teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:276/3577 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

オバマ元ビンラディン大統領広島スピーチ

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年 5月31日(火)12時29分42秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www.nytimes.com/2016/05/28/world/asia/text-of-president-obamas-speech-in-hiroshima-japan.html?_r=1


広島 鳴らなかった警報 。 。 。 投稿者 HIKARI20121025

9分30秒から見てみましょう。エノラゲイの元乗組員はいいます。「物事には諸説ある。一部は事実だし.....ここで翻訳は中断(一部は事実ではない)。実際に何が起こったのかの詳細は......ここで翻訳は中断(これ以上見つけることは無理でしょう)と音声ではこうなっている。

石塚雄人~奴らを高く吊るせ

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPSPwU2U5X5TIA4suJBtF7?p=%E7%9F%B3%E5%86%A2+%E9%9B%84%E4%BA%BA&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

奴らを高く吊るせ~創価学会が泣いて悔しがる証拠

http://twilog.org/vagabond28/search?word=%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%81%8C%E6%B3%A3%E3%81%84%E3%81%A6%E6%82%94%E3%81%97%E3%81%8C%E3%82%8B&ao=a

石冢 雄人(奴らを高く吊るせ!)@vagabond28

創価学会が泣いて悔しがる証拠~真実の大石寺の所在地を示す土地登記簿

統一教会教祖・文鮮明は、裏天皇に従っていました。また池田大作は、文鮮明の弟子だったのです。創価学会が統一教会の下部組織であるというのは、こういう意味です。

石冢 雄人(奴らを高く吊るせ!)さんがリツイート

Yasu ?@noosa_noosa  ? 23時間23時間前

●私 (池田名誉会長)は、父から『日本のやり方はひどい。日本はもっともっと韓国を大切にしなければいけない。』と聞かされて育ちました。池田大作

 ( 1998年11月04日 聖教新聞 韓日友好を誓い「創価同窓の集い」 )

画像は下

追記:オバマさんの広島演説で翻訳捏造がされたようです

http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/05/blog-post_29.html



この手の類の演説原稿は翻訳のため事前に渡されていますから入念にはぐらかすことは可能です。(地上起爆であったことは)いずれ子供たちは知るでしょう=We can tell our children a different story

上記ブログ主さんによると.....「ある女性が、原子爆弾を投下した爆撃機を見たと言います」という天皇家側のサブリミナルが、オバマ大統領スピーチの日本語訳にワザと入れてある。オバマ大統領は、そんな事は、全く言っていない!ビデオの4:00から始まる~私も演説文を読みましたがそんな表現はないですね。『原子爆弾を投下した爆撃機』にこだわる理由は広島・長崎とも地上起爆でありそれが公になれば(もうなってますが)天皇制崩壊につながるからです。

以下は最新版英語・日本語

http://nikkidoku.exblog.jp/25273980/さんより

The following is a transcript of President Obama’s speech in Hiroshima, Japan, as recorded by The New York Times.

[読売新聞訳に一部抜けがあったので修正しました]

2016年05月27日、オバマ大統領が広島市の平和記念公園で行った演説の全文(英語+日本語)です。

Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

71年前の快晴の朝、空から死が降ってきて、世界は変わってしまった。閃光(せんこう)と火の塊が街を破壊し、人類が自らを滅ぼす手段を手にしたことを見せつけた。

Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in the not so distant past. We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans and a dozen Americans held prisoner.

我々はなぜこの地、広島に来たのか。それほど遠くない過去に解き放たれた恐ろしい力について思いをはせるためであり、10万人を超える日本の男性、女性、子どもたち、多くの朝鮮半島出身者、捕虜になっていた米国人を含めた犠牲者を追悼するために来た。

Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become.

彼らの魂は私たちに語りかけている。もっと内面を見て、我々が何者か、我々がどうあるべきかを振り返るように、と。

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors, having learned to make blades from flint and spears from wood, used these tools not just for hunting but against their own kind.

戦争は広島だけに特別なものではない。多くの遺跡は、人類が初期の頃から、暴力的な紛争を行っていたことを示している。私たちの遠い祖先たちは、石から作った刃物や木から作ったヤリを狩猟の道具としてだけでなく、同じ人類に対して使うことを学んだ。

On every continent the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen, peoples have been subjugated and liberated, and at each juncture innocents have suffered -- a countless toll, their names forgotten by time.

どの大陸の文明の歴史も戦争で満ちあふれている。食糧の欠乏や金に飢えて行われたり、国家主義の熱や宗教的な情熱で戦争に駆り立てられたりしたこともあった。帝国が台頭し、衰退した。人々は奴隷になり、そして解放された。それぞれの節目で、多くの無辜(むこ)の人々が苦しんだが、数え切れない犠牲者の名前は、時とともに忘れられた。

The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth, and yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.

広島と長崎に残酷な結末をもたらした世界大戦は、世界の中で最も裕福で力のある国々の間で争われた。こうした国々の文明は世界の偉大な都市や素晴らしい芸術を生み出した。思想家は正義と調和と真実という思想を発展させた。だが戦争は、原始の時代と同様、紛争をもたらす支配欲や征服欲から生まれてきた。古くからのこのパターンが、制約を受けることなく新たな能力によって増幅された。

In the span of a few years some 60 million people would die: men, women, children -- no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death.

ほんの数年の間に、私たちと何ら変わりない6000万人もの男女や子どもたちが、撃たれ、殴られ、行進させられ、爆撃され、捕らわれ、飢えさせられ、毒ガスで殺された。

There are many sites around the world that chronicle this war -- memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity.

世界中にこの戦争を記録した場所がたくさんある。慰霊碑は勇気や英雄的な物語を伝え、墓標と空っぽの収容所は、言語に絶する悪行をこだまさせる。

Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity's core contradiction -- how the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our tool making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will -- those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

しかし、この空に広がったキノコ雲の姿は、我々にはっきりと人間性の中にある矛盾を想起させる。我々の考えや創造力、言語、道具を作る力といった、人類が自然とは違うことを示してくれる能力が、我々に不相応な破壊力も与えている。

How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? How easily do we learn to justify violence in the name of some higher cause?

物質的な進歩や社会的な向上が、こうした事実を見失わせたのか。我々はどれだけたやすく大義の為だと暴力を正当化してしまうのか?(後半部が読売訳にはなかったので、この2行は私訳)

Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness. And yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith has a license to kill.

すべての偉大な宗教は愛と平和と正義への道を約束する。それでも、どんな宗教にも、信仰ゆえに人を殺すことが許されると主張する信者がいる。

Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different. Science allows us to communicate across the seas, fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.

国家は、犠牲と協力のもとに国民を結束させる話をしながら勃興し、注目に値する功績を成し遂げることもあるが、これらはしばしば、自分たちと異なる人々に対する抑圧や人間性を奪うものとしても使われる。科学によって我々は、海を越えて交流し、雲の上を飛び、病気を治し、宇宙を理解することができる。しかし、こうした同じ発見が、より効率的な殺人マシンに変わってしまうこともある。

The wars of the modern age teach us this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.

現代の戦争は、我々にこの真実を伝える。広島がこの真実を伝えている。人間社会の進歩を伴わない科学技術の発展は我々の破滅をもたらしかねない。原子の分裂に導いた科学の革命は、道徳的な革命も求めている。

That is why we come to this place. We stand here in the middle of this city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see.

それこそが我々がここに来た理由だ。我々はこの街の中心に立ち、爆弾が落ちてきた瞬間に思いをはせずにはいられない。我々は、目にしたもので混乱していた子供たちの恐怖を感じずにはいられない。

We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

我々は静かな泣き声に耳を傾けている。我々は、あの悲惨な戦争、それ以前に起きた戦争、今後起こりうる戦争で命を落とした全ての無辜の人々に思いをはせる。

Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

そうした苦しみを言葉で言い表すことは出来ないが、我々は、歴史を直視し、こうした苦しみが再び起きないように自問する責任を共有している。

Some day the voices of the Hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of August 6, 1945 must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our moral imagination, it allows us to change.

いつの日か、証言する「ヒバクシャ」の声は失われていくことだろう。しかし、1945年8月6日のあの朝の記憶は、決して消えることはない。その記憶により、我々は現状に満足してしまうことに対して戦うことが出来る。我々の道徳的な想像力をかき立てる。変化をもたらす。

And since that fateful day we have made choices that give us hope. The United States and Japan forged not only an alliance, but a friendship that has won far more for our people that we can ever claim through war.

そして、その運命的な日から、我々は希望を与える選択を行ってきた。米国と日本は同盟というだけでなく、友情を築いてきた。我々は戦争で得られるものより、はるかに多くのものを勝ち取った。

The nations of Europe built a union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy. Oppressed peoples and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that worked to avoid war and aspired to restrict and roll back and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

欧州の国々は連合を築き、戦場を貿易と民主主義の同盟に変えた。抑圧されていた人々や国々は、解放を勝ち取った。国際社会は戦争を回避し、核兵器を制限し、減らし、廃絶する制度や条約を創設した。

Still, every act of aggression between nations, every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done. We may not be able to eliminate man's capacity to do evil, so nations and the alliances that we formed must possess the means to defend ourselves.

依然、国家間の侵略行為やテロ行為、政治的腐敗、残虐行為や圧政はこの世界に存在しており、我々の仕事が決して終わっていないことを示している。我々は、悪を働く人間の能力をなくすことは出来ないかもしれないので、国家や同盟は自らを守る手段を持つべきだ。

Among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them. We may not realize this goal in my lifetime, but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe.

だが、我々のように核の備蓄を持つ国々の間で、核兵器が完全に廃絶される世界を求め、恐怖の論理から脱却する勇気を持たなければならない。我々は、私が生きている間にこの目標を実現させることはできないかもしれない。

We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles, we can stop the spread to new nations, and secure deadly materials from fanatics. And yet that is not enough, for we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale.

根気強い努力は破局の可能性を減らすことができる。我々は(核兵器の)備蓄の破棄につながる道筋を描くことが出来る。我々は、新たな拡散を止め、死をもたらす物質が狂信者の手にわたらないようにすることができる。それでも、まだ、十分ではない。私たちが住む今日のこの世界では、粗末なライフルやたる爆弾が、暴力をさらにひどい規模にしかねない。

We must change our mindset about war itself -- to prevent conflicts through diplomacy and strive to end conflicts after they've begun; to see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation and not violent competition; to define our nations not by our capacity to destroy but by what we build. And perhaps above all we must reimagine our connection to one another as members of one human race -- for this too is what makes our species unique.

我々は、外交を通じて紛争を防ぐため、始まってしまった紛争を終わらせるため、戦争そのものに対する考え方を変えなければならない。暴力的な競争ではなく平和的な協力によって我々の相互依存を深化させる。破壊能力ではなく、我々が築いてきたものによって我々の国を位置づける。おそらく何より、我々は人類の一員としての互いのつながりを考え直さなければならない。これが、我々の(人間としての)種をほかにないものにしている。

We're not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.

我々は過去の誤りを繰り返すように遺伝子に組み込まれているわけではない。我々は学ぶことができる。我々は選択することができる。我々は子供たちに異なる物語を伝えることができる。共通の人間性を語り、戦争が起きる可能性を低減し、残酷な行いを容易に受け入れないという物語だ。

We see these stories in the Hibakusha: the woman who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.

我々はそれらの物語を「ヒバクシャ」に見ている。ある女性は原爆を落とした飛行機のパイロットを許した。彼女は本当に憎んでいるのは戦争そのものだと気づいたからだ。ある男性は、ここで犠牲となった米国人の家族を捜し出した。彼にとって、米国の犠牲も日本の犠牲も同じだと信じていたからだ。

My own nation's story began with simple words: "All men are created equal, and endowed by our Creator with certain unalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness."

私の国の物語は、シンプルな言葉で始まった。「全ての人間は生まれながらにして平等であり、創造主によって、生命、自由と幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられている」(米独立宣言)。

Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans.

その理想の実現は、米国の中でも、米国民の間でも容易だったことはない。しかし、その物語に対して正直であろうと努力する価値がある。それは、懸命に努力するための理想だ。大陸や海を越えて広がる理想だ。

The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: that is the story that we all must tell.

全ての人に不可欠の価値だ。全ての命は貴重であるという主張だ。我々は人類という一つの家族を構成しているという根源的で不可欠な考え方だ。それが、我々が伝えなくてはならない物語だ。

That is why we come to Hiroshima, so that we might think of people we love, the first smile from our children in the morning, the gentle touch from a spouse over the kitchen table, the comforting embrace of a parent.

これが、我々が広島を訪れる理由だ。 だから、愛する人のことを考えることができるだろう。朝に我々の子供が見せる最初の笑顔。キッチンテーブル越しの配偶者の優しいふれ合い。親からの優しい抱擁。

We can think of those things and know that those same precious moments took place here 71 years ago. Those who died, they are like us.

我々はそうしたことを考えることができ、71年前の広島で、同様の貴重な時間が営まれていたと知っている。

Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life and not eliminating it.

亡くなった人々は、私たちと同じような人々だった。ふつうの人はこうした考えが理解できると思う。彼らはもう戦争は望んでいない。科学の奇跡を、命を奪うためではなく、暮らしをよりよいものとするために使ってほしいと考えている。

When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

国家の選択や、指導者の選択が、この単純な英知を反映した時、広島の教訓が生かされたということだ。

The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting and then extending to every child.

世界はここ(広島)で一変した。しかし今日、この街の子供たちは、平和な日々を歩むだろう。それはなんと貴重なことか。それは守るに値することで、全ての子供たちへ広げていく価値がある。

That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

それは我々が選択できる未来だ。広島と長崎は、核戦争の夜明けとしてではなく、我々の道義的な目覚めの始まりとして知られなければならない。

春名幹夫 秘密のファイル「CIAの対日工作」~もうみんな知っていること

http://nikkidoku.exblog.jp/5101368/

ワクチンのパイオニア「メルク社」が明かした秘密が明らかになった



https://www.youtube.com/results?search_query=merck+vaccine+chief

これは英文

https://truthspace.wordpress.com/2007/12/05/merck-admits-injecting-cancer-viruses-sv40-and-others-in-millions/

ワクチンの中にガンや白血病のウイルスを入れないでください

http://ameblo.jp/64152966/entry-12129660495.html

これも生物兵器の一環です~Global2000の人類人口削減計画はカーター政権で議会承認を得ています。その背後にはBlack POPEのブレジンスキーがいました。Black POPEは二人いるのです。

http://megalodon.jp/2009-0130-2033-20/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/2.html







柳川さんはその後ヤクザから足を洗い堅気になり日本のプロ野球発展のために尽くしました。葬儀には王貞治氏なども参列したそうです。





実録安藤組

https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%AE%89%E8%97%A4%E7%B5%84



おおまにさんのところですごい記事がありました

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1992872.html





日本の裏金は200兆円

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1992868.html



2016/01/03 に公開

他のジャーナリズムとの違いは以下です。
A層と言われる人々ですら認識の薄い以下の重大なことは、

★最高裁判所、法務検察の正体は外交密約犯罪の番人です
★政治家の批判は計算された消耗パーツに過ぎません。
支配者の秘密結社にとって政治家は使い捨てで交代させる消耗パーツに過ぎません。政治?家が批判されて消耗するのは計算済みなのです。

★CFRなどの支配者層が本当に困るのは政治家などの個人批判されることよりも、最高?裁、検察、外務省などの霞が関という統治機構システムの本質そのものを見抜かれてしま?うこと→警察、検察、裁判所、外務省、官公庁、官僚などを否定していないとしたら本質?を深く見抜けていないB層ジャーナリズムです。

★統治機構システムそのものが見抜かれると政治家のように交換が利かないため支配者層?にとってダメージが高い

★野球で言えば選手(傀儡政治家)の肩が壊れても引退させて別の選手を入団させれば良?いですが、最高裁、検察、外務省などの本質を見抜かれてしまうと交換が利かないので球?団そのものが倒産するようなものです。球団が潰れたら支配できません。

★B層ジャーナリズムは政治家は批判しますが霞が関機構の闇構造を抉りません。そのた?め消耗パーツを取り替えるように人が変わります。
もともと政治家や選挙は民衆を民主主義国家であると思わせる騙しの茶番です。傀儡は見?抜かれたら入れ替えれば良いだけです。統治機構システムそのものの正体がバレたらそう?はいきません。交換が利かないからです。本当の政治は霞が関機構です。

★CFRなどの秘密結社が司法や検察を乗っ取ることは、日本そのものを乗っ取るような?ものであり、最高裁、検察を批判していないとしたらそのジャーナリズムの実態は支配者?層と日本支配の本質を見抜けていないB層です。

★本当に支配ルートを見抜いていれば必ず最高裁、検察、外務省の闇構造に辿り着いてい?るはずです。不正選挙よりも官僚のCFRによる不正人事のほうが根深い闇です。

★小泉・竹中政権、安倍政権はドラマで言えば木村拓哉さんのような俳優部門であり、霞?が関機構はドラマの脚本、演出、シナリオなどを担当しているようなスタッフ、監督で、?俳優を批判されてもダメージは少ないが気づきの低いジャーナリズムは最高裁と検察など?を批判していませんから、大衆も最高裁の不正と社会不条理の関係に気がついていません?。ここはA層ですら気づきの薄い部分です。

★小泉・竹中・安倍さんがやったという解釈は短絡的で、そのバックには国民から見たら?無名の霞が関権力の強大な力が働いてそういう人間が総理になるようにお膳立てされてい?ます。とくに最高裁、検察、外務省、財務省です。彼らこそが米国の資金調達工作員です?。

★A層といわれる人々も第一次世界大戦からの戦争や一見すると米国とは関係ないような?イラク、シリア、リビア、レバノン、ソマリア、スーダン、イランなどの内戦などが実は?米国主導の八百長で世界中の内戦、紛争はCFRなどの世界戦略で日本からの収奪で戦費?を調達していることには気がついていません。

★上記のことに気がついていたら戦争法案の猛抗議などは国会よりも霞が関に押しかけて?最高裁、検察、外務省、財務省、自民党の淸和会などにやるべきだったのです。ドラマの?抗議を俳優の事務所におしかけるようなものです。

★戦争法案などに賛成する議員が出てくるカラクリは法務検察、最高裁などの恫喝米策捜?査と米策司法による調整が根底にあり、そもそも議員だけを吊し上げていては枝葉末節的?です。その根底には最高裁と検察を使った恫喝と官僚組織のコントロールがあるからです?。小泉・竹中政権のときに不自然な法務検察の米策捜査と米策司法がありました。

★最高裁と検察などの不正は世界中の戦乱、武器、兵器調達の中枢であり、3.11テロ?資金ですら自国の最高裁と検察などが米策捜査と米策司法で調達しているのです。最高裁?や検察や外務省が3.11で東北の人を殺したことを見抜いていません。



2016/04/30 に公開

この動画でもメインテーマの最高裁判所の凶悪犯罪告発暴露本が出ました
http://sangokan.com/book/saiban.php
http://www.sangokan.com/book/gazo/sai...
コメントと評価ありがとうございます。コメントが表示されない不具合があるようです。
検察庁03-3592-5611(代表) 最高裁判所 03-3264-8111(代表) 広報係 03-3264-8151 外務省03-3580-3311 法務省03-3580-4111(代表)
世界中の人を殺傷する国際強奪窃盗団の法務省、検察庁、最高裁判所、外務省にガンガン?にクレームを言ってください。私もガンガンに言いました。どこも何も反論できませんか?ら。
以下のリンクで世界と日本の闇構造がわかります!
偽装された社会の本質を見抜こう1の動画全てのプレイリスト
https://www.youtube.com/playlist?list...



偽装された社会の本質を見抜こう2
https://www.youtube.com/channel/UCwEZ...

偽装社会シリーズ
https://www.youtube.com/results?searc...

警察24時の裏
https://www.youtube.com/results?searc...

裁判の闇 95%は八百長、ヒラメ裁判
https://www.youtube.com/results?searc...
生田暉雄元裁判官の最高裁事務総局の八百長裁判告発
https://www.youtube.com/results?searc...

最高裁や検察や外務省の戦費調達、凶悪犯罪暴露シリーズ
https://www.youtube.com/results?searc...

日本を支配するCFR(ユダヤ金融悪魔帝国の総本山) 世界の不条理の根源
https://www.youtube.com/results?searc...

警察、検察、裁判所、霞が関の正体は国際強奪窃盗団の実行犯だった!
https://www.youtube.com/results?searc...

激ヤバ告発
https://www.youtube.com/results?searc...

永田町の犯罪
https://www.youtube.com/results?searc...

高知県警極悪 高知白バイ事件
https://www.youtube.com/results?searc...

ライブドア事件の真相 三角合併実現のための日本乗っ取り事件です
https://www.youtube.com/results?searc...

元検察幹部 三井環さん告発シリーズ
https://www.youtube.com/results?searc...

日本を支配する秘密結社、シンクタンクCFR(ユダヤ金融悪魔帝国の総本山)
https://www.google.co.jp/search?q=%EF...

ドル防衛とCFR
https://www.google.co.jp/search?num=1...

弁護士や司法書士はやくざ同然

http://mainichi.jp/articles/20160415/ddm/012/010/029000c

日本の影の政府 CFR
https://www.google.co.jp/search?num=1...

http://www.enounce.jp/myspeed
この方法でブラウザのまま4倍速まで拡張して見れます。http://yamashitamasahiro.com/archives...

"血液の闇" http://www.sangokan.com/book/ketsueki...
https://www.youtube.com/results?searc...



白洲次郎はジグムント・ウオーバーグしょ庶子だった

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1198.html

長崎の秘密~この本は北朝鮮工作員が設立した成甲書房によるものです

https://vimeo.com/136436907

なぜトランプ氏は在日米軍費用を100%負担しろと言っているのか

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160530-00000039-nnn-int

答え:それは昭和天皇が沖縄に米軍駐留を依頼した公式文書が1947年に見つかったから

http://1tamachan.blog31.fc2.com/?q=%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%A4%A9%E7%9A%87

国家の最高権力者のしたこと その1

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-14890.html

その2

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-14884.html

本物黒酒 ?@honest_kuroki

抗議するなら皇居でしょ!! 悔しいけど、沖縄の米軍基地に抗議してる間は安倍は喜んでると思う。なぜなら、天皇が私利私欲で米軍の沖縄占領を熱望してこんな事態になっているのを隠せる?米公文書 http://www.archives.pref.okinawa.jp/collection/2008/03/post-21.html

"天皇メッセージ"(英国陸軍元帥が残したもの)

  米国国立公文書館から収集した“天皇メッセージ”を公開しました。(平成20年3月25日)

   同文書は、1947年9月、米国による沖縄の軍事占領に関して、宮内庁御用掛の寺崎英成を通じてシーボルト連合国最高司令官政治顧問に伝えられた天皇の見解をまとめたメモです。【資料コード:0000017550】

天皇メッセージ

   内容は概ね以下の通りです。

(1)米国による琉球諸島の軍事占領の継続を望む。

(2)上記(1)の占領は、日本の主権を残したままで長期租借によるべき。

(3)上記(1)の手続は、米国と日本の二国間条約によるべき。

  メモによると、天皇は米国による沖縄占領は日米双方に利し、共産主義勢力の影響を懸念する日本国民の賛同も得られるなどとしています。

  1979年にこの文書が発見されると、象徴天皇制の下での昭和天皇と政治の関わりを示す文書として注目を集めました。天皇メッセージをめぐっては、日本本土の国体護持のために沖縄を切り捨てたとする議論や、長期租借の形式をとることで潜在的主権を確保する意図だったという議論などがあり、その意図や政治的・外交的影響についてはなお論争があります。

≫PDF画像(2頁)(226KB)拡大画像

http://www.archives.pref.okinawa.jp/collection/images/Emperor%27s%20message.pdf

以下は関連ありませんがNikkeiWebより

増税延期で強まる格下げ懸念 邦銀最大のリスクに

2016/6/1 16:44日本経済新聞 電子版

 安倍晋三首相が1日夕に正式表明する消費増税再延期の「余波」に銀行界が身構えている。財政再建の遅れから日本国債の格下げリスクが高まり、銀行の格付けも引き下げられる恐れがあるためだ。

 「消費税率の引き上げは予定通り実施すべきだ」。全国銀行協会の国部毅会長(三井住友銀行頭取)は4、5月の記者会見で繰り返し訴えてきた。「社会保障の安定財源や財政の信認を確保するため」だが、銀行界にも及ぶ影響を意識した発言だったのは間違いない。

 安倍首相が最初に消費税率10%への引き上げ延期を表明したのは2014年11月18日だった。真っ先に反応したのが米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービス。12月1日に日本国債、翌日に三菱東京UFJ銀行や三井住友銀など邦銀5行の格付けを下げた。

 15年9月には米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)も国債とみずほフィナンシャルグループ(FG)などの金融機関の格付けを引き下げた。邦銀は日本国債を大量に持ち、金融危機など有事の際は公的資金の注入といった国の支援も想定されるため、格付けが国債と連動しやすい。

 今回はどうか。「ただちに国債や銀行の格付けが下がるわけではなさそうだ」。あるメガ銀幹部は格付け会社との対話を踏まえ、そんな感触を口にする。格付け会社によっては無理に増税して消費が冷え込み、結果的に税収が減っては元も子もないという考えもある。要は財政再建と経済成長のバランスが取れた政策が実行されるかどうかが大事というわけだ。

 それでも債券市場では「再び国債の格下げリスクは高まる」(メリルリンチ日本証券の大崎秀一氏)との見方が広がる。選挙にらみなど政権の思惑をはらんだ今回の増税再延期は「財政再建の展望が見えなくなり、これまで以上に背景が深刻」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の稲留克俊氏)だからだ。

 日本国債、ひいては邦銀の格下げが起こった際に銀行経営にはどんな影響が及ぶのか。日銀が異次元緩和で国債を大量に買い入れており、長期金利が急騰(国債価格は急落)して銀行が抱える国債に多額の含み損が生じるという展開を想定する向きは少ない。ただし、いつ吹き出すか分からない金利上昇の「マグマ」は一段とため込まれる。

 より直接的に影響が出てきそうなのは邦銀の「アキレスけん」であるドル調達コストの上昇だ。銀行の信用力が下がれば、昨年来の同コストの上昇傾向にいっそう拍車がかかる恐れがある。

 国内の低収益を補うため国際展開を加速してきた3メガバンクは合算の海外融資残高が16年3月末に80兆円を超え、4年で倍増。外貨調達のコスト上昇は海外事業の採算悪化に直結する。

 「海外調達はいまや邦銀が抱える最大のリスク」(マネックス証券の大槻奈那氏)。リーマン危機の再来回避を理由にした今回の増税延期がかえって邦銀の信用力低下を招き、金融不安の下地をつくることになるとすれば、皮肉としか言いようがない。

(斉藤雄太、高見浩輔)

EU離脱なら波乱相場に

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO03107220S6A600C1000000/


 
 
》記事一覧表示

新着順:276/3577 《前のページ | 次のページ》
/3577