teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:336/3576 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

老人だらけの刑務所

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年 3月21日(月)12時46分28秒
  通報 返信・引用 編集済
 

外に出られても幸せになる保証はない。



83歳の女スリ逮捕~生きている意味すら知らないんだ

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160322-00000016-ann-soci



日本の経営者も無能老人だらけ~シャープに残された道は

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6138.html

きな臭いシャープ・鴻海買収計画延期

http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2201.html#readmore

鴻海のシャープ買収、高まる破談リスク-決議から25日

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O4C7MR6JIJW901.html

不正請求はびこる接骨院

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO98496140W6A310C1000000/

晩節を汚さないように

土屋元埼玉県知事は娘桃子を愛しすぎた~「西秩父桃湖」

って名前にしちゃったことですかね・・・・・・・・・・・

http://blogs.yahoo.co.jp/master3511/26026195.html

つちやよしひこ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%B1%8B%E7%BE%A9%E5%BD%A6

桃子容疑者

http://www.asyura2.com/0306/nihon5/msg/747.html

管理人はかつてこう書いたことがあります

厳密に言えば,アダムは何か新しいことを覚えるのではなく,自分の裸体を悟り善と悪の区別を意識するのだ。同様に歳をとってゆく人間は知らないことを何か習うのではなく,新しい次元の中で,新しい照明のもと悲しい真理を発見するのだ。

(ウラジミール・ジャン・ケレビッチ「死」)より

『ヤーウエと蛇の遭遇の後に起こるアダムとイブの追放は,人間の堕落にほかならず,新約聖書におけるキリストの受難は人間の救済にほかならない。どの場合も物語りは完全な陰の状態からはじまる。ファウストは知識において完全であり,ヨブは善行と幸運において完全であり,アダムとイブは罪のなさと安楽さにおいて完全である。しかし,陰から陽に移行させる場合,もう一人の役者が必要になる。苦悩や不安や恐怖や反感を注入する敵を登場させなければならない。』これが対立物の統一という弁証法...............これが分かれば自殺なんてしなくてもいいのですよ。管理人の長い間の苦悩はこれで解決できたのです。自分の無智に我慢が出来なかったのが6年前のことでやっと自分なりに問題解決できたわけでこれからは陽気に生きていこうと思っています.............。

つまり最大の蛇は甘やかすことなのです(あるいは甘やかされた自分)。

佐々木真太郎って知っていましたか

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPGZePuO9WQXMAuZCJBtF7?p=
%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E7%9C%9F%E5%A4%AA%E9%83%8E&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=


父の愛   投稿者:Legacy of Ashesの管理人   投稿日:2012年10月11日(木)14時05分57秒      通
   http://web.archive.org/web/20080316215330/http://angel.ap.
teacup.com/gamenotatsujin/86.html


 ある日の日曜日,池袋サンシャインビルの水族館は親子連れでごったがえしていた。ここがA,B級戦犯が収容されていた巣鴨刑務所の跡地であった事を知る人はめっきり少なくなった。

 1948年12月24日のクリスマス・イブに当時占領軍GHQの民生局から治安情報部に実権が移った影のドン・ミスター・ドーマン立会いのもと,発狂して錯乱した東条英機はじめA級戦犯は絞首刑になった。その狂気の叫びを聞いていた3人はG-2D機関から説明を受けた。

 一人は岸信介,後に首相となり日米安保条約締結をし55年体制という傀儡政権を作り上げた立役者 二人目は児玉誉士夫,右翼のドンとして天皇制護持のために(松本清張作・けものみちのモデルとして知られる),そして三人目は笹川良一。競艇という公認の博打のドンとして君臨した。その笹川を叔父として又,佐々木真太郎と愛人との間に出来た非嫡出子(親子関係が法律上認められない子供)として一人の男の子が誕生した。

 その男の子の名は糸山英太郎。日本航空筆頭株主,元参議院議員,田町に聳え立つ「糸山タワー」のオーナーでもある。父真太郎は日陰の女である男の子の母を愛した。それだからこそ父は考えていた。天国へ行かせるため地獄への道を教えなくてはならない。欲しがるものは一切買い与えなかった。

 自由奔放に育った糸山はある時父に呼ばれた。お前を今日から「勘当」する。親子の縁は今日で切れた。勝手にやれ。それが父の言葉であった。糸山は外車販売で財をなし,父は「勘当」を解き経営する会社に迎へいれた。ある時役員と糸山がテーブルに並び父を待っていると父は糸山を見つけ大声で「罵倒」した。なんでお前がそこに座ってるんだ。床の上に座っていろ。全役員のまえで父は自信をもって怒鳴りつけた。

 糸山はその後,中山製鋼の株の仕手戦で名うてのカラ売りの西の勝負師と戦った。血尿をだしながら最後の勝負の時,父に頼み込んだ。糸山死亡説まで流れると叔父の笹川は大笑いした。父は糸山に聞いた。勝つ見込みがあるのか?糸山は言った。玉はカラカラです。あと50万株現物で買えば勝てます。父は了解した。翌日糸山は50万株成り行きで買いあがり,13日間ストップ高で西の売り方は莫大な逆日歩と追証に耐え切れず勝負はついた。

管理人注:誰も好き好んで子供を勘当なんてするんじゃあないのですよ。

笹川良一・糸山英太郎家系図

http://episode.kingendaikeizu.net/21.htm

おまけ~白洲次郎・白洲正子家系図

http://kingendaikeizu.net/sirasuzirou.htm

白洲次郎を拙稿で検索すると...........

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%94%92%8fF%8e%9f%98Y&inside=1&b=10

以下は阿修羅から

http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/686.html

本文に入る前にまず訂正してお詫びすることがあります。
前回鬼塚さんが「白洲次郎はジミー・ウオーバーグの庶子である」
と述べているというのは私の勘違いで「ジークムント・ウオーバーグ」です。
訂正してお詫びします。これについては後ほど詳説します。

さて白洲次郎が「日本一かっこいい」「風の男」としてもてはやされる一方、
山本五十六が「売国奴」「骨の髄までフリーメーソン」と非難されている。
私は白洲次郎とは「日本一ウサンくさい」「悲惨な男」だと思う。

昨今もてはやされている白洲次郎の言動とは、
もともな人間形成に欠けた子どもが、
矯正されてエージェントにさせられ、
プライドを持てない人生を送らされ、
生涯隠さねばならなかったその素性と、
コンプレックスの裏返しの虚勢であると私は思う。

そもそも白洲次郎こそ真珠湾攻撃と山本五十六のプロパガンダ工作の元祖なのである。
『いろおとこ』『ワシントンの桜の下』の仕掛け人は白洲次郎である。
五十六暗殺工作に海軍主計・中曽根康弘を使った元締めも白洲次郎である。

さてジークムントは1925年ロンドンに出て、
N.M.ロスチャイルド父子銀行で見習いをしながら、
ケンブリッジ大学で経済学を聴講している。
次郎がケンブリッジを1925年に卒業し、
1928年に白洲商店の倒産で帰国するまでの3年間、
密かに接触していたと思われる。
間を取り持ったのはロビン・ストラッドフォードだろう。
私はロビンも次郎と同じ身の上にあったと思う。
二人のオイリーボーイは『卒業旅行』に出かける。
その先にジークムントが待ち構えていたのだろう。
次郎はロビンとは終生の付き合いをしたという。
二人はお互いの傷を嘗めあう唯一の友だったと思う。

しかしジークムントは次郎と同じ年である。
そこでもう一度ウオーバーグ家の人間を調べたところ、
次郎の養父・白洲文平と接触した可能性のある人物がいる。

ウオーバーグ家にはアルスターウーファーとミテルヴェークの、
二つの家系に分かれていて両家は家風も気質も違うらしい。
ミテルヴェークのウオーバーグ家は有名な五人兄弟を輩出しているが、
長兄アビー・M・ウオーバーグが一人だけプーなのである。

そしてアビーはオッペンハイム家の出身の母親の風采を受け継いでいて、
髪が黒く肌も浅黒く目は暗褐色で子どもの頃の写真はアラブ人のようである。
次郎の親友のロビンの回想によるとケンブリッジ時代の次郎は、
色が浅黒く彫が深いので「アラブ人」で通していたという。

無理矢理にケンブリッジに行かされた次郎と違って、
アビーが一族でただ一人だけボン大学に行ったのは、
みんなの反対を押しきってのことである。
ボン大学で美術を専攻したアビーはその後一度も定職につかず、
親と弟たちにたかる生涯を送っている。

アビーがボン大学に入学したのは1886年。
白洲文平は1868年生まれでハーバード大学からボン大学へ留学。
ほぼ同時代の出来事として考えられる。
樺山愛輔もアマースト大学からボン大学へ留学して文平と学友になる。
アビーと文平と愛輔はボン大学で接点を持っていると思われる。

文平は次郎を引き受ける見返りに、仕事の成功を約束されるたのだろう。
金の卵の次郎をイギリスへ留学させるまで、たかだか25年間甘い夢を見るのである。
ボン大学の学友である文平と愛輔は、後年お互いの子どもを結婚させる仲でもある。
次郎本人もエージェントとして養成されたが、養父もエージェント、岳父もエージェント、
という図式が見えて来る。

アビー・M・ウオーバーグについては、
ロン・チャーナウ『ウオーバーグ ユダヤ財閥の興亡』に写真が載っているので参照されたい。
但しチャーナウはユダヤ財閥たちのポチらしいので、プロパガンダの記述には注意されたい。
風貌や経歴についてプロパガンダではないと思われる箇所から抜粋する。

『ヨハンノイム実科ギムナジウムに在学中の、十三歳のアビーを撮った写真を見ると、金色で色白の級友たちに交じって、彼の浅黒い髪と肌色に加え、顔の表情が目立つ。アビーは、一目見たらいつまでも忘れられない風采をしていた・・その暗褐色の目は、楽しげに細まったり、怒りでかっと見開いたりした。』

『生活を一家に頼っていたにもかかわらず、陰気なアビーは依然として弟たちの頭を抑えていた。彼にかかると、弟たちは催眠術をかけられたように言いなりになる有様であって、みんな威張ってはいたものの、兄の前ではどこか怯えて気圧されるところがあった。』

アビーはインデイアンに異常なほど興味を持ってアメリカの奥地に旅行している。

『のちに弟のマックスは、アビーのアメリカ南西部インデイアン調査旅行が、兄にとって決定的な出来事であった、と言った。』

アビーはインデイアンに親近感を持つ。
しかし1897年にハンブルクに戻るとアビーはマリーと結婚する。
マリーは1899年に長女を出産、白洲次郎が生まれた1902年にも長男を出産、
最後に1904年に次女を出産している。

しかしアビーとマリーの結婚生活はどうだったのか。
夫妻は1897年から1904年までフィレンツエに滞在している。
チャーナウは奥歯にものをはさんだような書き方しかしないが、
夫婦の間に軋轢が生じているのを目撃した女性客がいる。

『アビーとマリーの結婚上の最大の問題は、夫アビーの極端な自我没頭と精神不安にあった。フィレンツエ時代(1897~1904年)にすでに、彼は、慢性的な不安に苦しめられていると感じていた。当時、フィレンツのアビー邸を訪れたある女性客が、結婚したばかりの頃の彼の痛ましい姿をはっきりと書き残している。その時のアビーは三十三歳であったが、もうすでに彼の心は精神錯乱と正気の間を行きつ戻りつしていたのである。』

アビーは1905年にボン大学の講師になるべく帰国する。
不首尾に終わるがこの時期にもボン大学に関わっている。
文平と愛輔と関わる可能性があるのはこのアビーである。

ジークムント・S・ウオーバーグについては、
徳本栄一郎氏が貴重な手紙を発掘している。
1981年6月4日付けジークムント・ウオーバーグから白洲次郎宛。

『親愛なる次郎、我々が友情を結んで以来、最も有意義で満足感のある職務とは、
よき若者を教え導くことだった。』(『英国機密ファイルの昭和天皇』より)

よき若者を教え導くことに最大の意義と満足感を覚えるジークムントは、
自分が所有するスイスの製薬会社でLSDを開発させた人物でもあった。
甥のジミーはこのLSDを使って、かの悪名高きCIAのMKウルトラを考案している。

ジークムントについては『さてはてメモ帳』様にもスゴイ記事がある。
http://satehate.exblog.jp/7966233/

そもそもFRBの創設者であるポール自身が、第一次世界大戦ではドイツ諜報機関の代表。
兄のマックスも1919年パリ平和会議のドイツ代表。
ウオーバーグ一族はインテリジェンスとしてシナリオに深くかんでいるようである。
このような一族の隠し玉として白洲次郎が使われたのである。

ユースタス・マリンズ著『民間が所有する中央銀行』より以下抜粋。

『過去65年間の合衆国における心理学の発展のほとんどは、英国陸軍の心理戦争局(Bureau of Psychological warfare)によって指示されたものであることを知っているアメリカ人はほとんどいない。ほんの少しまえ、著者は新しい名前、タヴィストック人間関係研究所として知られているロンドンのタヴィストック研究所を知った。「人間関係」は人間行動のあらゆる局面を網羅し、タヴィストック研究所の穏当な目的は、アメリカ市民の人間行動のあらゆる局面を支配し影響力を行使することである。』

『タヴィストック研究所グループは、第二次世界大戦中に戦略事務局(OSS)、戦略爆撃調査部、連合国遠征軍最高司令部などの重要な米軍グループの全員を組織・訓練した。第二次世界大戦中、タヴィストック研究所はロックフェラー財団の医学部門と合同で、意識改革の薬の秘密の実験を行った。現在の合衆国の麻薬分文化はこの研究所に源を発し、この研究所は中央情報局(CIA)のトレーニング・プログラムを管理した。』

『LSDカウンターカルチャーが発生したのは、S.G.ウオーバーグ商会所有のスイスの医薬会社のサンドス.A.Gが、リゼルグ酸からLSDと呼ばれる新しい薬を開発したときである。ジェームズ・ポール・ウオーバーグ(1910年に連邦準備制度を作成したポール・ウオーバーグの息子)は、政策研究所(IPS=Institute of Policy Studies)と呼ばれる合衆国にあるタヴィストック研究所の支部機関の資金調達を行った。ジェームズ・ポール・ウオーバーグはCIAプログラムを設計してLSDの実験を行った。そのなかの何人かはのちに自殺を図った。MK-ウルトラと呼ばれ、ゴットリーブ博士が指導を行ったこのプログラムは、犠牲者たちの家族による合衆国政府に対する巨大な訴訟を引き起こした。』


白洲次郎はケンブリッジを卒業してから3年間何をしていたのか。
空白の3年間についてどの伝記本にも記載がない。
鬼塚氏によるとジークムントは次郎を要人たちに引き合わせ、
チャーチルやMI6の長官が出入りする最高級のクラブの会員にしたという。

チャーチルも連中の忠誠な犬として生涯を送っている。
キッシンジャーも発狂寸前の凄まじい洗脳プログラムを受けて、忠誠を誓わされたという。
白洲次郎にもMKウルトラに先行するプログラムが組まれ実施されたと私は思う。
なぜならお坊ちゃん育ちで潔癖症の次郎が、ヘドロのような連中のエージェントになるには、
LSDによる得体の知れない人格変容プログラムが必要だったと思うからである。
3年後、白洲次郎はジョン・シラスとして帰国する。

吉田茂は1921年からイギリス駐在員だったのですでに打ち合わせ済みだろう。
日米開戦のシナリオ通りに五十六が連合艦隊司令長官に任命され、
吉田茂が終戦まで現役を退き水面下で秘密工作を謀る。
このほとんどすべての背後に白洲次郎がいるのである。

日米開戦直後からヨハンセングループを代表して国家機密情報を流し、
山本五十六、尾崎秀実、近衛文麿、近衛文隆、おそらくもっと沢山の要人を暗殺、
山本五十六にはプロパガンダ工作も仕掛けている。
『ワシントンの桜の下』『いろおとこ』の背後にいるのは次郎である。
海軍の者が河合千代子の妾宅に行くと山本五十六がどてらを着て現れた、
というガセを流させたのも次郎である。

白洲次郎とは何者か。彼は生贄の子どもである。
ユダヤ財閥ウオーバーグ家の長男の庶子として生まれながら、
言語を矯正され人格も変容され汚れ仕事をさせられた悲惨な男である。

私は昨今のブームが不思議だ。
エージェントとして暗躍したことは抜きにしても、
白洲次郎はひとり日米開戦と東京が焼け野原になることを予告し、
特権階級ゆえに徴兵を忌避して、家族と鶴川に疎開しているが、
これが「先見の明がある」と『プリンシプルのない日本』の中で、
辻井喬や今出海らに喝采されている。
みんなが出来ないことをしていると。
それは当たり前である。みんなは徴兵忌避したら逮捕される。

白洲次郎はまた、
「占領を背負った男」「GHQに従順ならざる唯一の日本人」
と讃えられている。
それはそうだ。ザ・オーダー直々のエージェントである。
GHQの方が吉田&次郎を恐れるべきである。
マッカーサーはその辺のところを分って吉田茂と付き合っていた思う。

鬼塚さんはマッカーサーだけがハリマンと堂々と渡り合い、
他の奴らはみんな宦官だったと述べているが、
私はマッカーサーも解任直後から宦官の仲間入りをしたと思うようになった。

逆に魂を売り渡していたルーズヴェルトは、
戦争を長びかせて金儲けする連中に嫌気が差し、
宦官をやめようとしたため、ヤルタ会談で暗殺工作をされている。

まずルーズヴェルトの健康にとって最悪の地であるヤルタを会談の場所に選び、
リヴァデイア宮殿のかつてのロシア皇帝の寝室を宿泊所に差し出す。
銃殺刑にされたニコライ五世が使っていたベッドを提供したのである。
私は悪い冗談だと思っていたが、アイクによると舞台設定に凝るのが連中のシュミだという。

米国への帰途の船中で側近のホプキンスが重態に陥りヘリで病院搬送、
残ったワトソン大佐は急死、ルーズヴェルトも人事不省に陥っている。
奇跡的に持ち直した彼は覚悟したのだろう、別荘へ休養に行った先で急死している。
私は自殺ではなく暗殺されたと思う。

鬼塚英昭著『20世紀のファウスト』によると、
ヤルタ会談の詳細を書いたステテイニアス国務長官も解任され、
しばらくしてから暗殺されているのである。

そしてまた鬼塚氏は『原爆の秘密 国外編』で、ルーズヴェルトが急死する一ヶ月前に、
アメリカ陸海軍内で原爆投下を阻止するクーデターが起きようとしていたことを述べている。
心理戦による日本の降伏を狙った『作戦計画I-45』である。

『私はこの「作戦I-45」こそ、フォレスタルとキング提督、デーヴィス、ザカリアスたちが仕掛けた一種のクーデターだったと思っている。それは原爆投下を知った彼らが、原爆投下を阻止する動きに出たと信じるのである。』

『なによりも、ルーズヴェルトに彼の考えを修正してもらわないといけなかった。それで、この「日本占領実施に関する戦略的計画」と「作戦計画I-45」の文書が、エルマー・デーヴィスに渡され、彼を通じて、当時ハイド・パークで休養中であった大統領のもとへ廻されたのである。』

『フォレスタルはルーズヴェルトにザカリアスの計画書を送った海軍長官である。この日記(ステイムソンの日記。副官が”最近出された大統領命令”のことで、フォレスタルとステイムソンがスミス予算局長と会見する段取りをつけようとしてきた云々、という記述がある)を読むと、ルーズヴェルトは”あの計画”を承認する大統領命令をすでに出していたのではと思えてくるのだ。ステイムソンはフォレスタルとスミスの会談が破局に至った経緯を詳しく書き留めている。ステイムソンとフォレスタルの間に確執があったことが読み取れる。そして、ルーズヴェルトの死である。』

つまりルーズヴェルトはOKを出していたのであるが、
「私は大統領をやめたい」と呟いてウオームスプリングの別荘で急死した。
それは自殺であると鬼塚さんは示唆されているが、私はやはり暗殺であると思う。
ルーズヴェルトは殺されることを覚悟の上で、
今までやってきたことの罪滅ぼしをしようとしていた。
すでにヤルタでも暗殺されかけていたが、しかし最善を尽くそうとしたと。
原爆投下阻止のクーデターを起そうとしたフォレスタル海軍長官も、
後に野戦病院で暗殺されている。

一方マッカーサーは朝鮮戦争で苦杯を嘗めたあげく解任された後は、
連中に逆らうことをやめにしたのだろう。
寄らば大樹の陰の優雅な人生を送ることに決めたようだ。
彼はアメリカに帰国すると国民に歓呼の声で迎えられる。
そして凱旋パレードと演説を済ました後、
ニューヨークのアスター家所有のホテルに落ち着くのである。

世界最高級のウオルドルフ・アストリアホテルのスイートで、
老兵は死なずにジーン夫人とともにリッチな余生を送る。
そしてアスター卿に骨抜きにされたチャーチルと同じように『回顧録』を書く。
あの有名な昭和天皇の「私の全てを委ねに参りました」という嘘八百のシーンを。

白洲次郎のカッコいいキャッチ・コピーも似たようなものである。
次郎&正子のプロパガンダ本や写真集や武相荘(ぶあいそう)の洒落た佇まいと、
東京大空襲の焼死体の炭化して真っ黒焦げになった母子の写真を比べて、
誰かが言わないとあまりにも理不尽だと思って私が言う。

『武相荘』は東京大空襲の悲惨さと対極にある不謹慎なシロモノである。
観光名所のようにしたり、そこで高級弁当を予約して食ったり、
次郎&正子愛用のコピーグッズを買って喜んだりするような所ではない。

『武相荘』とは最高国家機密情報を流し続けた無線基地であり、
原爆投下までシナリオを演出した売国奴たちの出先機関である。
その総指揮をとったのが吉田茂である。

パリは燃えているか

http://www.asyura2.com/12/music9/msg/653.html



Blueprint of the PNC(PNAC)

http://megalodon.jp/2009-0130-2033-20/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/2.html

http://web.archive.org/web/20070518002941/http://www.pgs.ca/index.php/Iraq/252

 Rebuilding America's Defences:Strategy,Forces and Resources for a New Century (1992年発行)

 The U.S must remain in the forefront of all research relating to the "art of warfare"including"the world of microbes"(advanced forms of biological warfare that can "TARGET"specific genotypes may transform biological warfare from the realm of terror to a politically usefull tool。(要約:人種別に効果のある,生物兵器は便利な政治的な道具となる。戦争と言う芸術の名のもとに)。
 これが,西ナイル熱,炭ソ菌,鳥インフルエンザ,エイズ菌,そしてタミフルの策略。世界人口の三分の二皆殺し計画の実行案である。これはけっしておふざけでも,冗談でもない。

 Further,the process of transformation,even if it brings revolutionary changes,is likely to be a long one,absent some catastrophic and catalyzing event -like a new pearl Harbor。(要約:何よりも確たるものにするには,パール・ハーバーのような新たな悲劇的・壊滅的な仕掛けが求められる)。かつて記事にしたが現実に100発のサムソナイト爆弾(Micro Nuke)がロシアから消えている。

たいして意味はありませんが.....出ると引く引くと出る 石川製作所(6208)魚雷関連


 
 
》記事一覧表示

新着順:336/3576 《前のページ | 次のページ》
/3576