teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:347/3559 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

オーストリア学派とフランクフルト学派

 投稿者:Legacy of Ashes の管理人  投稿日:2016年 2月18日(木)11時19分26秒
  通報 返信・引用 編集済
  ユニクロは半値になった

http://www.globaleye-world.com/2016/02/411.html

高値から半値になった【ファーストリテイリング】株ですが、果たして30,000円の大台割れがあるのかどうか。そしていつまで【ファーストリテイリング】売りの【ソフトバンク】買いが続くのか。

その【ソフトバンク】ですが、5,000億円を投じて10%を超える自社株買いをすると発表し、これで株価が急騰しているものですが、負債が18兆円近くあり、手持ち現金が2兆円しかないにも拘わらずそこから5,000億円を投じて自社株買いをすることが果たして妥当かどうか、機関投資家の中には懐疑的に見ている向きもあり、果たしてこの株価引き上げ作戦が吉と出るか凶と出るかどちらでしょうか?

リーマン以上のドイツ銀行の危機

http://dankaida.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-d2c9.html

オーストリア学派の言っていること~出資金詐欺で日経平均を上げた理由

http://austrianeconomics.blog.fc2.com/blog-entry-497.html

オーストリア学派~ロン・ポールもそうだ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%AD%A6%E6%B4%BE

オーストリア学派は少数派

http://cruel.org/econthought/schools/austrian.html

一方フランクフルト学派で検索すると

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83t%83%89%83%93%83N%83t%83%8B%83g%8Aw%94h&inside=1&x=0&y=0

以下は隷従(農奴)への道~何やら大学院での講義のようになってしまいましたが

https://www.youtube.com/watch?time_continue=14&v=XyP1fdE1qxM

隷従への道ダイジェスト

http://www.liberalism.jp/index.php?Syoukai

隷従化といえばFRB

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1341&v=5IJeemTQ7Vk

OSSのメンターはフランクフルト学派

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/470.html

 フランクフルト学派は日本を破壊し、革命を導くというテロ的思想であり、これが日本の中枢に入り込み、教育やメディアを支配しています。このイデオロギーの洗礼をまともに浴びたのが団塊の世代です。現在が最高潮の時期となっており、現政権からもそれと匂う政策の話しが続々と出ていると思います。日本は今、非常に危険な状態にあると思います。

フランクフルト学派で検索してみると拙稿もありました

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPgoTEf8VWmgcAYG2JBtF7?p=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88%E5%AD%A6%E6%B4%BE&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

 OSSの極秘文書

http://megalodon.jp/2009-0127-1139-55/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/67.html

ハイエクと自由主義

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1078.html

「自由の理論のこの発展は主として十八世紀に起こった。それはイギリスとフランスの二カ国で始まった。
前者は自由を知っていたが、後者は知らなかった。その結果、我々は今日まで自由についての理論において二つの異なった伝統を受け継いでいる。すなわち、一方は経験的で非体系的、他方は思弁的で、合理的である。
-前者は自生的に成長してきたが、不完全にしか理解されなかった伝統と制度の解釈を基礎としており、
後者はユートピアの建設を目指すものであり、しばしば実験されてきたが、いまだかって成功していない。」

F.A.ハイエク『自由の条件』(1960年)より

ユートピアの建設の関連記事~思いつくままに その7

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1115.html

『ユートピアの表面的なゴールは人類に世界的な幸福を与えるというものである。しかし,彼らの裏に潜んだ意図は世界民衆の(マインド)コントロールを段階的に増して行くということでもある。19世紀に大英帝国とドイツは主要なイルミナティのコントロール地域であった。行動科学研究(Behavioral Science Research)は1882年にイギリスで設立された。しかし,マインドコントロールに関わる,最初の科学,精神科学技術はドイツのカイザル・ウイリヘルム研究所で開発された。Human Relationsのタビストック研究所は1921年にロンドンに設立された。人間のBreaking Pointの研究のために(注:人間がある限度を超えると正常な精神状態を保つことが出来なくなるポイント)。1932年,ドイツの精神ツ学者クルト・レウインがタビストック研究所の取締役となった。イギリスとドイツは壷の中の二つの豆のようにマインドコントロールを分け合った。彼らの兄弟団は(アドルフ・シュタイナー<ドイツとウイン・ウエスコット<英国を軸とする)黄金の夜明け結社(Order of Golden Dawn)と黄金の曙ヘルメス教団を通してこれらの二つの団を結合わせた。この秘密結社は多くのナチス党員とイギリス貴族社会を構成した』

表面的なゴールの裏には誰がいるのか?



ハイエク隷従(農奴)への道

http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/haieku.html



1/5以降は右のリンク



その2は右のリンク

「個人主義」と「集産主義」 ~ ハイエク『隷従への道』読解の手引き

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1057.html

ついでに~世界の国債残高が急増

http://jp.reuters.com/article/angle-negative-bond-yields-idJPKCN0VJ0GD?rpc=188

シオン長老の議定書にも国債が出てきます

http://kakokijiyou.seesaa.net/article/57939254.html

世界を操る陰の存在

http://kakokijiyou.seesaa.net/article/57939260.html

素晴らしい新世界

http://kakokijiyou.seesaa.net/article/57939259.html

プロトコールをどう読むか

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/purotokoru.html

『人間は多く集まれば集まるほど単純化 されていくものらしい。 これはヒットラ ーが単純化したスローガンで成功を治めた事でも証明されるだろう。とにかく一度読んで見る事で ある。 この文書をこんなに自由に読む事の出来る国もそう残されていないのだから』

管理人注: 集団化~単純化~ナチ化 こんな単純な構図
 
 
》記事一覧表示

新着順:347/3559 《前のページ | 次のページ》
/3559