teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:214/3535 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

終わりの時の幻

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年 6月14日(火)17時20分48秒
  通報 返信・引用 編集済
 
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/143.html

関連記事:意識の変転状態

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1221.html

誰がキリスト教をつくったか

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1055.html

イルミナティの極秘指令書 その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/455.html

イルミナティの極秘指令書 その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/456.html



管理人注:

ダニエル12章のタイムライン~1260日 1290日 1335日の警告から

http://srministry.chicappa.jp/srmain/wp-content/uploads/pamphlet/BK-MRB.pdf#search='%E8%AD%A6%E5%91%8A%3A+%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB12%E7%AB%A0%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3+%28%E6%99%82%E5%88%BB%E8%A1%A8%29+1260%E6%97%A5%2C+1290%E6%97%A5%2C+1335%E6%97%A5%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%82%8B'

まえがき

扇風機の修理

ダニエル書12 章の研究は、羽のあちらこちらが折れ曲がっていておまけにほこりだらけの扇風機の修理のようなものである。いくつかの部品はなくなっており、ある部品は修理屋が反対に取り付けてしまっている。
ダニエル書12 章の研究は、多大な労力を要する。ひとつひとつの部品、すなわち各定義や概念は除去され、削られ、きれいに磨かれ、もとの形にもどされねばならない。

扇風機の羽は、今のままではスイッチを入れても、がたがたしていろんなくずを飛ばすだけである。それに触れるものは、頭のてっぺんから足の先まで真っ黒に汚れてしまう。ほとんどの人はそれに触れない方がマシだと考える。だがこの扇風機は、もともと優れたパワーがあり、製作者の永久保証付きである。誰かが作業着を身にまとい、道具を手にとって作業に取り掛かることを必要としているだけである。本書の目的は、その修理作業にある。

間もなく猛暑の夏がやってくる。この古い扇風機が必要になる。きちんと修理し掃除をすれば、大いに役に立つ。そうすれば、人の心に聖霊の涼しい風を送ってくれることだろう。本書の各章は、各部品を修理し、それをあるべき位置に置き直す試みをしている。これは長く忍耐の要る工程ではあるが、読者が楽しみながら研究を進めていかれることを筆者は希望している。作業を終えれば、スイッチを入れて涼風を楽しむことができるであろう。

マ リ ア ン・ベリー

著者の序文

「真理には、どの時代にも新しい発展があった。つまり、時代ごとに、その人々のための特別の神からの使命があった。古い真理はみな重要である。新しい真理は古い真理から切り離されたものでなく、古いものの解明である。古い真理を理解して始めて、新しい真理を悟ることができる。キリストが弟子たちにご自分の復
活の真理を示して、『モーセやすべての預言者からはじめて、聖書全体にわたり、御自身について記してある事どもを、説きあかされた』(ルカ24:27)。真理を新たに解き明かすことによって、輝く光が古いものをいっそう輝かしくする。新しい光を拒んでなおざりにする人は、実は、古いものを持っていない。それは、彼にとって、生きた力を失ったむなしい形式と化してしまうのである」キ実105。1844 年の直前、聖書の一つの預言的なタイムライン(時間表)(ダニエル8:14)が、すべての他の聖句に優先された。 それが福音の他の要素よりいっそう重要というのではなく、その時が来たのであった。

本書の目的は、ダニエル12:7-13 の預言的タイムラインを明らかにすることである。なぜなら、同じ様に、それが最後の世代に語りかける時が来たので、今日それは優先されるべきことだからである。ダニエル8:14 の預言的タイムラインは、1840 年代の調査審判の開始を警告した。本書の研究は、ダニエル12:7-13 のタイムラインが、調査審判終了の出来事と関わっている最後の世代に警告することを示している。ダニエル8:14 のタイムラインは、1844 年に死者の調査審判が始まったことを宣言したのに対して、ダニエル12:7-13 のタイムラインは、生きている者の調査審判を宣言している。
ダニエル8:14 のタイムラインは、イエスの再臨の日時を知らせるものではなかった。ダニエル12:7-13 も再臨のその日、その時を知らせるものではない。しかし、これら8章と12 章のタイムラインはすべて、調査審判と恩恵期間終了に関わる諸事件についての警告である。1844 年のタイムラインに関わる出来事について、預言者は次のように書いた:「人々は、自分たちの危険に目覚めなければならない。恩恵期間に関連した厳粛な出来事の準備をするために、目を覚まさなければならない」大争闘上398。

ダニエル12:7-13 のタイムラインは、最後の世代を教会と世界の恩恵期間終了に関わる厳粛な出来事に備えるよう奮起させるためのものである。三つのタイムラインは恩恵期間、またはキリストの再臨の日時を知らせるものではなく、それらに関係した諸事件を描写しているものである。* ダニエル8:14「2300 日(夕と朝)」のタイムライン(時刻表)。2300 日のタイムラインは457B.C に始まり、1844 年10 月22 日に終わった。そのタイムラインはダニエル9:24-27 に詳しく描写されている。その時の宣言は1833-1844 になされた。その宣言は「大再臨運動」と呼ばれた。

「我々は、過去のメッセージと新鮮なメッセージを望む」2RH378。

ダニエル8:14 のタイムラインは黙示録14:6-8、「神のさばきの時は来た」と「バビロンは倒れた」という第一、第二天使の使命の宣伝であった。

ダニエル12:7-13 のタイムラインも第一、第二天使の使命であった。しかしそれは特に黙示録14:9-12 の第三天使の警告に強調を置いたものである。*
第三天使の使命は、「時に重点をおくもの」(初文156)ではない。しかし、黙示録18 章の第四天使と結ばれている第三天使の大いなる叫びは、明確な時の設定のうちに起こる諸事件と関連している。ダニエル12:7-13 のタイムラインの研究によって解明され、明瞭にされているのがこれらの出来事である。

「まことに主なる神はそのしもべである預言者にその隠れた事を示さないでは、何事をもなされない」アモス書3:7。

もしダニエル8:14 の預言が、死んだ者のさばきが始まった1844 年10 月22 日のその日を明示したなら、生ける者のさばきと調査審判の終了と関連した諸事件を、神は最後の世代に啓示されると考えるのが筋が通っているのではないだろうか? 神は預言者たちにご自分の「秘密」を示されないだろうか。そしてそれらは我々の益のために記録され、保存されたのではないだろうか? 預言の確実な光の導きを最も必要とするのは、最後の危機に直面する、最後の世代ではないだろうか? 神は聖書の預言的聖句によって、彼らの時代にはっきりとした幻を与えられないだろうか?

「こうして、預言の言葉は、わたしたちにいっそう確実なものになった。あなたがたも、夜が明け、明星がのぼって、あなたがたの心の中を照すまで、この預言の言葉を暗やみに輝くともしびとして、それに目をとめているがよい」ペテロの第二の手紙 1:19。

「増し加えられた光がすべての偉大な預言の真理の上に照り輝くであろう。それらは義の太陽の輝かしい光の故に新鮮さと輝きをもって見られるであろう」 MS
18、1888。

* 第三天使の警告メッセージはダニエル12:7-13 の主題である。「ほかの第三の御使が彼らに続いてきて大声で言った、「おおよそ、獣とその像とを拝み、額や手に刻印を受ける者は、神の怒りの杯に混ぜものなしに盛られた、神の激しい怒りのぶどう酒を飲み、聖なる御使たちと小羊との前で、火と硫黄とで苦しめられる」ヨハネの黙示録 14:9、10。



サタンはキリストを装う

http://srministry.chicappa.jp/srmain/wp-content/uploads/anchor/anchor_35.pdf#search='%E8%AD%A6%E5%91%8A%3A+%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB12%E7%AB%A0%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3+%28%E6%99%82%E5%88%BB%E8%A1%A8%29+1260%E6%97%A5%2C+1290%E6%97%A5%2C+1335%E6%97%A5%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%82%8B'

管理人注:サンライズミニストリーの再評価のBBS

http://257.teacup.com/newsda/bbs/t11/l50

牧師 その1 サンライズであれ、教団であれ、クリスマスに迎合した伝道活動には反対します。

牧師 その2

『十字架によって罪が許された」というのは正確ではありません。正しくは、イエスの十字架の犠牲が我々の罪を購った、我々の代わりに我々の罪のゆえに死んでくださった、ということです。免除されたのではなく、あなたの罪の報いをイエスキリストがすべて被ってくれたので、彼の犠牲はあなたの罪の故になされたことを信じて受け入れるなら義と認められるということです。敗者復活とおっしゃいますが、全人類はすべて敗者であって、勝者はキリスト以外にはいません。努力して神のような品性を身につけて義とされる人は一人もいないとご理解願います』 ......。

我々は時によって生きている。
アラーム(目覚まし時計)で起きる。時計を見て仕事に出かける。学校もクラスも時計に従う。食事も時計に従う。飛行機や電車も時間で動く。約束日もカレンダーで日と時間を決める。テレビのプログラムも時間でつくられる。安息日も神の時計―太陽に従って守られる。
神は永遠の方で時に制限されるお方ではないから、事をなさりたい時にかってになさるのだろうか。しかし、人類とこの地上の歴史に関する限り、神は非常に正確に時に従って事をなさるということを聖書の中に知ることができる。

人間が時間を作ったのではない。神が定められた時を自然界に発見しているのである。人間の時間は神が造られた天体の動きに合わせているのである。天文台の望遠鏡は、天体のある非常に小さな一点に焦点を合わせて、ある星がその一点を通過するその瞬間にこの地球上の時間を定めるのだそうだ。もし、?しでも、狂いが生じるようなことがあれば、月に、人間を乗せて宇宙船で飛ばすことはできない。日の出、日没、塩の満ち引きも前もって正確に知ることができる。こういうことで人間はその知恵を誇ってはならない。人間はただ、神の正確な時間を発見したに過ぎない。
「神はまた言われた、『天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、しるしのため、季節のため、日のため、年のためになり、』」創世記 1:14
神は、ご自分の時と計画についてこう言われた:
「いにしえよりこのかたの事をおぼえよ。わたしは神である、わたしのほかに神はない。わたしは神である、わたしと等しい者はない。わたしは終りの事を初めから告げ、まだなされない事を昔から告げて言う、『わたしの計りごとは必ず成り、わが目的をことごとくなし遂げる』と。わたしは東から猛禽を招き、遠い国からわが計りごとを行う人を招く。わたしはこの事を語ったゆえ、必ずこさせる。わたしはこの事をはかったゆえ、必ず行う。」イザヤ書46: 46:9-11

エレン・G・ホワイトも同じようなことを次のように言っている:
「過去の時代に主なる神は、ご自分の計画をその預言者に啓示された。全知のお方は、幾世紀の先を見通してその預言者を通して王国の興亡、諸事件が起こる幾百年前に予告された。神には現在も未来も等しく明らかであり、ご自分の僕たちにどうなるかをお示しになる。神の声は、各時代を通じて何が起こるかを人間に告げられる。王たち、君たちはその定められた時にその地位につく。彼らは、自分たちの目的を遂行していると思っているが、実際には彼らは、神がその預言者たちを通して与えられた言葉を成就しているにすぎない。彼らは神の偉大な計画の遂行にあたって割り当てられた役割を果たしているのである。諸事件が起こり、全能者が語られたことが成就するのである。」RH1900/2/6
「しかし主よ、あなたはとこしえにみくらに座し、そのみ名はよろず代に及びます。あなたは立ってシオンをあわれまれるでしょう。これはシオンを恵まれる時であり、定まった時が来たからです。」詩篇102:12、13
確かに、人類のためにご計画を遂行されるために、神は正確に時に従って行動されていることがわかる。

◆ 洪水の時
◆ 出エジプトの時
◆ キリストがこの地上に来られる時
◆ キリストのバプテスマの時
◆ キリストの十字架の時

◆ キリストの復活の時
◆ キリストが昇天の時
◆ 聖霊が降下した時
◆ 「終わりの時」の始まる時
◆ さばきの時が始まる時
◆ キリストの再臨の時―神だけが正確の日時を知っているが、….。

ミラーは、次のように言っている。
「もう1つ真にわたしの心に感動を与えた証拠は、聖書の年代であった。・・・・過去において成就した預言のできごとは、しばしば定められた期間内に成就したということを、わたしは見いだした。洪水までには、120年(創世記 6:3)。洪水に先だつ7日間、そして、預言された?が40日間(同 7:4)。アブラハムの子孫の400年の寄留(同 15:13)。給仕役の長と料理役の長の夢のなかの3日(同40:12-20)。パロの夢の7 年(同 41:28-54)。荒野の40年 (民数記 14:4 3 )、3年半のききん (列王紀上 17 : 1 )〔ルカ 4:25参照〕、・・・・70年の捕囚(エレミヤ25:11)、ネブカデネザルの7つの時(ダニエル 4:13-16)、ユダヤ人のために定められた7 週と62 週と1 週から成る70 週( 同9:24-27)。―時に区切られたできごとは、みな、かつては預言に過ぎなかったが、その預言どおりに成就したのである。」大争闘下9
ハバククは、神の時間表は遅れるように見えることがあるが、決してそういうことはなく、「定められた時」があることを明確にしている:
「この幻はなお定められた時を待ち、終りをさして急いでいる。それは偽りではない。もしおそければ待っておれ。それは必ず臨む。滞りはしない。」ハバクク2:3
セブンスデー・アドベンチストは、1260日、2300日の預言のタイムラインの始めと終わりについては動じない確信を持っている。しかし、1798年、1844年から160年も再臨近し、世の終わりは近しと説き続けて、もはや160年も過ぎた。キリスト再臨の切迫感は徐々に喪失し、地上歴史約6千年も説かなくなった。
時はまだ延びるのだろうか?神の定められた時は思った以上に迫っているのだろうか?
過去において、神は定められた時に従って行動してこられた。キリストは「時満ちるに及んで」受肉された。「神はモーセにご自分の民を救出する時が近づいていることを告げられた。」(ST,1-13 1881)
今日、私は、神は間もなくご自分の民の永久的な救出、解放についてその時を告げられると信じる。今日またもや時に関する研究が盛んになっているからである。勿論、「その日、その時は誰も知らない」という強力な議論が持ち出されるであろう。キリスト再臨の日時は「天からの神の声」で発表される時までは分からないが、ダニエル、黙示録の近年の研究では、日曜休業令が発布されると非常にその時が近いこと、どれほど近いかを知ることができるのである。
「ダニエルの預言にメシヤ来臨の時期が示されたが、だれもがそのことばを正しく解釈したわけではなかった。1世紀また1世紀と過ぎて行き、預言者たちの声はやんだ。圧制者の手はイスラエルに重く、多くの者は『日は延び、すべての幻はむなしくなった』といまにも叫ぶばかりであった(エゼキエル 12:2 2 )。だが定められた広大な軌道にある星のように、神の目的は急ぐことも遅れることもない。大いなる暗黒とけむるかまどの象徴を通して、神はアブラハムに、イスラエルがエジプトで奴隷生活を送ることを示し、その滞在期間は400年であると宣言された。『その後かれらは多くの財産を携えて出てくるでしょう』と神は言われた(創世記 15:1 4 )。このことばに対して、パロが誇りとする帝国は、全力をあげて戦ったがむだだった。神の約束に定められていた『その日に、主の全軍はエジプトの国を出た』(出エジプト 12:4 1 )。同じように、天の会議では、キリスト来臨の時が決定されていた。時という大時計がその時間をさし示すと、イエスはベツレヘムにお生れになった。」1希望22
「イエスは、この世の両親との関係を無視されたのではなかった。彼は両親といっしょにエルサレムから帰って、骨折って働く彼らの生活を手伝われた。イエスはご自分の使命の奥義を自分自身の心にかくし、ご自分の働きを始めるべき定まった時.....のくるのをおとなしく待たれた。ご自分

が神のみ子であることをみとめてから18年の間、イエスはナザレの家庭につながるご自分のきずなをみとめ、息子として、兄弟として、友人として、市民として、その義務をつくされた。」1希望77,78
イエスは時を知って行動された:
イエスは天の大時計がちょうどその時を示した時に、お生まれになっただけでなく、公生涯を開始なさるためにメシヤとして立たれた時も、天父の時に従ったのであった。その公生涯に3つの面が覗える。
1.「わたしの時はまだ来ていない」ヨハネ2:4,7:6,8,30,8:20
2.「時は近づいた」マタイ26:18、45
3.「時は来た」ヨハネ13:1、17:1、マタイ26:45
イエスの死について:
ロマ5:6「定められた時に…死んでくださった。」(新改訳、新共同訳)
「過越の小羊をほふることは、キリストの死の型であった。パウロは次のように言っている。『わたしたちの過越の小羊であるキリストは、すでにほふられたのだ』(Ⅰコリント 5:7)。過越の祭りの時に主の前で揺り動かす初穂の束は、キリストの復活の典型であった。パウロは、主と主のすべての民との復活について、こう述べている。『最初はキリスト、次に、主の来臨に際してキリストに属する者たち』(Ⅰコリント 15:23)。収穫に先だって最初に実った穀物が揺祭としてささげられたように、キリストは、将来復活の時に神の倉に収められる贖われた人々の、永遠の収穫の初穂である。
こうした型は、そのできごとだけでなくて、その時に関しても成就した。ユダヤ暦の1月14日、すなわち1500年という長期にわたって過越の小羊がほふられてきたその月その日に、キリストは、弟子たちと過越の食事をともにし、『世の罪を取り除く神の小羊』としてのご自身の死を記念する式典を制定された。その夜、彼は悪人たちの手に捕えられ、そして十字架にかけられて殺されることになった。そして、われわれの主は、揺祭の束の実体として、3日目に死からよみがえり、『眠っている者の初穂』となり、贖われたすべての者の『卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じかたちに変え』ることを実証された( 同 15:20、ピリピ 3:21)。大争闘下105
ジョナサン・グレーの「契約の箱」から引用しよう:
「正確に予告されていたのは、年月日だけではない。時刻までが預言されていたのである。神は、はるか昔に、次のように定められた。『第一のつきの14日には、夕暮れに、過ぎ越しのいけにえを主に捧げる』(レビ記23:5)
『夕暮れ』とはヘブル人たちにとっては、『二つの夕の間』を意味する。第一の『夕』は、太陽が天頂を過ぎて始まり、第二の『夕』は日没に始まる。その中間は、午後3時(当時の第9時)だった。
過ぎ越しの子羊は、常に第一のつき(ニサン)の14日、昼の第9時にほふられたのである。
一世紀のユダヤの歴史家フラビウス・ヨセフスも『第9時頃に』いけにえを捧げるのが当時の慣わしだった。と書いている。
イエスは、ゴルゴタで十字架にかけられ、6時間後の午後3時に死んだ(マタイ27:45-50)。
イエスが西暦31年ユダヤ月ニサンの14日午後3時に死んだことは、もはや疑う余地がない。彼は、死ぬ年ばかりか月、日、時刻に至るまで、ことごとく預言を成就したのである。」契約の箱142-143
復活、昇天もユダヤの型に従っていた。ちなみに、次のことを覚えておこう:今後の預言の研究に大いにたすけとなると思うので。ユダヤ諸制度は福音であるばかりでなく、預言でもあった。
「キリストはユダヤ諸制度の基礎であった。型や象徴の全体系は、福音がぎっしりと詰まった預言であり、救済のさまざまな約束を包含して人々に示していた。」患難上6、1希望260
2000年前のキリストの初臨の事だけでなく、キリストの再臨もユダヤ制度の型と象徴に従うということは驚くべき事ではないか。ユダヤ諸制度に福音の美しさと終わりの時の諸事件のために新たな視点を置く時ではないだろうか。

「これと同様に、再臨に関連した型も、象徴的奉仕の中で指示されたその時期に成就しなければならない。」大争闘下105
「悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである。」ヨハネの黙示録12:12。終わりの時の神の民はどうであろうか。何かテロ大爆発事件か、大地震が来る前に預言の研究により、目覚めたいと切に願うものである。
「最高の興奮が今日優勢である。しかし、恩恵期間は確実に閉じつつある。すべての人の運命が決定されようとしている。サタンは自分の時が短いのを知っている。彼は、恩恵期間が終わるまで、永遠にあわれみの戸が閉じられるまで、人間をだまし、欺き、忙しくさせ、魂をうっとりさせようとその手下どもを配置している。」RH 1912/3/14
興味深いのは、サタンは再臨の時まで働く必要はないのである。恩恵期間が閉じられる時まで働けばよいのである!その後は、運命が決定されることはない。
「神の言葉を信じると告白する多くの者は、敵の欺瞞的な働きを理解していないようである。彼らは、時の終わりの近いことに気づかないが、サタンはそれを知っている。」IHP 309
「今日、サタンは、この世において偉大な力を持っている。彼は定められた時まで、この地上の所有権を持つことを許されてきた。この期間、不義がはびこり、男女はどちらの側につくかを選ぶ機械が与えられている。あらゆることをつくして彼は広い道を魅力的にし、狭い道を嘆かわしい、屈辱的な、不快なものにしようとしている。男女を食欲の耽溺にする天才的な計画をたてる。この堕落した時代において、やすっぽい、満足を与えない楽しみをあらゆるところに満たしている。左端は、これらの楽しみを魅惑的にすることによって永遠の事柄を見えなくしている。多くの者は、エサウのように、食欲のたんできによって長子の権利を些細なもののように思わせている。彼らにとって世の楽しみが天の権利より望ましいものに見えるのである」Upward Look,39)
我々は、「神の定められた時に、定められた方法で救出される時を待」たなければならない(RH1915/7/15)。
「この幻はなお定められた時を待ち、終りをさして急いでいる。それは偽りではない。もしおそければ待っておれ。それは必ず臨む。滞りはしない。」ハバクク2:3
「神の約束の成就は、長く延びるように思われることであろう。『主にあっては、1日は1000年のようであり、1000年は1日のようである』(Ⅱペテロ3:8)。おくれているように見えても、定まった時が来れば、『それは必ず臨む。滞りはしない』(ハバクク 2:3)。」あけぼの上179
神の定められた時
神は、人間に「日」と「年」を数えることを計画された。
神ご自身が「日」を定義された。
創1:4 神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。
創1:5 神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。
神ご自身が最初の週(7日)を数えられた。創世記1章
神ご自身が創造から洪水までの聖書の系図を計算された。
創5:3 アダムは百三十歳になって、自分にかたどり、自分のかたちのような男の子を生み、その名をセツと名づけた。
創5:5 アダムの生きた年は合わせて九百三十歳であった。そして彼は死んだ。
創5:9 エノスは九十歳になって、カイナンを生んだ。
創5:12 カイナンは七十歳になって、マハラレルを生んだ。
創5:15、18、21、25、28、29、32、…..(ノアに至るまで)
創7:6 さて洪水が地に起った時、ノアは六百歳であった。
神ご自身が洪水からその後の系図を続けておられる。
創7:11、12 それはノアの六百歳の二月十七日であって、(正確に同じ)その日に大いなる淵の源
11
は、ことごとく破れ、天の窓が開けて?は四十日四十夜、地に降りそそいだ。
創8:13 六百一歳の一月一日になって、地の上の水はかれた。ノアが箱舟のおおいを取り除いて見ると、土のおもては、かわいていた。
創8:14 二月二十七日になって、地は全くかわいた。
創9:28 ノアは洪水の後、なお三百五十年生きた。
神ご自身が洪水からアブラハムまでの系図を数えられた。
創11:10 セムの系図は次のとおりである。セムは百歳になって洪水の二年の後にアルパクサデを生んだ。
創11:12 アルパクサデは三十五歳になってシラを生んだ。
創11:14 シラは三十歳になってエベルを生んだ。
創11:16、18、20、22、24、26、…..
創11:26 テラは七十歳になってアブラム、ナホルおよびハランを生んだ。
神がアブラハムの生涯を数えられ、聖書に記録された。
創17:17 アブラハムはひれ伏して笑い、心の中で言った、「百歳の者にどうして子が生れよう。サラはまた九十歳にもなって、どうして産むことができようか」。
神は初めてアブラハムに400年のタイムライン(時間割)を与えられた。
15:13 時に主はアブラムに言われた、「あなたはよく心にとめておきなさい。あなたの子孫は他の国に旅びととなって、その人々に仕え、その人々は彼らを四百年の間、悩ますでしょう。
15:14 しかし、わたしは彼らが仕えたその国民をさばきます。その後かれらは多くの財産を携えて出て来るでしょう。

管理人注:神による万物統一の思想と同じように,世界国家が,次第にその最終的形態をととのえてゆくに従って,例外なく採用する体制から類推によって人間が抱くようになるものである。本来”王の中の王”であった人間支配者は,かつて彼の同輩であった従属君主を排除して,厳密な意味での『Monarch』(ただひとりで支配する君主)となる。政治的にユダヤを圧倒したアカイメネス朝君主が,ユダヤ教のイスラエルの神の概念,すなわち,ヤーウエ観の影響を及ぼしている。このヤーウエ観は,ダニエルの黙示的部分の書かれた大体の年代と考えられる紀元前166~164年の頃には,すでに完成されていた。

「わたしが見ていると,もろもろのみ座が設けられて,日の老いたる者が座しておられた。その衣は雪のように白く,頭の毛は混じり物のない羊の毛のようであった。そのみ座は火の炎であり,その車輪は燃える火であった。彼の前から,ひと筋の火の流れが出てきた。彼に仕えるものは千々、彼の前にはべる者は万々,審判を行なう者はその席に着き,数々の書き物が開かれた。(ダニエル書第7章9~10節)

 このようにして,かつて地方神であったいくつかの神が,新たに立てられた地上の専制君主の表章を身につけ,ついでそれらの表章が意味するところの,独占的排他的な支配権を目ざして競争する。そして最後に,競争者のうちの一人がほかの競争相手を滅ぼして,”唯一まことの神”として崇拝される資格を確立する。それがキリスト教なのです。

終わりの時の幻

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/143.html

第266代ローマ法王

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3_(%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%95%99%E7%9A%87)

1798年以来の法王
1.ピオVI (1775-99)
1.ピオVII (1800-23)
2.レオ XII (1823-29)
1.ピオ VIII (1829-30)
3.グレゴリー XVI (1831-46)
1.ピオ IX (1846-78)
2.レオ XIII (1878-1903)
1.ピオ X (1903-14)
4.ベネディクト XV (1914-22)
1.ピオ XI (1922-39)
1.ピオ XII (1939-58)
5.ヨハネ XXIII (1958-63)
6.パウロVI (1963-78) 今いる?
7.ヨハネ・パウロI (8月-9月、1978)
7.ヨハネ・パウロ II (1978-2005、4月死去)
8. ???

7つの頭の名を数える 例:
頭の名前 = ピオ
ピオの数 = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7
+ 8 + 9 + 10 + 11 + 12 = 78

7つの頭;

1 ピオ ...........….….ピオ XII (12)
2 レオ...............…. レオXIII (13)
3 グレゴリー....……グレゴリー XVI (16)
4 ベネディクト ....….ベネディクトXIV (14)
5 ヨハネ ............…. ヨハネXXI (21)
6パウロ............…..パウロVI (6)
7ヨハネ・パウロ .ヨハネ・パウロ II (2)
ピオ78+レオ91+グレゴリー136+
ベネディクト105+ヨハ231+パウロ21+ヨハネパウロ2
=665
第8の王1 =666

注:第八の王が現在の法王~だから我々は注意しなくてはならないのです。そういう仕掛けが2016年にされているということ。

今年(2015年)のクリスマスは人類にとって最後のクリスマスになりそうだ

http://tocana.jp/2015/12/post_8418_entry.html



管理人注釈

キリスト教は,シリア社会に属していた人々を先祖とする民俗からきたものである。シリア世界の一半を形づくっていたイランは,ミトラ教を提供した。イシス崇拝は,エジプト世界の征服された北半分から来たものである。アナトリアの大母神キュペレの崇拝は,多分,当時,宗教を除く他のすべての社会的活動の面において,死滅してからすでに久しい時を経ていた,ヒッタイト(Hittite)社会からもたらされたものとみなされる~~~もっとも,この大母神の究極の起源を探ってゆくと,アナトリアのペシヌス(ガラテア地方の都市)でキュベレーとなり,ヒエラポリス(シリアの北部の町)でシリア女神De Dea Syraとなり,あるいはまた,遠く離れた北海やバルト海の聖なる島の森の中で,ゲルマン語を話す人々に崇拝される地母神となる以前に,元来シュメール世界においてイシュタル↑の名で知られていた女神であることが判明する。(Study of Historyサマヴェル縮小版より)

『父なる神と同様にキリスト(子)と聖霊が同じ「神性」を持つという「三位一体」の教説は、現代の知性にとっては単なる詭弁以外の何ものでもないものとして捉えられるであろう。実際問題キリストの「人性」を否定して(例えば人の子イエスを)神と同列視する(ないしは、それに準じたものとして看做す)カトリックの教説は、神秘主義の世界観においては一定の真理を伝えるものであるとは言えようが、イエスが人間であったからこそ彼に降り掛かった受難に意味があるという本質を損なうものだとも言える。また三位一体の教説こそ、人間が文明を構成する以上、文明を象徴する<徴>に惹き起こる受難、言い換えれば文明そのものに降り掛かる受難がそのまま人類の受難を意味することを想起すればこそ、現世を肉体を持って生きる人々にとって重大な<普遍的人間>の指し示す象徴の本質的意味を骨抜きにするものとなる。すなわち、このカトリックが最終的に採用した教説は、そうした欺瞞的な「神秘主義」の意図の潜むものである。だがそのためにこそこの教説は、複層的かつ韜晦な神学論のヴェールによって神秘化: mystifyされなければならなかった。こうした神秘化は「霊的真理」というものに対する批判精神を欠いたご都合的な世界観を許容し、さらには結局その信仰が人類を救わないという事実からわれわれの注意を引き離し、それへの無反省な「信仰」と「救済の欺瞞」は、今後われわれに降り掛かってくる事態についての責任という認識を容易に忘却させるのである。
仮にわれわれの人生というものが、全く逆説的な意味で、そうした「神秘的な真理」の<実現到来>によって最終的に「救済」されるにしても、現世を生きる人間の実質的苦悩を相殺することはないばかりか、その真実認識はさらに深い懊悩をもたらすのである。そしてその冷厳な事実こそ宗教のメッセージが重大でありうる唯一の理由であったにも関わらず、「イエスの聖化:脱俗化」の実行によって、現世を生きるわれわれの罪過まで免罪されるという欺瞞を惹起させた。そしてその生き方を変更することの無き「免罪された人類」こそが、次なる歴史時代の終焉を決定付けるのである』以上”3”の時代・ENTEE MEMOより引用

過去における他者の死が未来におけるあなたの贖罪になる理由から一部転載 ENTEE MEMOより

『イエスがみずからの身を十字架にかけることにより「贖罪(罪をあがなうこと)」を全人類のために果たしてくれたから、とキリスト教では教えているというキリスト教の中核ともいうべき(だが大胆な)教義の記述についての解釈論である。

過去に行なわれたキリストの十字架上の刑死が、未来の人間であるわれわれの罪を消し去る「贖罪 しょくざい」であったという考えはどのように成立しうるのだろうか? そのようなことが論理的に成立するのかと言えば、どうしても否と言う誘惑を感じないわけには行かない。。だが、こうした不可解もキリスト者にとっては当然のこととして躊躇いなく受け入れている部分のようである。そもそもどうして過去の聖者の自ら選んだ死が、未来の人間の過ちまで含んでそれらを消し去ることに通じ得るのか?

こうした疑問は決して真新しいものではなく、キリスト教に対する懐疑の発端としては古典と言うべきものである。例えば、「贖罪【しょくざい】論 」として書かれている解説にもそうしたトーンが反映されているのを見て取ることができる。これは一読の価値がある。(管理人注:多くの聖職者はキリスト教は許しの宗教であると言う。それは過去から現世までを俯瞰して視る能力がない表れでもある)。

ある意味、これは現世を生きる人間にとって大変「便利」な教えである。現世を生きるわれわれがこれほどまでに堕落し、「間違って」いるのは、この免罪符をすでに手に入れたと考えたためではないかと思われるほど、われわれにとっていかにも有利な教えである。もし、「イエスがみずからの身を十字架にかけることにより贖罪を全人類のために果たしてくれた」と受け容れることが、キリスト者への第一歩であるとすれば、そこには信心することに付随する苦悩が存在しないように思えるではないか? 一体このような「決心」のどこが困難な修練となるのであろうか? 聖書時代から視れば、すでに未来の時を生きているわれわれの犯した(あるいはこれから犯す)罪が、過去の“聖者”による行為によってあらかじめ「消し去られている」のであれば、われわれは何をやっても良いという風にさえ、あえて解釈されはしないだろうか?(いや、現にされているのではあるまいか?)私ならそうするだろう』。

ちなみに「しょくだい」で検索すると

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%90C%91%E4&inside=1&x=0&y=0

彼はこの町にやってきた

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%92%ED%8Eq%82%BD%82%BF%82%C6%88%EA%8F%8F%82%C9&inside=1&x=0&y=0


 
 
》記事一覧表示

新着順:214/3535 《前のページ | 次のページ》
/3535