teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:285/3524 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

寡頭制とシオニズム

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年 3月18日(金)16時47分16秒
  通報 返信・引用 編集済
   関連記事:一番の武器は知ること

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1156.html



https://www.youtube.com/watch?v=RA46lyPMvA8



ビデオ その2~https://www.youtube.com/watch?v=aXvOcJPyYco



ビデオ その3~https://www.youtube.com/watch?v=4SAIfbZEStM



ビデオ その4~https://www.youtube.com/watch?v=b8iNzTfJm-o



ビデオ その5~https://www.youtube.com/watch?v=R-ZSyXBfSM4



ビデオ その6~https://www.youtube.com/watch?v=jvO-q1Xw8Uc

管理人注:ユダヤ人自体を憎んでいる~とは一体どういう意味か?以下の記事を読むといいだろう

ヘルツルの日記 その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/937.html

ヘルツルの日記 その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/938.html

偽イスラエル政治神話を読む

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/936.html



内容(「BOOK」データベースより)

聖書時代から現代まで、世界の常識を根底から覆す歴史的大作。

著者について

シュロモー・サンド
1948年にオーストリアのリンツで生まれた。
両親のイスラエル移住にともない、イスラエルで長じ、教育を受けた。
テレアビブ大学ではじめた歴史の高等教育をパリの社会科学高等研究所で終えた。
1983年に同研究所でジョルジョ・ソレルの思想に関する博士論文を仕上げ、これはただちに出版された
(『政治過程の幻想』、パリ、La decouverte、1984)。
1984年以降、テレアビブ大学で現代ヨーロッパ史を教える。
専門領域は近代社会における知識人の思想および地位、歴史と映画の関係、さらに
ナシオンの結晶化過程におけるナシオン観念の存在に及ぶ。
これらのテーマにつき、フランス語・英語。ヘブライ語で多数の著書と論文を発表した。
著書『スクリーンに見る20世紀』は2004年にパリのスイユ社から刊行された。
第二作『言葉と土地――イスラエルの知識人』は、2006年に同じくパリのフェイヤー社から発表された。
同じ出版社から2008年に刊行されたのは本書の原著であり、イスラエルでベストセラーとなった
『ユダヤ人はどのようにしてつくりだされたか――聖書からシオニズムまで』である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

サンド,シュロモー
1948年にオーストリアのリンツで生まれた。両親のイスラエル移住にともない、イスラエルで長じ、教育を受けた。テルアビブ大学ではじめた歴史の高等教育をパリの社会科学高等研究所で終えた。1983年に同研究所でジョルジュ・ソレルの思想に関する博士論文を仕上げ、これはただちに出版された(『政治過程の幻想』、パリ、La decouverte、1984)。1984年以降、テルアビブ大学で現代ヨーロッパ史を教える。専門領域は近代社会における知識人の思想および地位、歴史と映画の関係、さらにナシオンの結晶化過程におけるナシオン観念の存在に及ぶ。これらのテーマにつき、フランス語・英語・ヘブライ語で多数の著書と論文を発表した

高橋/武智
1957年東京大学文学部仏文科卒。同大学院で18世紀フランスの啓蒙文学・思想を専攻。1965~67年、フランス政府給費留学生として、パリ大学(ソルボンヌ)に留学。大学闘争さなかの1970年に、立教大学助教授を依願退職

佐々木/康之
1935年生まれ。元立命館大学文学部教授、フランス語担当

木村/高子
仏語・英語翻訳家。フランス国ストラスブール大学歴史学部卒業。早稲田大学大学院文学研究科考古学専攻修士課程修了。現在、スロベニア在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連記事:イスラエルという土地の発明

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3244

『2月02、2013 "エレクトロニック?インティファーダ" - ロンドン - シュロモ?サンドは、テルアビブ大学で歴史学の教授である。 彼のカリスマ的な、??読みやすいスタイルは、彼の前の本ユダヤ人の発明では明白であった、の英語版は2009でかなり論争を蹴った。 単独のタイトルが衝撃設計に見えた。

しかし、実際にサンドはかなり陳腐な自明の理を主張しなかった:統一された、国家のようなものが存在しないグローバル化した宗教的なコミュニティとして(第4世紀のキリスト教のパワーに上昇する前に布教活動のために)がある代わりに、 "ユダヤ人の人々が。"世界中の異なる複数のユダヤ人のコミュニティ。

イエメンからのユダヤ人は、フランス、ロシアやポーランドからのユダヤ人と共通の基準のない独特の世俗的なポイントを持っていないだろう。 例えば:19th世紀末から改革シオニスト前、ヘブライ語は純粋典礼言語だった。 様々な国からのユダヤ人は、当然現地の言語で話した。

その本は、それがシオニストの歴史学でカーペットの下に掃引くらいの、ユダヤ人の歴史の世紀を通じて、魅力的な旅だった。 サンドの新しい本、イスラエル共和国の土地の発明は、シオニズムに中心的な考えの性質に着目し、基本的に直接の続編です: "イスラエルの地" - ヘブライエレツイスラエル。

砂はイスラエルで、 "外国の本のヘブライ語版で、単語 'パレスチナ'が系統的に言葉エレツイスラエルに置き換えられていることを説明し...場合でもこのようなテオドール?ヘルツル、マックスノルダウビーチ、BERを計算Borochovやなどの重要なシオニストの数字の著作他の多くの[また 'パレスチナ'中古】...ヘブライ語 "(23)に変換されます。

聖なる土地や故郷?

ヘブライ語聖書(旧約聖書としてキリスト教徒に知られている)、パレスチナの土地(ヨルダン川と地中海の間)にほぼ相当する地域で、主に "カナンの地"と呼ばれていますエリア "を務めたことがない'イスラエルの子、'のため、この理由のために祖国は、とりわけ、それらは次のようにそれを参照することはありません 'イスラエル共和国の土地。 ""ほとんどのイスラエル人は、砂が主張し、用語がで発見されていないことに気づいていない広い地理的領域(86)の "その包括的な意味での"ヘブライ語聖書。

その後、ユダヤ人の宗教的な法律ではなく、砂が説明する、この "聖地"ではなく "祖国"(102)であった。 "機能用語"イスラエル共和国の土地 'のデビューない " ほとんどのユダヤ人はそこに住むことを求めなかった。 アレクサンドリアのフィロ、最初の世紀のユダヤ人哲学者は、エジプトに住んでいた - パレスチナのすぐ隣。 両地域は、ローマの支配下にあったので、彼は、エルサレムに移動したかもしれない - しかし、その代わりに、ほとんどの人々のように、彼は彼の元の故郷(96)に住んでいて、死ぬことを選んだ。

さらにこのエレツイスラエルは、伝統的に敬虔が正に(183)そこに移動するために禁止されていたので、聖なるであることが主流のユダヤ教であると考えられた。 さえ巡礼はまれ、と後で現象だった。 年134と1099間、エルサレム(123) "我々は聖地への巡礼をするラビのユダヤ教の信者でない試みを知っている"。

これとは対照的に "。ユダヤ人の人々が...祈り、彼らの復帰を期待するために決して消滅"と主張している独立1948イスラエルの宣言とは対照的に、このすべてのスタンド "神話は、"砂は書いている: "最も世界のユダヤ人の...彼らの土地としてパレスチナを考えていなかった...彼らは "(175) '彼らの古代の祖国で自分自身を再確立するために、すべての連続した??世代では'努力していませんでした。

エヴァーシフト国境

タルムードから用語 "イスラエルの地 'を借りた"和解シオニズム、過度にそれはユダヤ人の法律によって割り当てられていた...だけエーカーからアシュケロンに至る国境に満足していなかった...として機能するように十分に連続していない[それがあった]国家の祖国は、 "砂(214)を主張している。

この日までに宣言されていない何か - 彼はそれからシオニストにますますシフトの定義は、その "イスラエルの地"である場所を正確に考えるの歴史を見直します。

初期のシオニストは、現代イラクで "大きな川、ユーフラテス川に至るエジプトの川から、この土地、"神話の家長アブラムの子供を与えることを創世記の本の中で、神の約束を描きました。

1897、最初のシオニスト大会と同じ年に、イスラエルBelkindは( "最初の実用的なシオニスト")マップを描いた: "'ジョーダンは、2つの異なるセクションで、イスラエルの土地を分割し、'そのアセスメントその後で採択されたBelkindをアサート期間の最も[シオニスト]入植 "(216)。

イスラエルデイビッドベングリオンの将来の最初の首相では、これらの境界線が "タルムード戒めの境界線があまりにも狭かったが、あまりにも広大かつ理不尽だった。" 1918では、彼が取る彼自身を与えた: "北で - リタニ川、ツロとシドンとの間に[レバノン] ...東で - シリア砂漠。 イスラエル共和国の土地の東の境界は正確に画定されるべきではない...土地の東境界線が東方に流用され、イスラエルの土地の面積は(217) "を展開します。

何のための独立宣言(233)で言及されていない新しい状態の境界線があっていない。

焼夷弾

ベングリオンは、後でこの概念を縮小したが、イーガルアロンとしても、主流の労働シオニストの図は、まだ時々1979(237)と同じくらい遅い "イスラエルの西部土地"として、歴史的なパレスチナの全体を参照することになります。

19世紀の英国の帝国主義のプロテスタントにおけるキリスト教シオニズムの起源に輝かしい章もあります。

砂はパレスチナ難民のために返品権を実装するための呼び出しの短い停止。 彼の結びの章では、アル?シェイクMuwannisの歴史で、1948で、彼自身の大学の代わりにイスラエルが民族浄化さそのパレスチナの村が今立っている。 残念なことに、彼はパレスチナ難民は、他に、一斉に復帰することができるということはないと、一方では、大学を取り??外すcounterposes - それらは2つのオプション(280)であるかのように。

それは西のプロテスタントキリスト教シオニズムの遺産のために驚くほど弾力性あり、シオニストの神話を暴くための便利な本です。 しかし、砂が少しサクサクポストシオニスト政治が実証だとして、歴史のより現実的な知識は必ずしもパレスチナの窮状の権利に基づく理解に完全に変換されません。

それでも、彼はここで組み立て潜在焼夷弾材料における証拠で楽しむと学ぶことがたくさんある。

アサウィンスタンリはエレクトロニックインティファーダと副編集長、また、パレスチナに携わってきましたロンドンでジャーナリスト。

この記事に記載された見解は著者のものであり、必ずしもの見解を反映するものではありません MuslimVillage.com.』

ユダヤ人という民族は存在しない

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3142

http://globe.asahi.com/author/100614/01_01.html

「ユダヤ人」はシオニズムによる発明。
歴史の見方では妥協しません
『ユダヤ人の起源』 The Invention of the Jewish People
シュロモー・サンド Shlomo Sand 歴史家

イスラエルはユダヤ人の国であると規定されている。ユダヤ人とは預言者モーセ(モーゼ)に率いられてエジプトを脱出し、約束の地カナンに戻ったユダヤの民の子孫であり、ローマ帝国に反乱して追放され、世界に離散した民だと信じられている。しかし、イスラエルの歴史家シュロモー・サンドさんは「ユダヤ人という民族は存在しない」という。

――過激な本ですね。

サンド いえ、政治的には過激ではありません。私は歴史分析によって「(現在の)ユダヤ人に聖書のユダヤの民とつながる起源はない」とユダヤ人というアイデンティティーを否定しました。その点では過激です。
ダビデの時代、王国は存在せず エルサレムは当時、小さな村

――聖書の記述は事実ではないと書かれていますね。

シュロモー・サンド氏=川上泰徳撮影

サンド イスラエルでは普通の学校で聖書の物語を宗教としてではなく、歴史として教えます。モーセの「出エジプト」は紀元前13世紀とされます。しかし、考古学の発掘の結果、そのころのカナンはエジプトの支配下にあったことが分かっています。「出エジプト」はなかったのです。私がそれを知ったのは12年前です。衝撃でした。

 考古学的発掘によってダビデやソロモンの時代とされる紀元前10世紀に、強大な王国が存在したという証拠は何ひとつ出ていない。エルサレムは小さな村に過ぎなかったことが分かっています。

――ユダヤ人の追放も否定しています。

サンド ユダヤ人はユダヤ人追放を誰もが事実として信じています。しかし、それを記した歴史書は一冊もないのです。ユダヤ考古学の研究者に質問しました。彼は「追放ではなく破壊に伴う移民だ」というのです。しかし、大量な難民が出たことを示す記述はないのです。本のなかで「追放の発明」として書きました。

――パレスチナ人はかつてユダヤの地にいた人々の子孫だと書かれていますね。

『ユダヤ人の起源 歴史はどのように創作されたのか』
シュロモー・サンド著、高橋 武智監訳
佐々木 康之・木村 高子訳
(武田ランダムハウスジャパン、2010年)
「The Invention of the Jewish People」
Shlomo Sand
=小杉豊和撮影



2011/07/17 にアップロード

シオニズム運動を起こし、イスラエル建国の父と呼ばれるテオド-ル・ヘルツルは反ユダ?ヤ主義者だった。彼のユダヤ人観はヒットラ-のそれに通じる。シオニズムは、近代的同?化ユダヤ人の、伝統を尊ぶユダヤ教徒への反感から生じた思想だった。

連続ビデオになっていますのでYouTubeをクリックしてください。内容が難しいのでノートにとっておくといいでしょう。

サンド シオニズム(19世紀以来のユダヤ人国家建設運動)の歴史家は7世紀のイスラムの征服でユダヤ人は追放されたと唱えます。しかし、アラブ人がエルサレムのユダヤの民を追放した証拠はありません。ユダヤの地にいた人々の多くは農民でした。農民は簡単には土地から離れません。アラブ人がエルサレムを占領し、彼らの宗教を受け入れれば税を免除しました。多くの農民が受け入れたでしょう。追放がなかったとすれば、ヨルダン川西岸にいるハマスの活動家のほうが、私よりも古代のユダヤの民の子孫である可能性はずっと高いのです。

――イスラエルのユダヤ人には受け入れられない主張でしょうね。

サンド パレスチナにいるアラブ人はかつてのユダヤの民の子孫ではないかと考えたのは、私が初めてではありません。初期のシオニズム運動の指導者たちも同じように考えていたのです。1948年のイスラエル独立で初代首相のベングリオンが若いころ、パレスチナのアラブ人はユダヤ人の血をつぐものたちだから、ともに国をつくることができる、と書いています。ところが彼は独立宣言ではイスラエルは追放されたユダヤ人の国と規定しました。アラブ人とともに国をつくるという考えは排除されたのです。

ロシアや東欧のユダヤ人は 改宗ユダヤ教徒ハザールの子孫

――世界にいるユダヤ人についてはどうですか。

サンド かつてユダヤ教は積極的に布教する宗教でした。追放ではなく、改宗によって世界にユダヤ教徒が増えたのです。例えば、黒海とカスピ海の間にできたハザール王国は8世紀から9世紀にかけてユダヤ教を国の宗教としました。13世紀にモンゴルによって滅ぼされますが、ロシアや東欧に大勢のユダヤ教徒がいることは、改宗ユダヤ教徒ハザールの子孫と考えることが自然です。

――歴史学だけでなく、聖書学、考古学まで幅広い領域を含んでいますね。執筆には、どれほど時間がかかりましたか。

サンド 1年半ほどです。毎日大学で教えて、毎日、図書館から30冊ほどの本を抱えて帰って、書き続けたのです。調べるほどに背中を押されるようにテーマは広がり、深まっていきました。

 私が何か新しいことを発見したわけではありません。すでにある材料を集めて、秩序立てて考えたのです。

――イスラエルで19週連続でベストセラーになったそうですね。

サンド 予想していませんでした。テレビやラジオ番組に次々と招かれ、新聞や雑誌でも好意的に取り上げられました。もちろん反発も強く、死を宣告するような手紙もあります。「ナチ」とか「反ユダヤ主義者」「国の敵」など様々に攻撃する電話もかかってきます。

――自身のアイデンティティーは?

サンド 若いころは左派で、反シオニズムの立場でした。しかし、いまは左派ではなく穏健派です。つまり、イスラエルの存在を認めるポスト・シオニズムの立場です。左派はパレスチナ難民のイスラエルへの帰還を認めて、ユダヤ人もパレスチナ人もひとつの国で共存するべきだと考えます。その考え方は道徳的には間違っているとは思いませんが、政治的にはイスラエルの存在を否定することになり、決して実現しないでしょう。私は歴史の見方では妥協しませんが、政治的には妥協したのです。

――イスラエルの将来を、どのように見ていますか。

サンド シオニズムはユダヤ人国家を正当化するために聖書につながる民族の起源として「ユダヤ人」を作り出しました。私はイスラエルの存在を、シオニズムのように過去によって正当化するのではなく、この国が民主国家に生まれ変わるという将来によって正当化するべきだという立場です。イスラエルはユダヤ人国家として存続することはできません。国民として生きるアラブ人にも平等の権利を与えねばなりません。

――パレスチナとの和平についてはどう思いますか。

サンド イスラエルはすべての入植地から撤退し、エルサレムをパレスチナと共通の首都にするべきです。オバマ大統領は、和平のアイデアを出しただけのクリントンではなく、イスラエルにシナイ半島からの撤退を求めたカーターのような大統領であってほしいと思っています。

(聞き手 中東駐在編集委員 川上泰徳)

シュロモー・サンド

テルアビブ大学歴史学教授。
1946年、オーストリアの難民キャンプで生まれる。
48年、2歳で両親とともにイスラエルに移住し、テルアビブ大学で歴史を専攻。
84年からテルアビブ大学で現代ヨーロッパ史を教える。
著書に「スクリーンに見る20世紀」「言葉と土地――イスラエルの知識人」。

おまけ~ゴールドマンは大丈夫か?

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O46UGJ6K50XS01.html




 
 
》記事一覧表示

新着順:285/3524 《前のページ | 次のページ》
/3524