teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:137/3524 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

インターネットとICANN

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年 8月23日(火)15時17分10秒
  通報 返信・引用 編集済
  http://golden-tamatama.com/blog-entry-2507.htmlを参照ください

金玉さんの言いたいのは10月1日頃マーシャルロー(戒厳令)が起きFEMA発動と同時にインターネットが使えなくなり株券も一斉に紛失ですから金融取引は中止・閉鎖というシナリオではないのでしょうか。

話半分に聞いてほしいのですが個人的には今年の大統領選挙はないと思います。スケジュール的にはまずヒラリーさんの病死(これはマイコプラズマの肺炎です)に続きトランプの暗殺で戒厳令が敷かれる。そしてオバマも暗殺されFEMA大統領にOliver Northが選ばれ全権を掌握し憲法は停止する。その後FEMAの大統領令がすべて実行される。一部でビンラディンはオバマだったとの情報がネットでかなり流れています。ブレジンスキーとしてはオバマに口を割られては終わりです。そして記事にしましたが元イルミナティのシスコさんがこれを言ったら私は殺されるといったことを今だからもう一度お伝えしましょう。

FEMAが全権を掌握した午後米国の全てのテレビ局ではある中継を開始する。同時に全世界へも中継される。

『今我々はこの地球の全権を掌握した。外には我々を祝福するかのようにイエスキリストが再臨している.....本日より全ての金融市場を閉鎖するなどなど』と21名のハリウッドメイクのレプティリアンがずらっと並び宣言する。彼らはロスチャイルド,チャールズ公,ブッシュ,ロックフェラーなどである。外にはブルービームでキリストの再臨が写し出される.......これが起きる可能性は80%で今年もし何も起こらなかったら(起こさなかったら)イルミナティは消滅したということ。

国連の宗教はサタン教である

http://www.millnm.net/cgi-bin/page.cgi?url=../qanda3/31PxY4HPOQ5M79571.htm

そして同時に国連軍は米国市民をFEMA CAMPへ連行する。ベートーベンの第九を拡声器で鳴らしながら

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/17.html

其の時国連軍が使う武器弾薬の貸倉庫も見てきましたから。そして数年後イルミナティのAgenture(代理人=風を征するモレア)は全て処刑されるというシナリオだ。よき世界が来るのはその大粛清が終わってからだろう。当然偽国体である皇室や政体である田布施人脈などもなくなる。その前に役割を終えたバランサーたちは処刑される。デビッド・アイク命と踊らされていた者たちはその時気づいても遅いのです。

COGプロジェクトについて

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201507280000/ その1

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201312020000/ その2



『アメリカが憲法の機能を停止させるCOGプロジェクトを始めたのは1980年代の前半で、それが愛国者法として始動したのは2001年。20年近い準備期間があったのだが、その間、このプロジェクトの存在は漏れていた。

 例えば、1987年に開かれた「イラン・コントラ事件」の公聴会において、ジャック・ブルックス下院議員が「NSCで、一時期、大災害時に政府を継続させる計画に関係した仕事を担当したことはありませんか?」とオリバー・ノース中佐に質問したのだが、これはCOGプロジェクトを指していた。

 ノースに付き添っていた弁護士のブレンダン・サリバンは動揺、委員長のダニエル・イノウエ上院議員は「高度の秘密性」を理由にして質問を遮っている。ブルックス議員はマイアミ・ヘラルド紙などが伝えていると反論し、緊急時に政府を継続する計画が練られていて、それはアメリカ憲法を停止させる内容を含んでいると説明したが、質問は禁じられた。

 日本のマスコミもワシントンDCへ特派員を送り込んでいるはずで、これだけ注目された遣り取りに関する取材をするのは当然だろう。マイアミ・ヘラルド紙に目を通している日本人記者はひとりもいなかったのだろうか?』

管理人注:2011年7月某日アナログからデジタルへ移行させたという意味は全ての電子化された株券などのデータがあっという間に突然消え財産を失うということを意味する。このときから渇望された計画が実行されるということだろう。

知人に聞いた話ですが,ICANNのroot DNSserver がぶっ飛ばされると世界中のインターネットの接続に問題が出るということです。世界では13組のDNS serverがあって,M root DNS(Domain Name system)は日本のWide Projectが運用責任を持っている。つまり世界中の取引所が閉鎖されるということでしょうか。つまり,ROOT DNSがやられると日本国内では, JPドメイン以外の接続が不可能になる。このROOT DNSを壊すのに核兵器は入りません。イーサネットの端子を抜けばいいとのことで,ありとあらゆる業界が壊滅することを意味する。(情報提供O氏) Ethernet Network interface cardを抜かれたらどうなる?1つのIPアドレスへのトラフィックを別のローカルサーバに割り振る「Anycasting」が行われているが13同時にぶっ飛ばしてこられたら終わりでしょう。株をもっている人は突然ホームレス?どうしてって......デジタル株券が消えてしまうことなのですよ。

以下はDNSを管理しているドメインのリスト。

A.ROOF-SERVERS.NET 元NSL.ISI.EDU
B.ROOT-SERVERS.NET 元C.PSI.NET
C.ROOT-SERVERS.NET 元TERP UMD
D.ROOT-SERVERS.NET 元NS.NASA.GOV
E.ROOT-SERVERS.NET 元NS.ISC.ORG
F.ROOT-SERVERS.NET 元NS.NIC.DDN.MIL
G.ROOT-SERVERS.NET 元AOS.ARL.ARMY.MIL
H.ROOT-SERVERS.NET 元NIC.NORDU.NET
I.ROOT-SERVERS.NET Operated by VERI SIGN.INC
J.ROOT-SERVERS.NET Operated by RIPE NCC
K.ROOT-SERVERS.NET Operated by ICANN
L.ROOT-SERVERS.NET Operated by WIDE
M.ROOT-SERVERS.NET End of File
計13組~どうしてICANNがKなのかですがアルファベットで11番目だからです。

一ドル札に現れたフリーメーソンの証拠と13の意味

http://www.millnm.net/cgi-bin/page.cgi?url=../qanda3/kokuren.htm

存続政府で検索すると

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%91%B6%91%B1%90%AD%95%7B&inside=1&x=0&y=0



Four Bushes profiting from Wars.Four Bushes arming BOTH Side.Behind them there was and there is a Shadow of Rothschild.敵対する相手と戦争させ双方に金を出し儲ける構図がそこにはある。対立物の統一は進化であり,弁証法的進歩において重要な役割を演じるから,対立物の戦争およびそれらの統一こそへーゲルの中心思想と考えることができる。それは正・反・合からなる。彼らは自分たちの手を汚すことはしない。共産主義は資本主義のAnti-Thesis(反)として作られたもの。民主主義とてDEMOCRACYはDEMONS(悪魔)のCRACY(支配する)意味である。戦争で儲ける構図は昔も今も変わらない(こういう人たちは正常な人間と言われている)。

FEMAと米国の分割・解体

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1729.html

世界が灰になった時,我々は地下都市から出てきてこの世界を造り直す...

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-265.html

アメリカ全土には地下高速道路が走っている

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-99.html

関連記事:インターネット崩壊

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/417.html

パソコン修理PCデポの凋落

http://www.nikkei.com/markets/company/article/?n_cid=DSMMAA13&ng=DGXMZO06351940S6A820C1000000&scode=7618

ICANNとはで検索すると

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPKE857LtX1T8AT72JBtF7?p=ICANN&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=icann&afs=

IT用語辞典より

ICANN 【 Internet Corporation for Assigned Names and Numbers 】

ICANNとは、インターネット上で利用される識別情報の割り当てや管理などを行う国際的な非営利法人。

IPアドレスやドメイン名、AS番号、ポート番号、パラメータ番号など、インターネット上の通信において識別情報として用いられる各種の情報資源を一元的に管理し、割り当てや改廃、調整、運用ルールの策定などを行っている。ドメイン名については新しいトップレベルドメインの導入や、DNSルートゾーンの管理なども行っている。

1998年にIANA(Internet Assigned Number Authority)などが行っていた資源管理を引き継ぐ受け皿として設立された団体で、IANAの名称はICANNの一部門の名称として存続している。民間団体ながら一部の業務でアメリカ商務省の監督を受けており、国際的な自立した機関として独立性を高めるべきだとの批判が繰り返し行われている。

インターネットの米国支配終了

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1603/07/news071.html

事実上、米国政府の管理下にあったインターネットが、完全に非営利団体「ICANN(アイキャン)」に移管されることになりそうだ。モロッコで5日から開かれているアイキャン・マラケシュ会合は、各国の政府関係者による会議で、移管に関する最終提案が承認される見通し。提案を受けた米政府が議会の審査を経て了承する。アイキャンは特定政府の関与から離れ、ネット上の住所となる「ドメイン」や「IPアドレス」の調整業務を一元管理することになる。

 インターネットは米国防総省傘下の大学間ネットワーク「ARPAネット」の技術を基に発展した経緯から、米政府がアイキャンに委託する形で運営されてきた。しかし、世界的な商用ネットワークとしてインターネットの活用が広がるにしたがい、各国から米政府の管理に対する反発が増大している。

 それを受けて、米国商務省電気通信情報局(NTIA)が2014年にインターネット管理業務の民間団体によるグローバルな管理体制への移管方針を表明。アイキャンに運営方針の提案を要請した。当初は15年9月に合意する予定だったが、各国政府機関の意見が対立し、ずれ込んでいた。

しかし、米政府とアイキャンの委託契約が今年9月で失効するため、事務手続きを考えると今回のマラケシュ会合で合意できなければ再び米国政府管理下に戻る懸念がある。このため、アイキャンの理事会は、各国の意向を管理業務に反映しやすくするよう、当初案に反対しているロシアやフランス、ブラジルなどとの妥協点を探っており、数日中にも合意にこぎつけたい考えだ。マラケシュ会合は10日まで。

 アイキャンは米カリフォルニア州に本部を置き、世界のインターネットの根幹となるDNSサーバーの運用と、各国別・分野別ドメインやアドレスの調整業務を行っている。理事会に助言する政府諮問委員会には各国政府機関が参加し、各国の立場から管理業務に意見を出している。

 インターネットの利用者は年々増加。国際電気通信連合(ITU)によると、10年には20億2000万人だったが、5年後の15年には31億7000万人に拡大した。国や地域を問わないネットワークとして普及を続けており、通信機器メーカーの米シスコは25年に利用者が55億人に達すると予想している。

アイキャン上級アドバイザーのセリーサ・スワインハート氏は「提案が承認されればインターネットの発展にとって歴史的な出来事になる」と表明。総務省によると、管理業務が民間に完全移管されると、さらにインターネット普及が加速し、新たなサービスが生まれる可能性が高いと期待されている。

 ただ、政府の関与を強めたいとする国もあり、米国政府も民間移管後の運営を注視する考えだ。(芳賀由明)

【用語解説】ICANN(アイキャン)

 インターネット・コーポレーション・フォー・アサインド・ネイムズ・アンド・ナンバーズの頭文字。米国政府が管理業務を民間に委託するために1998年10月に設立された非営利公益法人。個人の資格で各国から選ばれる20人の理事会が運営を担う。米政府機関との委託契約に基づいて、世界のインターネットのドメインやIPアドレスの調整や管理業務を行っているが、米国主導の管理体制が各国から批判を受けている。

おまけ~時々読まれている記事 日本の正体

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPeoJkI7xX8iYAEbKJBtF7?p=http%3A%2F%2F6707.teacup.com%2Fgamenotatsujinn%2Fbbs%2F1689&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

壊される日本~馬野周二

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/umanoshuji.html

この記事はどうですか~日本の危険を読み直す

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3230

以下日本の危険を読み直す

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=174 その1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=175 その2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=176 その3

関連記事:落合莞爾の陰謀史観

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3189

以下の25以前の記事は以下を参照

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3187

これらの記事は「在英ワンワールドの狙い・その光と影」と題してブログにアップ予定

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 26

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=631

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 27-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=644

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 27-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=645

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 28-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=647

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 28-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=648

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 29-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=684

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 29-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=685

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 30-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=688

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 30-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=689

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 31-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=694

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 31-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=695

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 32-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=698

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 32-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=699

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 33-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=701

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 33-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=703

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 34-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=707

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 35-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=710

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 35-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=711

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記36

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=733 36

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 36-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=734 36-1

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 37-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=737 37-1

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 37-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=738

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 38-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=742

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 38-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=743

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 39

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=745

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 40-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=747

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 40-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=748

管理人注:ここより順不同になっています。(最初の記事は一番下です)

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 25

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=626

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 24

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=618

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 23

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=614

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 22-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=609

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 22-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=610

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 21-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=603

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記  21-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=604

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 18-2(19と20は見つかりません)

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=499

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 18-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=498

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 17-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=489

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 17-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=490

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 17-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=491

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 17-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=492

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 16-1-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=473

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 16-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=475

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 16-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=476

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 16-5

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=477

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 15-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=461

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 15-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=462

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 15-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=463

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 14-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=436

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 14-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=437

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 14-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=438

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 14-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=439

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 14-5

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=440

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 13-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=382

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 13-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=383

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 13-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=384

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 13-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=385

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 12-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=336

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 12-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=337

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 12-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=338

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 12-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=339

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 11-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=312

10が見つかりません

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=225

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=226

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=227

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=228

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-5

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=229

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 9-6

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=230

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 8-5

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=190

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 8-4

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=192

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 8-3

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=193

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 8-2

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=183

陸軍の裏側を見た吉薗周蔵の手記 8-1

http://2006530.blog69.fc2.com/?mode=m&no=180




 
 
》記事一覧表示

新着順:137/3524 《前のページ | 次のページ》
/3524