teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:3245/3592 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

生物兵器

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 6月17日(日)12時16分17秒
  通報 返信・引用 編集済
  サンヘドリンが仕掛ける黒魔術

http://ameblo.jp/stageup-gate/theme-10041128144.html

ISSO情報収集による観点と資料が合致している優良サイト

特に洗脳操作と言う観点と証拠資料を綺麗に纏められています

皆様が本当の歴史を学ぶなら、知りたいのならこのサイトは外せません


http://syouhou.iza.ne.jp/blog/entry/510563/

リンクはすべて無効になっている。

http://www40.atwiki.jp/inkyo/pages/32.html
自分を投稿させないようにしている。産経新聞は矢張り犯罪を隠滅している。

フローチャートの翻訳などを見たい人は以下をクリック

http://megalodon.jp/2009-0130-2033-20/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/2.html

特別のウイルス,癌プログラム用の腫瘍学,癌原因及び予防区分の研究

PHASE1.スペシミンの選択,およびウイルス,ウイルス表現(Expression)の検知

STEP1.1 研究のためのグループ選択の基準の設立

A.伝染病(疫学)としてのリード

1.地理的な生き物の群れ(clustering)
2.血清学としての群れ
3.環境としての群れ
4.遺伝としての群れ
5.家族(より高い癌家系)としての群れ

B.臨床状態

1.病理学の状態(鋭い慢性と軽減)
2.免疫学の状態(臓器移植・患者の欠乏)
3.遺伝のパターン

STEP1.2 伝染病と臨床状態のコンピューターを駆使した,情報収集と貯蔵

STEP2.1 患者の協力と臨床施設の設立

STEP2.2 選別された患者からのスペシミンの収集

A.白血病,リンパ腫患者

1.鋭く慢性の治癒していない脊髄性,慢性リンパの新生物
2.Burkittリンパ腫,および疫病

B.肉腫患者

1.軟細胞
2.骨形成

C.カーリノマ患者

1.軟細胞
2.骨形成

C.同じくカーリノマ患者

1.乳房状
2.頚部
3.鼻咽頭

D.その他の腫瘍患者

E.個人と癌に罹るハイリスク

1.遺伝子異常
2.癌家系とハイリスク
3.免疫不全症

F.一致したコントロール

STEP2.3テスト用血清,及び細胞組織の徹底した収集,貯蔵,配送の開発

A.標本収集の標準的な品質管理の徹底

B.組織病理学の見本の確認

C.貯蔵と配送のより改良された技術の開発

D.十分な貯蔵施設と配送ネットワークの開発と維持

STEP3.1 ウイルス,及びウイルス表現の検知

A.物理学的方法

1.電子顕微鏡の使用

2.分離技術

B.生化学と免疫化学の方法

1.酵素
2.抗原
3.核酸

C.生物学的な方法

1.免疫
2.組織培養
3.動物の感受性

STEP3.2 ウイルス表現の検知の新技術開発

A.物理的な(電子分離と過程分離技術)
B.化学的な(投下技術)(達人注:Chemtrailなど空から散布のこと)
C.生物的な(腫瘍細胞,またはウイルスの宣伝)

決定ポイント(黒枠)

ウイルス基準表現の検知に基ずいた研究アプローチの選択

基準

1.ウイルス粒子は存在する
  -形態論の特性は認識された協定に従うに違いない(ねばならない)
  -粒子は特有の浮遊密度を所有するに違いない(ねばならない)
  -粒子は核酸を有するに違いない(ねばならない)

2.現状のウイルス表現
  -認識された癌ウイルスと関係する抗原の存在
  -腫瘍形成性であると知られている(いた)核酸の存
   在
  -知られている癌ウイルス,及びウイルスプロセスに関
   連した酵素活性の存在
  -特定の悪性腫瘍中の共通抗原の存在,癌患者の中
   の免疫反応の刺激ーこれらの種を徹底調査せよ

   因果関係学の要因の修正とウイルス,もう一つの流れ

PHASEⅡーA 応答,及び最初の特性記述の確立

STEP1.1 ウイルスの複製

A.組織培養による成長と産出

1.初期のシステムの決定
2.二次的なシステムの決定(達人注:無限につくれる不定胚のこと)

D.敏感な哺乳類試験システムの開発

1.伝染力の決定
2.ウイルスの回復の決定

(これらの記事はPHASEⅣーBまであります)


STEP1.2 特定のセル・システムの連続的な生体外・生体内の宣伝のためにその手段を改良し開発するべし

A.タイプCウイルスの応答

B.タイプBウイルスの応答

C.ヘルペスタイプ・ウイルスの応答

STEP2.1 初期の特徴ずけ

A.ウイルスの形態論,及び応用の特徴の決定

B.同様の形態論のすべての既知のウイルスとの関係の決定

STEP2.2 特定のウイルスの診断の試薬の準備,方法の決定,改善

A.標準化された参照ずみのウイルス,及びウイルスの抗原

B.ウイルスとウイルス抗原の標準化された特定の抗原

        決定ポイント(黒枠)

より完全な特性記述,及び仮定疾病関係用の候補ウイルスの選択

基準

1.ウイルスは腫れ物に関係している
2.ウイルスは既知の非Preliferative(実験的?)な疾病に排他的に関連した、完全に特徴ずけられた働きではない
3.ウイルスは中に折れ重なり組織培養から,転用可能です。あるいはさらに必要な仕事にふさわしいレヴェルの動物も必要です。(達人注:非ユダヤ人という家畜の意味)

 もし1)または 2)がノーであれば,ドロップ

 もし3)がノーで,あれば,ドロップ。もしウイルス表現が存在するならば,PHASEⅡーBへ進む。

PHASE ⅢーA 仮定疾病関係,及び完全な特性記述の定義

STEP1.1 推定の疾病関係

A. ウイルス,ウイルスの抗原,あるいはウイルスの一貫した繋がり,ウイルスが分離されるタイプの異なる新生物に備えた抗原を解決させたと断定できる。

B.ウイルスの抗原,あるいはウイルスへの免疫学の反応性を示す証拠が,疾病共同状態と関連させられる抗原を解決させた(ホストが示すかどうかの決定)。腫瘍患者の中の抗体の発生率は正常な(見たところでは)人の中でより著しく高い

C.選択された動物類の中のウイルスの抗原への免疫の反応性の決定(達人注:動物類=ゴイム=非ユダヤ人)

D.伝染の自然なルートの決定

E.細胞形質転換,あるいは他のウイルス表現が共同発癌性の要因を要求するかどうかの判断

STEP1.2 ウイルス,ウイルスの抗原およびウイルスの解決した抗原への特殊なホスト,免疫反応の検知,及び計量に対する敏感な生体外,生体内の試験を開発し,またその改善。

STEP1.3 生物学の代理人,化学の代理人,及び物理的な代理人とウイルス発癌性の相互作用を定義し,量を計測する方法の開発

STEP2.1 完全な特性記述

A.生化学
B.生物物理学
C.免疫学

STEP2.2ウイルスの抗原,及びウイルスの解決した抗原など,生化学,生物物理学,免疫学的側面からのウイルスの特徴ずけの方法と開発

決定ポイント(黒枠)

コントロールすべき免疫学,生化学のアプローチの選択

基準

1.ウイルス,ウイルスゲノム,あるいはウイルスは抗原を解決させた,あるいは特定の抗体,一貫して定義された対照群と比較している場合,著しくより高いレベルに特定の新生物は関係している

2.候補ウイルスは,あるいは抗原は,大規模な生産(製造)を許可するために充分な安定性を実証した

3.抗原は動物(或いは人間の生体内のウイルスを中和する)の中の保護免疫反応を刺激する

4.ウイルス活動は,手段によって修正することができる。免疫学的に,削除あるいは,共同発癌性の要因のコントロール

1)2)と4)がイエスなら,PHASEⅣーAへ,1)がイエスで2)3)がノーの場合,ドロップ

決定ポイント

コントロールするべき,免疫学,生化学のアプローチの選択

基準

1.ウイルスの一貫した仲間は特定の新生物と備えた表現
2.定義された対照群に対するウイルスの表現についての重要な免疫学のホスト反応
3.免疫学以外である手段はウイルスの表現を修正することができる

PHASEⅢーB 新組織形成の維持とウイルスの特性

A.異なる新生物を備えたウイルス表現の組織としての決断

B.ホストが疾病状態と関連している,ウイルス表現に免疫学の反応性の証拠を示すかどうかの 決断

C.選別された動物類の中のウイルス表現への反応性の決定

D.細胞形質転換,或いは他のウイルス表現が発癌物質の原因かの決定

E.ウイルス遺伝子が,存在する場合には,その性質と固執を決定

F.核酸の点からウイルス遺伝子の特定の表現の決定

G.遺伝子活動の製品,および大規模生産の実現の可能性の決定
PHASEⅣーA 免疫のコントロール

STEP1. 免疫学的に相応しい(適した)コントロールの決定

A.能動免疫法の評価(達人注:この計画が出されてから,ワクチン,BCG接種により,多くの子供たちが影響を受けたと推察できる)
1.特定のワクチン
2.特定のBCG
B.受動免疫の方法の評価

1.血清
2.細胞(Cells)又は細胞の分散

STEP2.試薬の準備,及び測定する活動用、技術の標準のための研究施設の設置

A.安全性の特異性,清浄,および有効性の決定用の敏感な方法の開発

B.生産量の実現可能な数量の決定

STEP3.もっとも有効なプロトコールの決定

A.服用量摂生法の確立

B.決定するかどうか疾病状態の変更,あるいはウイルスの応答はレスポンスと関連させた

決定ポイント(黒枠)

臨床試験入門のための,統制手続きの有効性の確認

基準

1.入手可能な充分な材料
2.充分な臨床実験(達人注:人体実験)による安全の確立
3.抵抗力の保全は実証された
4.動物(達人注:ゴイム=獣=非ユダヤ人)による疾病のコントロール、ウイルス応答,また,組織培養によるコントロールは実証された

1)2)3)と4)がノーの場合,ドロップ

1)2)3)と4)がイエスの場合,次のステップへ

抑制措置(注:人口削減のことではないかと?)を評価するため臨床試験を計画し実行する。

PHASEⅣーB 生化学のコントロール

STEP1.生化学による最適な手段の決定

A.生化学の障害(変更)の本質の決定

1.核酸
2.プロテテイン
3.脂質
4.炭素水酸化物

B.特定の抑止的(秘密を守れる)な代理人、及び計測活動の開始

1.合成物のふるいわけのための生体外システムの開発
2.選択する,あるいは定義された自然,及び生化学の障害、特定の合成活動に基ずいた抑制する合成物の開発
3.培養された細胞の差異のコントロールの実証(あるいは,生体内で)
4.異なる動物モデルシステムの中の抑制する活動の調査

C.結果を評価し,完成させる代理人の選定

1.活動,毒性,及び選択性の観点からの代理人の定義
2.完成させるための,代理人のランクずけ

STEP2.試薬の準備,及び測定する活動のための技術研究施設と標準の確立

A.実現の可能性を決定する,あるいは,大規模生産(達人注:組織培養・不定胚による製造)のための生産工程

B.(ウイルスを生産する過程での)標準的な品質管理

1.代理人の守秘義務
2.標準的量の再生産
3.安定性

C.有効性の分析用の敏感な方法の開発と適用

1.生物学のシステム
2.活動の特異性
3.毒性の程度

STEP3.生化学コントロールの方法の評価

A.有効な生体内のレベルを維持するための管理と数のルート,服用量のサイズ,及び(超低)周波数の決定

B.確立している分析方法に,薬品を混ぜる定義された障害の有効活用

C.実現の可能性,有効性,及び安全性での臨床試験用のランクずけと服用摂生法

決定ポイント(黒枠)

臨床試験入門用のコントロール方法の有効性の確認

基準

1.充分な材料が入手可能なこと
2.予防,コントロール,障害の除去などは,すでに生体外の動物実験で実証された
3.疾病のコントロールは対照となったグループを,時間を超えて充分な期間維持される

1)2)3)と4)がノーならドロップ


  これらは1992年より実行段階に移されている。

この翻訳は管理人が2日徹夜して翻訳したものですがあるブログでリンクなしで載せているブロガーがいますのでご注意ねがいます。

http://310inkyo.jugem.jp/

当ブログは閉鎖しました、と隠居さんはいう。↑

これまでブログ続けてきて強く感じたことは、今のような悪人どもに好き勝手させる世の中にしてしまった一番の原因は、どんな確かな証拠を添えて何を訴えようとも、またどんな危機が迫っていようとも、他人任せで自分では何もしようとしないバカ国民どもにあるということ!

連中の手先になって洗脳目的の嘘報道しかしないマスゴミや一般政治ブロガーら以上にその責任が大きいと思うし、今後どんな世界になってしまおうと、それはそんなバカ国民どもの自己責任といえるでしょう。

当方サイトに頻繁に訪れて記事をたくさん読んでくれたりコメ等書いたりしてくれた人たちにせよ、その大半はただ見るだけで、あるいは身近の人たちにせいぜい愚痴こぼす程度で、それ以上のことは何もしようとしない。
自分は忙しくて時間がないからとかいう建前理由が最も多いけど、たとえて言えば、沈みかけてる船に乗っていて、自分は今何かしていて、脱出したり沈没を食い止める努力なんかしてる暇がないと言ってるのと同じこと。

そんな自分勝手なバカ国民どもにこれ以上何も言うこともありません。
すでに世界中の政府・指導者・マスゴミ等はやつらの支配下にあり、一般庶民たちが立ち上がらなければいずれ取り返しのつかない状況になってしまうのは確実です!
それでも何もせず好き勝手やって、いずれやってくる悲惨な時代を、またせいぜい愚痴こぼしながら奴隷として生きてくださいw

表向き自由・正義という名目をデッチアゲ、 嘘・洗脳・圧力・脅し・暴力(殺戮)でもって世界中を侵略・支配していってる史上最悪のテロ国家・利己主義国家・アメリカ!(もちろんアメリカという国家は単に表舞台に使ってるだけで、それを操ってるバックがあるわけですが)
日本の政治家などは政党問わず誰一人として、それに立ち向かったり真実を伝えたりしようという人間は居ず、単にやつらの言いなりに国民を騙し、米国のための政治をしてるだけ。
国会というのも米国意向で予め結論は決まっており、国民向けに与野党分かれてさも議論してるように見せかけた猿芝居に過ぎないことに気付け!
世界中の人民が一斉に立ち上がる以外、この流れを変えることはできません。
皆で声を挙げ、アメリカを打ち倒そう!(暴力でではない)
アメリカやイスラエルの製品は一切買わない。米国資本の入ってる企業の製品も買わない。就職なくても給料どんなによくても、そういう企業には勤めない、取引しない。アメリカの思惑には従わない。米国政府や国連(米国が私利私欲のために各国に圧力かけるための機関)、その言いなりになってる日本政府やマスゴミの言うことは信用しない、従わない。反対の声を挙げる。アメリカの侵略戦争に加担しない・・・
自民も民主も他のほとんどの政党も皆同じ穴の狢。政治家は与野党対立してるように見せかけてるだけのパフォーマンスということに気付き、選挙では、嘘八百の主張・公約等に騙されず、我々にできる唯一の抵抗(意思表示)手段である白紙投票をしよう!  目を覚まし、皆で声を挙げよう!
 
 
》記事一覧表示

新着順:3245/3592 《前のページ | 次のページ》
/3592