teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:265/3549 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日の丸をつけたB17爆撃機

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年 5月14日(土)12時28分35秒
  通報 返信・引用 編集済
  https://watanaby.files.wordpress.com/2013/03/fukui-6a.pdf#search=%27%E9%88%B4%E6%9C%A8%E8%BE%B0%E4%B8%89%E9%83%8E%27

追加:夢の記憶

http://yoha-takahashi.seesaa.net/article/391272743.html

日米の原爆製造計画の概要
福井 崇時
名古屋大学大学院理学研究科
2007.2.21.  2007.3.7.追加修正
1. はじめに
今回の戦争での原爆開発研究について日本国及び日本政府の正式記録は存在しません。ドキュメンタリー作家の記事や軍人達の回想などは、いくつか刊行されていますが、記述が不正確なものもあります。若い世代の原子核研究者が、半世紀と10年前に日米の科学者と軍人が核分裂利用に向って何をしていたかという科学史の1ページを知ってもらう為にその概略を記述します。

 保阪正康氏が雑誌「現代」昭和57 (1982) 年5 月号に「戦時秘話『原子爆弾完成を急げ』」を書いていますが、記述はあまり正確ではありません。昭和63 (1988) 年刊行の読売新聞社編『昭和史の天皇 -原爆投下- 』は、より正確で、科学史資料として正式記録に匹敵すると科学史学会が認めています。自称日本のグローヴス、鈴木辰三郎陸軍大佐による『ニッポン製原子爆弾の全貌』「丸」潮書房、エキストラ「戦史の旅」平成9(1997)年11 月号は当事者の回想記述なので真相の一端が窺えます。同じく軍人の山本洋一陸軍技術少佐(日大教授、工学博士)による『日本製原爆の真相』「創造」昭和51(1976)年8 月15 日発行には、陸軍軍人のウラン核分裂についてお粗末な知識の度合いが判る公文書や戦争遂行への真剣度欠除を示す挿話が多々
記述されていて、最後に山本氏は自虐的に反省とも非難ともつかぬ言葉を残しています。”軍人も科学者も道義を失ってしまっていた。当然の敗北である。これに比し米軍捕虜の行動は称讃される”と。

 海軍での原爆研究関連については、殆どが関係した個人の回想録に記述されている程度以上
の記録はありません。今回、資料として参考にした回想録を以下に列挙します。
1) 高尾徹也:「高尾徹也遺稿」『原子爆弾の話』(1990 年12 月15 日)
2) 千藤三千造:『千藤三千造 回顧60 年』昭和41 年10 月1 日
千藤先生回顧録出版記念祝賀会「海軍時代」の一部 頁72-107, 146-153.
に原爆関係の記述がある。
3) 伊藤庸二、千藤三千造:『機密兵器の全貌』志賀富士男編集 東京 原書房
昭和51 年(興洋社 昭和27 年刊の複製)
  第二部(伊藤庸二)第四節 頁160-173.
第二部火薬の発達と原子爆弾の研究(千藤三千造)
      第九章 爆薬の行き詰りと原子爆弾 頁302-307.
4) 三井再男:『原子爆弾こぼれ話』

以下元記事参照................。

旧陸軍士官が語った歴史の真実 その1

http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/8a906525300fbfe4eb3ad2a44ac7ecb9

前回の記事から少し間が空きました。今回は、ちょっと趣向を変えて、ある人物から聞いた先の太平洋戦争に関するお話について、私の記憶に残っている限りここで紹介したいと思います。当然ながら、遠い過去を語ったことなので、記憶違いや誇張なども入っているでしょう。また、私自身の理解不足なども含まれると思います。ですから、あくまでも、「そんなことを言う人がいた」くらいの感覚で受け取っていただければと思います。

■華麗な経歴の持ち主

その方とは、知人の紹介で知り合いました。お会いした当時、本人いわく、誰でも知っている日本企業の会長職を務め、現役から一歩退いている立場だとのこと。その企業の創業者の庶子として生まれ、徳川御三家のある一家に嫡男として養子に入ったとのこと。英語堪能、武道、ピアノ演奏にも秀で、陸軍大学を出てから陸軍の情報部に配属されたとのこと。

もちろん、かなり後世代の私がこの経歴を聞いても、すぐにはピンとはこないのですが、いわゆる旧華族に属する人物で、日本の実権力を握るグループの一員であることは理解できます。政府・財界に親類縁者は多数。それだけではただのお話ですが、目の前で現役の総理大臣に気軽に電話を掛けたこともあり、ただの誇張だけではないことも確認しています。

以下、この方のことをT氏と呼ぶことにします。

現在の代議士の多くが、元議員の2世、3世であると、政治の世襲化が問題になっていますが、T氏のお話によると、吉田茂、鳩山一郎、岸信介などの古い政治家達、もしくはその奥方の多くがT氏の親族であり、必然ながら、最近になって総理大臣を務めた多くの代議士が、T氏の近縁・遠縁に当たることになります。日本を代表する企業群の実質オーナーだったこともあり、血縁だけでなく、資金面でも有力政治家と関係が深かったことは想像に難くありません。

写真1:現在では当たり前の世襲総理たち
    血を遡るとT氏の家系にも行き当たる。これぞ日本流民主主義か?

管理人注:吉田茂養父の近親図

http://kingendaikeizu.net/yosidakenzou.htm

高齢で財界の重鎮であるT氏の前では、電話の向こう側にいる日本国総理大臣もひよっこ扱いだったのも当然でしょう。これはこれで凄い話なのですが、投票で広く才能を求め結集させるはずの民主主義が、人材発掘の根幹部分で、一部の血族、財閥に牛耳られている光景を目の当たりにした瞬間でした。彼らに悪気があるかどうかは別として、事実としてそうなっていることは、理解しておく必要があります。

T氏の人脈は、自民党、民主党内部に広がっていますが、T氏にとっては、政党の主義主張などは全く意に介していなかったように見受けられました。当たり前でしょう、どちらに転んでも自分の意向は確実に権力中枢に伝わるのですから。

......なお、T氏からは、「広島に原爆を投下したのはエノラ・ゲイ号ではない」など、他にも驚くような証言を聞かされています。もう歴史の教科書を読むのが馬鹿らしくなるほどです。これらについては、機会をみてまたご紹介したいと思います。

身はいかに なるともいくさ とめにけり
ただたふれいく 民を思ひて

           昭和20年 昭和天皇

旧陸軍士官が語った歴史の真実 その2

http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/05929326c7f6e6d9fbe6791703dadae6

写真1:広島における原爆投下後のキノコ雲~下の写真

さて、この写真はいったい誰が撮影したのかみなさんお考えになったことがあるでしょうか?常識的に考えればエノラ・ゲイ号に随行した米国友軍機内の兵士と考えるのが一般的ですし、書籍・ネットでも、「米軍撮影」とキャプションが打ってあるものがほとんどです。これについて、T氏は再び驚くような証言をされます。

T氏「教科書によく掲載されている広島の原爆投下の写真ですが、あれは私が撮影したのですよ。戦後、進駐軍に接収されて米軍のものになってしまいましたが。」

日月土「どうやって撮影されたのですか?敵機が多かったと思いますが?」

T氏「キ○○式(正確な名称は失念しました)という偵察機からです。当時の日本軍機には珍しい機内与圧が可能な偵察機で、敵爆撃機よりも高い高度で航行が可能でした。敵機による新型爆弾の爆撃情報が事前に入ったので、状況を記録するため出撃したのです。私は、敵爆撃機の動きをその更に上空から観察していたのです」

T氏が搭乗していたという偵察機については、その後その存在を調べましたが、既存の年鑑などでは見つけ出すことができませんでした。ただし、ある旧軍機マニアの方から次のような回答を頂いてます。

「その型の存在を知ってるのですか!よほどの軍機マニアしか知らない情報ですよ」

■原爆を投下したのはエノラ・ゲイ号ではなかった

T氏と私の会話は更に続きます。

日月土「それでは、原爆を投下したのはB29、エノラ・ゲイ号だった・・」

T氏「それは違います。私が見た爆弾投下機はB29ではなかった。しかも、その投下機は爆風の回避行動に失敗して損傷を受け、しばらく飛行を続けていましたが、山口県の山中に墜落しました。私の乗った機は、その爆撃機の行動を上空からずっと追跡していたので、間違いありません」

写真3:写真はボーイングB17、T氏が目撃した爆撃機とも異なるが、形状は
    こちらが近いとのこと。使用されたのは、おそらくB17の原爆投下用
    改造機材と考えられる。B29と見間違うはずがない。



日の丸をつけたB17~日本軍が落としたのか??山口県の山中に落ちたB17に日の丸がついていたかは分からないがここまで隠すには理由があるのだろう。日本製起爆装置が鍵になるか?日本での空襲や原爆を指揮したとされるルメイ大将が戦後勲一等を授与された裏には原爆投下の黒魔術を指揮して天皇やヨハンセングループのコラボで第二総軍を皆殺しできた功績だったかもしれない。こうなるとパラノイアでしょうね

http://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/37039066.html

ここに日本軍に捕獲され日の丸をつけて飛行するB17の写真がある

愛称はフライングフォートレス(Flying Fortress=空飛ぶ要塞)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/B-17_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

何ということでしょうか、広島に原爆を投下したのはB29ではなかった。つまり、エノラ・ゲイ号ではなかったということ。世界中の戦史、歴史教科書に記されているだろう、悲惨な原爆の記述は、その投下機材の説明から嘘で始まっていることになります。

ただし、米国内プロパガンダの視点から考察すれば、原爆を投下したのが特殊なカスタム機材で、それが墜落・消滅してしまったため、量産型のB29を引っ張り出し、エノラ・ゲイ号としてヒーローに祭り上げ、戦意高揚に用いたという米国軍の意図はわからなくもありません。

しかし、理解できないのは、原爆投下機が国内に墜落しながら、その情報を一切表に出さない日本軍の不可解さです。原爆投下情報を日本軍が事前にキャッチしていたとの話は、戦史研究家の間でも有名な話なので、ここでは敢えて取り沙汰しませんが、国内プロパガンダ、または米国・世界に対してアピール力の高い原爆投下実機の存在を、何故今もって内外に隠すのか全く不明です。

ここからは推測になりますが、投下機墜落事実の隠蔽は「米国が原爆で日本をねじ伏せた」という日米合意の戦争シナリオに悪影響を与える危険があると判断されたからではないのか?もしかしたら、広島原爆投下の9日後にバタバタと終戦を迎えたのは、日本が原爆の威力に屈したからではなく、不都合な情報が拡散する前に、戦争をシナリオ通りに終結させるするためだったのかもしれません。米軍機墜落の隠蔽といい、何だか、その40年後に起きる未曾有の航空機惨事に似ていなくもありません。

管理人注:仮にそうだとすると日本製の起爆装置で投下したと考えられるが一体T氏とは誰ですか? その1に書いてありましたが本当でしょうか?まず仮に空中投下だった場合その衝撃でB17は山口県の山中に墜落したため長崎では地上起爆としたと推論が出来る。しかし起爆装置も含めて広島と長崎は日米合同実験であったと結論づけていいだろう。本土徹底抗戦を旗印とした第二総軍を広島に集めピンポイントで皆殺しできたのは日米共同作戦でなければできなかっただろう。

時近ければなり その4

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/263.html

上海にいたサッスーン、ジャーデイン・マデイソンというロスチャイルド財閥から援助され財をなした吉田健三は、ある長崎の女郎が生んだ子供を養子にする。吉田茂その人である。その子が長じて東大法科に裏口入学し、牧野伸顕の娘雪子と結婚する(管理人注:その女郎の父親はおそらく吉田健三か牧野伸顕であろう。吉田茂の子どもに吉田健一がいる)。満州利権を守るため、田布施の一族(管理人注:田布施とは朝鮮人部落のこと)と血の契りを結ぶ。のちにヨハンセン・グループを作り、天皇の承認のもとに、アメリカ大使のジョセフ・グルーに極秘情報を流し続ける。

注:牧野伸顕

http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/280400/p010478.html

参考:大日本帝国陸軍

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E9%99%B8%E8%BB%8D

久邇宮徳彦王殿下(のち梨本宮守正王妃伊都子殿下御養子)

http://miyake.yaekumo.com/Kuni.html

検索すると

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RA0EKjsjZXbW0AftKJBtF7?p=%E4%B9%85%E9%82%87%E5%AE%AE%E5%BE%B3%E5%BD%A6%E7%8E%8B%E6%AE%BF%E4%B8%8B&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

日本刀

http://cb1100f.b10.coreserver.jp/collection_1z_11.html

日本の華族一覧

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%8F%AF%E6%97%8F%E4%B8%80%E8%A6%A7

[竹下雅敏氏]八咫烏の下部組織「赤龍会」の総長だったと思われる陸軍軍人・上原勇作 ~日本の真の支配層は古代イスラエル人の末裔である~

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=110301

イブリン・ド・ロスチャイルド卿が2007年17日にロスチャイルド銀行グループでの全ての自分の持ち株を売却し、ロスチャイルド銀行王朝との直接的金融関係を終らせた。2003年のロスチャルド一族の英仏統合に続く組織改革はGUY Rothschildなき後の世界の力関係は急変している。

宮崎正弘氏のメルマガには.....

http://melma.com/backnumber_45206/

その前のメルマガでは

2016年、ハザールマフィアたちの悪行に対する追及が加速している。ヨーロッパにおいても前代未聞の出来事が発生している。2015年、フランス政府によってロスチャイルド一族のパリ家当主デイヴィッド・ド・ロスチャイルドが起訴され、彼を裁判に引きずり出すために国際指名手配が出されている。本人は、裁判所への出頭を求めるフランス当局から逃れるために今もどこかに身を潜めている。あのロスチャイルド5家(ロンドン、パリ、フランクフルト、ウィーン、ナポリ)の一つの当主が指名手配されるなど、10年前には考えられない事態と言っていい。また、マレーシアやスイス、アメリカの当局が捜査を進める「マレーシアの政府系投資ファンドを巡る疑惑」において、ゴールドマン・サックス東南アジア部門の元会長・ティム・ライスナーが捜査対象となっている。さらに、「ドイツ銀行」や「JPモルガン・チェース」や「エドモンド・ド・ロスチャイルド銀行」までもが捜査対象になっている。

国敗れてマッカーサー

http://www.prideandhistory.jp/book-archive/book1/section1/chapter5/clause4/000341.html

おまけ

たまごかけごはんに管理人は名古屋コーチンを使っています~高いですが

https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%B3%E7%89%A9%E8%AA%9E




Infowarsのビデオにしては珍しい内容です。人はヒトラーの演説の内容に感化されたのではありません。ヒトラーの気に驚愕したのです。現在のロスチャイルド家の人たちはまるで蝉の抜け殻のようです。ロックフェラーも失権していますから国務省のヌーランド組は要注意かも。

ヌーランドの夫ロバート・ケーガンは糞野郎?

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/929.html

貧乏と無知は犯罪です

http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11875622468.html?frm_src=thumb_module

九州財界の重鎮死す

http://blog.goo.ne.jp/nobody-loves-you/e/91d892a1c55657d0e82bc2cc9f4b0183

四元義隆

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%85%83%E7%BE%A9%E9%9A%86

いずれも陸大ではないが.....

歴史という生命現象で考える

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/995.html

関連記事:日本の黒幕だった四元義隆

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1764

Wikiでは~https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%85%83%E7%BE%A9%E9%9A%86

重信末夫 - 同郷の同志。

重信房子の実父

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E4%BF%A1%E6%88%BF%E5%AD%90
 
 
》記事一覧表示

新着順:265/3549 《前のページ | 次のページ》
/3549