teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:210/3534 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

朴甲東の経歴

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年 6月17日(金)01時16分29秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://blogs.yahoo.co.jp/mikaeru0628/38137883.html

なるほど、「成甲書房(朴甲東)」ね。

http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-b3d7.html

管理人注:下の画像の本であるがレビューにはこうある(抜粋)

『原爆開発の情報もこのグループを通じて天皇は事前に知っていたと著者は推論する。 広東にいてインド・ニューデリー放送を聞いていた日本の情報部員は広島、長崎の投下日時を事前に察知している。 これを握りつぶしたのは大本営本部である』......つまりニューデリーのブラックラジオを真であるとしている点にある。何のことはない地上起爆を隠蔽するためである。

関連記事:ブラックプロパガンダという騙し

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1224.html

(以下貼り付け)

成甲書房iki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E7%94%B2%E6%9B%B8%E6%88%BF

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
正式名称
株式会社 成甲書房

設立日
1979年

代表者
田中亮介

本社郵便番号
101-0051

本社所在地
東京都千代田区神田神保町1-42 沖坂ビル

資本金
10,000,000円

外部リンク
http://www.seikoshobo.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社成甲書房(せいこうしょぼう)は、東京都千代田区神田神保町にある出版社。陰謀論を中心に発行

概要

朴甲東によって1979年日本で設立。

朴甲東は1919年朝鮮慶尚南道に生まれ、1941年早稲田大学卒業後朝鮮へ帰国し、朝鮮独立運動に身を投じ抗日パルチザン「朝鮮独立同志会」を組織する。戦後朝鮮共産党機関紙「解放日報」記者を経て、南朝鮮労働党に合流。1948年朝鮮民主主義人民共和国が建国されると、文化宣伝省ヨーロッパ部長になるが、1950年金日成の粛清により逮捕、監禁される。1956年釈放されると翌年に北朝鮮を脱出し、日本へと逃れて金日成政権批判を続けた。同じ南朝鮮労働党出身の朴正煕とも親交があった[1]。

主な出版物[編集]
布施泰和 『「竹内文書」の謎を解く』 2003年 ISBN 4880861561

脚注

1.^ 佐藤守 (2009). 金正日は日本人だった. 講談社. p. 54. ISBN 978-4062157667.

外部リンク[編集]
成甲書房 WEBショップ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

朴甲東
http://kukuk.v.wol.ne.jp/jp/1-4.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1-4 朴甲東常任議長の経歴

(1)経歴
1919年2月
 朝鮮慶尚南道に生まれる。

1935年4月
 日本の植民地支配に対する反対運動を行ったため,警察に逮捕される。
 拷問の末,ソウルの中学校を退学となる。

1935年9月
 日本に渡り,東京・大成中学4年に編入学。

1941年12月
 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
 (大東亜戦争勃発のため,3ヶ月繰り上げ卒業)。

1942年3月
 朝鮮に戻り,独立運動に従事する。

1945年5月
 抗日パルチザン部隊「朝鮮独立同志会」を組織し,代表に就任。

1945年8月
 ソウルで共産党の機関紙「解放日報」の政治部記者となる。

1946年11月
 南朝鮮労働党の機関紙「労力人民」の部長に就任。

1949年10月
 南朝鮮労働党地下党の政策部,宣伝部,機関紙部ブロックの副責任者に就任。

1950年4月
 南朝鮮労働党地下党の総責任者に就任。

1950年6月
 朝鮮戦争に協力しなかったため,軍事委員の命令で「解放日報」の論説委員に降
  格させられる。

1950年9月
 国連軍のソウル奪還に伴い,やむなく北朝鮮に避難。

1951年3月
 はじめて平壌に行き,文化宣伝省ヨーロッパ部長に就任。

1953年3月
 スパイ容疑で逮捕され,山中に監禁状態となる。

1956年3月
 フルシチョフのスターリン批判により釈放。

1957年6月
 北朝鮮を脱出し,日本へ向かう。

1976年6月
 東京で出版社「成甲書房」を設立。

1992年1月
 モスクワにて朝鮮民主統一救国戦線を結成,常任議長に就任。

(2)著書
  ○「遙かなる共和国」三一書房,1970年
  ○「嘆きの朝鮮革命」三一書房,1975年
  ○「内から見た朝鮮戦争」成甲書房,1976年
  ○「銀杏の木よ語れ」成甲書房,1977年
  ○「金日成との闘争記」成甲書房,1991年
  ○「北朝鮮最後の選択」講談社,1997年
  ○「2000年第二次朝鮮戦争」講談社,1999年
  ○「北朝鮮-祖国の悪魔」KKベストセラーズ,2003年
  ○「北朝鮮-哀しい断末魔」KKベストセラーズ,2003年

(3)翻訳書
  ○「三国史記」三一書房,1974年
  ○「三国遺史」三一書房,1975年

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

南朝鮮労働党
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%8A%B
4%E5%83%8D%E5%85%9A

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

南朝鮮労働党(みなみちょうせんろうどうとう)は、朝鮮の共産主義政党。南労党とも呼称される。

概説[編集]

1946年11月に朝鮮共産党・朝鮮新民党・朝鮮人民党が合併し、朴憲永(パク・ホニョン)を中心として南朝鮮労働党を結党した。彼らは韓国内部で麗水・順天事件などの反乱を引き起こすなどした。

しかし、アメリカによる南半分の占領、および韓国単独での選挙で李承晩(イ・スンマン)政権の誕生で、済州島四・三事件や保導連盟事件を始めとする徹底的な共産主義者に対する弾圧が行われたため、党の主要メンバーは越北。北朝鮮労働党との合同を打ち出し、1950年4月に両党は正式合併。これが朝鮮労働党の成立となる。

旧党員は、金日成政権下で南労党派として隠然たる勢力を保っていたが、朝鮮戦争休戦後に粛清の対象となった。1953年、朴憲永、李承燁など主要構成員13名がアメリカのスパイ、政府転覆の謀議、などの容疑により次々と逮捕され、朴憲永を除く12名が起訴、同年の裁判で李承燁ら10名に死刑、尹淳達に15年刑、李源朝に12年刑が言い渡された。1955年には朴憲永が起訴され、死刑を言い渡され、その後執行された。なお、1953年の裁判で死刑を言い渡されていた被告9名は朴憲永の裁判まで死刑を執行されず、朴憲永の裁判に出廷し、朴憲永に不利な証言を行った。

この事件を契機に南労党派に対して大規模な粛清が行われ、他の南労党派も粛清を受けた。1956年4月の党大会で多くの南労党派が解任されたが、生き残ったものもいる。白南雲、朴文奎、洪命熹、許成沢は処刑を免れ(許成沢は後に粛清される)、監禁されていた朴甲東は釈放された。朴甲東はこれを同年2月のフルシチョフのスターリン批判の影響によると言っている。

(コメント欄より)

「自費出版資金が心許なかった」というのが理由の一つだということです。それ以外の理由は不明です。

べにすずめ女史によれば、在庫本の倉庫代も払うのが大変で党員の管理する建物に保管してもらっている(タダ?)ということでした。
名古屋のT(CHORYO)から1000万を超える本の広告を出してもらった(もちろん寄付なので課税対象)のも空しく、在庫本を抱えたまま?

奈良の裁判で新聞記者に「ジャーナリズムだけで食っている」と誇らしげに言ったようなのですが、本の売り上げと講演会では収入が足りません。
つまり「ジャーナリズムだけで食っている」=「裏で金をもらっている」ということです。
金で依存し、女で転ぶ。見事な転落人生。そして死ぬまで「自分は正しい」と言い続けるのでしょう。日本の未来なんかどうでもよく、自分の失敗隠しが最重要の人ですから。
裏社会万事順調のようです。

投稿: cocologh09 | 2013年11月20日 (水) 09時50分

ここで「板垣英憲」がつながりました。

続々つながるリチャードコシミズと裏社会人脈

「北朝鮮 悪魔の祖国」(朴甲東著、構成・板垣英憲
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%9C%B4%E7%94%B2%E6%9D%B1%E8%91%97%E3%80%81%E6%A7%8B%E6%88%90%E3%83%BB%E6%9D%BF%E5%9E%A3%E8%8B%B1%E6%86%B2&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

投稿: cocologh09 | 2013年11月20日 (水) 09時55分

>>>監禁されていた朴甲東は釈放された。

独立党なら当然「なぜ保釈されたのか?」という裏読みがあってしかるべし・・・・・
金と女で転んだ似非ネットジャーナリストは一言も触れないでしょう。

RKの言動がおかしくなってから左翼よりの発言および人脈が増えていると感じていたのは間違いでなかったようです。このあたりの言説を「言わされていた」のでしょう。もうRKに自由はありません。裏社会傀儡・ロックフェラーの飼い犬です。

あ、左翼よりといっても地球の裏側右翼と左翼はくっつきますから同じです。見せかけで右と左をやっているだけで、全ては裏社会につながるルートです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

反・脱・卒原発で右と左は融合する
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-664c.html

大麻からもつながる右と左の香ばしい関係
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-21ee.html

落ちこぼれ偽装・馬鹿原裕幸さんのための補習解説「市民団体」
(結婚詐欺で820万円だまし取った自称ファッションモデルの女に有罪・・・京都地裁・・・の話あり)
http://h09.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-50c9.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

投稿: cocologh09 | 2013年11月20日 (水) 10時16分

執筆者紹介2012年10月 - 舩井メールクラブ
http://www.funai-mailclub.com/writer1210/

株式会社成甲書房 代表取締役
田中 亮介(たなか りょうすけ)さん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
株式会社成甲書房・代表取締役
1959年生まれ。神奈川県小田原市出身。明治大学政経学部卒業後、夕刊紙、出版社勤務を経て1999年より現職。社員編集者として在勤中、北朝鮮脱走兵の手記を刊行した際に日本の出版業界、ひいてはマスコミ界全体を支配する奇怪きわまる勢力の存在を知る。また、故人となった首相の著作を担当して大新聞社の腐敗ぶり、恣意的な記事捏造の現場をつぶさに目撃した。そんな鬱積が澱のようにたまっていた時期に、成甲書房の創業者より社業継承の打診を受け快諾、株式の譲渡を経て、極小出版社の経営者兼編集者に転じた。「異色ノンフィクションの成甲書房」を旗じるしに国内外の著者の真実言論の著作を刊行している。趣味は写真、将棋、映画、落語、散歩、飲酒。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

投稿: cocologh09 | 2013年11月20日 (水) 11時46分

『朴甲東

1992年1月
 モスクワにて朝鮮民主統一救国戦線を結成,常任議長に就任。』とは?

http://kukuk.v.wol.ne.jp/

朝鮮民主統一救国戦線

English Korean Japanese

あなたは 999999 人目の訪問者です。 最終更新日:200 6年7月13日

朝鮮民主統一救国戦線は、北朝鮮の元政府高官らが組織した亡命者団体です。

私たちは、
1)金正日独裁体制を打倒します

2)北朝鮮を開放・民主化します

3)平和的、民主的な南北朝鮮の統一を達成します

http://kukuk.v.wol.ne.jp/jp/1-2.html

    国の内外で祖国独立のために活動してきた私たちは,1948年9月,朝鮮民主主義人民共和国の創建に参加した。私たちは人民大衆の幸福を念願したからであった。しかし,金日成は私たちにも隠して,独断で同族殺し合いの内戦を挑発 した。3年余にわたり,数百万の同族の貴重な生命を奪い,民族の多くの財物を破壊した。

世界十数ヵ国で構成された国連軍と,それに対立する中国軍を呼び入れて,わが国土を血の海と灰にしてしまった。
 それだけではない。みずからの戦争挑発の民族反逆罪を隠すために,日本帝国ですら抹殺できなかった多くの愛国革命闘士たちにまで汚名を着せて虐殺し,政権を独占した。
 現在も「李承晩徒党と米帝が戦争を挑発した」と嘘を繰り返している。そこには少しも反省の色がない。実に,民主主義人民共和国の名称と背反する虚偽と個人独裁へと,簒奪した政権を変質させてしまったのだ。

  彼らは,北朝鮮人民を労働奴隷にし,物言わぬ従僕として扱い,秦の始皇帝が築いた阿房宮のように広大な「主席宮」と,国内数十カ所に建てられた豪華な別荘の中で,同胞たちの血を吸って腐敗堕落した享楽生活を送っている。
 北朝鮮は飢餓の生き地獄となり,住民たちにとっては隣の村に行く自由もない監獄となってしまった。その上,再び武力で韓国を侵攻するために,百万人を超える青年を武装させて私兵とし,核兵器をも製造して,反民族的,極左冒険主義へと突っ走っている。

  金日成は,北朝鮮同胞の生活を犠牲にしてまでの,このような膨大な私兵と恐るべき核爆弾を,どこで何の目的に使おうとしているのか。
 私たちは全力を尽くして,彼の野望をくじくために立ち上がった。日本に救援を乞うて,民族反逆のテロ政権が延命する前に,金日成父子の世襲テロ集団を精算して,朝鮮民主主義人民共和国を開放・改革するために,私たちは行動を開始する。

  純粋な愛国心から朝鮮民主主義人民共和国の創建に参加した私たちは,金日成の暴圧と虐殺を避けて,一時的に世界各国に避難せざるを得なかった。だが,私たちは,飢餓と酷寒と虐殺の下で呻吟している北朝鮮同胞たちの惨状と,金日成父子の天人ともに怒る蛮行を手を拱いて傍観していることはできない。
 折しも昨今の世界情勢は,平和愛好と民主化へと激しく変動しつつある。北朝鮮も解放されなければならない。そして言論・出版・結社・移動・旅行の自由がある,人間らしい生活が可能な民主社会とならなければならない。

  北から南へ避難した同胞は,自由に北の故郷に帰って暮らすことができ,また南から北へ行った同胞も安心して南の故郷へ帰って生活することができなければならないのだ。
 このようになるには,まず第一に金日成父子世襲独裁を精算しなければならない。民族反逆者,同族虐殺者との平和共存は不可能だからだ。

  ところで,韓国政府が金日成と平和共存するために,彼と無原則な宥和をするならば,結局統一もできず,金日成父子の暴君政権を延命させ,北朝鮮同胞たちの苦痛を加重する結果をもたらすだけであろう。
 私たちは北朝鮮の同胞を一刻も早く救援しなければならない。この瞬間にも彼らは餓死し,凍死し,虐殺されているのだ。北朝鮮の解放・改革は,まさに緊急の課題なのである。

  過去において,朝鮮民主主義人民共和国と関連のあった私たちは,その重い責任においてまず立ち上がった。平和的な民主統一を熱烈に渇望する国内外の同胞たちの先頭に立って,私たちは道案内の役を果たすだろう。

 北朝鮮で呻吟している同胞のみなさま!
  立ち上がりましょう。みなさまは決して孤立しているわけではないのです。

  韓国にいる同胞の兄弟姉妹のみなさま!
  私たちは力を合わせて,金日成父子の世襲テロ政権を打倒払拭し,
  北朝鮮同胞を救援して統一を成就するための民族的な大事業に立ち上がりましょう。
  この道こそ統一への道であり,私たちが生き残る道であります。

 私たちは今から,血を流さず,平和的に統一するために,金日成父子に下野を勧告す
   る。私たちはルーマニアのような血の解決を望まない。
  しかし,もし金日成父子が最後まで北朝鮮同胞に対する弾圧と虐殺を継続するならば,
  また民主的な統一にさまざまな難癖をつけて障害物として居座るならば,
  彼らの末路は予測することができないであろう。

  私たちは今,モスクワに集まって,上記の趣旨と目的で,ここに朝鮮民主統一救国戦線
 の創立を宣言する。

  南北の同胞のみなさま!
 私たちの趣旨と目的に賛同してくださるようにお願いします。
  ともに手を携えて,民族の再統一と繁栄と栄光の道を行進しようではありませんか。

  祖国の民主統一万歳!
 わが民族万歳!

1992年1月29日 モスクワにて

定額さんが板垣さんとつながったとしている板垣さんの記事。

 http://bylines.news.yahoo.co.jp/eikenitagaki/20130510-00024854/

日本民族は、関東軍参謀たちがセットした朝鮮半島分断策に見習い、新たな「策略」を練り上げる必要がある

板垣 英憲 | 政治評論家、板垣英憲マスコミ事務所代表
2013年5月10日 2時17分

◆安倍晋三首相は、米国オバマ大統領の強い要請を受けて、「国防軍=皇軍」創設を目指して、日本国憲法第96条「改正条項」の改正を次期参院選挙(7月21日)の最大の争点にしようとしている。

ところが、その米国から、思いがけなくも「超弩級の冷や水」を集中豪雨的に浴びせられた。米議会調査局が、「最近の日米関係」と題した報告書のなかで、安倍晋三政権の閣僚による靖国神社参拝や従軍慰安婦問題など日本の歴史認識問題を取り上げ、「今後の対応によっては環太平洋経済連携協定(TPP)や米軍と自衛隊による安全保障協力などに支障をきたす可能性がある」との見方も示したからである。

日本が、「国防軍=皇軍」を創設すると、中国や韓国は、「大日本帝国陸海軍の復活」ととらえて、恐怖を抱き、猛烈に反発し、厳しく批判を高めてくるのは、目に見えている。その大前提が、憲法改正であるので、これについても、当然、恐れをなすに違いいない。

日本の再軍備を強く求めている米国CIA対日工作者(ハーバード大学のジョセフ・ナイ教授、ジョン・ハムレCSIS所長、リチャード・アーミテージ元国務副長官、マイケル・グリーンCSIS日本部長ら)が、「ジャパン・ハンドラーズ」としての面目が丸潰れで、立つ瀬がまったくなくなっている。

安倍晋三首相としても、オバマ大統領や「ジャパン・ハンドラーズ」たちの言う通りに、憲法改正、「国防軍=皇軍」創設に取り組んでいるのに、「どうすればいいのだ」と戸惑っているに相違ない。

◆こうなると、日本民族としては、いまいちど、原点に立ち戻って「日本の安全保障」を考える必要がある。まず、「北朝鮮 悪魔の祖国」(朴甲東著、構成・板垣英憲、KKベストセラーズ刊)の次の一文を読んでいただきたい。

「分割の背景にあった日本軍の思惑 私は解放後、中国の重慶から帰ってきた大韓臨時政府の金九主席に、『なぜ朝鮮が米ソ両軍によって分断占領されたのか』と訊いたことがあります。大韓臨時政府は一九一九年に上海で組織され、中華民国の支援を受けて抗日独立運動をしていました。金九主席は、私に分断の経緯を、『中国の諜報部から聞いた話だが』と前置きして、次のように説明してくれたのです。  ――戦前の朝鮮軍(日本の朝鮮派遣軍)は、第十九師団(羅南)と第二十師団(ソウルの龍山)の二つの師団で朝鮮半島を押さえていました。一方、関東軍はさらに北の満州を支配していました。これに対し、ヤルタ会談において、ソ連軍が対日戦争に参加して勝利した場合、関東軍をソ連が、朝鮮軍をアメリカがそれぞれ武装解除するという密約がなされました。しかし、これを日本のスパイが嗅ぎつけ、それを知った日本陸軍は関東軍の守備地域を三十八度線まで南下、拡大させたのです。  日本が無条件降伏をしたのですから、ソ連はアメリカとの条約によって、関東軍の武装解除をする権利があるわけです。それで朝鮮半島にソ連軍が入ってくることになります。米ソの対立はこうして始まるのです――。  こうしてみると、日本軍の戦略はなかなかしたたかだったといえます。日本はただでは負けませんでした。というのは、米ソを戦わせようとしたのですから。関東軍が守備地域を南へ拡大したのは、米ソの衝突を先に予想していたからであり、日本軍の参謀クラスは皆、そのことを知っていたのです。しかし朝鮮にとっては、これは次なる不幸の始まりでした。  同じ降伏するのでも、日本軍が一週間前に降伏してくれていれば、ソ連軍が満州や北朝鮮に侵入することはなかったでしょう。ソ連は一九四五年八月九日に参戦するのですから、広島に原爆が落とされた八月六日の段階で日本が降伏していれば、ソ連軍は朝鮮の統治には関与することはなかったはずです。日本にとっても長崎に原爆を落とされなかったでしょうし、朝鮮も不幸な五十年を歩まずにすんだかもしれないのです。  本当に不幸としかいいようがありません。そして、一九四五年八月十五日、日本は敗戦を迎え、朝鮮は日本の支配から解放されます。しかし今日まで、北朝鮮はスターリンの亡霊、そして金日成の亡霊という"悪魔"にとりつかれて苦しんでいるのです」
出典:、「北朝鮮 悪魔の祖国」(朴甲東著、構成・板垣英憲、KKベストセラーズ刊)
関東軍参謀たちは、敗戦後の生き残りを賭けて、朝鮮半島を「38度線」で分断、米ソを戦わせるとともに、朝鮮民族が南北に分かれて戦い続けさせる「策略」をセット。北朝鮮には、陸軍中野学校を出た畑中理(朝鮮名・金策)ら残置諜者(スパイ)たちに「日本の傀儡政権」を樹立させて、日本本土を守るための緩衝国家にさせた。可愛そうなのは、北朝鮮だが、これまでよく使命を果たし、日本本土と日本民族を守ってきたのである。

この作戦は、北朝鮮による朝鮮半島統一→大高句麗建国計画により、大きく変更を迫られてきているけれど、日本は、中国や韓国による「国防軍=皇軍」創設に反対する声を力にして、いままで通り、日本国憲法を守り、自衛隊を存続させて、朝鮮半島に一切関与も、介入もせず、「軍事鎖国」を堅持するための新たな「策略」を練り上げる必要に迫られてきている。戦争するのは、中国共産党人民解放軍、北朝鮮軍、韓国軍、米軍だけでよいのだ。日本国民は、いまこそ、関東軍参謀たちの教えを見習わなくてはならない。

【参考引用】

日本経済新聞が5月9日午後0時12分、「米議会調査局、安倍首相の歴史認識に言及 報告書で」という見出しで、以下のように配信した。

「【ワシントン=中山真】米議会調査局は今月まとめた「最近の日米関係」と題した報告書で、安倍政権の閣僚による靖国神社参拝や従軍慰安婦問題など日本の歴史認識問題を取り上げた。中国や韓国などによる反発が強まるなか、米議会でも同問題に関心が高まっていることが改めて浮き彫りになった。報告書は安倍政権の支持率が上昇するのにあわせ、地域の安定を脅かす日本の歴史認識問題が持ち上がっていると説明。閣僚による靖国神社参拝に中国や韓国が反発している現状や、安倍晋三首相が過去に従軍慰安婦問題で強制的に連行した事実はないとの主張を支持していたことなどを紹介した。そのうえで『安倍首相は日米同盟の強い支持者だが、米国の国益を損なう可能性がある歴史認識問題をうまく取り扱えるかが問われている』と指摘。今後の対応によっては環太平洋経済連携協定(TPP)や米軍と自衛隊による安全保障協力などに支障をきたす可能性があるとの見方も示した。議会調査局は連邦議員の関心の高い分野を中心に定期的に報告書をまとめている。日米関係に関する報告書は過去にも従軍慰安婦問題などを取り上げたことがある」
出典:日本経済新聞 5月9日午後0時12分、「米議会調査局、安倍首相の歴史認識に言及」

どっちに投票しますか

http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/2224.html#readmore さんより

参議院選挙

2016/6/12

2016参議院選挙-1  国際政治・金融・企業

第24回参議院議員通常選挙は、2016年7月25日の任期満了に伴い、2016年6月22日公示、7月10日に投開票されます。

自民・公明 vs 反日政党の連合 という構図で、これ以上アホみたいに反日政党に投票する日本人は少ないと思いますが、数で2大政党化を目指すという民進党に騙されてはいけません。 2大政党による均衡は、反日政党にはあてはまりませんから、ご注意を。

北朝鮮による日本人拉致を支援し、中国や韓国に行っては、尖閣や竹島が、彼らの領土と宣伝する超反日政党の民進党(旧民主党)の政治家たちのおかげで、今や取り返しのつかない事になっています。

嘘の公約し、選挙に勝てば、後は反日まっしぐらの彼らを今回の選挙では徹底的に潰さねばなりません。 高速道路無料になりましたか? 選挙に当選した反日政党のやることは決まっています。東京五輪を韓国と共催と言い出すに決まっています。 費用はすべて日本。

アベノミクスが大失敗と、選挙のために宣伝していますが、そんな事を言っていたら、世間からはアホ扱いされますよ。 次の投稿で、FACT(事実の)数字を使って説明します。 説明するまでもなく、民主党政権の時より、はるかに経済は好調であることは明らかです。

ただ、一点不安材料は、舛添を自民党・公明党が早く辞めさせないと、与党に大きなブーメランになって帰ってくることも明らかです。  自民党の都議たちも、なにをのんびり構えているんだ、次の選挙で君たち全員、落選の危機にあることが、都民のアンケートからも分からんのか?

しっかりせーよ!...........

管理人注:ということでした。蓮舫なんてのが名乗りをあげそうだね

ただ松下政経塾出身者なんですが

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-403.html

過去記事にマキャベリがあります~改行が大きなPCにしたため見づらくなっています

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/108.html

『不正義があっても秩序ある会社,利益を生む会社の方が,正義はあって無秩序な会社より遥かによい結果を生む』

この会社を国に置き換えて考えてください。野党に投票するということは後者なのです。




 
 
》記事一覧表示

新着順:210/3534 《前のページ | 次のページ》
/3534