teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:244/3533 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

サタニズムの世界はもうすぐ終わるのです

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年 5月19日(木)18時04分7秒
  通報 返信・引用 編集済
  世界を動かす悪魔の地下経済~コメントに注目

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/482.html

https://youtu.be/V0WnTmYMIko?t=115

東京オリンピックのスポンサーはタックスヘイブンの(サタ二スト)企業ばかり

http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/342.html

五輪招致疑惑 バッハ会長「疑惑があるとすれば好ましくない」

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00325104.html

サンへドリンは70名以上の男に支配されている

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3363

自分の夫に最後のとどめを刺したのは..........

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/768.html



マリリンモンローとの尋常でない浮気を知っていたんでしょうね,きっと。アーネスト・ヘミングウエイは「日は又昇る」のなかで「女というものはいつ請求書をだそうかとばかり考えている」と言っていましたがこれがその請求書

関連記事:悪魔に愛された女

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/483.html

Chateau Amerois

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/503.html



ビデオ右側のリンク参照

ヘッセンカッセル家がロスチャイルドの主人

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/2534

投稿者:まさ
2013/7/11 10:17
この記事の中に出てくるカナダの事ですがほぼ現実にあったのではないかと思えます。自分は縁がありカナダの西部のカムループスと言う田舎町に暫くの間住んでいた事があります。その時にある人物からその町の影の歴史を聞く事が出来ました。その前からある程度の話(宗教、文化を矯正された、言葉を奪われた)などは聞いていましたが。その時聞いた者はネイティブのシュースワップインディアンの子供達の学校で宣教師達が子供達を犯していたという事です。ですからさもありなんです。

http://irsr.ca/kamloops-residential-school/

http://www.canadiancontent.ca/issues/0499firsted.html

投稿者:景子
2013/3/11 18:40
拉致被害者の子供達の中にロスチャイルド家のJacobs氏のお子さんがいることは、嘆かわしいことです。Jacobs氏は愛人に孕ませた子をAmerois城の儀式殺人用に彼は提供しているのです。顔形や目元はJacobs氏に生き写しであるにかかわらず。。。
この城では、表向きは鹿の狩猟ですが、かくれんぼ兼児童狩猟まで行われているのです。王侯貴族や富豪達がライフルで森を逃げ回る子供達を鹿のように射殺するのです。ドーベルマンを連れているので逃げ切れません。
またドーベルマンに一定期間食事を与えず、子供達のいる部屋に放ち、子供を食わせても泣かない女の子の中からMother Godess候補生が選ばれます。
なんとかしてこの子達を強制収容所から解放できないものでしょうか。イランの核施設を視察することをEUが要求するのなら、Amerois城の視察も要求されるべきですよね。
私には早く解放されるように祈ることしかできないけれど、この城の領地内にはカトリック様式のチャペルが城の離れに別にあり、その地下に、1000のライトのあるプラネタリウムがあり、そちらで儀式殺人が行われるようです。教会の庭から地下へ降りる階段があり、7つのファサドがありますが、そこから7人の証人である子供達と彼らに生贄に供される子供達が入場するための7つの入場口があります。

投稿者:景子
2013/3/11 18:25
Amerois城に拉致され監禁されている子供達の中でも、Monarch Beta Sex Slaveとして訓練された美少女で金髪の少女の中でも王侯貴族に気に入られた子は献上されるので生き延びるようです。
http://files.abovetopsecret.com/images/member/16af6c59af6e.jpg
彼女はPatricia Zeevaertと言い、ベルギーのフィリップ殿下の愛人でしたが、奴隷を解放され、普通の一般人になり、競輪選手と結婚しました。

投稿者:景子
2013/3/11 18:10
管理人さんはにわかに信じられないと思いますが、サタニストの時代はもうすぐ終わるのです。この地球にはある時期にさる日本人によって巨大な結界がはられたのです。サタニスト達がどんなに儀式殺人をしても魔界と交信できなくなっており、大混乱が起きているので、イルミナティの権力や権威が大幅に弱まっているのです。
恐れていたロスチャイルドの高齢者のリーダー達が実はすごく馬鹿だったという証言をしている元サタニスト達が急増していると思いませんか?彼らは魔界と交信できなくなったら、自分の能力で対処することができないことが判明し、下部のメンバー達から威信を失っているのです。
サタニスト達は、輪廻転生を超えることができると豪語していましたが、それはサタニストは赤ちゃんのときのDNAのサンプルを特殊カプセルに保管しておき、サタニストの死後、彼らの子孫や側近によってDNAを再生し、儀式殺人を行い、魔力によって彼らの魂を新しいDNAに吹き込むという方法で、とかげのように再生し、何世紀にも渡って死んでいなかったのです。
半分、アトランティス文明の高度テクノロジーであり半分魔界との交信によって再生していましたが、地球に張られた結界によって魔界と交信することができなくなった為、、彼らは再生すらできなくなってしまったのです。つまり、彼らは輪廻転生に今後、落ちるということです。どんなに悪事を重ねても地獄の火に焼かれる運命から逃れる方法を知っていると思ってほくそえんでいたサタニスト達が、今顔面蒼白になっているのは、魔界と交信できなくなったことによって新兵器やら株式情報やら巨万の富を得る方法を魔界に質問できなくなったばかりでなく、地獄の業火に焼かれる運命が待ってることの恐ろしさに震えおののいているのです。
管理人さんは、これからやるべき役目があると思います。神の道、人の道、法の道の3つを守ってこそ運命が守られる時代が来るのです。見せ掛けだけの信仰で、隠れて殺人をやってもばれなきゃとがめを受けずに済むという時代はもうすぐ終わるのです。

投稿者:景子
2013/3/11 18:10
ドラゴン座から来たピンダロス、ピンダール(PINDAR)はThe Lizard Kingトカゲ王であり、現在、ピンダロスは、人間のベルギー人に憑依しており、その霊的な名前を
「The MARQUIS DE LeBEAUX」と言われています。何故ベルギー人だと言われているかと言えば、彼がベルギーのAmerois城で育ったからです。
PINDARとはエンディバラ公フィリップ殿下のことですが、彼はフランス語、ドイツ語が堪能であり、秘密主義が徹底しているイルミナティの世界では、PINDARとして誰かに会うときは彼は仮面に
マントをつけて身分を隠して登場します。Amerois城に精通しているので、いつしかPINDARはベルギー人だとささやかされるようになったと推測します。
PINDARは、仮面にマスクをつけて、世界中の「ルシファーの花嫁」の候補達に、マンツーマンで講義をすると言われています。この講義を終えたら、すべての項目をクリアしたことになり「ルシファーの花嫁」として
Mother goddessになれるのです。冷静に考えればイルミナティの真の支配者であるPINDARは、エリザベス女王の夫君ほどの身分のある人間でなければ支配など無理でしょう。

私は、ノストラダムスの予言に彼の死について予言されている詩を見つけました。

Mabus puis tost alors mourra, viendra
De gens & bestes vne horrible defaite :
Puis tout à coup la vengence on verra
Cent, main , soif, faim , quand courra la comete

そしてマビュスがその時すぐに死ぬと、到来するだろう、
人々と獣たちの恐るべき崩壊が。
そして突然目撃されるだろう、報復と
100の手、渇き、飢餓が。彗星が巡るであろう時に。

MabusとはPINDARであるThe MARQUIS DE LeBEAUXすなわちエンディバラ公フィリップ殿下のことであり、3月10日ごろから4月の下旬にかけて現れるパンスターズ彗星の出現の間に、お亡くなりになると私は思います。
そしてイルミナティのサタニストの組織そのものの崩壊が目撃され、生き血を飲めなくなったレプティリアン達はのた打ち回って苦しんで亡くなることをノストラダムスは予言しています。

カナダ先住民に関する記事

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1991382.html

神様による存在の仕組み

http://www.geocities.jp/sayufm_musiclabo_s/micoHP/NextSanko/kamino-souzou.html

管理人注:そしてすべての聖書の意味が十分理解できたときスウェデンボルグが言うようにはじめてイエスは再臨されるのです。それが再臨の意味です。イエスが天から降りてきて悪人をバッタバッタと切り捨てる意味ではないのですよ。すべてのキリスト者は胸に手を当ててよく考えること

宗教を考える

http://www.geocities.jp/sayufm_musiclabo_s/micoHP/NextSanko/d8.shukyou.html

OUT OF EDENは終了しました

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1.html

神の超越性は人間の内面にあり

http://megalodon.jp/2009-0318-0304-50/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/299.html

神の存在証明と不存在証明

http://megalodon.jp/2009-0127-2212-16/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/95.html

管理人注

われわれの突きとめようとしている要因は,単一なものではなく複合的なもの,つまりなにかある実在者ではなく関係である。この関係を,二つの非人間的な力の相互作用と考えてもよいし,二つの超人間的な人格の遭遇と考えてもよい。多分それが我々を問題解決の方向に導いてくれるだろう。

 二つの超人間的人格の遭遇は,人間の想像力の構想したもっとも偉大な劇のうちのいくつかの筋になっている。ヤーウエ(エホバ)と蛇との遭遇が,創世記の中で述べられている人間堕落の物語の筋であり,シリア社会に属する人々の魂がしだいに啓発されてゆくにつれて変貌した,同じ対立者の第二の遭遇が贖罪の物語を述べる新約聖書の話であり,主(神)とサタン(悪魔)の遭遇がヨブ記の筋であり,主とメフィストフェレスの遭遇がゲーテの『ファウスト』の筋であり,神々と悪魔たちの遭遇がスカンジナビアの「ヴォルスパ」Voluspa(韻文エッダの中に収められている詩で女預言者の預言の意味)の筋であり,アルテミスとアフロディテの遭遇がエウリピデス(ギリシャの三大悲劇詩人の一人)の「ヒッポリュトス」の筋である。

 また同一の筋が形を変えたものとして,まさに"原初以来の象徴”とでもいうべき~処女とその子の父との遭遇の神話がある。この神話に姿を現す人物は,無数の異なった舞台の上で,無限の異なった名前のもとに,振り当てられた役を演じてきた。ダナエと黄金の雨,エウロペと牡牛,雷に打たれる大地としてのセレメと雷を投げつける空としてのゼウス,エウリピデスの悲劇『イオン』の中のケルサとアポロン,などというふうに。同じ主題が変貌して(訳者注:トインビーが変貌,つまりtransfigure,とかtransfigurationという語を用いるときは多くの場合マタイ福音書17章に述べられているキリストの変貌によって象徴的に示されているような,現世的なものから霊的なものへの変化というニュアンスを伴う)受胎告知の中に現れる。

 今日の西欧社会においても,この変幻自在の神話が,太陽系の発生に関する天文学者の結論という形で姿を現している。数学的天文学者の口から,全ての複雑な計算が終わったのちに(管理人注:複雑でなく非常に単純なこと)またもや,未開の自然児の口で語り継がれてきたあのおなじみの物語,太陽女神とその誘拐者の神話が飛び出すのである。神々が美しい人間の娘にうつつを抜かし,被害者の名前をずらっと詩の中に並べ立てることができるほど大勢の娘をものにした。あののんきなヘレニック社会の神話の世界においてすら,やはりそういう出来事は大事件であり,いつも英雄の誕生という結果を生んだ。

 ヨブ記において「神の子たちがきて,主の前に立ち,サタンもきてその中にいた」<ヨブ記1:6>日は明らかに異例のできごとと考えられている。またゲーテの『ファウスト』の冒頭に置かれている”天上の序幕”における,主とメフィストフェレスの遭遇(ヨブ記の冒頭からヒントを得たもの)も同様である。この二つの劇のどちらにおいても,天上の遭遇が地上にもたらす結果は,途方もなく大きなものである。ヨブとファウストの個人的試練は,無限に多様な人類の試練を,直感的な創作の言葉で表現したものである。

 そして神学の言葉では,この同じ重大な結果が創世記と新約聖書の中に描かれている超人間的遭遇の後に起るものとされている。ヤーウエと蛇の遭遇の後に起るアダムとエバの追放は,人間の堕落にほかならず,新約聖書におけるキリストの受難は人間の救済にほかならない。どの場合も物語りは陰の状態からはじまる。ファウストは知識において完全であり,ヨブ記は善行と幸運において完全であり,アダムとエバは罪のなさと安楽さにおいて完全であり,グレートヒュン,ダナエその他の処女たちは純潔と美しさにおいては完全である。天文学者の宇宙では,完全な球体である太陽は,みずからの軌道の上を完全無欠の姿で運行する。陰がこのように完全なときには,それはいつでも陽に移行できる状態にある。

 その移行を引き起こすものは何であるか。定義上その本性にしたがって完全な状態の変化は,外部からくる衝動あるいは動機があってはじめて生じる。もしもその状態が物理的な平衡状態だとすれば,もう一つの星をもってこなくてはならない。もしそれが精神的な至福ないしは”ニルバーナ”涅槃の状態だとすれば,もう一人の役者を登場させなければならない。これが創世記の蛇,ヨブ記のサタン,『ファウスト』のメフィストフェレス,スカンジナビア神話のローキ(最初は冥界の悪霊,のちにオーディオンの兄弟であると同時に諸神の敵であった),処女神話の処女を愛する神の役割である。

 もし神の世界が完全なものであるならば,その外に悪魔がいるはずはないし,また一方,もし悪魔が存在するならば,悪魔がそれをそこなうためにやってくる完全さは,そもそも悪魔が存在することそれ自体によって,すでに不完全なものであったに相違ない。この論理的矛盾は,論理的には解消することができないが,詩人と預言者の象徴において直感的に超越することができる。詩人と預言者は全能の神に栄光を帰しながらも,神が二つの決定的な制限をこうむっていることを当然と考える。

 第一の制限は,神は自分のすでに創造したものが完全であるがゆえに,もはやそれ以上創造活動を行う機会を見出すことができないという点である。もし神が超越的なものと考えられているとすれば,神の創造活動によって造られた作品は,今も昔も少しも変わらず栄光に輝くものであって,「栄光から栄光へと<主と同じ姿に>変えられてゆく」<コリント後書3:18>ということはありえない。神の力に加えられている第二の制限は,外部から神に新たな創造の機会が提供された時には,神はその機会を受け入れないわけにはゆかないという点である。悪魔が神に挑戦するとき,神はその挑戦に応じることを拒むわけにはゆかない。神はこの事態を受け入れなければならない。もし拒絶すれば,神はみずからの本質を否定し,神たることをやめることになるからである。

 このように神は論理的には全能でないとしても,なお神話的には敗れることを知らぬものであろうか。神は悪魔の挑戦に応じなければならないとしても,その後に続く戦いにおいて勝利をおさめるに決まっているのだろうか。エウリピデスの『ヒッポリュトス』では,神の役割を演ずるのはアルテミスであり,悪魔の役割を演ずるのはアフロディティであるが,アルテミスは単に戦いを断ることができないのみか,はじめから敗北するように運命づけられている。オリュンポスの神々の間の関係は無政府的であり,アルテミスはこの劇のエピローグにおいて,いつかは自分が悪魔の役割を演じてアフロディテに復讐してやろうと決意することによって,やっと自らを慰めるのである。

 結果は創造ではなくて破壊である。スカンジナビアの神話でもやはり同じように,破壊がRagnarok(ラグナロク)~すなわち,『神々と悪魔たちが互いに殺したり殺されたりする』神々の黄昏における結末である。神と悪魔との決闘のモチーフは「悪魔が明らかに負けることになっている賭けの形を取る」。この賭けのモチーフが構想されている古典的な作品は,ヨブ記とゲーテの『ファウスト』である。問題の点がもっとも明瞭に述べられているのは,ゲーテの戯曲の中においてではあるが,天上で主が悪魔メフィストフェレスとの間で,次のような取り決めが行われる。

ファウスト

このおれがのんきに寝椅子に寝そべるようなことがあれば,
その時すぐにおれはおしまいになるがよい!
お前がおれを甘言でだまし,
おれをうぬぼれにおとしいれることができたら,
お前がおれを快楽でたぶらかすことができたら,その日こそおれの最後の日となれ!
さあ賭けをしよう!

メフィストフェレス

よろしい!

ファウスト

このとおり約束したぞ!
おれが瞬間に向かってこういうことがあれば
まあお待ち!君は実に美しい!と,
そのときお前はおれをふん縛ってもかまわない。
そのときおれは喜んで滅びよう!
そのとき葬いの鐘がなるがよい。
そのときお前は奉公から開放される。
時計は止まり,針は落ちるがよい。
その時こそおれのおさらばする時になれ!
 <ゲーテ・ファウスト第一部1706行>

新約聖書でも,創世記の中で述べられているもとの形では,どちらかといえば,「ヒッポリュトス』の中のアルテミスとアフロディテの戦いと同様の結末になっているヤーウエと蛇との戦いに,同じ二人の敵対者の二度目の遭遇の啓示によって『ファウスト』と同じ結末が与えられている。ヨブ記でも『ファウスト』でも,新約聖書でも,賭けは悪魔の勝利に終わるはずがないこと,悪魔は神の事業に干渉するが神の目的を妨害することができず,かえってそれに奉仕するだけであること,神はたくみに難局を切り抜け,悪魔に悪魔がみずから首をくくる縄を与えることが暗示されているか,あるいははっきりと言明されている。それでは悪魔はペテンにかかったのか。神は,決して自分が負けるはずはないとわかっている賭けを受諾したのか。そういってしまうのは言いすぎであろう。もしそのとおりだとすれば,この契約全体がまやかしになってしまう。

実は遭遇でもなんでもない遭遇は,遭遇の必然的結果~陰から陽への転換という広大な宇宙的結果を生じるはずがない。悪魔が言い出して神が受諾する賭けは,神の創造の一部分におよび,したがって本当にそれを危殆に陥らせるが,しかし全体にはおよばないと考えるのが,おそらく正しい解釈であろう。<Study of Historyサマヴェル縮小版より要約・編集・解説>

おまけ~生理的に受け付けない文章 小林秀雄

http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/437408581.html

管理人が受験生だった頃こればかりだった。しかも文章が分断され小林秀雄自身だれの文書か分からなかったそうだ。当時大学にはキチガイが多くいて文部省はクレペリン検査を実施した。ただほんの一部の国立大学の学生を対象にし管理人も憶えている。つまりキチガイかどうかを調べているのだ。


 
 
》記事一覧表示

新着順:244/3533 《前のページ | 次のページ》
/3533