teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:314/3523 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ドルのX-DAYは近いか?

 投稿者:Legacy of Ashes の管理人  投稿日:2016年 2月11日(木)14時10分40秒
  通報 返信・引用 編集済
  シオニズムとは、隷属でもなく、薬でもない。

シオニズムとは、根絶であり、破壊である。

そしてシオニスト(カバリスト)とはそれを実行する機械主義者である。

その原点はThe Rothschild Khazarian Mafiaなのです。

ロスチャイルドはあくまで表に出てきませんから黒幕は地図には出てこないミュンヘン郊外のDACHAUにある以下の組織です

DVD・German Black Intelligence(Deutsche Verteidigungs Dienst)

NAZIとは国際シオニスト連盟のこと

https://www.youtube.com/watch?v=z5_TQ78EAnk

2014/07/29 に公開

NAZIとは『国際シオニスト連盟』。ナチズム、ネオナチ、のことです。従軍慰安婦は?、日本の『奴隷国家およびホロコースト国家』を全世界に真逆認識させるためのアジェン?ダ。シオニストのプロパガンダ(広報ではなく、人々の共通認識を真逆にするウソのこと?)です。彼らのインディアンホロコースト・南米ホロコースト・カリブ海ホロコースト・?オーストラリアホロコースト・ニュージーランドホロコースト、などを隠す為です。そし?て、奴隷を物として扱うことを隠す為。これぞ唯物論です。日本の若者に『個人主義』(?他人は敵!自己中心主義)を植え付け、連帯意識破壊を行っています。日本の文化は『和?と結い』です。欧米は対立と闘争の個人主義なのです。
平成26年7月23日【主権回復を目指す会】自民党本部前にて

BISとはナチの機関

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1501

英国でMI6の秘密書類公開、「ヒットラーは役に立つ」

http://japanese.ruvr.ru/2013_05_23/114090116/

英ナショナル・アーカイブに保管されている1940年代以降のMI6(英国の諜報機関)の秘密書類が公開された。それによると、軍の指令を受けたMI6は、対ソ連大規模キャンペーンや、ヒットラー救出といった作戦を計画していた。
続きを読む: http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2013_05_23/114090116/

ヒトラー,プーチン,スターリンは同じ血が混じっています。ヒトラーの娘との説が強いメルケルに与えられた当面の仕事はドイツ銀行を破産させること。

ピーちゃんの通貨戦争と金融崩壊のブログそして金と銀の存在は?

http://ameblo.jp/picachu-5678/entry-12024232850.html

2月19日がドルのX-DAY~ドルの30%切り下げか??

http://www.mag2.com/p/money/7294

関連記事:2月19日はX-DAYか

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1122.html

リーマン超え 大惨事に

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/627.html

これは2013年の記事ですがリーマンはFRBの株主でイルミナティ企業です。イルミナティの最終目標はドルの崩壊と全てのイルミナティ企業の破壊です。

以下は上のロンポールの記事の転載

すでに秒読み段階?通貨危機の最初の兆候は「急速なドル安」

連邦議員や大統領候補と目される人々が「アメリカの終焉」を言い出した

元連邦議会議員のロン・ポールが、再び新たな予言を出しました。

全米の金融システムが崩壊寸前で、金本位制の復活が予想される、というような内容です。

それが、2月19日、ドルの完全崩壊とともに始まる、という予言です。

これまで何度か、彼は議会をはじめ、公式の場で、明らかに予言とされる謎めいたスピーチを行ってきました。たとえば、2013/08/23配信の「米国崩壊!ロン・ポールの予言と金融メルトダウン前夜の恐怖」などです。

ところが、今度は、ロン・ポールだけでなく、ドナルド・トランプも、例のシュミ─タの謎を解き明かしたユダヤのラビ、ジョナサン・カーンも、その他、どこかのコメンテーターも、一般の陰謀論を解明しようとしている人々も、すべて「2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される」と訴えています。

一大キャンペーンが展開されているのです。

ロン・ポールは、米国の通貨危機は回避不能である、と警告しています。そのとおりです。

彼は、「1980年代のある日、レーガン大統領と海兵隊機に乗っているとき、大統領は金本位を捨てた大国は、大国のままでいることはできない」と。当然です。ドルの前は、英国のポンドが基軸通貨でした。

英国は、1931年9月21日、金本位制を停止する律法を可決し、これを廃棄しました。その後、ポンドは基軸通貨の座を降りて、ドルの覇権が始まったことは周知です。

金本位制どころか、国の通貨が基軸通貨となった国家は、やがてその座を降りる運命を背負わされるのです。

中国は賢明ですから、国際通貨基金(IMF)が提唱するSDRの構成通貨として人民元を組み込みましたが、基軸通貨にさせようという意図はまったくありません。

20~30年前、FRB議長のアラン・グリンースパンは、「金本位制を採用していない国において、インフレが進行した場合、実質的な“没収”(通貨の購買力が減る、つまり、減価される)から保護する手立てはない」と言いました。

金本位制が撤廃されると、その国の政府の財政支出をコントロールする手立てを失います。どんなに制御しても、政府というものは財政赤字を積み上げていくものなのです。

日本をはじめ、各国がそうであるように、赤字国債の発行は例外的措置ではなく、むしろ常習化して、いつの間にか標準的な措置になってしまうのです。

そうなれば、金本位が廃棄された場合、通貨の裏付けとなるのは政府の信頼だけです。

その国の金融秩序であり、経済力であり、総合的な国力を統合している政府に、世界の人々がどれだけの信頼を置いているかが、通貨の裏付けとなるのです。

しかし、通貨を発行しているのは政府が1ドルたりとも出資することができない中央銀行なのです。中央銀行の役目は、政府の信用を元にドルを印刷するだけです。

ロン・ポールやドナルド・トランプたちが「ドルが崩壊する」と言っている意味は、アメリカ政府は信用できない、と言っていることと同じです。

このことを、元連邦議員や大統領候補に選ばれるかもしれない人間自らが言っている意味を考えてください。

アベノミクスが木っ端みじんに。危機の最初の兆候は急速なドル安

ロン・ポールによると、通貨危機の最初の兆候は、ドルの価値の急激な下落として表面化する、ということです。

そして、ドルの崩壊は、インフレの突出をもたらすだろう、ということです。つまり、通貨が急激に購買力を失うということ。

これは、私たちの目には見えないものの、物価の高騰という形で認識することになります。

実際は、モノの価値が上がったというより、通貨の価値が減価されたと言う方がより正確です。それを私たちは、「物価が上がった」と言っているだけです。

インフレは当然、米国の金利上昇につながります。

結局、ロン・ポールの予測は、全米の金融システムが崩壊すると言っているのです。米国の金融システムが現実に崩壊するならば、それはそれで全てのグローバル金融システムに及ぶことになります。

米国の負債は、公式発表だけでも18兆ドル以上に上ります。そして、米国に対して最大の債券保有者は、第2位の中国と第3位の日本です。

米国の崩壊は全世界を荒廃させます。そのとき、アベノミクスは、どうなるでしょう。それが起こるのは今年の2月19日である、と警告しているのです。

渦巻く不満、暴動の勃発…すでに秒読み段階に入っている

1776年の独立宣言から2008年までのの米国連邦の全負債はわずかに10兆ドルそこそこでした。

しかし、2008年のリーマン破綻からは、一気に借金を増やし、その後も何度も債務上限の切り上げを行ってきました。

結果、20015年までの過去7年で、米国連邦の全負債額は18兆ドル以上に膨らみ、それまでの2倍に膨れ上がったのです。

これは、誰かの計画?米国の金融システムを破壊するための?

もし、仮に米国が破綻せず、借金をし続けることができるとすれば、2019年までには、全負債額は20兆3000億ドルを超えると試算されています。

金利は確実に上がります。その影響は連邦政府ならびに日常的なアメリカ人にも影響が及びます。

金利の上昇は、政府の資金調達コストを増やします。それによって利払いも多くなるので、負債は、今まで以上に速いスピートで積み上がります。自転車操業、いわゆるポンジスキームです。

そうなれば、金利がわずかに上がっただけでも、さらに負債を積み上げさせることになり、完全に制御できなくなります。

中流階級に対する徹底した増税によって「大暴動」が発生する

で、結局、社会福祉制度を維持することさえ不可能になるので、フードスタンプさえ廃止の対象になるでしょう。

この事実だけでも、大規模な暴動につながります。「このまま餓死するなら、残っている最後の力を振り絞って立ち上がれ!」と。

それを抑えようと、政府の最後の手段は、まずは、ガス抜きのため、わずかに生き残っている中流階級に対して徹底した増税を行います。

さらには、「1%」の中の「1%」の超富豪だけを除いて、富裕層からも搾り取ろうとするでしょう。

とっくに経済的に死んでしまった中流層は、それこそ拍手喝さいです。

最終的に、連邦政府は、決して手をつけてはならないと言われてきた401Kと年金をターゲットに、政府歳入の財源を求めるでしょう。

ロン・ポールは、これを指摘しており、さらに普通預金や他の資産に対して新たな課税が設定される可能性を示唆しています。

米国は、日本の安倍政権に思いやり予算の増額を言い出しました。安倍政権は、それをあっさり受け入れたことで、世界中から非難を浴びています。

これは、国防と切っても切れないアメリカ国民にとっては、増税を認めさせる効果があるのです。「米軍の予算をカットし、果ては日本に今まで以上に依存することになるのだから、アメリカ国民は、もっとも我慢しなさい」ということです。

すでに米国崩壊に続く導火線に火がつけられ、無秩序がはびこるまで、そう時間はかからないでしょう。

本質的には、有権者の間にかなりの鬱積した欲求不満が渦巻いています。例えば、いったい誰がファーガソンや、ニューヨーク、ボルチモアで抗議運動が勃発するなどと考えたでしょう。これは野火のように広がっていくでしょう。

そして、政府の機能停止が起こりうることは明らかです。

しかし、ロン・ポールは、「大きな通貨危機が襲った後、本当の通貨改革がやってくるだけだ」と、あっさり言います。

ドルの廃棄を宣言して新しい通貨に切り替える可能性も

近年、中国は、ドイツ、インドその他の国々で貿易を活発に行うようになり、準備通貨としてのドルを除外しました。やがて、米国は世界の準備通貨として地位を失うことになるでしょう。

すでに貿易の決済通貨として、10ヵ国がドルを段階的に排除していくことに署名したということです。

国際通貨基金(IMF)は、新しい世界準備通貨システムを提案しました。世界の準備通貨として、米ドルが君臨する日は、数えることができるくらい短いでしょう。

米国のオピニオン・リーダ─の何人かは、米国経済が回復基調にあって、株式市場が順調だ。したがって、事態はそれほど悪くないのだと、言っています。

日本の安倍晋三、官房長官の菅義偉は、すべての経済指標に目をつぶり、これを、オウムのように記者会見で繰り返しています。「米国経済が回復基調にあることは間違いない」と。

ドイツ、ロシア、アルゼンチン、ブラジル、チリ、日本、中国、ウクライナ、イタリア、アイルランド、ポルトガル、スペイン・・・米国の現状と類似 した困難に直面しています。

ジョージ・ソロス、ジム・ロジャーズをはじめとして、世界的に有名な投資家たちは、「今の状況は2008とそっくりだ。いや、それ以上に悪い」と警告しています。

多数の国の市場を崩壊させてきた彼らは、老境に入って多少の仏心を出すようになったというのでしょうか。

いえいえ、彼らは控えめです。

彼らが警告してくれるのであれば、「今の状況は2008に酷似している」ではなく、「今の状況は、人類史上経験しなかったほどの大きな経済災害を引き起こす兆候が出ている」と言わなければならないのです。

それで、彼らはなぜ、「2016年2月19日にドルが100%崩壊する」と言っているのでしょう。

米国の財務長官ジャック・ルーが、去年、「米国の債務上限の勘定日が11月5日へと向かって進行している」と言ったことに多くの人が注意したことを思い出してください。

米国は、度重なる債務上限の切り上げを行って、ひたすら借金を積み上げてきました。さらに、債務上限を引き上げる法案を提出して議会を通過したとしても、世界の誰もそれを認めないでしょう。

だから、アメリカの借金額は18兆ドルのまま止まっています。

そんな馬鹿な!

考えられることは、いつくかあります。

その最有力候補は、かねてから言われてきた新通貨「Amero」の登場かも知れません。ドルを廃棄して、「Amero」を基準に各国の通貨に対して新しい評価額を割り当てるのです。

繰り返しますが、ロン・ポールは、こう言いました。「大きな通貨危機が襲った後、本当の通貨改革がやってくるだけだ」と――

以下は

http://www.mag2.com/p/money/7118より

英国大手銀行RBSが異例の警告「極めて深刻な事態、投資家は全てを売るべきだ」

以下は

http://www.mag2.com/p/money/7340より

米FRB、まさかの「マイナス金利導入」で終わる市場~国際決済銀行(BIS)の罠

以下は

http://www.mag2.com/p/money/7378より

黒田日銀の「大誤算」~マイナス金利で円高・株安が起きた真の理由=吉田繁治

1月29日、サプライズだった日銀のマイナス金利導入のあと、日本を含む世界の金融(通貨、株価、金利)は、普通では解釈ができない動きをしています。2月10日(水)の日経平均株価の終値は1万5713円、円安で株価を上げることを狙っていた日銀にとっては大きな誤算です。

日銀は、ドルの金利が2%台なので、円をマイナス金利にすれば円安になると見ていたはずですが、金融市場における「織り込み」のしくみが見えていなかったのかもしれません。

本稿では、FRBによる0.25%の利上げ(2015年12月16日)と、日本のマイナス金利(2016年1月29日)の動きをもとに、その基底でいまどんなことが起こっているのかを考えます。(『ビジネス知識源プレミアム』吉田繁治)

通貨、金利、株価で多面的に理解すべき「織り込み」のしくみ

日経平均は大きく下落:1万5713円

2月9日(火)には、日経平均株価は918円も下げ、終値は1万6085円でした。月曜日は欧米市場が休日なので、大きな動きがないことが多い日です(ほぼ12時間のタイム・ラグ)。

火曜日に大きく下げるのは、週明けのヘッジ・ファンドによる海外からの先物売りが原因です。今日2月10日(水)も売られて下げ続け、前場は1万5699円、終値は1万5713円でした。

マイナス金利が発表された直後の2月1日には、1万8000円付近に上げ戻していたので、そこから2400円(13%)も下げています。

円は6%上昇

一方、マイナス金利の発表直後には、1ドル121.1円に下がっていた円(1月29日)は、その後、金利とは逆に円高に向かい、今日は114円台に上がっています(2月10日午後13時時点)。

ほぼ7円(6%)の円高と、2400円の日経平均下落が対応しています。

一般に、金利が下がれば、受け取り金利が減る通貨は下がります。期待収益率が金利に同調して下がる株価は、上がります。
(※注)理論株価=期待純益÷期待収益率です。分母の期待収益率が小さくなると理論株価は上がります。これが、金利が下がると、PER倍率が上がる効果です

ところが円のマイナス金利で実際に起こったことは、逆でした。
?円は上がる
?株価は下がる

という動きだったのです。

ただし、金利が下がると流通価格が上がる国債価格は上昇しています。1月28日には利回りが0.22%だった10年債は、2月9日にはマイナス0.03%付近に下がり、そのぶん価格が上がったのです。

どれくらい上がったのか計算します。国債の残存期間は、総平均が7年なので、7年とします。

長期国債価格=(1+0.22%×7年)÷(1-0.03%×7年)=1.0154÷0.9979=1.0175

利回りが0.22%で100万円だった国債が、今は、101万5400円で売れるということです。

この国債を7年間もつと、買った人(金融機関)は101万5400円払って、満期の受け取りが100万円ですから、1万5400円損をします。これが、国債のマイナス金利の意味です。金利の低下で、国債価格は上がります。

金利低下で下がるべき円が上がって、上がるべき株が下がった

ところが、金利が下がって普通は下がるべき円は、逆に上がっていて、上がるべき株価は下がっています。なぜこんな逆転した現象が起こるのか。答えることができますか?

メディアは、「リスク資産(=株)を売って安全資産の円国債に向かった」という理由づけだけしか言いません。では、円と円国債はなぜ、ドルやユーロ国債より安全な資産なのでしょうか。そこは説明がなく、なんだかよくわからない。

以上の理由を、本稿で考えます~あとは本稿2~6参照

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin

 
 
》記事一覧表示

新着順:314/3523 《前のページ | 次のページ》
/3523