teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:188/3524 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 香水ミツコとカサブランカ

 投稿者:Legacy of Ashes の管理人  投稿日:2016年 6月30日(木)00時15分24秒
  通報 返信・引用 編集済
  フリーメーソンとは何か 1~175

http://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/msgcate46/archive

香水ミツコとカサブランカ

フリーメーソンに関して、うまくまとめられた相関図をWebで発見しました。 ボーイスカウトは確かにフリーメーソンの外郭団体で、フリーメーソンの子弟のための 「オ-ダー・オブ・デモレー」 と呼ばれていますが、デ・モレーとは十字軍時代の有名な聖堂騎士団の最後の総長、デ・モレーから由来するもので、第一次大戦後、アメリカのメーソンが青少年運動のために興し、世界の本部はアメリカのミズリー州のカンサス市にあり、現在世界中に数十万の団員を持っています。

このガールスカウト版が、「オーダー・オブ・レインボー・ガール」 で、メーソン過程の婦人連の団体が、「オーダー・オブ・イースタン・スター(東方の星結社)」 で、蒋介石夫人の宋美齢も、アメリカ系メーソンのイースタン・スターの会員でありました。

ボーイスカウトがフリーメーソンの外郭団体である証拠に、フリーメーソンの日本ロッジ自身がそう言っています。

「 若者への良質な教育:日本のフリーメイソンはボーイスカウト団体に援助を行っているほか、メイソン会員になるには若すぎる子供たちのための団体も運営している。 」
http://www.freemasonryinjapan.com/J-whyjoin.htm

また、中央にある写真の、リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーとは、EUの創始者で、その母親のミツコは日本人であり、東京の骨董商の娘の青山光子ですが、今日の東京の地名の青山は、彼女の家の名をとったものです。

空港でパリのゲラン社の売り場に、黄色いパッケージで、シャネルより高価な香水を置いてありますが、これはこのミツコをイメージしてつくられたものです。

クーデンホーフ・光子

http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/530.html

ゲラン社 フレグランスストーリー(ミツコ)

http://www.guerlain.co.jp/fragrance/frame_mitsouko_story.html
http://www.guerlain.co.jp/frompress/expert12/1.html

そして、EUの父と呼ばれる、リヒャルト・クーデンホーフは、映画カサブランカで、イングリッドバーグマンの夫役のラズロ(ポール・ヘンリード)のモデルともなった人物で、この映画製作のために、リヒャルト・クーデンホーフに容姿がそっくりな、ポールヘンリードが抜擢されました。

フリーメーソン-62  EUの創始者 リヒャルト・クーデンホーフ

http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/654.html

映画産業-5 カサブランカ

http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/38.html

リヒャルトは、第二次世界大戦で、ナチスに事務所を襲撃され、妻とアメリカに亡命しましたが、映画カサブランカでイルザ(イングリッド・バーグマン)の夫役のラズロ(ポール・ヘンリード)は、リヒャルト・クーデンホーフをモデルとしたもので、容姿も良く似た俳優を選んだことは有名です。

フリーメーソンとは何か  まとめ

http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/770.html

関連記事~クーデンホフ・カレルギー「汎・ヨーロッパ]で検索すると

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPiff57XNX6CcAqsGJBtF7?p=%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%80%8C%E6%B1%8E%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%5D&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

汎・ヨーロッパ主義

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%8E%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E4%B8%BB%E7%BE%A9

リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%95%EF%BC%9D%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC

よい子のためのやさしい解説

http://www.findai.com/yogo001/0033y01.html

欧州統合の歩み

http://www.findai.com/yogo001/0031y01.html

EU発展の歴史

http://jfn.josuikai.net/josuikai/kaiho/0511idou_ym/main.html

かつて日本は美しかった~EUの父には日本人の血が流れていた。

http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20110115/1295089093

リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギーは、明治27年(1894年)11月16日東京生まれのオーストリアの政治家で、汎ヨーロッパ主義を提唱し、それは後世の欧州連合構想の先駆けとなり、「EUの父」と呼ばれました。別名、青山栄次郎。父はオーストリア・ハンガリー帝国の大使ハインリヒ・クーデンホーフ・カレルギー伯爵、母は東京牛込の豪商の娘、青山ミツ。

 カレルギー伯爵と光子(青山ミツ)は明治29年(1896年)1月28日、二人の息子ととともに東京を発ち、オーストリア・ハンガリー帝国へむかいました。リヒャルトはわずか1歳。旅の途中でリヒャルトは重病になり、頬がすごく腫れ、梅ぐらいの大きさの腫瘍となります。船医が手術し、腫瘍の中のものを取り除き、一命を取り留めました。リヒャルトの頬にエクボのようなものがあるのはこのときの手術の跡であると母、光子は述べています。左右どちらの頬かわかりませんが、リヒャルトの写真と切手は左の頬が移っており、その跡が見られないので、右の頬と想像できます。

 リヒャルトは大人になり、14歳の年上の女優イダ・ローランと結婚すると申し出、母、光子は「貴族のあなたがなぜ女優風情と」と反対したところ、「母上も異国の商人の出ではないですか」といって家を飛び出しました。このことは身分云々でよく言われる話ですが、19歳の学生である息子が33歳の女性と結婚すると言えば、普通誰でも反対するでしょう。また、イダ・ローランは随分派手で親戚中が反対したようです。

 このリヒャルトは国際法学者となり、満州事変のとき日本の歩みに深い理解を示し、論文を発表しています。

「日本は国際連盟で鄭重なる言辞を以って、而も(しかも)強硬なる行動をもって世界に対し、『満州より手を引きなさい』と叫んでいる。日本は第三国の干渉や仲裁を用いずに、直接の商議を支那との間に開かんことを要求している。すなわち日本は極東に於ける『モンロー』主義を要求しているのである。(中略) 米国及び英国の『モンロー』主義を承認している国際連盟が単り(ひとり)極東『モンロー』主義だけを拒否し、アジアを無制限に連盟の権力化に置かんとすることは困難であろう」

 さらにリヒャルトは欧米各国の例をあげて日本だけを悪者にすべきでないとし、論文の最後を次のように結んでいます。

「今日本は、極東に於ける西洋文明の占守であり、治安の巨厳である。ロシアのボルシェウィズムと支那の無政府状態の怒涛を破って立つ岸壁である」

 国際情勢もしっかり見ていることがわかります。

 リヒャルトは1923年に「汎ヨーロッパ主義」を著しセンセーションを起こしました。翌年に汎ヨーロッパ会議を設立。しかし、ドイツのヒトラーにとって「汎ヨーロッパ主義」は邪魔であり、1938年のオーストリア併合後、彼はチェコスロバキア、ハンガリー、ユーゴ、イタリアを経てスイスへ逃避行。さらにフランスを本拠にするも、1940年フランスがドイツの手に落ちるとスイス、ポルトガルを経てアメリカに逃げました。戦後、1947年にはヨーロッパ議員同盟を創設するなど、ヨーロッパ共同体の進展に尽力しました。

 ちなみにリヒャルトは友愛思想の提唱者で鳩山一郎がこの友愛思想に感銘を受けています。さらに孫の、鳩山由紀夫が「友愛」を掲げて総理大臣になりましたが、この「友愛」は本来は誰に対しても発揮するものではなく、精神文化の共通性のあるものに適用するものだそうで、鳩山由紀夫前首相は誤解釈し、何にでも適用しようとして、ブレまくり、日本をムチャクチャにしました。リヒャルトも光子も天にいて嘆いていることでしょう。

参考文献

 河出文庫「クーデンホーフ光子の手記」シュミット村木眞寿美 翻訳

 オークラ出版「世界を愛した日本」『”EU生みの親”の生みの親』但馬オサム

 転展社「世界から見た大東亜戦争」名越二荒之助編

参考サイト

 WikiPedia「リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー」

関連記事

 政権に潜む日本破壊思想 http://blogs.yahoo.co.jp/jjtaro_maru/24893654.html

ベートーベン歓喜の歌とカレルギー

http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%95%EF%BC%9D%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC_%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%95%EF%BC%9D%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%AD%BB


EUの起源 その2

http://www.kanekashi.com/blog/2009/08/1003.html

EUの起源 その1

http://www.kanekashi.com/blog/2009/08/986.html

おまけ~映画カサブランカの検索

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RA0ELPhnRX7EkAGXSJBtF7?p=%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=



あるコメントから

http://www.shipboard.info/blog2/archives/2013/08/post_671.html
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?gallery=2011061414105044_ja
http://masuda901.web.fc2.com/page7xda.html
http://blog.goo.ne.jp/lovemoonayano/e/bbf326ba6417bd1933895cd7cb637c6f
http://dc.lib.hiroshima-u.ac.jp/nucl/detail/673520140502161400

 
 
》記事一覧表示

新着順:188/3524 《前のページ | 次のページ》
/3524