teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:189/3534 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

国民国家の葬式を誰が出すか

 投稿者:Legacy of Ashes の管理人  投稿日:2016年 7月 8日(金)12時37分39秒
  通報 返信・引用 編集済
  7月6日宮崎正弘氏メルマガコメントより

http://melma.com/backnumber_45206_6389681/

ISテロリストを背後からコントロールする勢力は、日本人にイスラム教徒を敵視させて、自衛隊を米軍傭兵として中東に派遣させるため、日本国内でISテロを仕組む危険がある
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36046664.html

>しかしながら、米戦争屋CIAはそれだけでは満足せず、パリでのISテロと同様の本格的なISテロを日本国内で起こそうとする可能性を否定できません。

管理人注:パリテロでは誰一人死んでいませんよ

バングラデシュでの日本人7人の死はJICAによる未必の故意の犯罪:今の日本政府も安倍自民党も米国戦争屋の要求で日本人を米軍傭兵として差し出そうとしているとみんな気付け!
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36044650.html

バングラデシュでJICAプロジェクトを請け負った日本人を殺害したIS(イスラム国)をでっち上げた勢力はJICA理事長のハンドラーでもあった
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36041820.html

管理人注;JICA役員一覧~少し前の理事長緒方貞子は池田大作同様ローマクラブの名誉会員

http://www.jica.go.jp/about/jica/yakuin.html

ローマクラブの成長の限界=人口削減

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E9%95%B7%E3%81%AE%E9%99%90%E7%95%8C

 2016/7/8

ナチスの宣伝相だったゲッペルスは言う。「大きな嘘ほど人は信じやすい」「嘘を繰り返せば最後には必ず信じてしまう」 この特性を散々悪用してきたのが闇の支配者である。メディアを支配するユダヤ勢力は、一流とされる大手メディアを使って自分たちの都合の良い方向に世論を誘導してきた。その典型的手法が捏造テロである。ある特定勢力が酷いテロを起こしたと言って戦争を仕掛ける。あるいは権利をないがしろにする法案を通すわけである。実際、何十人が死亡したというショッキングな事件があれば、その悲惨な映像で人は簡単に思考を停止する。それに煽られれば当然のように同調してしまう。だからこそ、騙されずに真実を見抜こうとするジャーナリストの存在は貴重となる。

 世界の真実を知るのに簡単な方法は、「報道を信じない」ことである。ユダヤに抑えられた欧米メディア、それに尻尾を振る日本の大手メディアが発する情報は、基本的に嘘であり、プロパガンダである。今ではアメリカの国務省が「サイコロジカル・オペレーション」と言う情報作戦で洗脳している。

 欧米マスコミの中には3種類ある事が分かった。
1.最初から工作員でありながら記者のふりをしているプロパガンダ・エージェントである者
2.完全に洗脳されていて言われたことを全部信じ、それに入らない情報はすべて却下する者
3.真実を知っているが自分のポストや良い仕事を失いたくないので見て見ぬふりをする者である。
真実を書くには、フリージャーナリストにならざるを得ないが、殺されてしまう危険もある。だから、そのまま従うという隠れ恐怖の独裁的な仕組みと言う状況である。
だんだんと2番目の洗脳された人が気付いて、その人たちは3番目へと移り、その3番目の人達も仲間が増えたことで、勇気を出して話すようになっている。

 国務省を中心としたワシントンDCが、いろいろな「ヤラセ事件」をでっち上げてきた。有名なのは、サンディフック小学校銃乱射事件である。アダム・ランザと言う20歳の青年が児童20人を射殺し、犯人は自殺したという事件で、アメリカでは大々的に報道された。ところが、FBIのホームページを見ると、乱射事件で20数名が殺されたはずの現場に、殺人事件の統計では被害者は1人もいなかった。要するに、役者を使ってヤラセ事件をいろいろなところでやっているということである。クライシス・アクターと呼ばれ、本物の犯罪者を集めて殺人事件をでっち上げたり、役者を使って被害者を演じさせたりする。サンディフック小学校事件では、被害者として泣き叫んでいた女性が、ボストン・マラソン爆破事件でも被害者役で出演した「人気女優」ということが分かっている。

 ノースウッズ作戦の八百長テロが今でも頻発している。マレーシア航空機の撃墜事件もノースウッズ作戦を真似たものである。

*ノースウッズ作戦→1962年にアメリカが秘密裏に計画したキューバ・カストロ政権転覆の偽装工作である。テロリストによると見せかけた攻撃を米国内で起こすことによって、米国民の対キューバ感情を悪化させて、内外の世論をキューバ攻撃容認へと向かわせることを目的とした。9・11の同時多発テロも同様の方法でアメリカ政府によって引き起こされた。

*マレーシア航空機撃墜事件→2014年7月17日にオランダ・スキポール空港からマレーシア・クアラルンプール空港に向かっていた定期便マレーシア航空17便ボーイング777型機が巡航飛行中に対空ミサイルで撃墜され、ウクライナ国内に墜落した航空事故。乗員乗客298名全員が死亡。撃墜による航空事故では史上最悪の死者数を出したとされる。

 この撃墜事件はヤラセである。事件の数年前にイスラエルの企業がマレーシア航空の中古旅客機を買っていたという事実が判明した。MH370便はディエゴガルシア島のアメリカに軍事基地に行っている。MH370便はその後でディエゴガルシア島からイスラエルに行って、さらにイスラエルからアメリカ・フロリダ州に行っている。そこで原子爆弾を搭載されて、47人の国家指導者が集まってオランダで行われていた「核セキュリティ・サミット」の空域に近寄られて「あなたたちを爆破します」と脅しに行ったのだが、オランダの迎撃機に止められて着陸させられた。最後に、便の名前をMH370便からMH17便に変えて、ウクライナ上空で空中爆破してロシアとの戦争を何とか起こそうとしたがその計画は失敗した。しかも、事故現場で見つかった遺体は、腐乱していて、事故以前に死んでいたという情報も出ている。

 少し違う見方もある。MH17便が飛んでいた空域に、1時間前にプーチン大統領の専用機が飛んでいたそうである。その機体を遠目に見ると非常に似ていた。当時、ウクライナ政権は、金融ユダヤ人の支配下にあったので、ウクライナ空軍がわざとプーチン大統領の搭乗機を落とそうとして、誤ってMH17便を撃墜してしまったという説もある。この説が真実だとしたら、プーチン大統領を暗殺して第3次世界大戦を起こそうとしたけれども失敗したということになる。

 日本で大騒ぎになった「ジハーディ・ジョン」の日本人の首切り映像でも、影の形が違うなど、映像が不自然だと指摘された。こういうでっち上げのニュースビデオを作っているのが元モサドの「リタ・カッツ」と言う女性である。この女性がビン・ラディンの時代から作っている。実際、オサマ・ビン・ラディンは2001年に肝臓病で死亡している。2001・9・11の時点で、透析が必要な腎臓病の末期だった。2001年以前のビン・ラディンの顔を見ると、その後に出たビデオとは明らかに違う人物である。これはリタ・カッツ製である。彼女がナチス派専属の映像クリエイターである。

管理人注:リタ・カッツの関連動画と記事

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RAyHLbIn9XJlsAkTGJBtF7?p=%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%84&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=



ロスチャイルド夫人の手紙

http://beingtt.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

デヴィッド・アイクのたわごと?

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10781347815.html

2014/09/16 に公開

http://shanti-phula.net/ja/social/blo...

この動画の詳細はこちらをご覧下さい。

 2016/7/8

≪凄い情報!≫新聞の調査とは違い、自民党による調査の数字はどこも厳しい。1人区で野党候補が2ケタ取るとの予想。山口二郎
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/150.html

≪拡散希望≫自民党・公明党連合と大手マスコミの三つの嘘に騙されるな。(永田町徒然草)
http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/135.html

管理人注:ノースウッド作戦関連記事

関連記事.....

http://satehate.exblog.jp/19926209/

http://ameblo.jp/uttaetotatakai/entry-11898485583.html

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/mh-17-fd39.html

土地の略奪やラテン・アメリカへの棄民をアメリカ軍が続けていた1955年から57年にかけて、興味深い人物が琉球民政長官を務めている。ライマン・レムニッツァー[Lyman Louis Lemnitzer, 1899.8.29-1988.11.12]だ。

後に統合参謀本部議長に就任、キューバへアメリカ軍を軍事侵攻させるために「ノースウッズ作戦」という偽装テロのプランを立てた人物。

その時代、1956年10月に比嘉秀平琉球主席が55歳の若さで急死している。

沖縄は日本の「人身御供」になった。昭和天皇がアメリカの支配層へ沖縄を捧げたのである。

沖縄が日本領になるのは、「明治王朝」になってから。この新王朝は1871年7月に廃藩置県を実施、全国を中央政府が支配するシステムを導入する。これで「藩」は廃止されたはずなのだが、1872年に琉球藩を設置、79年に沖縄県を作った。いわゆる「琉球処分」である。琉球は17世紀から島津氏の植民地的な存在になっていたが、形式上は独立国家で、中国(明/清)との冊封関係は維持されていた。

廃藩置県の後に藩を作るという不自然なことを明治政府が行う発端になる事件が1871年10月に起こっている。宮古島の漁民が難破して台湾に漂着、そのうち何人かが殺されたのである。この事件を理由にして台湾へ軍隊を派遣しようということになり、そのために宮古島の漁民を日本人にする必要があった。1874年に明治政府は台湾へ派兵する。

赤旗対談記事=中野晃一~国民国家の葬式を誰が出すの著者

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-01-01/2016010101_02_0.html

日本はこれからどうなるのか?

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RhYNbTK39XchQAF.GJBtF7?p=%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AE%E8%91%AC%E5%BC%8F%E3%82%92%E8%AA%B0%E3%81%8C%E5%87%BA%E3%81%99&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=



ヒーローがここにいた

http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1335.htmlhttp:/wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1335.html



プルトニウムは飲んでも大丈夫という人もいる

おまけ

浮上した「超悲観シナリオ」 1年後の日経平均6500円

2016/7/7 15:03日本経済新聞 電子版

 日経平均株価が軟調な展開をみせる中、突如浮上した「超悲観シナリオ」が市場で話題となっている。野村証券が7日、1年後の日経平均の見通しを6500円とするシナリオを提示したのだ。背景にあるのは日銀の動き。政府債務の引き受けなどにより円の信認低下が起きれば、日本から資金が逃避する「悪い円安・悪い株安」が進む可能性がある。

 野村証券は今夏、顧客向けに「マイナス金利への挑戦」と題するサマーセミナーを開催する。英国の欧州連合(EU)離脱問題や米利上げ、日銀の金融緩和の行方など多くの不透明要素が意識される中、同社は日本株を見通す上で前提条件別に4つのシナリオを提示する。6500円予想は、その中での「最悪シナリオ」だ。

 市場では、日銀の異次元緩和が長期化することへの警戒感が広がっている。最近は、日銀が国債を直接引き受けるという「ヘリコプターマネー論」も盛んに議論されるようになってきた。野村の最悪シナリオは、このような金融緩和策がもらたす弊害に対する警戒感の表れだ。野村証券の尾畑秀一マーケット・エコノミストは「円の信認低下が日本からの資金逃避を招けば、多くの国内リスク資産が大幅な価格下落に見舞われる可能性がある」と話す。

 もっとも、このシナリオに陥る確率は「5%」(尾畑氏)という。メーンシナリオは1万5700~1万6900円で、過度な懸念は必要なさそうだが、こうした超悲観シナリオも実現しかねない局面に入ってきていることは認識しておくべきだろう。(K)

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

関連記事:ソシエテジェネラルの動きがおかしい

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1134.html

今世界では6京円のデリバティブ残高があります。これはオフバランスですから表にはでてこない。ですからこれからはある日突然という成り行きでしょうね,きっと。

管理人注:総資産 デリバティブ
取引量

JPモルガン 250兆 6800兆
シティバンク 190兆 6000兆
ゴールドマン 90兆 5450兆
バンクオブアメリカ 200兆 5450兆
モルガン・スタンレー 80兆 4500兆
ドイツ銀行 263兆 7500兆

合計 7京円という説もある(金玉さん)

バトンルージュの動画」の衝撃広がる 白人警官が黒人男性を取り押さえて射殺(閲覧注意)

http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/06/graphic-video_n_10845350.html

今度は警官撃たれ11人のうち5人が死亡

http://www.asahi.com/articles/ASJ783WBMJ78UHBI013.html

警官に撃ち殺された人の数

https://twitter.com/naoyafujiwara/status/751203186531115008

ソフトブレイン大量に仕込んで売り逃げか?

http://www.nikkei.com/markets/company/chart/?type=3month&scode=4779&ba=1&n_cid=DSMMAA13

http://www.nikkei.com/markets/company/chart/?type=3month&scode=3656&ba=1&n_cid=DSMMAA13

めざまし政治ブログの服部順治さんのプロフィール

http://www.st.rim.or.jp/~jhattori/profile/index.htm

創価学会の真実を求めて

http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/AntiSouka/souka.htm

現在のブログ

http://rakusen.exblog.jp/

PCの更新プログラムをさせない方法~パソコンが不調になる原因は勝手に更新され画面が固定化されその後Windows10にアップグレードしませんか?ときます。PCをクリーンアップすると画面が普通に戻りますが3日ほどでまた更新プログラムが次々とインストールされまたアップグレードしませんかときます。これの繰り返し。

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dP52vzc4BXskkA2NqJBtF7?p=PC%E3%81%AE%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%92%E3%81%95%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%81%84&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

答えは~コントロールパネルで、「windowsの自動更新を行わない。」に、設定変更するだけ。

1990年黒沢映画~赤富士



不気味な黒澤映画「夢:赤冨士」

黒澤明監督の1990年公開の映画「夢」は、8話からなるオムニバス映画で、
問題の「赤冨士」はその「6」話目。
配給元がワーナーブラザースというのも不気味ですし、
これは単なる黒澤明監督の夢、警告ではなくて、
計画的な実施予告だったとしか思えません。
何しろ、「あの発電所の原子炉は6つある」のですから。

この映画では、放射性物質に着色できる設定にしてしまっていますが、
今、現実に起きている出来事では、人間の五感では全く感知出来ない。
まったく見えない、匂わない。
しばらくたって、身体の反応があって、
初めて放射能の影響だったことが分かる。
本当に、放射能は恐ろしい。

下にセリフを文字にしてありますが、
映画の一場面のセリフとして聞くと、恐ろしさは倍増します。

「何があったんすか?」
「何があったんですか?」

「噴火したのか、富士山が」
「大変だ」

「もっと大変だよー」
「あんた知らないのー?」
「発電所が爆発したんだよー。原子力の」

「あの発電所の原子炉は6つある」
「それがみんな、次から次へと爆発を起こしてるんだ」

「狭い日本だ」
「逃げ場所はないよ」

「そんなことは分かっているよ」
「逃げたって広がる」
「でもねえ、逃げなきゃしょうがない」
「ほかにどうしようもないじゃないか」

「これまでだよ」

「でも、どうしたんだろ?」
「あの大勢の人たちはどこへ行ったんだ?」
「みんなどこへ逃げたんだ?」

「みんなこの海の底さ」
「あれはイルカだよ」
「イルカも逃げているのさ」

「イルカはいいねぇ」
「泳げるからねぇ」

「ふっ、どっちみち同じことさ」
「放射能に追いつかれるのは時間の問題だよ」
「来たよ」

「あの赤いのはプルトニウム239」

「あれを吸い込むと1千万分の1ミリグラムでも癌になる」

「黄色いのはストロンチウム90」

「あれが身体の中に入ると、骨髄に溜まり白血病になる」

「紫色のはセシウム137」

「生殖腺に集まり、遺伝子が突然変異を起こす」

「つまりどんな子供が生まれるか分からない」

「しかしまったく人間はアホだ」
「放射能は目に見えないから危険だと言って、」
「放射性物質の着色技術を開発したってどうにもならない」
「知らずに殺されるか、知ってて殺されるか、それだけだ」
「死神に名詞もらったって、どうしょうもねえ」
「じゃ、お先に・・・」

「君、待ちたまえ!」
「放射能で即死することはないっていうじゃないか」
「なんとか、、、」

「なんともならないよ」
「ぐじぐじ殺されるより、ひと思いに死ぬ方がいいよ」

「そりゃあー、大人は十分生きたんだから死んだっていいよー」
「でも、この子たちはまだいくらも生きちゃいないんだよー」

「放射能に冒されて死ぬのを待っているなんて、」
「生きているうちにはならないよ」

「でもねえ」
「原発は安全だって。危険なのは操作のミスで、原発そのものに危険はない」
「絶対ミスは犯さないから、問題はないって抜かした奴は、許せない!」
「あいつらみんな縛り首にしなくちゃ」
「死んだって死にきれないよー」

「大丈夫。そりゃー、放射能がちゃんとやってくれますよ」
「すいません」
「ぼくも縛り首の仲間の一人でした」

「あ~~~」

http://sumisumirinjin.blogspot.jp/2011/06/blog-post_03.html



右のリンクに沢山あります



世界の若者と語る

 
 
》記事一覧表示

新着順:189/3534 《前のページ | 次のページ》
/3534