を呼び起こします 農村出身の少女が 100円にも満たない時給で 私たちの履く ランニング シューズを 縫っている とか iPad 工場で長時間労働をしていた 若い中国人の男性が 屋根から飛び降りたとか 考えてみてください グローバリゼーションの恩恵を受けている 私たちにとって 何かを買うごとに これらの犠牲者を 食い物にしているようで 商品そのものに不公平さが 組み込まれているように感じるものです iPhone の生産ラインの作業員が 自分の作るものを 買うお金もないなんて なんという世界でしょう? 中国の工場の作業状況は過酷で 低価格を求める我々の欲望が その原因であるというのが 常識になっています

発展国の欲と 中国人の生活苦を 結びつけたくなるのはわかります 世界に与えた影響について 既に 罪悪感を持っている 現在の我々の状況を考えれば当然です でもこの考えはは間違えであり 失礼にもあたります 私たちに地球の反対側にいる何千万人の人々を 移住させ ひどい生活を強いる 力があると思うなんて うぬぼれもよいところです うぬぼれもよいところです 実は中国は世界中の市場で売られる 製品を作っているのです 自国の市場も含まれています 安いコストと 質の高いふんだんな労働力 市場の要求に素早く答える 柔軟な生産システムが これを可能にしています 自身の生活や新しいガジェットばかりを 気にしている我々は 製品の向こう側にいる人々を まるで携帯電話の部品のごとく 小さく取り替え可能な 目に見えないものとしか考えていません

中国の労働者は 我々の iPod への 執着心を満たすために むりやり工場で働かされているわけではありません お金を稼ぎ 新しい技術を学び 視野を広めるために 望んで故郷を離れるのです グローバリゼーションの是非を論じる上で 欠けているのは 現場で働く人の生の声です

いくつかお聞かせしましょう

包永新:「母が 家に帰って結婚しろというけれど まだ自分が未完成なうちに結婚したら 単なる労働者としか結婚できない まだ自分が未完成なうちに結婚したら 単なる労働者としか結婚できない だから急いで結婚はしないわ」

陳儀: 「新年に家に帰ったら 皆に変わったって言われました そんなに変わるなんて 何をしたのって訊かれたので 勉強して 一生懸命働いたって言っただけ それ以上説明したって わかる人はいないもの」

?傳明:「沢山お金を稼いでも 満足しません お金を稼ぐだけが 人生ではありません」

邵新:「仕事の後に 英語の勉強をしています 将来のお客様は中国人だけとは 限りませんから もっといろいろな言葉を勉強しないと」

これらは皆 若い18か19歳の 女性の口から出た言葉です これらは皆 若い18か19歳の 女性の口から出た言葉です

2年間の取材を通じ 生産ラインで働く 彼女らと親しくなりました 中国の南部の東莞という 工業都市で働いています 話していると よく話題になるのが いくら稼いだか とか どんな男性と結婚したいか とか 他の工場に 鞍替えしようか とか それとも ここでずっと働こうかなどです 滅多に話題に上らないのが まるで牢獄かの様に思える生活環境です 一部屋を10から15人でシェアし トイレは50人で共同です 昼も夜も 工場の需要に支配されています ここではだれもが 同じような環境で生活しています そんな状況でも 田舎の寮や家での生活に比べたら ましなのです

どの製品を作っているか 話すことは滅多にありません 実際何をしているのか説明できる人も 滅多にいないのです 一番親しくなった陸清明という 若い女性に訊いたことがあります 一番親しくなった陸清明という 若い女性に訊いたことがあります 工場の作業場でどんな事をしているのか すると彼女は中国語で こんな風に答えました 「クイ・シー」 後になってよく考えると 彼女が言ったのは 「QC」つまり クオリティーコントロールだったのです 作業場での実際の役割を 説明することは出来ず 意味も解らない略語を オウムのように真似するだけでした

カール・マルクスはこれを 資本主義の悲劇として批判しました 労働者の自分の生産物からの疎外です 従来の 靴や家具を作る人たちと違って 生産工場で働く人たちは 自分の作るものに対して 主導権や喜びもなければ 本当の満足や理解もないのです 主導権や喜びもなければ 本当の満足や理解もないのです でも 大英博物館の読書室に通いつめて 執筆した マルクスの理論には 間違えが多いのですが この考えも間違っていると思います 人間は何かを作っているからといって その 作っているものに なるわけではありません その 作っているものに なるわけではありません 稼いだお金をどう使うか 新しい場所で何を学び どう人間として成長するか これが大切なのです 工場で何が作られているかなんて 関係ないのです 作った物をだれが買おうが 労働者の気にすることではありません

中国の工場に関する報道は この労働者と製品の関係を 誇張して取り上げます こういう記事には計算がよく使われます 労働者が作っているものを自分で買うには 何時間働かなければならないかというものです 例えば 中国の iPhone 工場のラインで働く 新人社員は iPhone を買うとしたら 2ヵ月半分の給料を 貯めなければなりません

こんな計算 なんの意味があるのでしょうか? 私は最近New Yorker 誌に記事を書きましたが 私は最近New Yorker 誌に記事を書きましたが あんな雑誌に広告を載せるお金なんて ありません でも別に広告なんか載せたくもないのです 同様に この労働者らも別に iPhone が欲しいわけでもないんです 計算するとしたら別のものです この工場にいつまで居ようか? いくら貯金できるか? アパートや車を買うのにいくらかかるか? 結婚や 子供の教育にいくらかかるか?

親しくなった労働者たちは 作っているものと 奇妙な関係を持っています 陸清明(明)に会ってから一年くらいたったある日 新年を祝うために彼女の実家に招かれました 新年を祝うために彼女の実家に招かれました 行きの電車の中でプレゼントをくれました 茶色の皮の縁のついた COACHのコインケースです 東莞で売っているものは大体 偽物なので これも偽物だろうと思いながらも感謝しました 東莞で売っているものは大体 偽物なので これも偽物だろうと思いながらも感謝しました 実家で明はお母さんにもプレゼントを渡しました ピンクのDooney&Bourke のバッグです 数日後には 妹がえび茶色の LeSportac のバッグを肩にかけて 見せびらかしていました 考えてみると これらのハンドバッグは あの工場で作られているもので 考えてみると これらのハンドバッグは あの工場で作られているもので つまり どれも本物だったわけです

明の妹 が両親に話しているのを聞きました 「アメリカではこのバッグ320ドルなんだって」 農家で働く両親は言う言葉もなく 黙って聞いていました 「それにね COACH は新しいデザインが出るの 2191 って言うんだけど このバッグは6千もするんだって」 ちょっと間をおいて続けました 「6千元だったかしら それとも 6千米ドルだったかしら ともかく6千なのよ」(笑)

新年を祝うために帰郷していた 明の妹の彼氏が 新年を祝うために帰郷していた 明の妹の彼氏が 「そんな価値あるなんて 見えないね」と言うと

明の妹は「わかるひとには わかるのよ あんたなんてダメ」と言い返していました 明の妹は「わかるひとには わかるのよ あんたなんてダメ」と言い返していました

(拍手)(笑)

明の住む世界では COACH のバッグは おもしろい価値があるのです 価値がないわけではありません でも実際の値段とはかけ離れています だれもお金を出してまで買わないし 値段も知らないのです でも 明のお姉さんの友達が結婚したとき ハンドバックを結婚のお祝いに贈りました また明が ハンドバッグ工場を辞めた後 妹が訪ねて来たときも COACH の有名なハンドバッグを二つ おみやげに持ってきました

ポケットのジッパーを開けてみると カードが入っていました カードには英語でこうありました 「アメリカン・クラシック 1941年に使い込まれた野球グローブに ヒントを得たCOACH の創設者が 1941年に使い込まれた野球グローブに ヒントを得たCOACH の創設者が しなやかな「グラブタンレザー」使って 新しいハンドバッグのコレクションを しなやかな「グラブタンレザー」使って 新しいハンドバッグのコレクションを デザインしました 6人の熟練した皮職人が仕上げた 12個のハンドバッグは 完璧なバランスで飽きることのない美しさです 新鮮で機能的なバッグは 世界中の女性に愛されました 新しいアメリカン・クラシックの誕生です」

カール・マルクスが生きていたら 明や明の姉妹をどう思ったことでしょう カール・マルクスが生きていたら 明や明の姉妹をどう思ったことでしょう 作っている製品と 労働の関係は マルクスが思うよりも ずっと複雑で 思いもよらない おかしいものです でも彼の理論は根強いもので 労働者を 個性のない集団だとか 彼らの心情は想像がつくと思いがちです

明に会ったのは 彼女が18歳 になったばかりで はじめての職場を辞めた直後でした 電子機器工場の生産ラインでの仕事でした その後2年の間に5回も転職を繰り返し 最終的にハードウェア工場の 購買部で良い職に落ち着きました 最終的にハードウェア工場の 購買部で良い職に落ち着きました 後に 仲間の出稼ぎ労働者と結婚し 彼の村に引っ越して 2人の女の子を産み 貯めたお金で中古のアメリカ車を買い 両親のためのアパートも購入しました 最近 単身で東莞に戻り 建設クレーン車を作る工場で 働いています 子供とご主人は 村に置いてです 子供とご主人は 村に置いてです

最近 受け取ったメールには 「若いうちは野望を持って生きるべきです 老いてから 目的もなく生きてしまった なんて思わないように」と書いてありました 老いてから 目的もなく生きてしまった なんて思わないように」と書いてありました

中国全体で彼女の様な労働者が 一億五千万人もいます その3分の1は女性で 村を離れ 都市の工場やホテル レストランや 工事現場などで働いています 合計すると 史上最大の人口の大移動です これはグローバリゼーションでもあります 連鎖の紐は中国の農村から始まり 私たちのポケット内のiPhoneや 足元のナイキに そして 腕に掛かるCOACH のバッグにと つながりながら 膨大な数の出稼ぎ労働者の 仕事や結婚 の実態 生活や思考のあり方を変えてきました 元の暮らしに戻りたい人など 殆どいません

東莞に着いた当初 長期間に渡って労働者の話を聞くと 気が滅入ってしまわないかと心配でした 彼女らの状況は変わらないかもしれないし 話すこともないだろうと思ったのです ところが この若い女性達は 賢く ユーモアのセンスがあって 勇敢で寛大でした 思ったことを話してくれ 工場の様子や 中国でや世界での生き方を教えてくれました

これが実家への電車の中で 明がくれたCOACH のバッグです これが実家への電車の中で 明がくれたCOACH のバッグです 私の取材した 若い女性達との つながりを忘れないように いつも身に着けています 経済的なつながりではなく 個人的なつながりです お金ではなく思い出で計るものです このバッグを見るたびに思うのは 書斎や図書館に座って想像する世界は 実際に外に出てみると違うものだという事です 実際に外に出てみると違うものだという事です

ありがとうございました(拍手) (拍手)

レスリー ありがとう こういう見方があると 思いもしなかった人が 結構居るんじゃないかな ちょと興味があるんですが もし 例えばApple の製造主任と 一分だけ話すチャンスがあったら どんな話をしますか? 一分だけ話すチャンスがあったら どんな話をしますか?

一分だけですか?

そう 一分で (笑)

そうですね 労働者に会って感心したのは 皆 とてもやる気があって 自分で何でもやろうとし 才覚もあります 驚いたのは そんな彼らが望んでいるのは 第一に教育 つまり学ぶことです 多くが大変貧しい環境の出身で 中学卒業するかしないかで 学校を辞めてしまっているんです 両親が読み書きできない人も多く 都市に来て 自分から 夜間や週末にある コンピューターや英語の教室に通って 本当に基本的なことを学習しているんです ワープロの使い方とか 英語で何か簡単なことが言えるように 勉強しているんです ですから この人たちを支援するなら こういう簡単な 目的のはっきりした 実際役立つクラスを 設立して そうすることによって 労働者がもと上に行ける様に 例えばApple社内で何か 良い仕事に就けるといいですね 社会的地位を向上したり 自己啓発を 手助けできたらいいと思います 社会的地位を向上したり 自己改善を 手助けできたらいいと思います 労働者はそういうものを望んでいます シャワーのお湯がきちんと出るといいとか いい部屋やテレビが欲しいとか 言わないんです そういうものは もちろんいいけれど 都市に越してきたのはそのためではなく そんなことは どうでもいいんです

生活が苦だとか大変だとか感じましたか それとも どちらかというと 生活の レベルの向上や暮らしがだんだんに 良くなっていると感じましたか?

確かに後者です 私は2年間 東莞で暮らし 人々の生活を眺めたのですが 時間がたつにつれ 人々の生活の変化に 気が付きます 上向きや 下向き 中には全く 変わらないこともありますが 通常 上向きです 長くいれば たいてい上向きです 10年前に都市に来て 現在は都会の 中流クラスだという人たちも知っています トレンドは確かに上向きなわけです 突然この街に来て 街の状況を見て 皆が貧しく 苦しんでいるように感じても 実際そうでもないのです もちろん 工場の環境は大変で 皆さんや私が好んで働く所ではありません でも彼らにしてみれば 元の環境の方が もっとひどいし より素晴らしい未来に 期待しているわけです 今日は彼らの感じる世界と 私達の想像とは違うかもしれないことを お話し したかったわけです

素晴らしいトークをありがとう どうもありがとうございました(拍手)

グローバリゼーションの是非が論じられる中、生の労働者の声はなかなか聞くことはできません。膨大な数の中国人が出稼ぎ労働者として故郷を離れ都市や近隣国の工場で働き、世界中で売られるものを作っています。ジャーナリストの レスリー・T. チャンは中国の新興工業都市で働く女性労働者の生きる姿を取材しました。 ( translated by Akiko Hicks , reviewed by Kayo Mizutani )
.
動画撮影日:2012年6月26日(火)

レスリーチャンを検索すると.......

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A3xTmEY3T7hWFlUAWASJBtF7?p=%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBT.+%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

ジェームズキャメロン

http://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20150528-00000785-ted

TEDトーク

http://news.yahoo.co.jp/ted

TED魅力的な5つのビデオ

http://news.yahoo.co.jp/ted/promo


http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin

 
 
》記事一覧表示

新着順:376/3577 《前のページ | 次のページ》
/3577