teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:356/3577 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

狂人国家の成れの果て

 投稿者:Legacy of Ashes no  投稿日:2016年 2月24日(水)13時01分7秒
  通報 返信・引用 編集済
  集団ストーカーの実体

http://doctorfish3.blog25.fc2.com/

関連投稿記事

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3550

管理人さんにとっては、ご存知の内容かもしれませんが、一人でも多くの方に読んでいただきたいと思い、電磁波攻撃に関するいくつかの記事のリンクを貼らせていただきます(『気まぐれです。』というサイトとは関係のないものもあります)。

・「ケムトレイルの目的のひとつに人類の完全支配のためにBioAPIを散布しインストールすることがある」
 http://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12103128665.html

管理人注:私がエイズを造った

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RgBcwMyc1W1xIAzR2JBtF7?p=http%3A%2F%2Fyoutu.be%2FHgiMqgjS-zM&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

エイズの特許番号は

https://danieltowsey.wordpress.com/category/us-patents-for-hiv-aids-1984-and-the-patent-for-the-cure-1997/

・「大衆マインドコントロール」
 http://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12103076462.html

・「故 ラウニ・リーナ・キルデ博士の講演からの抜粋」
  http://blogs.yahoo.co.jp/hazardmiraikey/46180563.html

・故 ラウニ・キルデ博士「マイクロチップ、インプラント、マインド・コントロール、そしてサイバネティクス」
 http://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12102986651.html

・「脳支配技術について取り上げたアメリカのTV番組の日本語訳(1),(2)」
 http://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12114436647.html
 http://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12114489233.html

・スウェーデンの Electronic Harassment 被害者マグナス・オルソン氏「ナノ脳インプラントの勝手な人体実験と人工知能の開発」
 http://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12103006967.html

・「遠隔影響兵器による精神的肉体的健康への影響を懸念しているカナダ人医師」
 http://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12103057146.html

・「警察国家 指向性エネルギー兵器による『非国民』への拷問」
 http://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12103041614.html

・「米海軍施設での銃乱射事件と『マインドコントロール』」
 http://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12103061396.html

・精神侵略技術を考慮した新しい精神病の診断基準の必要性について(イギリスの精神分析医、キャロル・スミス氏の論文)
 http://www5f.biglobe.ne.jp/terre/JPSS_gothic.htm

・5年くらい前の(生命倫理問題についての)アメリカの大統領諮問委員会で電磁波拷問・人体実験の問題が取り上げられ、アメリカの多数の被害者が被害を訴えた
 http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech18.html

・かつて電磁波拷問・人体実験をやっていた元諜報員が、引退後、今度は自分が電磁波拷問・人体実験、集ストをやられる側になってしまったという事案
 http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech25.html

・元FBI高官の「集団ストーカー」についての意見
 http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/kathudou/
gijutsushiryou/tech30_fbi.pdf


管理人注:元FBI長官ケムトレイル発言で暗殺か

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2611

・電磁波技術を使った大規模な人体実験プログラムMK-ULTRAの犠牲者の証言(動画)
 http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/kathudou/
gijutsushiryou/tech16_mkultra/tech16.html


・電磁波の危険性についての、元MI5の科学者バリー・トラウアー博士の証言
 http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech24.html

・テクノロジー犯罪被害ネットワークHPの、電磁波を使った拷問・人体実験についての海外のいろいろな技術資料
 http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech.html

https://www.youtube.com/watch?v=5kY2IRSdsfA

元公明党委員長矢野氏による発言~管理人は氏が出版された印刷物はすべて読んでいます

https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=-tuDHHmjwHE

COINTELPRO



https://www.youtube.com/watch?v=BFWh_jctYgs

亀井議員が公明党をフルボッコ

国家は大量監視を止めよ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/715.html

関連記事

http://aimurangel.blog.fc2.com/blog-entry-620.html

スノーデン元職員、「任務は完了」 米紙とのインタビューで

http://www.cnn.co.jp/tech/35041861.html?tag=cbox;tech

2013.12.25 Wed posted at 09:50 JST
CNN) 米政府の情報収集活動を暴露し、現在ロシアに滞在中の米国家安全保障局(NSA)の元契約職員(30)が米紙ワシントン・ポストとのインタビューで現在の心境を語った。

スノーデン元職員が6月にロシアに到着してから、報道陣と直接会ってインタビューに応じたのはこれが初めて。聞き手となった同紙のバートン・ゲルマン記者は、元職員が今年の春、最初に情報提供を持ち掛けた相手の1人だ。

ゲルマン記者らの記事を通してNSAの盗聴活動などが明るみに出た結果、米国内外で激しい議論が巻き起こった。その経緯を振り返ったインタビューの中から、5つのポイントを紹介する。

1.任務は「すでに完了」

スノーデン元職員は「個人的な満足感という意味で、私の任務はもう完了している。すでに私の勝ちだ」と宣言。「報道陣が動き始めた途端に、私がやりたかったことの正当性は立証された。私は社会を変えたかったのではなく、社会が変わるべきどうか、社会自体が決める機会を与えたかったのだ」と説明した。

さらに「私が目指したのはただひとつ、一般市民がどのように統治されるかについて市民自身が意見を言えるという、長年忘れられていた目標だ」と語った。

2.「室内飼いの猫」の生活

ゲルマン記者によると、モスクワ市内でのインタビューは14時間以上に及んだ。スノーデン元職員はその間カーテンを開けることも、外へ出ることもなかった。

自分の生活を「室内飼いの猫のよう」と表現し、酒も飲まずにラーメンとスナック菓子を食べて暮らしていると話した。「外出する気になれないし、その必要もない。何かを見に行く、人に会う、用事をこなすといった目的がある時以外は、家の中で座ったり考えたり書いたり話したりしているほうが有意義だ」と語った。

インターネットは常に利用し、ジャーナリストや弁護士と毎日連絡を取っている。差し入れの本は読まず、ネットから情報を入手している。

ゲルマン記者によれば、ロシア当局にどの程度監視されているのかは不明。随行者などの姿はなかったという。

3.暴露の前に警告した

スノーデン元職員は暴露劇の直前まで、NSAの契約職員としてハワイの作戦本部に勤務していた。周囲にはNSAの活動に疑念を抱く同僚や上司もいて、米国市民が監視対象になっていることを知るとだれもが驚いた。「それ以上聞きたくない」と不快感を示す人もいたという。

NSA側は同紙の取材に対し、「スノーデン氏が問題を指摘していたとの主張を裏付ける証拠は見つからなかった」とコメントしている。

4.監督者が自分を選んだ

「自分にはNSAの活動を暴露する権利がある」と感じた理由を問われ、スノーデン元職員は米政府が自身を選んだと主張。NSAを監督する立場にある上院情報特別委員会のファインスタイン委員長と、下院情報特別委員会のロジャース委員長の名前を挙げた。両氏とも元職員の暴露行為を非難しているが、「彼らが私を名指ししたわけではない。しかし私を含めたその場の全員が同じ能力を持っていて、だれもやろうとしないなら、だれかが率先してやるしかない」と話した。

元職員はまた、NSAを倒そうとしたのではなく、改善することが目的だったと強調し、「私は今もまさにNSAのために働いている。それを認識していないのはNSAだけだ」と述べた。

5.個人攻撃には動じない

元職員は情報を暴露した当初から、問題はNSAの監視活動であり、自身が話題の中心になるべきではないと主張してきた。ゲルマン記者とのインタビューでもこの立場を繰り返し、「何を言われても構わない。主役はNSAであって私ではない」と力説した。

ただ、ロシアや中国とのつながりを疑う説については「米国以外の国に仕えているという裏付けはまったくない」「ロシア政府との間になんの協定もない」と強く否定し、「あえて亡命と言うなら、私は政府から離反して市民側へ亡命したのだ」と述べた。

http://rt.com/news/snowden-christmas-alternative-tv-745/

NSA whistleblower Edward Snowden has delivered his ‘Alternative Christmas Message’ via a British TV channel. The whistleblower called for an end to mass spying by governments, stating that a child born today will have "no conception of privacy."

米英による極秘の情報収集活動を暴露した米中央情報局(CIA)のスノーデン元職員が、イギリスのテレビ番組で「現代に生まれた子どもは、プライバシーの意味を全く分からずに育ってしまうだろう」と警鐘を鳴らした。クリスマスのメッセージ」として25日に放映された。

スノーデン氏「国家は大量監視やめよ」 英テレビで訴え
ロンドン=伊東和貴】米英による極秘の情報収集活動を暴露した米中央情報局(CIA)のスノーデン元職員が、英テレビ局チャンネル4のインタビューに応じ、国家による監視活動の中止を訴えた。「クリスマスのメッセージ」として25日に放映された。
同局がウェブサイトで公表した映像によると、スノーデン氏は、現代の監視社会は、英作家ジョージ・オーウェルが近未来小説「1984年」で描いた内容とは「比較にならないほど(高度だ)」と指摘。「現代に生まれた子どもは、プライバシーの意味を全く分からずに育ってしまうだろう」と警鐘を鳴らした。
その上で、「私たちが力を合わせれば、国家に大量監視をやめさせることができる。国民の考えていることを本当に知りたければ、スパイ行為ではなく、国民に尋ねればいいということを政府に思い起こさせることができる」と述べた

日本中の通信はすべて傍受可能~NSAの実力

彼が働いていたと思われる米軍三沢基地には、「ゾウのおり」(手前)や「ゴルフボール」(奥)と呼ばれる通信傍受施設がある (Getty Images)~画像は下

http://dot.asahi.com/news/domestic/2013070300042.html

管理人注:日本が標的になっているのに三沢基地は思いやり予算が組まれている~日本政府の幼稚さは枚挙に暇がない。これを正気の狂人国家と呼ぶ

http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/387.html

アメリカ政府が個人情報や他国の通信情報を収集していたと元CIA局員が告発し、世界を騒がせている。この元局員、エドワード・スノーデン氏(30)は、CIAに勤務後、民間企業契約社員として国家安全保障局(NSA)のシステム管理に携わっていた技術者で、日本を含むアジアの諜報活動にもかかわっていたとみられる。彼が持ち出したデータには、対日本の傍受記録が含まれている可能性が高いのだ。軍事ジャーナリスト黒井文太郎が取材した。

*  *  *
 NSAは日本のほぼあらゆる通信を傍受できるシステムを、すでに構築している。たとえば、在日米軍の青森県三沢基地には、NSAが統括する非常に大規模な電波傍受施設がある。ここはロシアや北朝鮮などの軍事通信の傍受が主任務ではあるが、それだけでなく、民間の衛星通信も傍受できる。NSAは、日本からの衛星通信を容易に捕捉する力があるのだ。

 また、現在の国際通信とインターネットは海底光ファイバー・ケーブルを経由するが、その主要幹線はほとんどアメリカを経由しており、NSAはそれらに直接アクセスできる。さらに、海底のケーブルに傍受機材を取り付ける専用の米海軍攻撃型原子力潜水艦もある。こうしてNSAは、日本からの国際通信をほとんど傍受できる。また、インターネットはアメリカを経由するのが草創期からの基本構造なので、日本からネット上を往来するトラフィックもほぼ監視できる。

 さらに、日本国内の携帯電話も、ある程度はキャッチできる。米軍は宇宙空間の静止軌道上に、巨大なアンテナを広げて地上から漏れてくる電波を傍受する監視衛星を運用しているが、そのなかには微弱な携帯電話通信の電波を傍受できるものがある。

 また、東京・赤坂の在日アメリカ大使館にも、NSAの通信傍受施設がある。もともとは東京に集中する長距離通信のマイクロ波をキャッチしていたようだが、現在ではおそらく首都を飛び交う携帯電話の電波を傍受している。

 このように、NSAは日本国内の各種通信をほぼ根こそぎ傍受し、そのデータをファイルできるハードウエアを保有している。あとはどこまで実行するかというだけの問題だが、1995年の日米自動車交渉に際して、CIAの依頼によって通産省官僚と自動車メーカー幹部の通話を傍受していたことが米紙で報じられたことがある。この前歴から考えれば、今後、TPP交渉に関して盗聴行為を行う可能性は否定できない。

 そこで注目されるのは、やはり今回、スノーデンがNSAから持ち出した機密情報の中身だろう。

 彼は少なくとも今年2月から5月にかけて、ハワイのNSAクニア地域シギント作戦センターで、システム管理者として勤務していた。この施設は、NSAが世界中で行っている通信傍受工作を地域別に指揮する主要拠点3カ所のひとつで、アジア全体での活動を統括している。つまりスノーデンは、NSAのアジア全域での活動に関する資料を持ち出している可能性が高いのだ。彼はすでにNSAによる対中国ハッキング工作を暴露したが、おそらく対日活動に関する情報も持っているものと思われる。

 また、彼は在日米軍のNSA施設で勤務したこともあると語っている。三沢基地のことと考えられるが、そうであれば、そこでの衛星通信傍受の実態も熟知しているはずである。

 スノーデンは現在、ウィキリークスとの関係を深めているが、彼が機密資料の大量公開に踏み切ったとき、アメリカ諜報機関による日本監視の全貌が暴かれることになるだろう。

※週刊朝日 2013年7月12日号

全世界の盗聴システムを暴露しようか

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/550.html

世界的監視システムを暴露する~前編

http://kakokijiyou.seesaa.net/article/57939295.html

世界的監視システムを暴露する~後編

http://kakokijiyou.seesaa.net/article/57939296.html

電子ハラスメント その1

http://kakokijiyou.seesaa.net/article/57939054.html

電子ハラスメント その2

http://kakokijiyou.seesaa.net/article/57939055.html

誰かが聞いている

http://web.archive.org/web/20071216113629/http://
www.infovlad.net/underground/asia/japan/dossier/echelon/echelon-dc.html


フォート・ミードの赤い糸

http://web.archive.org/web/20071227021713/
http://www.infovlad.net/underground/asia/japan/dossier/
echelon/echelon_oddtwistoffate.html


管理人注:フォート・ミードは地名です

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dP52czW81WKQsAWdyJBtF7?p=
%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%89&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=


監視の国アメリカ

http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/7540/b67.html

電磁波兵器で検索すると

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dP52tVYc1WL0oAiI2JBtF7?p=%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E5%85%B5%E5%99%A8&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

サイバーテロに使われる電磁パルス発生装置

http://repmart.jp/blog/military-terms/sound-of-weapons/

スマートメーターは危険だよ

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-14392.html

おまけータイ語はパ行とカ行が中心



タイ語はアルタイ語の一種で蒙古語トルコ語ツングース語などと同様に助詞がありませんから単語さえ覚えれば会話ができます。私は明日日本へ行きますは~ポム・プルングニー・パイ・イプン。私明日行く日本になるわけです。

ちなみにタイで有名な詩があります

雨季には魚が蟻を食べ 乾季には蟻が魚を食べる

これをタイ語では

ナーム マー プラー キン モット

ナーム ロット モット キン プラー

水 来る 魚 食べる 蟻

水 引く 蟻 食べる 魚

とこんな具合です。タイ語の発音はだいたいできてもイントネーションは母親がタイ人でないと無理です。


 
 
》記事一覧表示

新着順:356/3577 《前のページ | 次のページ》
/3577