teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:116/3534 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

サタ二ストの時代はもうすぐ終わるのです

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年11月 9日(水)22時39分25秒
  通報 返信・引用 編集済
  あほうどりの独り言

http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/s/article/300244726.html

『達人さんの「LEGACY of ASHES」と掲示板を読むとぞぞぞ~っとしますが、これは本当の事だろうと思います。私たちはあまりに眼に見えることしか知っていないのです。見えないもの、見ようとしないものを知らない。世界と言うのは、自身が見るから、自身が見たいから存在しているのです。全ては自分から発せられるものです。事実がそこにあるのではなく、見ようと思う事実が自分の中に見えるだけなのです。
だから、見ようと思えば希望も未来もあります。不安と恐怖に司られた未来を作っているのは私自身…』

今回のトランプ氏の勝利によってサタ二ストの時代を終わらせなくてはならない。それには血の粛清も必要となるだろう。それにはトランプ氏が捨て石となって自らの命をかけて取り組まなくてはならないだろう。ヒラリーはイルミナティの6位階である。その陣営は大統領就任式までにマーシャルロー(戒厳令)からFEMA発動まで手を変え品を変えて攻撃しそしてFEMA]大統領誕生を目指してくることも十分考えられる。私見ですが11月11日の金曜日は気を付けた方がいいだろう。11は二進算術演算では3にあたる=3.11の再来を米国で起こす確率は高い。時期はずれるかもしれませんが......。

トランプはイスラム教徒は入国させないなんて子供じみたことを言っていますが

https://youtu.be/nRrUFGQn5mI?t=283

後は暗殺しかないと思っていたら同じ意見のブロガーさんがいた

http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/1e01eec7d5c958e1353c90724cc66a9f

『主の怒りは燃え上がり,地は揺れ動く。山々の基(もとい)は震え,揺らぐ。』詩篇18章8節=188=17

もう一つの詩篇

https://youtu.be/SoaunAwR058?t=551

トランプがオバマと会見した際に「あなたを尊敬している」と言った言葉が気にかかる~暗殺を恐れているのでしょうね,きっと。

https://youtu.be/3Y2D_f80K-w?t=105

メール問題でヒラリー収監か

https://youtu.be/3Y2D_f80K-w?t=369

泥棒国家

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%93D%96_%8D%91%89%C6&inside=1&x=0&y=0

どうもヒラリー51対トランプ49で設定された電子投票マシンが現場のクーデターで使えなくなったらしい

http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201611100000/





二進算術演算

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3774

CP(Common Purpos)MAP~絶対的な悪の集団

http://www.stopcp.com/cpmindmap.php

元記事~http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/213.html



スーパーマン1でもSan Andreasの500メガトン爆弾による人工地震を予告~38年前の映画=3+8=11 3x8=24=6 11+6=17という魔の数字は偶然か?

サンアンドレアス断層の現状

http://earthreview.net/salton-swarm-earthqyakes-over-40-in-24-hours/



ホワイトハウスの頭上にはブラックハウスが鎮座しているのですがトランプ氏がその闇のパペットマスターに立ち向かう度量があるのか見ものでしょう。FRBのイエレンを引きずりおろすとまで言っているのでFRB解体まで持っていけたら大したもんです。

その前にFRBが過去100年間で掠め取った90兆ドルを返還させること。そしてFRBを解体し政府紙幣を発行すること。知らない人も多いと思いますがFRBは民間会社で通貨発行手数料を取っているのです、

とは言っても~NWO・陰謀の理論

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1241.html

『トランプが大統領に選出される理由は、トランプの娘(長女)であるイヴァンカが嫁いだ夫(ジャレッド・クシュナー)の父(チャールズ・クシュナー)がニューヨークのユダヤ人社会の元締の正統派ユダヤ教徒の実力者である。彼の力を借りて、ロックフェラーの代理人であるキッシンジャーに会い、大統領になるお墨付きを頂いた』~宮崎正弘のメルマガについたコメントより



すでに米国では反トランプの暴動やデモが起きています。これが偽旗戒厳令の前段階でしょう。

とは言っても時給なんぼのアルバイトだった?

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51997327.html

時給15ドル4時間で6000円

http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/5f153aa0d1c6110d045823f43d69d098

ツイッターでは

https://twitter.com/RealStrategyFan/status/798013872732913664

JNNニュースでは「私たちの大統領ではない」と

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161110-00000102-jnn-int

問題は日本人にあり

http://www.asyura2.com/2002/dispute3/msg/413.html

以下の関連記事

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1200.html



投稿者:景子
2013/3/11 18:40
拉致被害者の子供達の中にロスチャイルド家のJacobs氏のお子さんがいることは、嘆かわしいことです。Jacobs氏は愛人に孕ませた子をAmerois城の儀式殺人用に彼は提供しているのです。顔形や目元はJacobs氏に生き写しであるにかかわらず。。。
この城では、表向きは鹿の狩猟ですが、かくれんぼ兼児童狩猟まで行われているのです。王侯貴族や富豪達がライフルで森を逃げ回る子供達を鹿のように射殺するのです。ドーベルマンを連れているので逃げ切れません。
またドーベルマンに一定期間食事を与えず、子供達のいる部屋に放ち、子供を食わせても泣かない女の子の中からMother Godess候補生が選ばれます。
なんとかしてこの子達を強制収容所から解放できないものでしょうか。イランの核施設を視察することをEUが要求するのなら、Amerois城の視察も要求されるべきですよね。
私には早く解放されるように祈ることしかできないけれど、この城の領地内にはカトリック様式のチャペルが城の離れに別にあり、その地下に、1000のライトのあるプラネタリウムがあり、そちらで儀式殺人が行われるようです。教会の庭から地下へ降りる階段があり、7つのファサドがありますが、そこから7人の証人である子供達と彼らに生贄に供される子供達が入場するための7つの入場口があります。

投稿者:景子
2013/3/11 18:25
Amerois城に拉致され監禁されている子供達の中でも、Monarch Beta Sex Slaveとして訓練された美少女で金髪の少女の中でも王侯貴族に気に入られた子は献上されるので生き延びるようです。
http://files.abovetopsecret.com/images/member/16af6c59af6e.jpg
彼女はPatricia Zeevaertと言い、ベルギーのフィリップ殿下の愛人でしたが、奴隷を解放され、普通の一般人になり、競輪選手と結婚しました。

投稿者:景子
2013/3/11 18:10
管理人さんはにわかに信じられないと思いますが、サタニストの時代はもうすぐ終わるのです。この地球にはある時期にさる日本人によって巨大な結界がはられたのです。サタニスト達がどんなに儀式殺人をしても魔界と交信できなくなっており、大混乱が起きているので、イルミナティの権力や権威が大幅に弱まっているのです。
恐れていたロスチャイルドの高齢者のリーダー達が実はすごく馬鹿だったという証言をしている元サタニスト達が急増していると思いませんか?彼らは魔界と交信できなくなったら、自分の能力で対処することができないことが判明し、下部のメンバー達から威信を失っているのです。
サタニスト達は、輪廻転生を超えることができると豪語していましたが、それはサタニストは赤ちゃんのときのDNAのサンプルを特殊カプセルに保管しておき、サタニストの死後、彼らの子孫や側近によってDNAを再生し、儀式殺人を行い、魔力によって彼らの魂を新しいDNAに吹き込むという方法で、とかげのように再生し、何世紀にも渡って死んでいなかったのです。
半分、アトランティス文明の高度テクノロジーであり半分魔界との交信によって再生していましたが、地球に張られた結界によって魔界と交信することができなくなった為、、彼らは再生すらできなくなってしまったのです。つまり、彼らは輪廻転生に今後、落ちるということです。どんなに悪事を重ねても地獄の火に焼かれる運命から逃れる方法を知っていると思ってほくそえんでいたサタニスト達が、今顔面蒼白になっているのは、魔界と交信できなくなったことによって新兵器やら株式情報やら巨万の富を得る方法を魔界に質問できなくなったばかりでなく、地獄の業火に焼かれる運命が待ってることの恐ろしさに震えおののいているのです。
管理人さんは、これからやるべき役目があると思います。神の道、人の道、法の道の3つを守ってこそ運命が守られる時代が来るのです。見せ掛けだけの信仰で、隠れて殺人をやってもばれなきゃとがめを受けずに済むという時代はもうすぐ終わるのです。

投稿者:景子
2013/3/11 18:10
ドラゴン座から来たピンダロス、ピンダール(PINDAR)はThe Lizard Kingトカゲ王であり、現在、ピンダロスは、人間のベルギー人に憑依しており、その霊的な名前を
「The MARQUIS DE LeBEAUX」と言われています。何故ベルギー人だと言われているかと言えば、彼がベルギーのAmerois城で育ったからです。
PINDARとはエンディバラ公フィリップ殿下のことですが、彼はフランス語、ドイツ語が堪能であり、秘密主義が徹底しているイルミナティの世界では、PINDARとして誰かに会うときは彼は仮面に
マントをつけて身分を隠して登場します。Amerois城に精通しているので、いつしかPINDARはベルギー人だとささやかされるようになったと推測します。
PINDARは、仮面にマスクをつけて、世界中の「ルシファーの花嫁」の候補達に、マンツーマンで講義をすると言われています。この講義を終えたら、すべての項目をクリアしたことになり「ルシファーの花嫁」として
Mother goddessになれるのです。冷静に考えればイルミナティの真の支配者であるPINDARは、エリザベス女王の夫君ほどの身分のある人間でなければ支配など無理でしょう。

私は、ノストラダムスの予言に彼の死について予言されている詩を見つけました。

Mabus puis tost alors mourra, viendra
De gens & bestes vne horrible defaite :
Puis tout à coup la vengence on verra
Cent, main , soif, faim , quand courra la comete

そしてマビュスがその時すぐに死ぬと、到来するだろう、
人々と獣たちの恐るべき崩壊が。
そして突然目撃されるだろう、報復と
100の手、渇き、飢餓が。彗星が巡るであろう時に。

MabusとはPINDARであるThe MARQUIS DE LeBEAUXすなわちエンディバラ公フィリップ殿下のことであり、3月10日ごろから4月の下旬にかけて現れるパンスターズ彗星の出現の間に、お亡くなりになると私は思います。
そしてイルミナティのサタニストの組織そのものの崩壊が目撃され、生き血を飲めなくなったレプティリアン達はのた打ち回って苦しんで亡くなることをノストラダムスは予言しています。

管理人注:以下のオカルト儀式はAmerois城で毎年5月1日に行われる

『描写するのは,高位の悪魔主義者らによるある極秘集会の様子である。それは元イルミナティ最高位の13位階で,キリスト教徒になっていたが消されてしまった。彼(ジョン・トッド)の体験は1955年に遡る。この集会は年に二回行なわれるもので,ロスチャイルド家はじめマザー・ファミリーのすべてが顔をそろえる。その時玉座についていたグランド・マザーはコリンズ家の者だった。コリンズ家が表舞台に出てくることは,まずない。というのは,彼らはロスチャイルド家やロックフェラー家以上のオカルト・パワーを持っているからだ。もちろん,コリンズ家も金儲けのために為替取引などそれなりの経済活動はする。.......さて,グランド・マザーのコリンズは黒い衣装を身に纏い,黒檀と金で出来た月型の玉座にいる。玉座は足でペダルを踏むと自動的に回転する。彼女の後ろにはグランド・カウンセル(総評議会)の13人(達人注:世界最高の意志決定機関である13人ドルイドカウンセルのこと)が坐っている。この時の最高位はグランド・マザー(管理人注:イルミナティの最高位階13階級のことででシスコさんは11階級の暗黒の母であった)にあり,この時のグランド・マザーを務めたコリンズ家の女性は,50代半ばでと思われ,声は深く尊大,体格は小柄で, 大変な圧迫感を持っていた。彼女は玉座にあって,おびただしい数の宝石で身を飾っていた。初めになされたことの一つは,彼女の足下に小さな黄金の煉瓦(れんが)を置くことだった。彼女の子とおぼしき少年が二人(一人はトム・コリンズで後にイルミナティにより射殺された)玉座の近くにいた。格の面でも権力の面でも高位の者だけが玉座に近づくことができるのだから,この光景はコリンズ家の二人の少年が大きな力を持っていたことを示している。(管理人注:もう一人のこどもはジョン・トッド・コリンズと考えていいだろう)その少年らが書類を配布する。そこにはこれから起こることが書き込まれた”予定表”が載っていた。これに基づいて盛んに論議が交和され,悪魔の統一世界政府実現に向けて過去六ヶ月間に世界で起こったこと,近い将来に起こされる”計画”が話し合われた。

 また計画通りに運ばなかった事柄も話されたし,モーゼの十戒を収めた約櫃(やくひつ)についてアフリカのどこに隠されているかが討議され,約櫃を模した儀式が行われた。そうしたあと,代々の悪魔主義血族から選ばれた七人の子が白い衣装で連れてこられ,グランド・マザーであるコリンズの前に引き出された。子供らは彼女の前にひれ伏して祈った。彼女は蛇を巻きつけた笏(しゃく)を上下に振るって床を打ち,志願した子供を一人一人承認していく。すると承認された七人の子のために新たに七人が~一人につき一人が~生贄に供され,承認された子らの名が,生贄となった子らの血を使って鷲ペンで記録される。子供らは神を冒涜する言葉を与えられる。グランド・マザーは玉座を回転させ,「13人ドルイドカウンセル」の方を向いて宣言した。「これが明日の世代,選ばれし少数の者」。ここで決まることが漏れることはない。しかし拙稿で書かれていることは漏れるはずがない話である。』管理人

とかげの画像

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%A9%E5%85%AC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E6%AE%BF%E4%B8%8B

ベルギーのムノ村の近くにMother of Darkness Castleがある。



そこでシスコさん(サタンの花嫁で11位階)やアリゾナ・ワイルダーさん(Mother Goddess・ルシファーの花嫁で13位階)が英国王室のオカルト儀式を執り行ったという。毎日幼児の生き血で24時間世界の情勢が書かれている。

イルミナティの住んでいた家~オレゴン州ポートランド

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/197.html

画像はイルミナティの住んでいた家(2008年1月撮影)。シスコさんの説明がなければまず気が付かない。オレゴン州ポートランドはイルミナティ発祥の地でもある。当然観光バスではそういう説明はない。

今回ヒラリーが勝った州はオレゴン,コロラド,ニューヨークなどサタ二ストの多く住む地域であった。

悪魔の地下経済で検索してみると

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%88%AB%96%82%82%CC%92n%89%BA%8Co%8D%CF&inside=1&x=0&y=0

木村太郎氏の予言はなぜ当たったのか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000089-spnannex-ent



とりあえずこういう狂人を選ばなかった米国は変化しているのだろう

2011/10/21 にアップロード

CBS ヒラリーは「わたしたちは来ました、わたしたちは見ました、彼は死にました。」と言って笑う。これはジュリアス・シーザーの「わたしは来ました、わたしは見ました、わたしは征服しました。」をまねしたもの。リビアは石油が豊富でありながらも人口が少ないために、一人当たりのGDPはアフリカでは最上位クラスである1万ドルを超える比較的裕福な国であり、先進国に並ぼうとしている。1969年9月1日、カダフィは同志の将校たちと共に首都トリポリでクーデターを起こし、政権を掌握した。病気療養のためにトルコに滞在中であった国王イドリース1世は廃位されて王政は崩壊、カダフィ率いる新政権は共和政を宣言して国号を「リビア・アラブ共和国」とした。カダフィは1973年より「文化革命」を始め、イスラームとアラブ民族主義と社会主義とを融合した彼独特の「ジャマーヒリーヤ」(直接民主制と訳される)という国家体制の建設を推進していった。ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clinton、1947年10月26日 - )は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士。第67代国務長官(2009年 - )、前職はニューヨーク州選出上院議員(民主党)。2008年の大統領選挙(民主党予備選挙)の候補者の一人だった。第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンは夫であり、1993年から2001年までアメリカのファーストレディーだった。参考:ウィキペディア

リビア関連記事:必読です

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1126.html



2012/01/01 にアップロード

(日本語字幕版)DemocracyNow2007年3月放送。2007年3月2日、元NATO総合司令官で上院議員のウェズリー・クラーク氏の対談。2001年頃には5年以内にイラク・シリア・レバノン・リビア・ソマリア・スーダン・イランを侵略する計画が決定していると発言。イラク共和国は古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。アメリカは、1988年に至るまでサダム・フセイン政権に総額297億ドルの兵器供給を行った。サダム・フセイン政権は1980年から1988年まで国境紛争でイランと戦い(イラン・イラク戦争)、この戦争のさなか1988年3月に、フセイン政権が国内に住むクルド人に対して、毒ガスを使って大量虐殺を行った。当時のアメリカ政府の、レーガン政権もこれを黙認した。2003年3月、国連決議に反してフセイン政権が大量破壊兵器を保有していると主張するアメリカが主導し、多国籍軍がイラクに攻め込みイラク戦争が勃発しフセイン政権は崩壊し、フセイン大統領もアメリカ軍に拘束されたが、大量破壊兵器は結局見つからなかった。シリアは徴兵制が敷かれており、男子の兵役義務がある。また敵国であるイスラエルの侵攻を防ぐために、旧東側諸国の武器を重装備しており、友好国であるロシアから主に武器を調達している。シリアはアラブの世界ではエジプトに次ぐ軍事大国として知られる。リビアは石油が豊富でありながらも人口が少ないために、一人当たりのGDPはアフリカでは最上位クラスである1万ドルを超える比較的裕福な国であり、先進国に並ぼうとしている。1969年9月1日、カダフィは同志の将校たちと共に首都トリポリでクーデターを起こし、政権を掌握した。病気療養のためにトルコに滞在中であった国王イドリース1世は廃位されて王政は崩壊、カダフィ率いる新政権は共和政を宣言して国号を「リビア・アラブ共和国」とした。カダフィは1973年より「文化革命」を始め、イスラームとアラブ民族主義と社会主義とを融合した彼独特の「ジャマーヒリーヤ」(直接民主制と訳される)という国家体制の建設を推進していった。イランはOPEC第2位の石油生産国で、確認されている世界石油埋蔵量の10%を占める。また天然ガス埋蔵量でもロシアに続き世界第2位である。参考:ウィキペディア

巨悪は我々の心を養分として育つ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/331.html

『集団となって「悪さをする」のは、何も野次馬や暴徒化した群衆だけではない。会社でも国家でも、ある一定以上の規模になった組織は、容易に「悪」の巣喰う場所となる。

それはなぜか。それは人間が集団の中に、自分の醜い「悪」の顔を隠すことができるからである。「悪の顔」を隠すことができれば、われわれはもっと容易に悪を成すことができる。おそらくは、悪であると自覚せずに、その悪を成すことさえ可能である。人間の大部分は弱い。そして弱さの集合的発現こそが、将来われわれが代価を払うことになる(であろう)大規模の「悪の発露」たる戦争である。集団の陰に隠れて行われる、各人の「卑怯の合算」である戦争なのである。それによって生じるあらゆる破壊や殺戮は、それに関わるひとすべての共犯であるために、おそらくいかなる戦争も、その責任をきちんと追及することは不可能である。ましてや共犯関係にある者同士が互いを追及することなどあるはずがない。

ひとりひとりは、いかにも良心のありそうな人間であったとしても、悪いのは自分だけではないと信じる無責任、利益を自分に向けて抜け目なく最大限引き出そうとする利己主義、人の背中に隠れて小さな悪への誘惑に負ける意志薄弱という側面は、実は各自に潜む。ひとりひとりは一見「善良」ではあり得ても、集団というものは、こうした人間の最低の部分が、最大に「活かされる」場所なのだ。そして、人間の最低の部分の集合的な発現は、法的に違反しているものである必要はない。それら「悪」のほとんどは「合法的に」なされるのである。いかなる法も所詮人間が作りだした、われわれにとっての便宜のひとつのありかたにすぎないからである。

人間のこの狡賢さは、自分が被害者にならない限りにおいて、その帰属する集団を、暴力、嘘、盗み、といったあらゆる悪の行為に駆り立てる。いや、「駆り立てる」という言い方はひょっとすると正しくない。そういう行為を「許し」、密かに「見逃し」、悪の成就を、無言で「支持する」のだ。そしてあらゆる悪への牽制メカニズムの網の目をかいくぐって、最終的に悪はどこかで成就する。国家とは、そうした悪だけが表に発露される最低最悪の場のことである。われわれ小市民は、自分の利益のためにとても人を殺せないが、「国家」という乗り物を使ってなら、より大規模にそれを成し遂げることができる。より無自覚に。

嘘を付いて過去の悪行を認めない国家。
嘘を付いて他国から経済援助を引き出す国家。
嘘と知りながら大国の巨悪に「大義」を見出す小国。
嘘と知りながら国をまとめるだけのイデオロギーを以て、小国を支配するための大義とする大国。
あらゆる嘘や暴力が、歴史上あらゆる国家という国家によって堂々と実現されてきた。

支配されるわれわれの間では
人を殺せばそこには殺人の罪が生じる。
嘘を付いて他人の援助を受ければ、そこには詐欺の罪が生じる。

しかしいかなる隠れた狡猾も、明らかな罪科も、国家という巨大集団によって、より大規模に成されるや、それは「われわれの責任ではない」ということになる。実に、巨大な群衆としての「国家」とは、われわれ小市民にとって、便利な隠れ家である。日常の中に滑り込んでくる個人による殺人を、残虐であるとか非人間的な悪逆であると評し赦さない一方、われわれは、集団による組織的な殺人を「政策である」と呼ぶことができ、過去のそうした組織的かつ大量な殺人を「他に選択の余地がなかったこと」として情状酌量し、容易に忘却する。

管理人注;彼らの得意技はブラックメールである。エノラゲイの乗組員も死ぬまでの保障と引き換えに一生嘘をつき続けることを脅迫されていた。

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-15368.html

「世界を支配する黒魔術・OBAMA is OSAMA」

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/863.html

オバマ君,変装に(About It)抜かりがないようにしようじゃないか♪

OBAMA IS OSAMAのビデオ

https://www.youtube.com/results?search_query=OBAMA+IS+OSAMA

オバマはオバマ夫人をマイケルと言ってしまったわけは





おまけ~マー君のお父さんとお母さん

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/63.html

今日はおしまいのつもりでしたが

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/80.html



スーフィズム

スーフィーの回旋舞踊

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00000102-jijp-int.view-000

スーフィズムの起源

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1090.html



イスラム神秘主義スーフィズム

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1019.html



Pls make a Donation

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3543

ブログは終了しましたがBBSは継続しますので管理人と読者との間の精神バランスを共有するためにも継続してご喜捨をお願いしております



 
 
》記事一覧表示

新着順:116/3534 《前のページ | 次のページ》
/3534