teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:328/3558 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ケムトレイル

 投稿者:Legacy of Ashes の管理人  投稿日:2016年 3月 6日(日)11時20分1秒
  通報 返信・引用 編集済
 


ケムトレイルによる人口選別削減!~政府系科学者の内部告発 リンクも参照

http://blog.goo.ne.jp/arai647/e/1e37dbcff1a766df8bb15a8106a4f208





テクノロジー犯罪被害者ネットワーク

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/513.html

10さん、是非、戦った先人の事を見て頂きたいです。
こちらの映画(学会関連とはまた違う)、レンタルもありますし見て頂けるでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC-DVD-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3/dp/B00005HTVA/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=dvd&qid=1270731044&sr=1-2
企業で内部告発を行い歴史を変えた実在人物の話です。


昔ナチスドイツは北フランスの斜面に超長距離砲を作りロンドンに大量の砲弾を打ち込もうとしていました。↓このリンクの第1章です。
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha650.html
それを占領下のフランスのレジスタンスが、命がけで破壊したのです。
もし破壊しなかったら、どうなっていたでしょうか。

今、創価学会の暴走を止めなかったら、世の中はどうなってしまうのでしょうか。

たまたま「チェシャ猫」で検索してみたら.....

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83%60%83F%83V%83%83%94L&inside=1&x=0&y=0

早稲田慶応こんな入試問題でいいのですか?

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46205

中国企業倒産ラッシュ

http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/151205/wor15120520200023-n1.html

中国で企業の大量倒産が発生している。かつては「世界の工場」と呼ばれた工業地帯の珠江(しゅこう)デルタでも、主要な一都市だけでこの1年で4000件もの企業が倒産したというのだ。国有企業を含む大企業の社債でも債務不履行(デフォルト)や利払いが遅れるケースが目立つ。人民元が国際通貨基金(IMF)の主要銘柄に選ばれたと喜ぶ中国だが、こうした破綻ラッシュは実体経済悪化の深刻ぶりを示しているようだ。

 広東省の珠江デルタは、広州と香港、マカオを結ぶ三角地帯を中心とする地域を指す。中心都市の一つ、東莞(とうかん)市は1980年代以降にパソコンや家電製品、日用品などの工場が集積、外資系のメーカーも数多く進出した。出稼ぎ労働者相手の風俗が栄えたことから「性都」との異名も取った。

 中国の毎日経済新聞のニュースサイト「毎経網」など地元メディアは、その東莞では1年間に電子製品など製造業を中心に少なくとも4000社の企業が倒産したと報じた。これは2008年のリーマン・ショック時以来2度目の倒産ラッシュだという。

 報道によると、東莞では欧州の通信機器大手ノキアが4月に工場を閉鎖。労働コストの上昇もあって中国の内陸部や東南アジア、インド、アフリカなどへの工場移転も相次ぎ、空洞化が進んでいる。相次ぐ倒産について東莞市の市長は「市場経済の一部であり、製造業全体の危機ではない」と強調したという。

珠江デルタなどの倒産ラッシュについて、第一生命経済研究所主席エコノミストの西濱徹氏は、「報道は相次いでいるが、中国の場合、なかなか実情はわかりにくい。ただ、過剰生産などの影響が表面化しているとも考えられる」とみる。

 中国では、旺盛な投資が経済成長の牽引(けんいん)役となってきたが、成長鈍化に伴って生産能力の過剰さが問題になっている。労働者の賃金上昇もあって、生産拠点の国外流出が加速しているのが実情だ。

 経営が行き詰まっているのは珠江デルタの企業だけではない。11月中旬には、年産1000億トンの巨大鉄鋼メーカー、唐山松汀鋼鉄公司が、資金難を理由に生産停止を発表。四川省に本社を置く銑鉄メーカー、四川聖達集団は、社債の期限前償還に応じられない可能性があると明らかにした。

 また、国有企業の雲南煤化工集団とグループ企業は、10月末時点で13億1000万元(約252億円)の延滞債務を抱えていると公表した。

 米経済メディアのブルームバーグは「警戒すべき中国の5つの社債」と題した記事を報じた。それによると、化学メーカーの翔鷺石化、鶏肉加工会社の福建聖農発展、スズ精練世界最大手の雲南錫業集団、ソーセージメーカーの南京雨潤食品、そして国有企業傘下の石炭会社、中煤集団山西華●(=日の下に立)能源という有名企業5社が年末から来年前半にかけて迎える社債の返済期限で支払いができるのか警戒されているという。

従来は国有企業はもちろん、民間企業でもデフォルト寸前で支援が入ることが多かったが、ここにきてデフォルトが増えている。

 前出の西濱氏は「国有企業改革の流れという面もある。金融システムにリスクを与えないような企業を選んで、自浄作用をアピールする狙いもうかがえる」と分析する。

 中国国家統計局と中国物流購買連合会が公表した11月の景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)は49・6と前月から悪化、好不況の判断の節目である50を4カ月連続で割り込んだ。

 中国経済は製造業主体からサービス主体に移行しつつあるため安定成長が続くとの見方もあるが、英調査会社マークイットによるサービス部門のPMIは51・2と10月から低下している。

 「不動産市況が二極化していることが問題だ。深●(=土へんに川)や上海は戻してきているが、地方都市は下げ止まっておらず、サービス業全体の足かせとなっている。日本のバブル崩壊後の不良債権問題のように法律的な枠組みを作って処理する必要があるが、市場の混乱を防ぎつつ、政府の手ではなく市場メカニズムを使うという難しいかじ取りを迫られている」と西濱氏。習近平政権はこの難題を解決できるのか。

ゾンビ企業整理で600万人失業の恐れ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160306-00000047-san-cn

【北京=河崎真澄】習近平政権が初めて独自策定し5日開幕の全国人民代表大会(全人代)で発表した、中国の新たな中期経済政策「第13次5カ年計画(2016~20年)」は、年平均6・5%以上の安定成長を続けながら、国有企業の統廃合や人員整理など、痛みの伴う構造改革も断行するという「新常態(ニューノーマル)」入りを内外に改めて宣言した。

 李克強首相は5日の開幕式に約2時間かけて読み上げた「政府活動報告」の中で、「改革」というキーワードを70回近く使った。

 構造改革の過程では、石炭や鉄鋼など、過剰な生産や在庫の重圧で赤字続きにもかかわらず生き延びている「ゾンビ企業」で600万人もの失業者が出ることが予想される。失業対策など社会保障が後手に回れば抗議デモが頻発、社会不安が増大する懸念がある。

 ただ、改革を先送りすれば経済失速という決定的な事態を招きかねない。中国共産党は、20年を目標年度として国内総生産と国民平均所得の「倍増計画」を打ち出している。21年に成立100年を迎える党の威信がかかるが、公約を果たさねば習政権の「正統性」まで問われる恐れもある。

 しかし、構造改革で最大のヤマ場となる国有企業のリストラ策が、北京の中央政府からの命令ひとつで順調に進むとはかぎらない。

 鉄鋼、石炭、ガラス、セメント、アルミニウムの5業種が「ゾンビ企業」の代表格。工場閉鎖などリストラ計画をまとめる中で、地元の国有企業が標的になると、資金を支援しあっている周辺地場企業も共倒れになるとの懸念があり、地方政府は早くも及び腰だ。

 解雇などで生じる大量の失業者への社会保障が後手に回ると、真っ先に不満がぶつけられる先は地方政府だ。構造改革の痛みに耐えるどころか、社会不安が一気に広がる懸念もある。

 これに対し、財政省の予算案では、「過剰生産能力の解消に全ての責任を中央政府が負う」として、16年は500億元(約8750億円)を計上した。構造改革の痛みをめぐって、「新常態」で攻めの姿勢の中央政府と“旧態依然”で抵抗する地方政府の対立が表面化する場面も予想される。

 李氏は、「(途上国から先進国に脱皮する前に成長が足踏み状態となる)『中所得国のわな』を克服する重要な5年間だ」と指摘した。周辺国へのインフラ輸出や国内の個人消費拡大が次なる成長戦略だが、「わな」に陥らない保証はなく、前途は多難だ

おまけ~最も普及している現代の洗脳テク10種

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-14492.html

*これらに対する用心がとても大事ですが、それを認識している人は少数派でしょうね・・・
・日本人の国民性にも問題が有るので、それを認識したうえで強固な意志を持っていないと難しいニャー!
・幕末に英国公使パークスは、「外交官アーネスト・サトウを使って日本の被差別部落を調査させている」というのがあります....

欧米から見た日本その1でアーネスト・サトウはこう言っている。『日本の下層階級は支配されることを大いに好み、権能をもって臨む者には相手がだれであろうと容易に服従する。ことにその背後に武力がありそうに思われる場合は、それが著しいのである。伊藤には、英語が話せるという大きな利点があった。これは、当時の日本人、ことに政治運動に関係している人間の場合にはきわめてまれにしか見られなかった教養であった。もしも両刀階級の者をこの日本から追い払うことができたら、この国の人民には服従の習慣があるのであるから、外国人でも日本の統治はさして困難ではなかったろう。』と。見透かされていたのである。
angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/929.html

一国の国を洗脳する方法

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11772594985.html

ぬかを活用した食

http://moneyzine.jp/article/detail/214366

思いついたままなので整合性はありません~あしからず

 
 
》記事一覧表示

新着順:328/3558 《前のページ | 次のページ》
/3558