teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:147/3576 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

タミフルという薬は生物兵器

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2016年12月 3日(土)16時56分48秒
  通報 返信・引用 編集済
  医学は殺人のために

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/782.html

医者は医者でも世界を変えようとした男もいた

https://www.youtube.com/watch?v=ErkVFI_HTDE

731部隊の細菌兵器の資料はアメリカに渡った~彼らが戦争責任を問われなかった理由



2014/04/07 に公開

現在の病院は731部隊のマルタ小屋と本質は同じです。支配者が目指すことは病院を731部隊にすることです。ほとんどの医者は731部隊の隊員です。
『「よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ!』
内容一瞥だけでも、ほとんどの人が思い当たる節があるのではないでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/dp/4864711291...2F

商品の説明
内容紹介
◎ がん患者1000人殺して一人前!

◎ 日本の内科医は1人平均1000人のがん患者を殺している

◎ 命を奪う、カネを奪う! 医者は完璧に白衣の殺人鬼、白衣の詐欺師!

◎ 日本の近代医学はどこをほじくり返しても詐欺とペテンと強盗と殺人だらけ

◎ 欧米医療というのは基本的に軍隊の医療

◎ 足を切断するとか伝染病の治療には欧米医療はいいが、糖尿病とかがんといった慢性病のときは絶対に関わらない方がいい

◎ 漢方も鍼灸も食事療法(ナチュロパシー)や整体療法(オステオパシー)も弾圧された

◎ マッサージもカイロプラクティックもサイコセラピーもホメオパシーも弾圧された

◎ 自然治癒力をサポートして病気を治す伝統的なテクノロジーは全部弾圧され、薬物療法(アロパシー)だけが生き残った

◎ 伝統療法は、金融マフィアによって保険対象外にされた

◎ 強制的に保険料を取って、自分たちの息のかかった殺戮医療マフィアにだけおカネを回すシステム

◎ 医療の問題は上に行くとラムズフェルド、ブッシュ、ロックフェラーらに行き当たる

◎ ここに現代の悪魔がいる!

◎ 医者に金も命も投げ出す崖っぷち日本人よ! 今こそ、自分の脳を疑いなさい

◎ 薬漬け、検査漬けの放射線大量照射に生物兵器の毒物注入まで

◎ 失敗する医者ほど儲かる/治す医者は失業

◎ 医療は世にも不思議な失敗報酬の世界!

◎ 一番高い抗がん剤ペグイントロンは1グラム3億3170万円する

◎ 抗がん剤は元々は廃棄に困った化学兵器の原料

◎ マイクログラムまで薄めて使っても1回当たり何十万円、利益率は何万%にもなる

◎ 白血病はがんではない

◎ 団十郎を殺した!?マイロターグという白血病の治療薬は、1グラム4800万円

◎ マイロターグは投与した患者の90・5%が死ぬ!

◎ 輸血は人命を助けていない、むしろ殺している!?

◎ お年寄りが死ぬとわかるとここぞとばかりに点滴、投薬をバンバンやる香典医療というのがある。稼ぎどきならぬ殺しどき!

◎ 「現代医学の神は、唯一1人しかいない、それは死神である」とベストセラー書籍『医者が患者をだますとき』の著者ロバート・メンデルソンははっきり言っている!

◎ だから病院が営業停止中には死人が減る!?

<著書>
よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ!
いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者(超☆はらはら)
船瀬 俊介 (著), ベンジャミン・フルフォード (著)
http://www.amazon.co.jp/product-revie... 【読み上げ動画】命に関わる事実 国民が知らない巨悪の医療犯罪が隠蔽されている 全編6時間朗読https://www.youtube.com/watch?v=2YCPw...



生物兵器関連記事~為清さんのブログ

http://mazeranmisogi.jugem.jp/?eid=281

日本人しか買わないタミフル

http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/501.html

タミフルの調査結果

http://blogs.yahoo.co.jp/momotarou3169/57103880.html

タミフルで検索すると沢山ヒットします

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83%5E%83%7E%83t%83%8B&inside=1&x=0&y=0

ラムズフェルドで検索では

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83%89%83%80%83Y%83t%83F%83%8B%83h&inside=1&x=0&y=0

ラムズフェルドは悪なんだよ~もっと記事はあるけど

http://megalodon.jp/2009-0130-2033-20/angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/2.html

Rebuilding America's Defences:Strategy,Forces and Resources for a New Century (1992年発行)

http://web.archive.org/web/20070518002941/http://www.pgs.ca/index.php/Iraq/252

 The U.S must remain in the forefront of all research relating to the "art of warfare"including"the world of microbes"(advanced forms of biological warfare that can "TARGET"specific genotypes may transform biological warfare from the realm of terror to a politically usefull tool。(要約:人種別に効果のある,生物兵器は便利な政治的な道具となる。戦争と言う芸術の名のもとに)。
 これが,西ナイル熱,炭ソ菌,鳥インフルエンザ,エイズ菌,そしてタミフルの策略。世界人口の三分の二皆殺し計画の実行案である。これはけっしておふざけでも,冗談でもない。

 Further,the process of transformation,even if it brings revolutionary changes,is likely to be a long one,absent some catastrophic and catalyzing event -like a new pearl Harbor。(要約:何よりも確たるものにするには,パール・ハーバーのような新たな悲劇的・壊滅的な仕掛けが求められる)。かつて記事にしたが現実に100発のサムソナイト爆弾(Micro Nuke)がロシアから消えている。

注;一個あたり10キロトンで広島で地上起爆された10&の濃縮大砲原爆は18キロトンだがサムソナイト爆弾の場合放射能は出ない。現在アメリカの25の州の地下にすでに埋め込まれている。元イルミナティ11位階の話によると以下の7つの州のみ埋め込みが分かっているが残りの18州の名前は不明

フロリダ テキサス カリフォルニア ニューヨーク シアトル イリノイ ワシントンDCですが懸念されているのはサンアンドレアス断層で巨大な人工地震を引き起こすために多数埋蔵されている可能性がある

関連記事:サンアンドレアス断層

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3761



下の画像の翻訳は管理人~日本で翻訳はここだけ

特別のウイルス,癌プログラム用の腫瘍学,癌原因及び予防区分の研究

PHASE1.スペシミンの選択,およびウイルス,ウイルス表現(Expression)の検知

STEP1.1 研究のためのグループ選択の基準の設立

A.伝染病(疫学)としてのリード

1.地理的な生き物の群れ(clustering)
2.血清学としての群れ
3.環境としての群れ
4.遺伝としての群れ
5.家族(より高い癌家系)としての群れ

B.臨床状態

1.病理学の状態(鋭い慢性と軽減)
2.免疫学の状態(臓器移植・患者の欠乏)
3.遺伝のパターン

STEP1.2 伝染病と臨床状態のコンピューターを駆使した,情報収集と貯蔵

STEP2.1 患者の協力と臨床施設の設立

STEP2.2 選別された患者からのスペシミンの収集

A.白血病,リンパ腫患者

1.鋭く慢性の治癒していない脊髄性,慢性リンパの新生物
2.Burkittリンパ腫,および疫病

B.肉腫患者

1.軟細胞
2.骨形成

C.カーリノマ患者

1.軟細胞
2.骨形成

C.同じくカーリノマ患者

1.乳房状
2.頚部
3.鼻咽頭

D.その他の腫瘍患者

E.個人と癌に罹るハイリスク

1.遺伝子異常
2.癌家系とハイリスク
3.免疫不全症

F.一致したコントロール

STEP2.3テスト用血清,及び細胞組織の徹底した収集,貯蔵,配送の開発

A.標本収集の標準的な品質管理の徹底

B.組織病理学の見本の確認

C.貯蔵と配送のより改良された技術の開発

D.十分な貯蔵施設と配送ネットワークの開発と維持

STEP3.1 ウイルス,及びウイルス表現の検知

A.物理学的方法

1.電子顕微鏡の使用

2.分離技術

B.生化学と免疫化学の方法

1.酵素
2.抗原
3.核酸

C.生物学的な方法

1.免疫
2.組織培養
3.動物の感受性

STEP3.2 ウイルス表現の検知の新技術開発

A.物理的な(電子分離と過程分離技術)
B.化学的な(投下技術)(達人注:Chemtrailなど空から散布のこと)
C.生物的な(腫瘍細胞,またはウイルスの宣伝)

決定ポイント(黒枠)

ウイルス基準表現の検知に基ずいた研究アプローチの選択

基準

1.ウイルス粒子は存在する
  -形態論の特性は認識された協定に従うに違いない(ねばならない)
  -粒子は特有の浮遊密度を所有するに違いない(ねばならない)
  -粒子は核酸を有するに違いない(ねばならない)

2.現状のウイルス表現
  -認識された癌ウイルスと関係する抗原の存在
  -腫瘍形成性であると知られている(いた)核酸の存
   在
  -知られている癌ウイルス,及びウイルスプロセスに関
   連した酵素活性の存在
  -特定の悪性腫瘍中の共通抗原の存在,癌患者の中
   の免疫反応の刺激ーこれらの種を徹底調査せよ

   因果関係学の要因の修正とウイルス,もう一つの流れ

PHASEⅡーA 応答,及び最初の特性記述の確立

STEP1.1 ウイルスの複製

A.組織培養による成長と産出

1.初期のシステムの決定
2.二次的なシステムの決定(達人注:無限につくれる不定胚のこと)

D.敏感な哺乳類試験システムの開発

1.伝染力の決定
2.ウイルスの回復の決定

(これらの記事はPHASEⅣーBまであります)


STEP1.2 特定のセル・システムの連続的な生体外・生体内の宣伝のためにその手段を改良し開発するべし

A.タイプCウイルスの応答

B.タイプBウイルスの応答

C.ヘルペスタイプ・ウイルスの応答

STEP2.1 初期の特徴ずけ

A.ウイルスの形態論,及び応用の特徴の決定

B.同様の形態論のすべての既知のウイルスとの関係の決定

STEP2.2 特定のウイルスの診断の試薬の準備,方法の決定,改善

A.標準化された参照ずみのウイルス,及びウイルスの抗原

B.ウイルスとウイルス抗原の標準化された特定の抗原

        決定ポイント(黒枠)

より完全な特性記述,及び仮定疾病関係用の候補ウイルスの選択

基準

1.ウイルスは腫れ物に関係している
2.ウイルスは既知の非Preliferative(実験的?)な疾病に排他的に関連した、完全に特徴ずけられた働きではない
3.ウイルスは中に折れ重なり組織培養から,転用可能です。あるいはさらに必要な仕事にふさわしいレヴェルの動物も必要です。(達人注:非ユダヤ人という家畜の意味)

 もし1)または 2)がノーであれば,ドロップ

 もし3)がノーで,あれば,ドロップ。もしウイルス表現が存在するならば,PHASEⅡーBへ進む。

PHASE ⅢーA 仮定疾病関係,及び完全な特性記述の定義

STEP1.1 推定の疾病関係

A. ウイルス,ウイルスの抗原,あるいはウイルスの一貫した繋がり,ウイルスが分離されるタイプの異なる新生物に備えた抗原を解決させたと断定できる。

B.ウイルスの抗原,あるいはウイルスへの免疫学の反応性を示す証拠が,疾病共同状態と関連させられる抗原を解決させた(ホストが示すかどうかの決定)。腫瘍患者の中の抗体の発生率は正常な(見たところでは)人の中でより著しく高い

C.選択された動物類の中のウイルスの抗原への免疫の反応性の決定(達人注:動物類=ゴイム=非ユダヤ人)

D.伝染の自然なルートの決定

E.細胞形質転換,あるいは他のウイルス表現が共同発癌性の要因を要求するかどうかの判断

STEP1.2 ウイルス,ウイルスの抗原およびウイルスの解決した抗原への特殊なホスト,免疫反応の検知,及び計量に対する敏感な生体外,生体内の試験を開発し,またその改善。

STEP1.3 生物学の代理人,化学の代理人,及び物理的な代理人とウイルス発癌性の相互作用を定義し,量を計測する方法の開発

STEP2.1 完全な特性記述

A.生化学
B.生物物理学
C.免疫学

STEP2.2ウイルスの抗原,及びウイルスの解決した抗原など,生化学,生物物理学,免疫学的側面からのウイルスの特徴ずけの方法と開発

決定ポイント(黒枠)

コントロールすべき免疫学,生化学のアプローチの選択

基準

1.ウイルス,ウイルスゲノム,あるいはウイルスは抗原を解決させた,あるいは特定の抗体,一貫して定義された対照群と比較している場合,著しくより高いレベルに特定の新生物は関係している

2.候補ウイルスは,あるいは抗原は,大規模な生産(製造)を許可するために充分な安定性を実証した

3.抗原は動物(或いは人間の生体内のウイルスを中和する)の中の保護免疫反応を刺激する

4.ウイルス活動は,手段によって修正することができる。免疫学的に,削除あるいは,共同発癌性の要因のコントロール

1)2)と4)がイエスなら,PHASEⅣーAへ,1)がイエスで2)3)がノーの場合,ドロップ

決定ポイント

コントロールするべき,免疫学,生化学のアプローチの選択

基準

1.ウイルスの一貫した仲間は特定の新生物と備えた表現
2.定義された対照群に対するウイルスの表現についての重要な免疫学のホスト反応
3.免疫学以外である手段はウイルスの表現を修正することができる

PHASEⅢーB 新組織形成の維持とウイルスの特性

A.異なる新生物を備えたウイルス表現の組織としての決断

B.ホストが疾病状態と関連している,ウイルス表現に免疫学の反応性の証拠を示すかどうかの 決断

C.選別された動物類の中のウイルス表現への反応性の決定

D.細胞形質転換,或いは他のウイルス表現が発癌物質の原因かの決定

E.ウイルス遺伝子が,存在する場合には,その性質と固執を決定

F.核酸の点からウイルス遺伝子の特定の表現の決定

G.遺伝子活動の製品,および大規模生産の実現の可能性の決定
PHASEⅣーA 免疫のコントロール

STEP1. 免疫学的に相応しい(適した)コントロールの決定

A.能動免疫法の評価(達人注:この計画が出されてから,ワクチン,BCG接種により,多くの子供たちが影響を受けたと推察できる)
1.特定のワクチン
2.特定のBCG
B.受動免疫の方法の評価

1.血清
2.細胞(Cells)又は細胞の分散

STEP2.試薬の準備,及び測定する活動用、技術の標準のための研究施設の設置

A.安全性の特異性,清浄,および有効性の決定用の敏感な方法の開発

B.生産量の実現可能な数量の決定

STEP3.もっとも有効なプロトコールの決定

A.服用量摂生法の確立

B.決定するかどうか疾病状態の変更,あるいはウイルスの応答はレスポンスと関連させた

決定ポイント(黒枠)

臨床試験入門のための,統制手続きの有効性の確認

基準

1.入手可能な充分な材料
2.充分な臨床実験(達人注:人体実験)による安全の確立
3.抵抗力の保全は実証された
4.動物(達人注:ゴイム=獣=非ユダヤ人)による疾病のコントロール、ウイルス応答,また,組織培養によるコントロールは実証された

1)2)3)と4)がノーの場合,ドロップ

1)2)3)と4)がイエスの場合,次のステップへ

抑制措置(注:人口削減のことではないかと?)を評価するため臨床試験を計画し実行する。

PHASEⅣーB 生化学のコントロール

STEP1.生化学による最適な手段の決定

A.生化学の障害(変更)の本質の決定

1.核酸
2.プロテテイン
3.脂質
4.炭素水酸化物

B.特定の抑止的(秘密を守れる)な代理人、及び計測活動の開始

1.合成物のふるいわけのための生体外システムの開発
2.選択する,あるいは定義された自然,及び生化学の障害、特定の合成活動に基ずいた抑制する合成物の開発
3.培養された細胞の差異のコントロールの実証(あるいは,生体内で)
4.異なる動物モデルシステムの中の抑制する活動の調査

C.結果を評価し,完成させる代理人の選定

1.活動,毒性,及び選択性の観点からの代理人の定義
2.完成させるための,代理人のランクずけ

STEP2.試薬の準備,及び測定する活動のための技術研究施設と標準の確立

A.実現の可能性を決定する,あるいは,大規模生産(達人注:組織培養・不定胚による製造)のための生産工程

B.(ウイルスを生産する過程での)標準的な品質管理

1.代理人の守秘義務
2.標準的量の再生産
3.安定性

C.有効性の分析用の敏感な方法の開発と適用

1.生物学のシステム
2.活動の特異性
3.毒性の程度

STEP3.生化学コントロールの方法の評価

A.有効な生体内のレベルを維持するための管理と数のルート,服用量のサイズ,及び(超低)周波数の決定

B.確立している分析方法に,薬品を混ぜる定義された障害の有効活用

C.実現の可能性,有効性,及び安全性での臨床試験用のランクずけと服用摂生法

決定ポイント(黒枠)

臨床試験入門用のコントロール方法の有効性の確認

基準

1.充分な材料が入手可能なこと
2.予防,コントロール,障害の除去などは,すでに生体外の動物実験で実証された
3.疾病のコントロールは対照となったグループを,時間を超えて充分な期間維持される

1)2)3)と4)がノーならドロップ

これらは1992年より実行段階に移されている。培養方法はTissue Cultureという組織培養で同じ品質を保つための不定胚技術。空から撒くケムトレイルによる人種別に開発されたマイコプラズマなどはよく知られている。

おまけ~ニギハヤヒで拙稿を検索すると19件ヒットします

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83j%83M%83n%83%84%83q&inside=1&x=0&y=0



おまけ

ほっとする写真だね

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1998405.html#more

世界の国立公園

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-15226.html#more

マーモットと少年の絆~動物たちは人の心を読む本能があるんだね

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1998406.html#more

盲目のスマイリー

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1998403.html

盲導犬受け入れ拒否する国民性 悲しくなるよ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000009-khks-soci

中村天風の講和~貴重なビデオです






 
 
》記事一覧表示

新着順:147/3576 《前のページ | 次のページ》
/3576