teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:273/3548 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ガンバレル型爆弾

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年 5月 5日(木)14時36分42秒
  通報 返信・引用 編集済
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AB%E5%9E%8B

リトルボーイ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4

安全性

ガンバレル型の原子爆弾は安全性に大きな問題があるために作られなくなったといわれている。 完成したガンバレル型の原子爆弾は、推進薬に点火すると必ず核爆発を起こしてしまうため、フェイルセーフが存在しない。

そのため、爆弾を搭載したB-29が墜落したり、何かのミスで投下前に推進薬が点火したりするなど、万が一の場合に備え、爆撃機に兵器係として原爆の技術者を同乗させ、その者が投下の前に手作業で砲身内に推進薬(コルダイト火薬)を詰めこむという安全対策を取ったほどである。

たとえ推進薬が無くとも墜落の衝撃によって砲弾部が標的部に突入すれば核爆発が起きる可能性が十分に高く、海中に墜落すれば爆弾内に流入した水が減速材として働き、臨界状態になる可能性があった。このため、海に落下すれば周囲一帯を危険地域として閉鎖せざるをえなくなる。 これらの危険性を排除できるだけの安全装置の開発は不可能であるとされ、ガンバレル型自体が開発中止になる原因となった。

経緯

1945年 - 太平洋戦争中にアメリカが立ち上げたマンハッタン計画に基づき、アメリカ国内で製造。
7月16日 - サンフランシスコにて重巡洋艦インディアナポリスに積載され、日本本土への爆撃機の基地であるテニアン島へ向け出港。
7月25日 - トルーマン大統領、日本への原爆投下を決定。
7月26日 - テニアン島到着。
7月31日 - リトルボーイ組み立て完了。
8月5日 - 爆撃機への搭載完了。投下に用いられた爆撃機はB-29であり、機名はエノラ・ゲイと名付けられた。
8月6日午前8時15分(日本時間) - 広島県広島市の上空高度9,600mから投下され、細工町(現:広島市中区大手町)の島病院上空約600mで爆発した。

焼失面積13,200,000m?、死者118,661人、負傷者82,807人、全焼全壊計61,820棟の被害をもたらした。爆心地の近くにあった広島県産業奨励館は、現在原爆ドームとして世界文化遺産に登録されている。

(原爆被害の詳細は広島市への原子爆弾投下を参照)

注釈

1.ガンバレルとは、銃の弾の通る部分、つまり「銃身」のこと。機構の詳細はガンバレル型・原子爆弾参照。
2 リトルボーイの意味は、開発当初の設計(シン・マン)寸法よりも短いものとなったため、リトルボーイ(少年)と呼ばれていたからという(これには異説もある)
3 「リトルボーイ」に使われた大量の高濃縮ウランの出所は明らかになっていない。一般には米ニューメキシコ州ロス・アラモスにあるオークリッジ国立研究所であったとされている。

Mark2核爆弾

https://ja.wikipedia.org/wiki/Mark_2_(%E6%A0%B8%E7%88%86%E5%BC%BE)

Mark 2 シンマン(英語: Thin Man = やせ男)とは、アメリカ合衆国が開発していた核爆弾。第二次世界大戦中にマンハッタン計画の一環として、リトルボーイ(Mark 1)およびファットマン(Mark 3)とともに開発されていたものである。ファットマンと同じくプルトニウムを原料としていたが、リトルボーイと同じガンバレル型を採用していた。

核物質を臨界状態にするにあたり、臨界量未満の核物質を爆薬により移動・衝突させ臨界を達成させるガンバレル型が考案されていた。このガンバレル方式による原子爆弾としてウラン235を用いたリトルボーイとプルトニウム239を用いたシンマン(Mark 2)が開発されることとなった。リトルボーイの開発は比較的順調に進められたが、シンマンの開発は困難であった。

これは、原料としている超ウラン元素としてのウランとプルトニウムの同位体の振る舞いの違いによる。ウランを原料としている原爆の場合におけるウラン238が問題を起こさないのに比べ、プルトニウムを原料とする場合、核物質が衝突する際にプルトニウム240が自発核分裂を起こし、その中性子により核分裂反応が発生、十分な核反応を引き起こさないうちにプルトニウムを飛散させる。これは過早爆発と呼ばれる現象である。

過早爆発を防ぐためには、核物質を高速で移動・衝突させる必要があり、900m/secの速さでプルトニウムを衝突させることが計画された。そのために砲身(ガンバレル)として直径2フィート、長さ18フィートが必要とされ、重量は7,500ポンドになると予想された。ちなみにリトルボーイは爆弾本体で最大直径2.46フィート、全長約10.24フィート、11,000ポンドである。しかし、この計画でも過早爆発を起こさないようにすることは困難と考えられ、爆弾ケーシングの投下実験などは行なわれていたものの、1944年7月にシンマン(Mark 2)の開発は中止された。この後のマンハッタン計画はリトルボーイと、プルトニウムを使用したインプロージョン方式のファットマン(Mark 3)に開発努力が向けられることとなる。

原爆投下10秒の衝撃

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B%E3%83%BB10%E7%A7%92%E3%81%AE%E8%A1%9D%E6%92%83

爆縮レンズ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%88%86%E7%B8%AE%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA

原子爆弾が32面体(切頂二十面体)の構造を取ることは当然機密であったが、マンハッタン計画に参加したセオドア・ホールら科学者の一部は、将来アメリカが核を独占する世界になることを恐れて、これらの情報をソビエト連邦に流した。ソビエト連邦はこれを基に第二次世界大戦後すぐに原子爆弾の開発を始め、スパイや共産主義思想を持つアメリカ科学者などからの継続的な技術情報の提供を受けながら4年後の1949年8月29日に核実験(RDS-1)を行った。

「共産主義者の大東亜戦争責任」というのがある

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1901

原子爆弾投下の決定

http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/496.html

長崎のプルトニューム型ファットマン

http://this.kiji.is/42119187404718080?c=39546741839462401

原爆投下が日本を救ったという考えは一般的だが

http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/327.html

長崎原爆投下映像

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPifkZCStX7BMA2LuJBtF7?p=%E9%95%B7%E5%B4%8E%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B%E3%81%AE%E6%98%A0%E5%83%8F&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

NHK映像の世紀~世界は地獄を見た 前編



右のリンクに多くあります

世界は地獄を見た 後編



その時歴史は動いた=杉原千畝



杉原ビザによって命を助けられたユダヤ人



天皇皇后両陛下リトアニアを訪問



2007/05/26 にアップロード

【ビリニュス26日時事】欧州を公式訪問中の天皇、皇后両陛下は26日午前(日本時間?同日夕)、政府専用機でリトアニアのビリニュス空港に到着され、第二次大戦時にナチス?・ドイツから迫害されたユダヤ人にビザを発給した外交官、故杉原千畝氏の記念碑を訪れ?た。
 両陛下は、公式歓迎行事に臨んだ後、アダムクス大統領夫妻主催の昼食会に出席。大統領?は「杉原氏は人道的な功績を残したことで常にリトアニア国民の尊敬を集めている」とあ?いさつ。天皇陛下は「第二次世界大戦の惨禍や、その後人々が経てきた苦難の歴史に思い?を致し、貴国の人々が勇気と誇りをもって困難に立ち向かってきたことに深い感慨を覚え?ます」とお言葉を述べた。

ユダヤ人の記憶に残る杉原千畝



2014/04/25 に公開

杉原千畝(ちうね)の物語は映像や舞台など数多くのコンテンツが存在します。しかし、?まだまだ日本人でも杉原千畝を知らない方がたくさんいます。今回は、杉原千畝に命を授?けられたユダヤ人の記憶を通して、杉原千畝という日本人をクローズアップします。サバ?イバー(脱出者)の方々の杉原への感謝の言葉を聞くと、同じ日本人として感動し勇気が?出ます。ソリー・ガノール氏を始めとし、多くのサバイバーのインタビュで構成されてい?ます。ソリー・ガノール氏が11歳のころにユダヤ教に伝わるハヌカの祭りで杉原千畝と?出会い、家族ぐるみで親交を深めるうち、杉原氏の心にユダヤ人を慈しむ気持ちが育って?いきました。ソリー・ガノール氏は奇跡のビザ発給へのキーパーソンといっても過言では?ありません。杉原がリトアニアのカウナスに領事代理として赴任したのは、ポーランドに?ドイツが侵攻する3日前でした。ナチとソビエトの狭間で逃げ場がなくなったユダヤ人は?、杉原にビザを求めて領事館に押し寄せました。ビザの発給に関しては、日本政府は消極?的でしたが杉原は一刻を争う目の前のユダヤ人を助けるために大量のビザを発給します。?サバイバーはエピソードを通して口々に杉原の親切に感謝しています。

英語版「Chiune Sugihara Rememberd by Jewish Survivors 」
https://youtu.be/XTrDeXjd0h4

「 杉原千畝 四男 伸生 父の思い出を語る」
https://youtu.be/70C6W_tjes8

「戦後70周年 奇跡の将軍・樋口季一郎」
https://youtu.be/4caq5e_toz8

「戦後70周年に向けて 正しい歴史に学ぶ すばらしい国 日本」ダイジェスト版
https://youtu.be/-usWnzcFUhw
もご覧ください。


 
 
》記事一覧表示

新着順:273/3548 《前のページ | 次のページ》
/3548