teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:147/3568 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

スーフィズム

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年11月16日(水)23時46分59秒
  通報 返信・引用 編集済
 



スーフィーの回旋舞踊

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00000102-jijp-int.view-000

スーフィズムの起源

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1090.html



イスラム神秘主義スーフィズム

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1019.html

■ヨーロッパのイルミナティとスーフィズムの関係

ところで、ヨーロッパで活動したイルミナティは「スーフィー結社のヨーロッパ支部」だとの説がある。スーフィーの歴史学者イドリエス・シャーは、イルミナティのルーツはスーフィズム(イスラム神秘主義)であると主張している。彼によれば、イルミナティの起源は、「輝ける星」に言及した『コーラン』の一節に由来するという。

スーフィズムにおいては、「彼は見るものであるとともに、見られるものであった。彼の目のほかに宇宙を見る目はなかった」とか、「私が彼を見る目は、彼が私を見る目であった」などという言葉が出てくる。ここでいう彼とは、すなわち“神”のことだ。
また、一般にスーフィズムには、ヒンドゥー教、仏教、グノーシス主義、新プラトニズムなどからの思想的文化的影響が指摘されているが、スーフィーたちは、個人的な内面を重視し、内面の探究によって“神”との直接交流・自己一体化を試みてきたことで知られている。

下の 画像はスーフィーの回旋舞踊

イスラム神秘主義スーフィー

スーフィズムに関して、日本の優れたイスラム研究家は次のようにいっている。
「スーフィズムは特にその実践面においてまったく本来、秘教的性格、エソテリックな性格のものであり、かつての古代ギリシアの密儀宗教に典型的な形で現れているように、その真相はよそ者には一切明かさないようにできている。あらゆる意味で非公開的なもの、閉ざされたもの、見せることはもちろん、話すことももちろん本来許されない秘事である」(『イスラム哲学の原像』井筒俊彦著)

イルミナティとスーフィズムの関係については、もっと研究が必要だと思われるが、もともとヨーロッパのルネサンス運動は、十字軍遠征などによるイスラム文化との接触によって生まれた現象であり、イスラムからの学習を通じて古代ギリシアの遺産が輸入され、アラビア知識を背景に花開いたものである。

このため、当時のヨーロッパ知識人の中には、貪欲にアラビア知識を吸収する過程で、スーフィズムから多大な影響を受けた者がいたであろう。そのことを考慮すれば、ヨーロッパのイルミナティのルーツをスーフィズム=アラビアに求めることは、あながち的外れにはならないと思われる。

http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hct/_cosmic_trigger.html#03より

スーフィズム=アラビアの関連記事~鳥居論の中のアシール地方参照

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/996.html

アシール地方と聖書の世界 その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/610.html

アシール地方と聖書の世界 その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/611.html

イエメンに居住するユダヤ人は、古来よりのユダヤ教の教えを伝統的に保持していると言われ、ヘブライ語聖書を朗読する際にも、伝統的なヘブライ語の発音方式を用いているという。ウィキペディアによれば、マジック・カーペット作戦後イスラエルに移住したイエメン系ユダヤ人は、彼らの伝統的な発音方式を守り続けているという。

どのくらいの伝統があるかというと、一般的には紀元6世紀から11世紀頃のバビロニアのユダヤ人のヘブライ語から派生したと言われているが、彼らがこの地にディアスポラを築いたのはもっと以前の話になる。

アシール地方と聖書の世界 その3

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/612.html

アシール地方と聖書の世界 その4

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/613.html

アシール地方と聖書の世界 その5

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/614.html

管理人注:アシール地方がイスラム教の発祥の地メッカに隣接していたことは興味深い

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPSJiYY5VVGSQAYDaJBtF7?p=%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%9C%B0%E6%96%B9%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E6%95%99&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

南アラビア半島こそユダヤ人の発祥の地?

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/30381907.html

検証: 聖書アラビア起源説 その1 ( 人類学と考古学 ) - オルタナティブを ...

blogs.yahoo.co.jp > 科学 > 社会科学 > 人類学と考古学 - キャッシュ

... いる世界そのものが、シリアやカナンといった地域の出来事ではなく、西アラビア半島 のアシール地方やその南のヒジャーズであったという説を唱え、世界中に衝撃を与えた 本だ(タブン)。 .... すでに文明を築いていたメソポタミア周辺やシリア・カナン地方などから 入植してきたのではなく、 ... このカターンはイスラム教初期の時代には、この伝説的な カターン(注:QAHTAN)が、旧約聖書のエベルの息子ヨクタンであると考えられていた。

注:エベル

エベル(Eber、ヘブライ語:?????)とは旧約聖書に登場する人物。
1.『創世記』10章と11章に登場。本項で記述する。
2.『歴代誌 下』8章22節に記載。アヤロンの住民の家系の長、ベリアとシェマの兄弟。
3.『ネヘミヤ記』12章20節に記載。アモク家の家長で祭司。

アルパクシャドの孫で、シェラの息子。妻の名前は記されていないが、ペレグとヨクタンという二人の息子をもうけたことが記されている。ペレグという命名は、当時土地が分けられた(ペレグ、土地が分岐(パーラグ)した)ことによる。彼自身は464才まで生きた。『創世記』10章21節ではセムはエベルの全ての子孫の先祖と記述されており、ユダヤ人の別名「ヘブライ人(ヘブル人)」はエベルの名に由来するとされている。イスラム教では預言者とされており『クルアーン』ではフード(en:Hud (prophet) )の名で登場する~Wikiより

http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/folder/1031682.html?p=7

古代 南アラビア半島南アラビア半島は石器時代からすでに人々が居住していた跡が発見されており、新石器時代にものとしては墳丘墓や巨石記念物も発見されている。青銅器時代となった紀元前2500年頃には2つの文化が、イエメン北部とインド洋沿岸地域に生まれたと推測されている。

紀元前3000年頃だ。アラブ系の伝統ではセム族出身のカターン(Qahtan)と、その息子達24人がアラビア半島南部の人々の祖になったと伝えられている。このカターンはイスラム教初期の時代には、この伝説的なカターンが、旧約聖書のエベルの息子ヨクタンであると考えられていた。

その内、1つのグループはヒムヤドと呼ばれアラビア半島インド洋沿岸地域に都市を築き、他のグループはカーラン(Kahlan)と呼ばれイエメン北部で遊牧を行っていた。カーランの遊牧グループは、紀元前2500年頃にNajraと呼ばれるイエメントとサウジアラビアの境にある砂漠地帯に土手ダムをつくり、マアリブ地域に灌漑が整備したとされている。このカーラン族が後にサバ王国を建国したと考えられている。

管理人注:このカーランがコーランになったのではないでしょうか?

おまけ~ヒラリーは泣き続けていたとか

http://www.thegatewaypundit.com/2016/11/report-hillary-clinton-couldnt-stop-crying-blamed-comey-obama-stunning-loss-video/

ビルとヒラリーの離婚調停中~ビル・クリントンは激ヤセで一説にはエイズだと

http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12219398582.html

ソマチットってすごいらしい

http://ameblo.jp/growup-c/entry-12015629108.html

『遺伝子を持たない生命体=ソマチッド

ヒトの生体内には100兆個ほどのソマチッドがある。

ソマチッドは免疫に深く関わっているとされている。

健康な人はソマチッドが個々に活発に動いている。

しかし乳がんの患者の血液では、ソマチッドが殻を作り、シェルターを作って、動きが緩慢になる。

医師を志していた弟を白血病で亡くした松浦は、実は千島学説の学徒でもあり、千島が亡くなる
までの十数年、千島喜久男の講演や研究会に顔を出しては「腸造血説」などに深い共感を表して
いた。

その後千島学説の「ウイルスやバクテリアの自然発生説」を裏付けるソマチッド理論がネサンによって発表されるや、自らも夢中になって顕微鏡でソマチッドを観察した。

そして、ヒトの生体内には100兆個ほどのソマチッドがあり、それは生体内の微小コンデンサーとして働いていて、ソマチッドが16個の触手を伸ばして絶えず電子を要求していることを確認した。

2500万年前の貝の化石をマイナスイオン水につけると、ソマチッドが自分からカルシウムのシェ
ルターを破って出てくる。

ソマチッドはマイナスイオン、つまり電子が好きなのである。

ソマチッドは不死の生命体。

DNAを持たない生命体。

生命体が死ぬと逃げ出す。

ガンなどの病的細胞組織の表面はプラスイオン帯電物質だから、そこにある特定の周波数を持つ
マイナスイオン電子波動を照射すると、ガン細胞が破壊的な共振作用を引き起こして自滅してし
まう。

マイナスイオン電子の大きさは原子核の1兆分の1センチ(10-12 cm)の超微粒子で、これは自然界で最も小さな粒子。

マイナスイオン電子波動によって病的細胞が次々と破壊されていくと、免疫力が一気に高くなり、そこから自然治癒力が働き出していく。

だから病的な症状を治癒してくれるのはあくまでもその人自身が本来持つ自然治癒力であって、電子照射機はその治癒力の威力が発揮されるための条件を作りだすにすぎない。

(内海 聡FBより)』



2012/05/05 に公開

人体の「ソマチット」が原因のようです。ガストンネサーンが永年の研究によりソマチットを発見されたのです。
ソマチットは、人体の細胞約(60兆)の数百倍~数千倍の超微小生命体である事を発見されたのです。そのソマチットに714Xで免疫力をつけて、1000人の末期ガン患者の内、75%750人を救ったのです。
ソマチットはマイナスイオンによって活性化します。









それでは免疫強化製剤714Xで検索してみると

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A3aX6esK8C1YqyMADBmJBtF7?p=%E5%85%8D%E7%96%AB%E5%BC%B7%E5%8C%96%E8%A3%BD%E5%89%A4%EF%BC%97%EF%BC%91%EF%BC%94X&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

ソマチットはどこにいるのか

http://www.somatid-ai.co.jp/somatideview.html

下記クリニックではガストン・ネサンが開発した免疫力改善製剤714Xを使った治療も行われているようです

http://hatake.dosugoi.net/e831485.html

治療

http://ihatovo-clinic.com/medical/nesanand714x.html

抹殺された癌治療

http://enzai.9-11.jp/?p=10290

関連ビデオ~シモンチーニ医師と重炭酸ナトリウム

http://www.curenaturalicancro.com/en/

シモンチーニで拙稿を検索すると

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83V%83%82%83%93%83%60%81%5B%83j&inside=1&x=0&y=0

癌が治っては困る社会で拙稿を検索すると

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8A%E0%82%AA%8E%A1%82%C1%82%C4%82%CD%8D%A2%82%E9%8E%D0%89%EF&inside=1&x=0&y=0

714Xとは何か

https://ja.cerbe.com/714x

ネサン氏と714X

714Xの命名は、7はアルファベットの七番目の文字G、14は十四番目の文字Nを意味し、ガストンのGとネサンのNを採ったものである。Xはアルファベットの二十四番目の文字で、ネサン氏の生まれた年の一九二四年を意味する。
製剤の主要分子は複雑な新しいもので、製剤の機能に不可欠な窒素化合物を含むように合成された。分子の化学構造は一九八〇年二月十六日、カナダ特許庁により正式に認められた。現在、世界70カ国以上で使用されている。

画像

http://search.shopping.yahoo.co.jp/search?rkf=2&p=%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%88&uIv=on&first=1&ei=utf-8&seller=1&sc_e=sydr_sstlspro



内海医師の解説する「形成の書」の説明

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/920.html

シークレット・ドクトリンを読む~John Toddかく語りぬ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/822.html


 
 
》記事一覧表示

新着順:147/3568 《前のページ | 次のページ》
/3568