teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:183/3527 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

リーマンショックを凌駕するのは

 投稿者:Legacy of Ashes の管理人  投稿日:2016年 7月 5日(火)13時52分17秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://www.nikkei.com/article/DGXMZO04454470V00C16A7000000/

世界で最も危ない銀行は? IMF実名公表の衝撃

2016/7/5 10:22

関連記事:ジョージソロスかく語りぬ

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3688

管理人注:イルミナティの最終目標はドルの崩壊と全てのイルミナティ企業の破たんである。リーマンはFRBの株主でありイルミナティ企業であったがそれは単なる序章に過ぎなかったことにこれから気づくことでしょう。

 国際通貨基金(IMF)が発表した「金融システム安定性評価」レポートが波紋を広げている。

 特に市場の関心を引いたのは、「世界的システミックリスク」と題するグラフ。そこには、世界的システミックリスクを抱える28の銀行の危険度ランキングが実名入りで示されたのだ。

 際立つのは、トップ3のドイツ銀行、HSBC、クレディ・スイスという欧州の銀行群。さらにドイツ銀行に関しては、リスクが世界主要28行に伝染する具体的可能性を示すために、その影響度を線の太さで示している。

 本文では、ドイツ銀行に関して「リスク管理、当局の監督、国境をまたぐ取引の緊密なモニタリング、破たん処理能力が重要」とコメントしている。

 タイミングも悪かった。ほぼ同時に米連邦準備理事会(FRB)が、銀行の健全性を評価する資産査定(ストレステスト)の結果を発表。検査対象となった33行中、ドイツ銀行の米国部門とスペインの大手銀行サンタンデールが「不合格」とされたのだ。

 しかもその直前に、著名投資家ジョージ・ソロス氏が「英国の欧州連合(EU)離脱決定で売ったのは、ポンドではなくドイツ銀行株」と公表したばかりであった。

(この詳細は、本欄6月29日付「ソロス氏が売ったのはドイツ銀行株」を参照されたい)~下段引用

 おりから市場では「英EU離脱がリーマン・ショック級か」との議論に沸いていた。それゆえ、ドイツ発の金融システミックリスクが、リーマン級再発を連想させたのだ。

 そして、今週に入り、かねてから懸念されていたイタリア民間銀行の不良債権問題に火がついた。

欧州中央銀行(ECB)の本部

 中世からの歴史を持つ老舗大手銀行モンテ・デイ・パッシが7月4日付のプレスリリースで、「欧州中央銀行(ECB)から3年計画の不良債権削減計画案」を提示されたことを公表したからだ。2018年までに不良債権比率を20%に半減させるための計画を求められている。

 ECBの銀行ストレステスト結果も近々発表の予定だが、同行の不合格が危ぶまれている。その他のイタリアの民間銀行も、資本金不足の事例が目立つ。

 問題は、レンツィ伊首相が公的資金による救済を考慮していることだ。ところがEUは銀行の公的救済を禁止している。「納税者負担ではなく、債権者負担にせよ」とのルールである。

 その背後には、結局ツケを払うことになるドイツの強い抵抗がある。イタリア銀行問題に関しても、メルケル首相は、一切妥協の余地なしとの態度を貫いている。

 この欧州銀行経営不安リスクは、英EU離脱という波乱要因により、更なる悪化が見込まれる。

 基本的に、英EU離脱はリーマン・ショックとは異なるのだが、万が一、このセクターから世界的システミックリスクが顕在化すれば、基本的前提条件が覆ることにもなりかねない。

 リスクシナリオとして留意すべきであろう。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経ヴェリタス「逸’s OK!」と日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層心理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

ソロス氏が売ったのはドイツ銀行株

2016/6/29 10:23

 英国民投票の前、欧州連合(EU)からの離脱が決まれば「私の60年間の経験によれば、英ポンドは急落する」と指摘していた米著名投資家のジョージ・ソロス氏。「もし離脱となれば、少なくとも15%、場合によっては25~30%急落しよう」と語っていた(詳細は21日付本欄「ソロス氏警告、24日にはブラックフライデーも」を参照されたい)。

 1992年に英中央銀行のイングランド銀行を相手にポンドを売りまくり、英中銀に勝った男として名を馳(は)せた。それだけに、当然、今回もポンド売りを仕掛けたと市場では見られていた。

 しかし、英国民投票後、ソロス氏のスポークスマンは「ポンドはロング(買い)だった。しかし、世界市場への悲観的な見方から他の投資でもうけた」と語っていた。

 その「他の投資」がドイツ銀行株の空売りであると、独当局への報告で判明し、独主要紙の報じるところとなった。その規模は約700万株の売りで、日本円に換算すると約100億円相当に達する。株価は23日に15ドル台から急落。28日には、やや戻したが12ドル台である。

 国民投票で英国のEU離脱が決まった後、リスク回避で独国債が安全資産として買われる傾向が強くなった。マイナス金利幅がさらに拡大するなかで、銀行の経営環境は厳しさを増し、欧州を中心に世界的に銀行株が売られた。しかし、28日には売られ過ぎの反動による買いとなっている。とはいえ、銀行株価の本格的回復は難しそうだ。

 ソロス氏は既に、保有するドイツ銀株の一部を売り払ったとの噂も流れている。一時は現場から退き、院政を敷いていたが、最近「現役復帰」を宣言していた。1930年8月生まれの85歳。お見事な腕前。脱帽である。

MOMさんちでドイツ銀行で検索すると

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/search?q=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E9%8A%80%E8%A1%8C

『イギリスのEU離脱という結果は、ドイツ銀行にも深刻な影響を与えることになります。2月に警告した通り、ドイツ銀行が破たんすると、他の大手銀行(バークレー銀行、シティ・グループ、その他)もドミノ式に破たんします。ドイツ銀行は金市場の不正操作を行ってきたことが判明しています。さらに、ドイツ銀行は33兆ドルもの金利デリバティブズや6.3兆ドルもの通貨デリバティブズを保有しています。これは非常に懸念すべきことです』

世界の中央銀行はナチのBISのみになる?

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51988743.html

マーストリヒト条約はナチが作った その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1225.html

マーストリヒト条約はナチが作った その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1226.html

外為14時 円、一段高 一時101円台に上げ幅拡大

2016/7/5 14:13

 5日午後の東京外国為替市場で円相場は一段高となっている。一時は1ドル=101円98銭前後と6月28日以来、1週間ぶりの高値を付けた。14時時点では1ドル=102円02~05銭と前日17時時点に比べ68銭の円高・ドル安水準だった。日経平均株価の下落や中国の人民元基準値の下落を受け、投資家が運用リスクを回避する姿勢を強めるとの見方から、「低リスク通貨」とされる円に投機的な買いが入った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

ついに出た年金支給70歳~たぶん共済年金は別?

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/23885

ほぼ上限

http://green.ap.teacup.com/pekepon/1817.html

ついでに世界なぜそこに?日本人~7月4日(月)の21時からこの番組は消えていました

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160615-00509540-shincho-ent

テレ東「世界ナゼそこに?日本人」 統一教会のブローカー的信者がいる可能性

デイリー新潮 6月15日(水)5時53分配信

 多宝塔や印鑑を買わずとも、連中を勢いづかせるには効果覿面(てきめん)だろう。テレビ東京が自局の人気番組に統一教会(世界平和統一家庭連合)の信者をたびたび出演させていたといい、目下、「公開質問状」を送られる騒ぎに発展しているのだ。

 ***

 件の番組は「世界ナゼそこに? 日本人~知られざる波瀾万丈伝~」(月曜21時)。思いもよらぬ地に住む日本人を、その経緯と併せて取り上げる「ドキュメントバラエティ」である。さる民放関係者によれば、

「2012年秋に2時間スペシャル番組としてスタート。ユースケ・サンタマリアが司会を務め、視聴率もコンスタントに10%近くある。他局から後追い企画が出るほどで、まさにテレ東の目玉番組と言えます」

 が、5月26日には「全国霊感商法対策弁護士連絡会」から、テレ東社長らに宛て「申入書」が送付されていた。内容は同会のホームページにも掲載されており、それによれば同番組が、

〈多数回にわたり、統一教会の日本人女性信者を登場させ、当該日本人女性が外国人男性と海外で家庭を持つに至った経緯、あるいは当該日本人女性が海外に渡りそこで生活を送っている経緯について、虚偽の事実を織り交ぜた物語を創作して放映している〉

 とのことで、霊感商法による被害が1987年から15年末までの間に合計約3万3800件。総額約1170億円にのぼるとした上、

〈恋愛を絶対的に禁止され、教祖文鮮明の指名により見ず知らずの外国人男性と結婚し、家庭を持ったことを秘匿し(中略)宣伝材料を与えてきたことについて、深刻に憂慮しております〉

 そう訴え、6月10日までの回答を要求しているのだ。

■他局にも…

 申入書を送付した連絡会の渡辺博弁護士が言う。

「今年4月、アフリカ在住の日本人男性から私どもに情報提供がありました。番組のスタッフから『現地の日本人を紹介してほしい』と要請されたという。統一教会の集団結婚式で送り込まれた日本人女性から相談を受けた経験もある彼は『(リサーチは)慎重にした方がいい』とアドバイスした。ところがそのスタッフは『結婚の経緯などは簡易化することもあり、統一教会の人も何度か取材している』と答えたというのです」

 渡辺弁護士によれば、これまで同番組では13年8月に放映された西アフリカ・ブルキナファソの「4児のシングルマザー」、同年10月放映のヨルダン「難民を救う女性」。そして14年8月のコスタリカ「高齢出産女性」、さらに今年3月放映の「重病を抱えたウクライナの女性」と、少なくとも4件で日本人の女性信者が登場したという。

 当のテレビ東京に聞くと、

「世界各地で生きる日本人の姿を紹介する番組で、紹介する方のプロフィール等は、ご本人に直接、きちんと取材した結果に基づいたものです」(広報局広報部)

 一方、統一教会は、

「内容に関しては答える立場にありません。信者を紹介したことも、番組で取り上げるよう働きかけたこともありません」(広報局)

 が、統一教会に詳しいジャーナリストの鈴木エイト氏は、こう指摘するのだ。

「今回の問題は、ブローカー的に動いている信者が背後にいるとみられます。テレ東以外にも類似番組があるので、他局に飛び火する可能性は大いにあります」

 いっそエンドロールにクレジットを入れてはどうか。

「ワイド特集 うまい話に裏がある!」より

「週刊新潮」2016年6月16日号 掲載

管理人注:なおテレビ朝日火曜日放送の人気番組こんなところに日本人も怪しい

おまけ~一人も死んでないパリテロ

“被害演出” の歴史は繰り返す: ボストン、ロンドン、パリ ・・・(注;そしてブラッセルからバングラディッシュまで)

http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/199bfd0e99438fdd77d5983adc688581

管理人注;バングラディッシュでの被害者家族のインタビューで祖母や祖父が笑って答えていたが遺体は政府専用機でVIP扱いだ。氏名が公表されたが果たして本物か?パリテロでも多くの顔写真や名前が公表された。夜の記事にパン屋で夕食の習慣は日本人にはない。負傷したとされる日本人は小型機のチャーターというこれもVIP扱いだ。

 
 
》記事一覧表示

新着順:183/3527 《前のページ | 次のページ》
/3527