teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:229/3535 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ダメダメ情報センター

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年 6月 7日(火)15時55分26秒
  通報 返信・引用 編集済
  虚 偽 が ま か り 通 る 時 代 に は、真 実 を 語 る 事 は、革 命 的 行 為 で あ る~ジョージ・オーウエル

真のブロガーは自分を捨石にし命をかけてステルス性を明らかにしている人たちをいう

日本を支配する闇の権力構造~必読

http://heiseituusinn.main.jp/index.html



これがFEMAでありNWOなのです。

2014/03/24 に公開

~~~当動画の意図をご理解頂けた方は、多方面に共有をお願いいたします~~~

<内容をThe Soviet Storyより引用> http://www.sovietstory.com/

人類の科学文明による二酸化炭素が温暖化・気候変動の主要因である、という仮説を根底とした扇動的な運動があります。その一方で、原子力発電にも執拗に反対する運動もあります。こういった科学技術に対する昨今の環境問題の根底には、反資本主義思想があります。つまり共産主義です。更には優生思想、人種差別、という思想も底通しています。共産主義の本当の姿を当クリップで目にしてください。

更に当クリップは第二次世界大戦当時の真相も同時に示唆します。特に日本が一方的にア?ジア諸国を侵略、略奪した為に、欧米による裁きを受けた、という戦後教育がまかり通っていますが、その欺瞞、偽善に気付くきっかけになります。

ドイツ・ヒトラーが世界大戦を仕掛けるのに最初に手を貸した、つまりそのきっかけを作ったのはソビエト・スターリンです。その時点で、第二次大戦に関してソビエトも完全に同罪だった訳です。更にスターリンは共産主義の名のもとに、数えきれない自国民も殺害してきました。そういった国家が、極東軍事裁判で検事側=正義として、アメリカ、イギリス等とともに日本を裁く資格が果たしてあったのでしょうか。そんな国が裁く側にいた、それをアメリカやイギリス、オーストラリアも許していた、という事実一つだけでも、かの裁判が茶番劇であった事の何よりの証拠です。

同時にスターリン、共産主義による脅威が当時の日本にとって隣国に位置し、彼らの南下政策による脅威にさらされていました。それは朝鮮、シナともに同じ事でした。故に、日本は彼らを助ける事も含めて、死に物狂いで戦っていた、というのが真相です。日本が助けに行かなければ、朝鮮半島は今頃はロシア領である、という事も十分に考えられます。事実、朝鮮が今の南北に分割してしまったのは、朝鮮戦争当時にシナが介入したがためで?した。

日本は国として、アジアに好き好んで殺戮、収奪に向かった事など、一つもありません。日本がロシアやソビエト国内、ヨーロッパ、アメリカに収奪に向かった事などありません。収奪していたのは欧米の方なのです。日本はナチスによるユダヤ人虐殺には全く手を貸していません。日本が仕方なく当時のドイツと条約を結んだのは、スターリンという脅威?を東西から牽制する為でしかなかったのです。

歴史の真実と向き合いましょう。犠牲者は日本人だけでなく、このクリップが示す通り欧米、他アジア各国にも沢山いらっしゃいます。当時の偽善者らの欺瞞にいつまでも目をそむけ続けるという事は、日本のみならず、世界中の無実の犠牲者の無念を冒涜する行為であり、それは何も歴史から学んでいない、という事と同じです。偽善を止めない限り、ま?たそれを無視する者がいれば、民衆は力の限り声をあげて行かない限り、同じ歴史が繰り返されてしまうことでしょう。

======================

共産主義とグローバリズムが、実は同根である事の理由について、こういった動画もご参照ください。スターリンは確かに殺人総裁でしたが、更に思考を進めて行くと、世界を動かしてきた背後の要因が明らかになってきます。

管理人注;それは支配者と血縁が全てなのです

<馬渕睦夫と国難の正体を暴く>
https://www.youtube.com/watch?v=Rl7oy...



日本の裏金は年間200兆円を超える超戦争犯罪国 年間自殺者18万人の対米従属の刃 米国戦争屋の手先である霞が関、裁判所に騙されるな!医療殺人と数千兆円の強奪と数千万人殺害の秘密 戦争犯罪!偽装社会

2016/04/30 に公開

この動画でもメインテーマの最高裁判所の凶悪犯罪告発暴露本が出ました

http://sangokan.com/book/saiban.php

私の名はイスラエル



見ないほうが

http://heiseituusinn.main.jp/minai.html

電通によるアメリカを媒介にしてメディア支配

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=98551

買わないほうが

http://heiseituusinn.main.jp/kawanai.html

行かないほうが

http://heiseituusinn.main.jp/ikanai.html

中野剛志の動画

http://matome.naver.jp/odai/2134797091258616201

しないほうが

http://heiseituusinn.main.jp/sinai.html

入らないほうが

http://heiseituusinn.main.jp/hairanai.html


連続ビデオですのでYOUTubeで見てください

2012/07/20 に公開

元公安調査庁 調査第二部長 菅沼光弘氏が語る日本の真実。 「ヤクザなしには多くの事業や企業が立ち行かない。ヤクザの6割が同和、3割が在日。この国は反日勢力の陰謀で動いている。ヤクザが右翼を兼業している右翼の凱旋はかなり儲かる。」
 この国では財務省も報道も北朝鮮や韓国と癒着し、国民の大多数を裏切っている。政治家?トップは常に操り人形状態なのである。操り人形でなければ排除される。要するに取りかえのできる政治ピン芸人。

学ばないほうが

http://heiseituusinn.main.jp/manabanai.html



そして上とダブりますが~ダメダメ議員

http://heiseituusinn.main.jp/damegiinn.html

奴らを高く吊るせ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1210.html

以下の記事より

『要するに私が言わんとすることは、これはほとんどの人には受け入れがたいことであるが、あの戦争は日米共同で演じた一大イベントで、ヒロヒトもヒトラーもこのイベント劇の役者であったことだ。

それに連合国・枢軸国といった対立構造も戦争劇のシナリオライターが描く典型的なパターンである。

だからこの視点から考察すると、以下のことが浮かび上がってくる。

日米がもっとも隠してきたかった事は負ける役を演じることになった日本が自ら原爆をしかけ、あたかも仮想敵国から落とされたかのごとく装うことである。

このことは、ヒロヒトどころかほとんどの大将が米国側に、しかも開戦当初から寝返っており、負けいくさを演じていたことからも導かれる。

勝ち負けのいくさ劇でマインドコントロールを受けていたのは大将以下下級軍人と平民だったのである。

以下は、私の直感から導かれることでもある。

結論から言えば、大和自体が実は建造当初から原爆製造工場だったということである。

当初から非常に極秘に建造が進められ、戦後になってようやくその存在が知らされるようになった大和。その中では人形峠から発掘された精製ウランが濃縮されて幾つもの原爆が製造されていたに違いない。

その内の二つが広島そして長崎に持って行かれた。

起爆は地上にて行い、米軍とあらかじめ綿密に組んだイベントが行われた。

終戦直後に残っていた原爆は北海道美幌の今の自衛隊駐屯地の地下基地にある』

本物黒酒 ?@honest_kuroki ? 5時間5時間前

なにしろ明治以降天皇に成りすました箕作の郷里が、薄暗い所で緑色に発光する露頭ウランの宝庫・人形峠ですからね。ウラン鉱の採掘権者だし。
そのウラン238に加速器で高速中性子を照射した結果が1940年のネイチャ―に発表されたしね@roro101577 @horiguchikesazo

http://cosmic-dance.blogspot.jp/2016/03/blog-post_62.html

管理人注:今現在でも全く同じ猿芝居が行われているということです。国際テロごっこ,人工地震・津波ごっこによる人殺し,国家の破たんごっこ,米国の完全従属芝居ごっこ,オカルト・黒魔術ごっこ,在日嫌いごっこ,原爆を落とされたとする投下ごっこ,陰謀論ごっこ,日本だけが悪いごっこ、フリーメーソンごっこ,イエス・キリストごっこ、そしてもうすぐくるFEMAによる皆殺しと世界政府ごっこ、彼らは地下都市にもぐり中性子爆弾で人がいなくなるとぞろぞろ地上に出てきてこの地球を再建する再建ごっこ~ああ楽しいね,愉快だね,これから起こることが無料でみれるなんて!!



最高裁にたなびく米国国旗~こうなるともうどうすることもできません

ちなみに管理人ではありませんが在日嫌いで検索すると

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/search/exec?thread_id=&SEWOR=%E5%9C%A8%E6%97%A5%E5%A4%A7%E5%AB%8C%E3%81%84&SERAFL=0&submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

CIAのプロパガンダフィルム(第二次大戦)



以下は埋め込み禁止のため~CIAのプロパガンダフィルム(第二次大戦)

https://www.youtube.com/watch?v=82psajSIQTY その1

https://www.youtube.com/watch?v=Joh7VVcPS_M その2

https://www.youtube.com/watch?v=9WpmYfFp4j8 その3



東京裁判で日本を弁護した米国人弁護士がいたことを覚えておきましょう。この時から現在に至るまで米国が原爆を投下したことになっている

https://youtu.be/o1dKP3cv9zw?t=233

こんな事、また起きるんじゃないかな、こんな事を許しとったら

長崎原爆投下の5時間前に軍の指導者は知っていた。66年経って真実を伝えられた本田稔さん
「分かってた!?なんで命令出さんのですか。5時間もあれば十分待機できたはずですよね。
これが日本の姿ですかね。こんな事、また起きるんじゃないかな、こんな事を許しとったら 」
そして、日本の降伏が決まり、証拠資料は燃やされ、灰は粉々にされた。

本田さんの地上起爆の発言はカットされていますがこのビデオは長崎の原爆。一応投下5時間前に紫電改に迎撃を準備させB29(ボックスカー)を撃墜していたら英米日の原爆芝居のイエズス会シナリオが崩れ原爆投下の大義名分が成り立たなくなるからです。これが地上起爆させた裏の真実です。8月6+9=15 つまり8月15日の終戦=聖母被昇天祭=ザビエルの来日(8月15日)

http://www.dailymotion.com/video/xkfcgf_20110808%E9%95%B7%E5%B4%8E%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B%E3%81%AE%EF%BC%95%E6%99%82%E9%96%93%E5%89%8D%E3%81%AB%E8%BB%8D%E3%81%AE%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%80%85%E3%81%AF%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F_news#tab_embed

被ばくマリア像~イエズス会という反キリストのシオニストにとって8月15日の聖母被昇天祭の前にやっておきたかったことを日本がやってくれた。

http://tamutamu2011.kuronowish.com/hibakumaria.htm

以下はある記事のコメントより

なんでも日本が悪い?

http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/ecd4886cdbdc0a2ab1ba6bb9d1b34805#comment-list

1 コメント

さすが!! (千早)2016-06-07 02:50:20さすが、oninomaeさん!!
とてつもなく たくさん画像と情報を集めましたね~。
すごい!!
長年、貯めてらしたのかもしれないけど。
早速これは拙ブログからリンクさせて戴きます。(^^)

この問題については、私も記事をふたつ書きました。
先ほど(コメント入れた)のすり替え説もちょっと含むが

カレイドに続き、やっぱり!怪しかった「wantonのブログ」は邪悪な在日か?~奴等にいいように利用されてた日本人は恥を知れ!!&昭和天皇発言の真相は
http://insidejobjp.blogspot.com/2016/05/wanton.html

管理人(ここの)注:二人に対する誹謗中傷は名誉棄損に値する。insidejobなるチンピラは相手にしないことです。もしこのチンピラがこの記事を読んでいたら今度は私を邪悪な在日扱いするのですから。

wanton他は、工作員確定。日本人よ、自信と尊厳を取り戻せ!! というより、いつまでも邪悪な在日の<真っ赤な嘘>の数々に騙され、それを拡散=垂れ流すのはやめろ!!&日銀を会社にしたのは
http://insidejobjp.blogspot.com/2016/06/wanton.html

ホントに、戦後の「日本のみが邪悪だった」洗脳が根強いうえに
今回のこの<到底放置しておくわけにはいかない>アホ話ですから。

こんなのに 更に騙される日本人がいるのか??
と思うけど、結構いるみたいで
その後もwanton等は(偽物黒酢ほか ってこと)
oninomaeさんが「666に777」の記事に「おまけ2」として
書いていらっしゃる本田稔氏の話も、仰る通りなのに ねじ曲げて、

本田氏が「見ていない」からといって、
「空から落としたのではない」と断言出来るはずがない!!

9/11の「飛行機はなかった」説と似ています。
目撃者はたくさんいるのに、「見てない」人の証言をもって
「なかった」という。

もう、本当に色々な証拠があるのに...
騙される人は今後、マジで「アホか工作員」とみなすしかないかも。

管理人注:こういう馬鹿が日本社会に蔓延しているのは悲しい。9・11の飛行機はCGだったのですよ,おバカさん。またクレーターは翌日に立ち入り禁止にして地上起爆を隠すために埋められたのです。では本当のことを書きましょう。8月7日に有末精三は原爆の父と呼ばれている仁科芳雄博士他多くの科学者を引き連れて広島(大本営)入りをしたのですがその時の同行者がB級戦犯になった細谷義男なのです。軍刀をさげて主に仁科博士の身辺警護にあたっていました。この男は母の再婚相手で当時大本営司政官をしていました。細谷義男は晩年発狂して生涯を閉じました。彼は岸信介の部下だった人で帝大出のいわゆる甲種合格の内務省のエリート官僚でしたがこのクレーターの秘密を知っていたため戦後公職追放され二度と戻ることはできませんでした。ただ細谷はそれが原爆投下を隠すためだったことを知っていたのかそうでなかったのかは知りません。戻っていれば国家公安委員長にはなっていた人物です。細谷義男の系図が死後出てきましたが清和天皇の血縁です。だから絞首刑にならずにすんだようです。そういう私も,もし戊辰戦争で薩長が破れていたら小野寺南朝天皇(日了法皇)の末裔として様がついていたかもしれません(笑)

訂正とお詫び~前の記事で80キロのウラン235のうち10キロが核爆発をして云々とありましたが50キロのウラン235のうち1キロが核爆発を起こしたの間違いでした。

関連記事:ワントンのブログより

http://ameblo.jp/64152966/entry-12167888092.html

真昼のねごと

http://www.suruga-ya.jp/product/detail/BO49026

広島大本営

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%A4%A7%E6%9C%AC%E5%96%B6

ヒロシマ用語集

第二総軍司令部

軍都機能 さらに強く

 米軍による沖縄上陸や各地への空襲(くうしゅう)など戦況(せんきょう)が悪化する中、当時の陸軍は1945年4月、「本土決戦」に備えて、広島市二葉の里(現東区)に西日本を統括(とうかつ)する第二総軍司令部を設けました。

 東日本をまとめる第一総軍司令部は、東京に置きました。「日本が東西に分断されても戦える措置(そち)」(「広島県戦災史」1988年刊)でした。

 広島は、「軍都」として発展してきました。日清戦争(1894~95年)では、戦争を指揮する「大本営」が、広島城跡に設けられました。宇品港(現南区)は、戦地へ兵士を送り出す拠点(きょてん)にもなりました。

 第二総軍司令部の設置により、広島は軍都としての役割をさらに強めたのです。

 司令部は、爆心地から約1・8キロの所にあり、原爆で建物が全焼するなど大きな被害(ひがい)が出ました。

管理人注:8月6日当日早朝第二総軍は広島城に全員招集され学徒15000人も含め皆殺しにあったと推察する。招集した方も一網打尽にやられた。これで終戦の準備は整った。なぜ翌日に仁科芳雄博士が広島に行ったのですが原爆の父として自分で作り地上起爆させその成果を確認するために行ったのです。

第二総軍の関連記事

現人神(あらびとかみ)の箱の中 その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/413.html

トーマス・H・ハンディのカール・スパーツヘの命令文書を見てほしい。
 「一、・・最初の特殊爆弾を以下の内、いずれか一つの目標に投下せよ。広島・小倉・新潟・長崎・・・」
 この文書の日付は7月25日である。この手紙から見ると、[どれか一つ」で、まだ広島とはっきりと決定してはいなかった。これはどういうことを意味するのか。私はヨハンセン・グループが広島と決定し、グルーに報告したとみる。その日時も、8月6日午前8時ごろにしてほしい、と。「そんな馬鹿な!」と思う人も、どうか私の説を最後まで読んでほしい。
 林三郎の『太平洋戦争陸戦秘史』には次のような記述がある。

 8月7日、大本営は調査団を現地に派遣した。調査団は8日夕広島に到着し、調査の結果、一、特種(ママ)爆弾が使われたこと、二、身体を被覆していれば火傷は防ぎうる等の、内容を持つ報告を9日に大本営あてに打電した。
 続いて第二総軍は、一、白色の着物をきていたものは火傷の程度が好かったこと、二、防空壕に入っていたものも火傷の程度が好かったこと、三、火災の多かったのは朝食準備の最中が狙われたからであること等を報告した。
 米戦略空軍は8月9日、第二の原子爆弾を長崎に投下した。
 陸軍統師部は8月10日ごろ、全軍に対し状況を通報すると共に「この種爆弾は恐るべきものでなく、我が方に対策がある」ことを明らかにした。

次に藤田尚徳の『侍従長の回想』を引用する。蓮沼侍従武官長の奏上を聞く場面である。

 陛下には蓮沼侍従武官長から奏上したが、〔略〕 新型爆弾については、特別な御たずねはなかった様子だったが、広島市全滅の報に、陛下は深い憂愁の色をうかべておられた。〔略〕 8日朝、東郷外相が決意の色を浮かべて参内してきた。そして御文庫地下壕の御座所に進んだ外相は、原子爆弾に関する米英の放送を詳細に言上すると、陛下は原子爆弾の惨害をよく知っておられ、次のように、一刻も速やかに和平を実現することが先決問題である点をお示しになった。

 天皇は原爆についての知識、投下の日、その場所を前もって知っていたはずである。ヨハンセン・グループはスティムソン陸軍長官の極秘情報をグルーを通じて入手し、そのつど天皇に報告していたからである。
 ★では、どうして8月6日なのか。それは、この日までに、スイスの赤十字経由で天皇の貯蓄が無事処理をつけられる見通しがたったからである。
東郷茂徳も天皇から。急げ″と告げられ、赤十宇との交渉を急いだ。グルーはヨハンセン経由で天皇に8月6日の原爆投下の予定を告げていた。東郷茂徳は8日、天皇に会い最初に「無事にスイスの件はうまく処理できました。当分資産は凍結されますが、遅くと3~5年後には凍結を解除してくれるとスティムソンが申しています・・」と言ったはずである。それから天皇と原爆を「天佑」として終戦工作に入るべく相談したにちがいない。

 ★では、どうして広島だったのか。七月二十五日の時点で、スティムソン陸軍長官、マーシャル参謀長たちは爆撃予定地を新潟、広島、小倉、長崎と決めていた。この件について、日本側に最終目的地を決定せよと通知があったと思われる。新潟は長岡市に軍需工場があった。小倉(八幡)は鉄工業の町だった。長崎は国際金融資本家たち(特にユダヤ人たち)がもっとも嫌うカトリックの、日本の総本山であった。
(海軍造船基地でも)

 では、どうして広島か?
 有末精三の『終戦秘史 有末機関長の手記』の中に、その謎を解く鍵が見えてくる。有末精三は原爆投下のあった翌日、参謀本部第二部長として、部下十名、理化学研究所の仁科芳雄博士たちと広島に視察に行っている。広島には第二総軍司令部があった。

わたしは直ぐに降り立ったが、誰ひとり出迎えてもいない。飛行場の短かく伸びた芝生は、一斉に一定方向、たぶん東へ向ってなびいており、しかも一様に赤く、真赤ではなく焦茶色といった方が当っているように焼けていたのに驚いたのであった。ものの2、3分たったころ、飛行場の片隅の防空壕から這い上がってきたのは飛行場長と思われる一中佐、左半面顔中火ぶくれに赤く焼けていた。〔略〕
 司令部は幸に建物は残っていたが、窓ガラスはメチャメチャに壊れていた。その司令部の前庭に運び出された六尺机の前に立ったわたしは、船舶参謀長官・馬場英夫少将の詳細にわたる報告を受けた。〔略〕
 飛行場での印象と生々しい火傷の飛行場長の数言、それに馬場少将の報告で二十数万の広島市が、一言で尽せば全滅といった驚くべき特種爆弾の威力に驚いた。・・

 この広島の原爆で、第二総軍の司令部の数々の建物は壊滅し、多数の死傷者が出たのである。8月6日朝8時ごろに、多数の第二総軍の参謀や将校が集まっていた。そこに原爆が落ちたというわけである。(そこには15000人の学徒も招集されていたのである)

もう一度、米内海相の直話を記す。天皇も木戸も、この米内の話に賛意を示したのである。

 私は言葉は不適当と思うが、原子爆弾やソ連の参戦は或る意味では天佑だ。国内情勢で戦を止めると云うことを出さなくて済む。私がかねてから時局収拾を主張する理由は敵の攻撃が恐ろしいのでもないし原子爆弾やソ連参戦でもない。一に国内情勢の憂慮すべき事態が主である。従って今日その国内情勢を表面に出さなくて収拾出来ると云うのが寧ろ幸である。(「米内海相直話」昭和20年8月12日)
 まさに、米内海相が語るがごとく、数十万人の死者を出した原爆より、ソ連参戦で満州で数十万人の軍人や民間人が死んだことより、国内情勢の憂慮すべき事態が重要であると、天皇や米内たちは考えたのである。その一つが広島にある第二総軍であったというわけである。
 その第二総軍は壊滅した。西日本の軍の反乱はこれによって鎮圧された。残るは関東一円となった。その中心の皇居を舞台に、偽装クーデターを起こした、というわけである。

そこまでして守らなければならない「国体護持」とは何なのか? 読者はこの点を深く考えなければならない。

 原爆投下と深く結びついたヨハンセン・グループのすべては、戦後、一人として戦犯とならなかった。アメリカ、そして何よりもこの世界を支配する「陰の政府」、それはユダヤを中心とする国際金融同盟のために働いたがゆえに、彼らヨハンセン・グループの人々は、戦後になると地位と名誉と金を手にするのである。ほとんど例外はない。国を売って得たダーティな報酬だった。
 東郷茂徳は太平洋戦争そのものに反対した。しかし、敗戦処理内閣の外相になったがために戦犯となった。20年の禁固刑。獄中死した。どうしてか。
 1948年11月12日、東京裁判の判決が出た。その判決の一部を記す。

 被告・東郷は、1941年10月から東条内閣の外務大臣として、太平洋戦争の勃発まで、かれはその戦争の計画と準備に参加した。かれは閣議や会議に出席し、採用された一切の決定に同意した。〔略〕 1945年春、かれが再び外務大臣になったときは、抗議が山積していたが、かれはそれを関係当局に回付した。本裁判所の意見では、戦争犯罪に関して、東郷が義務を怠ったということについて、充分な証拠はない。本裁判所は、訴因第一、第二十七、第二十九、第三十一および第三十二について、東郷を有罪と判定する。

これが禁固20年の判決理由である。

 ここで明確にしよう。国際検察局に密告し続けた二つの秘密ルートがあった。一つは天皇ルートであり、もう一つはYルートであった。ヨハンセン・グループは吉田反戦ブループである。戦後首相となった吉田茂は多くの人々をこの検察局に売った。

東郷は原爆投下の秘密と、天皇の財宝の処理について知りすぎていた。それゆえに消されたのである。

第二総軍司令官・畑悛六はどうなったか。
彼も戦犯となり、終身刑の判決を受けた。
彼は広島に原爆を投下させた功労者ではあった。しかし、ヨハンセン・グループと結びついていなかった。戦後、ヨハンセン・グループを脅していたら、あるいは戦犯にならずに済んだのかもしれない。

天皇は、もう一人の知りすぎた男、有末清三を検察局に売ろうとしていたことが後に判明する。「有末精三はどうして戦犯にならんのか」と側近に語っているのである。

朝日新聞東京裁判記者団著の『東京裁判』の中に、「馬上の半生、長夜の夢」のタイトルで、畑悛六陸軍元帥についてのエピソードが書かれている。

陸軍元帥・畑悛六。沈痛な、渋い表情のこの人の横顔からは、およそ喜怒哀楽の情をよむことは至難であった。終始寡黙。そして、なにかきびしいものに身を包んでいる様子は、その意志的な頬の線によっても知れるが、しいて取りすましているというのでもない。

同被告の弁護人・神崎正義氏は、畑氏が被告控室でしたためた一枚の色紙を持っていた。それには
「 馬上之半生 長夜之夢、俊六 」 とあった。〔略〕
三日間の審理で召喚された証人は、宇垣一成元陸軍大将、米内光政元海軍大将、米内内閣の外相・有田八郎、元参謀次長・沢田茂元陸軍中将、元帥軍兵務局長・田中隆吉らの諸氏。

米内光政の口述書は米内内閣の崩壊の際の畑の行動を弁護したものであるが、米内証人に対し、サットン検事が反対尋問に立ち、
「畑は米内内閣が辞職することに賛成したか」
ときき、これに対し米内証人、
「初めは賛成していなかった」
と答えたのに引きつづき、的外れの返事が多く、ついには裁判長たまりかねて、
「かつて首相であった人で、この法廷に出た者の中で一番愚昧だ」
と、前例のない言葉を口走った。・・

私は、米内光政が畑悛六・元帥(第二総軍司令官)を説得し、広島に原爆を投下させた可能性大と思っている。米内が首相になったとき、畑は陸軍大臣となっている。それで米内は証人として出席した。しかし、心にやましいことがあるゆえに、しどろもどろの答えを繰り返し、ウエップ裁判長はついに「一番愚昧だ!」と口走ったのであろう。

こんな愚昧な男が終戦工作の主役の1人となり、天皇のイエスマンとしての行動を取り続けたのである。

管理人注:有末精三は部下や生き残りと一緒に地上起爆でできた穴を埋めた.....なんて書いたら殺されますからね。これがバレたら国家転覆だし英米日の原爆芝居を何としてでも成功させなければならなかったのです。ですから『なんでも日本が悪い?』のではないのですよ。

上の記事の引用でもありましたが~『日米がもっとも隠してきたかった事は負ける役を演じることになった日本が自ら原爆をしかけ、あたかも仮想敵国から落とされたかのごとく装うことである』

そして戦後になっても日米の完全支配・隷従ごっこは続いているのです。これがロンドン筋の書いたシナリオで日本の敗戦革命論。

旧陸軍士官の語った歴史の真実 その1

http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/8a906525300fbfe4eb3ad2a44ac7ecb9

旧陸軍士官の語った歴史の真実 その2

http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/05929326c7f6e6d9fbe6791703dadae6

この記事は日本の黒い霧からなのですがどこかの工作員ではないかとの印象を持ちました。

 
 
》記事一覧表示

新着順:229/3535 《前のページ | 次のページ》
/3535