teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:123/3568 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

砕氷船理論

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年 1月 2日(月)17時47分56秒
  通報 返信・引用 編集済
 


元サッチャー首相補佐官(クリストファーストーリー)かく語りぬ

https://youtu.be/VuOXPZrSL-s?t=688 興味ある方は英文字幕ご覧ください





時々読まれている記事~森と曼荼羅

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/9.html

ニューギニアで日本人と共に戦った台湾・高砂義勇隊



http://www.810.co.jp/hon/ISBN978-4-89295-907-3.html





DVDはホワイトハウスの上に聳え立つブラックハウス DVD・German Black Intelligence(Deutsche Verteidigungs Dienst)

http://www.asyura2.com/12/cult9/msg/591.html

DVD・German Black Intelligence(Deutsche Verteidigungs Dienst)で検索すると

https://search.yahoo.co.jp/search?p=DVD%E3%83%BBGerman+Black+Intelligence%EF%BC%88Deutsche+Verteidigungs+Dienst%EF%BC%89&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

日本と敗戦革命

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%95%97%E6%88%A6%E9%9D%A9%E5%91%BD&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

砕氷船理論

アメリカ合衆国では、ソビエトのスパイであった[10][11]ハリー・ホワイトが、ルーズベルト政権下で財務次官補としてハル・ノートの草案作成に携わり[12]、それは日本に日米開戦を決意させた

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%95%E6%B0%B7%E8%88%B9%E7%90%86%E8%AB%96

砕氷船理論(さいひょうせんりろん)とは、ヨシフ・スターリンが実行したと一部の論者が主張している戦略。第二次世界大戦におけるドイツと日本の侵略を「砕氷船」として利用し、その対象となって疲弊した地域を共産主義陣営に取り込む戦略のこと。転じて、他者の行動をてこにして自分の利益を図る戦略を「砕氷船理論」と呼ぶこともある。

近年では、在野の歴史研究家杉本幹夫が「興亜院政務部・コミンテルン関係一括資料」(国会図書館所蔵)中の怪文書[1]をもとに第七回コミンテルン大会でスターリンが次のような演説を行ったと主張している[2]。

ドイツと日本を暴走させよ!しかし、その矛先を祖国ロシアに向けさせてはならぬ。ドイツの矛先はフランスと英国へ、日本の矛先は蒋介石の中国へ向けさせよ。そして戦力の消耗したドイツと日本の前に、最終的に米国を参戦させて立ちはだからせよ。日、独の敗北は必至である。そこで、ドイツと日本が荒らしまわって荒廃した地域、つまり、日独砕氷船が割って歩いた後と、疲弊した日・独両国をそっくり共産主義陣営にいただくのだ[3]。

ただし、これまでのところ、実際にこのような演説があったという、確実な史料に基づいた確認はされていない。

砕氷船理論が実在したと主張する論者によれば、以下のような具体的な歴史的事実にその直接間接の影響があったという。
1929年、世界恐慌によって資本主義の限界と共産主義の台頭を見た当時の人々は、しだいに国家社会主義やファシズム・ナチズムに魅せられていく。これらの下地をもとに砕氷船理論は実行されていった。
中国では、西安事件以後は国共合作の方向が形成され、「中国共産党の劉少奇により起された盧溝橋事件[4][5]」[6]による日中の緊張した時期において、ソビエトのスパイであった張治中[7]は第二次上海事変によって上海の日本軍に対して正当な理由のない攻撃を行うことで日中戦争の開始を企てた[8]。
日本では、尾崎秀実が砕氷船理論の実行者であるとされている[要出典]。尾崎は同僚や関係者はおろか妻子にも話さず、秘密裏に行動を進めていった。具体的には国内の動きを逐一スターリンに報告し、ソ連と動きをあわせるためにひそかに活動を行っていた[9]。また、近衛文麿のブレーンとして、日中戦争早期講和および、国民党との講和に反対する論陣を張った。1937年(昭和12年)『中央公論』9月号で「南京政府論」を発表し、蒋介石の国民政府にこだわるべきでないと主張し、翌1938年(昭和13年)1月16日の「爾後國民政府ヲ對手トセズ」とする第一次近衛声明に影響を与えた。同年『改造』5月号で「長期抗戦の行方」を発表し、『中央公論』6月号で「長期戦下の諸問題」を発表した。近衛内閣は尾崎の主張にそう形で、中国国民党政府との和平交渉を打切り、日中戦争の拡大と泥沼化、そして日米戦争へつながる政策をとることとなった。
アメリカ合衆国では、ソビエトのスパイであった[10][11]ハリー・ホワイトが、ルーズベルト政権下で財務次官補としてハル・ノートの草案作成に携わり[12]、それは日本に日米開戦を決意させた[4][13]。

脚注:^ アメリカ国家安全保障局の暗号解読者たちはベノナ文書の分析からホワイトが"Lawyer"1251 KGB New York to Moscow, 2 September 1944, p. 2、"Richard"83 KGB New York to Moscow, 18 January 1945, p.1、および"Jurist"(Robert J. Hanyok, "Eavesdropping on Hell: Historical Guide to Western Communications Intelligence and the Holocaust, 1939-1945", Washington, DC: Center for Cryptologic History, National Security Agency, 2005, 2nd Ed.), p. 119 (PDF page 124)というコード・ネームを持ったソビエトのエージェントであることを確認した。

http://web.archive.org/web/20071129024328/
www.nsa.gov/venona/releases/18_Jan_1945_R3_m3_p1.gif


FBI Memorandum identifying Harry Dexter White as agent Jurist(ヴェノナ文書で明らかに)

https://
en.wikisource.org/wiki/FBI_Memorandum_identifying_Harry_Dexter_White_as_
agent_Jurist


ハリーホワイト 「ソ連のスパイ」=ハルノートそして開戦

ホワイトはソ連軍情報部の協力者であったことが、ベノナ文書(注1)により確認されている。
1941年、ルーズベルト大統領時代のアメリカ合衆国の財務次官補としてハル・ノートの草案作成に携わった。この頃、ソ連軍情報部と接触し「スノウ(snow)作戦」(ホワイトの名による)という工作に関係したとされる。ソ連の内務人民委員部(NKVD)で米国部副部長を務めたヴィターリー・パヴロフの証言によると、スノウ作戦の際、ソ連軍情報部のイスハーク・アフメーロフがホワイトと接触した後、ヴィターリー・パヴロフはアフメロフの友人としてホワイトに接触、メモを見せたという。
ホワイトはGRU(ソ連赤軍情報部)の米国駐在部代表である大佐が運営する協力者の一人であったが、後にその所属はGRUからNKGB(国家保安人民委員部、KGBの前身)に移管されたという。1953年11月6日、司法長官は彼を名指しで、ソ連のスパイであり、米国の機密文書をモスクワに渡すために他の連絡要員に渡していた、と述べている(注2)。

1.ベノナ文書とソ連の工作についてはジョン・アール・ヘインズ・ハーヴェイ・クレア 『ヴェノナ――解読されたソ連の暗号とスパイ活動』 山添博史・佐々木太郎・金自成訳、PHP研究所、2010年2月、J.E.Haynes,H.Klehr Venona: Decoding Soviet Espionage in America (Yale University Press, 2000)など参照。
2.中川八洋『近衛文麿の戦争責任』PHP研究所、2010年8月

敗戦革命論と近衛上奏文

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/index/detail/comm_id/1230

砕氷船のコンセプト

http://www.akashic-record.com/shteig.html

あらゆる軍事戦略のうちで、もっともきたない手口のもの。「AがBを砕氷船に仕立てて(だまして「あて馬」のように利用して)、Cという氷を砕かせた(獲物を手に入れた)」のように用いる。

たとえば、A、B2隻の船が南極大陸上陸競争をしていたとする。そして、BはAに勝つために先を行き、目の前の氷山を砕きながら進み、他方、Aはその後塵を拝することを余儀なくされていたとする。この場合、Bの船体は氷山との衝突で傷付き、激しく消耗することになるが、そのままリードを保ち、Aの進路をふさいでいれば確実に勝てる。

ところが最後に、Bが南氷洋を泳ぎきり上陸する間際になって、AがBを背後から攻撃、撃沈したとする。さすれば、Aは船体にかすり傷一つ負うことなく勝利を手にすることができる。この場合結果的にBの果たした役割を「砕氷船」、このコンセプト全体を「砕氷船テーゼ」と言う。一般に「砕氷船」(B)と、それを利用する者(A)のあいだには、共謀関係はない。両者は共犯関係ではなく、利用する者(A)とされる者(B)、罠にはめる者(A)とはめられる者(B)の関係であることが多い(が、まれには両者が共謀している場合もある。筆者は1996年から1997年にかけて展開された「テレビ朝日株転売事件」が、このまれな例だと考えている)。

このテーゼは、地政学の研究家の故倉前盛通(くらまえ・もりみち)亜細亜大学教授が『悪の論理』(日刊工業新聞社大手町ブックス、1977年刊。角川文庫、1980年刊)の中で詳しく紹介している。筆者は、失礼ながら当初は、倉前氏のような特異な主義主張を持った学者だけが使うマイナーな概念と思っていた。が、1991年のロンドンサミット直後の8か国首脳会談に出席したソ連のゴルバチョフ大統領(当時)が西側記者とのインタビューでの応答の際にこの言葉を用いたことから、筆者も重要な概念として注目するようになった。

一般に政治・軍事戦略を、通常の学問より高度な次元で説明するときに(学問の世界のつまらぬ縄張り分けなど気にせず、純粋に真実を知りたいという視点で追求するときに)有効である。が、この概念がもっとも典型的にあてはまるのは、やはり戦争である。A国がC国を攻略して自分の属領にしようとする場合、直接侵略するよりも、スパイ工作等によって第三者のB国にまずC国を攻撃させるほうがよい。C国がA国に助けを求めても当初はわざと無視し、C国の軍事力が完全に破壊され、またB国の国力が侵略戦争によって消耗するのを待って「正義の味方ただいま参上」とばかりにB国の軍隊を背後から攻撃し、C国に「解放軍」として進駐し、そのまま居座ってC国を事実上A国の属領にしてしまうのである(このもっとも典型的な事例は、太平洋戦争に見ることができる)。

この場合A国は、戦力の消耗を免れるという軍事的メリットのほかに、「侵略者を排除した」という「正義」すなわち政治的メリットも手にすることができる。

他方、C国は莫大な領土的、物理的損害をこうむるのみならず、「助けてくれた」A国にあたまがあがらない、といった政治的、心理的な「負債」を抱えることになる。そして、いちばん悲惨なのがB国である。実態はともかく表面上は明らかにC国への加害者であるため、「侵略者」の汚名を着せられ、半永久的にA、B両国から指弾され続ける恐れすらある。

具体例は、この「砕氷船テーゼ」のコーナーで順次とりあげていくので、目次に戻って適宜参照されたい。この概念は、政治、軍事に限らずあらゆるパワーゲームにあてはまる。とくに現代の先進資本主義諸国の一般市民にとっては、企業のM&Aや企業内人事抗争のほうが、わかりやすい事例かもし れない。

このテーゼは数十年前の西洋の革命でも、数百年前の日本のクーデターでも実践された。おそらく数千年前の古代文明世界の権力抗争においても見られたであろう。

そして、いまも息づいている。いまこの瞬間にも、世界のどこかで政治家や軍人や企業の「乗っ取り屋」が、このテーゼに基づいてひそかに爪を研いでいるのだ。



エコノミックヒットマンとの関連で考えてみよう

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1204.html



2015/02/24 に公開

「俺たちはCFRが911テロを指揮したってことを知っているんだ!」
https://www.youtube.com/watch?v=Usbb5...

管理人注:CIAでバランサーのアレックス・ジョーンズのレーニン式やり方

(元動画)
Democracy Now! 放送日:2007年6月5日

エコノミック・ヒットマンが語るアメリカ帝国の秘史  ―経済刺客、暗殺者、グローバルな腐敗の真相 前編
http://democracynow.jp/video/20070605-1

エコノミック・ヒットマンが語るアメリカ帝国の秘史  ―経済刺客、暗殺者、グローバルな腐敗の真相 後編
http://democracynow.jp/video/20070605-9



1分20秒からDVDについて~ブッシュはDVDの人形であった......。DVDの本部の場所は,,,,,

共産主義者の大東亜戦争責任

http://
6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1901


田母神論文~間違いはどこにもない。だからはめられたのです。世論の盛り上がりは全くない。政治家は宦官であり庶民もしかり 女たちはそういう男たちに合わせるからタチが悪い。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1190.html

関連記事;陸軍中野学校

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2018059.html

ヘッセン領地を凍結したロマノフ家への仕返しに部下のロスチャに命じて日本を日露戦争(1904年)に駆り立てロシアを疲弊させ、更に「赤い盾=赤シャツ党=共産主義」によるロシア革命(2月革命、10月革命、1917年)でロマノフ王朝を倒してロシアを共産化した。ロス茶が属する表のイルミナティ=イエズス会であり、ここを通じて日本は対露工作していたということですね。つまり、明石元二郎の活躍もこのライン上にある行動であり、欧州での功績は現地の強力な協力があって初めて可能だったわけであり、莫大な工作資金(400億円とも)もその本当の出元が何となく分かってくる。

北朝鮮はソ連の資金で建国されたが、国家運営のノウハウがないのを陸軍中野関係者が手助け。同時に金日成伝説も創作。この辺のことは、日中戦争~太平洋戦争に至る経緯を最近の匿名党さんの記事を合わせて読むと非常に納得がいきます。

■戦前の日本、大日本帝国は真正保守不在のパヨク国家だった
http://tokumei10.blogspot.jp/2016/12/blog-post_932.html

つまりは国家社会主義に偽装した共産主義者たちの仕業。つまり近衛の仕業。この北朝=近衛の手先が大本であり、最初は海軍に入り込み、更に陸軍へも浸透。日本をソ連との軍事衝突を避けるように中国大陸では南進を選択し、中国国民党を疲弊化して中国共産党に天下を取らせた。その後、真珠湾攻撃で日米開戦にこぎつけ、海戦という海戦で負け戦を演じ、日本を弱体化した上でソ連に侵攻させ終戦。終戦後は米ソで分割統治して東日本を共産化する計画だった。

それを阻んだのが自由主義陣営の本家・本流の昭和天皇だった。そして、いち早い米軍の本土攻撃の開始、更にソ蓮の進入を阻み米国単独で終戦に持ち込む為に原爆を地上起爆、、、、その炸裂先は北朝のバックにいるイエズス会が国内本拠地にしていた広島・長崎だった。まぁ、ここまでの詳細な作戦を昭和天皇が考えたわけではないのだが、、、これにより、日本は南北二分化、共産化、内地人の虐殺とシベリア抑留が防げた。

管理人注;地上起爆に関して昭和天皇のアーウービデオが残っていて仕方がなかったと言っている。その裏を考えると分からないでもない。レーニンの敗戦革命論を身にまとった共産主義者たちの第二総軍が一億総玉砕を叫び徹底抗戦の構えの中広島に集め怪しまれないように学徒と一緒に地上起爆で一網打尽にしたいきさつは米国に覇権をもたらし日本の分割が避けられた意味で意味深である。そして日本はヒルのように米国につらいついていくのです。流石と言っては言いえて妙であるが元英国陸軍元帥の力であろう。これが明治以来結社に操られた真の姿であった、



そしてその地上起爆の仕組みは意外と単純なものであった。

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3755

この世には決して知ってはならないことがある

http://ameblo.jp/64152966/entry-11048405529.html

マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人!(ヴェノナ文書、第四章 陰謀が ...

http://blogs.yahoo.co.jp/takaonaitousa/40522707.html

<1995年に発表されたヴェノナ文書(ソ連の暗号をかいどくした文献)から暴露され 明るみになったハル・ノートを起案したルーズベルトの財務次官、リトアニア出身の ハリー・ホワイトや、ルーズベルトの片腕と言われた大統領特別顧問 ...

日米開戦 コミンテルン陰謀説(1)

http://www.geocities.jp/yu77799/worldwar2/nitibeikaisen/White1.html

ホワイト=スパイ」疑惑の再浮上は、1999年、旧ソ連の暗号文書を解読した「ヴェノナ 文書」の公開によります。 .... 内容を見ましょう。大変な長文ですので全文はこちらに譲り 、ここでは「ルーズベルト秘録」及び須藤氏による要約を紹介します。

大東亜戦争を指導した日本の政治家や軍人達はスターリンの操り人形 ...それもそのはずスターリンもヒトラーもロスチャイルドの血流

http://ameblo.jp/matsui0816/entry-11591966337.html

ヴェノナ』文書により、米国のルーズベルト政権ですら、200人以上のソ連のスパイ ないし協力者がいたことが判明したが、防諜が弱かった日本でも、総力戦体制の中で ソ連の浸透 ... 全文が読みたい人用に、掲載されているURLを紹介しておく。

ヴェノナ文章が暴いたルーズヴェルトの戦争責任(九州不動産専門学校 ...

http://www.asyura2.com/13/senkyo152/msg/529.html - キャッシュ

ヴェノナ文書とは、第二次世界大戦前後の時期にアメリカ国内のソ連のスパイたちが モスクワの諜報本部とやり取りした秘密通信を、アメリカ陸軍情報部が秘密裡に .... 戦後 GHQ民政局の一員として財閥解体や憲法改正などを担当したビッソンもまたヴェノナ 文書によれば、ソ連のスパイであった。 ..... 最新投稿・コメント全文リスト ...

ヴェノナ文書が暴いたコミンテルンの戦争責任・ロシア革命はユダヤ革命 ...

http://sahorimatu.exblog.jp/23664052/ - キャッシュ

カール・マルクス「ユダヤ人あるところに革命あり、欧州のいかなる革命もユダヤ人無くし て成立したるものなし」□ロシア革命はユダヤ人解放のための革命 何故ユダヤ...

WGIP~ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(自虐史観の洗脳)を知っていますか?

http://sahorimatu.exblog.jp/23545317/

国民が知らない反日の実態 - 大東亜戦争への経緯

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/67.html - キャッシュ

近年アメリカで公開された旧ソ連の暗号解読資料「ヴェノナ文書」に以上の工作が明記 されているが、なぜか日本の殆どのマスコミは無視して .... 占領中GHQは、公文書だけ ではなく、すべての出版物から「大東亜戦争」という言葉を抹殺しようと検閲を行った。

ヴェノナ文書・・・アメリカ国内のソ連スパイ | セカンドライフ 60代の健康 ...

http://plaza.rakuten.co.jp/2dlifeandlove/diary/200811120001/ - キャッシュ

... ないし、列国の監視のなかで正統に得た権利だと思います。この日清、日露戦役で得 た権利すら「侵略」というならば、清国との間に条約を結んだ国は全て侵略国家となって しまいます。 さて、田母神論文を詳しく読むと・・・全文はこちらです…

田母神氏が嵌められた理由~論文から(赤線の部分).....ヴェノナ文書というパンドラの箱を開けてしまったから?

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3222

全文は記事にありますが一部抜粋

『さて日本が中国大陸や朝鮮半島を侵略したために、遂に日米戦争に突入し3 百万人もの犠牲者を出して敗戦を迎えることになった、日本は取り返しの付かない過ちを犯したという人がいる。しかしこれも今では、日本を戦争に引きずり込むために、アメリカによって慎重に仕掛けられた罠であったことが判明している。実はアメリカもコミンテルンに動かされていた。ヴェノナファイルというアメリカの公式文書がある。米国国家安全保障局( N S A )のホームページに載っている。膨大な文書であるが、月刊正論平成18 年5 月号に青山学院大学の福井助教授(当時)が内容をかいつまんで紹介してくれている。ヴェノナファイルとは、コミンテルンとアメリカにいたエージェントとの交信記録をまとめたものである。アメリカは1940 年から1948 年までの8年間これをモニターしていた。当時ソ連は1 回限りの暗号書を使用していたためアメリカはこれを解読できなかった。そこでアメリカは、日米戦争の最中である1943 年から解読作業を開始した。そしてなんと37 年もかかって、レーガン政権が出来る直前の1980 年に至って解読作業を終えたというから驚きである。しかし当時は冷戦の真っ只中であったためにアメリカはこれを機密文書とした。その後冷戦が終了し1995 年に機密が解除され一般に公開されることになった。これによれば1933 年に生まれたアメリカのフランクリン・ルーズベルト政権の中には3 百人のコミンテルンのスパイがいたという。その中で昇りつめたのは財務省ナンバー2 の財務次官ハリー・ホワイトであった。ハリー・ホワイトは日本に対する最後通牒ハル・ノートを書いた張本人であると言われている。彼はルーズベルト大統領の親友であるモーゲンソー財務長官を通じてルーズベルト大統領を動かし、我が国を日米戦争に追い込んでいく。当時ルーズベルトは共産主義の恐ろしさを認識していなかった。彼はハリー・ホワイトらを通じてコミンテルンの工作を受け、戦闘機100 機からなるフライイングタイガースを派遣するなど、日本と戦う蒋介石を、陰で強力に支援していた。真珠湾攻撃に先立つ1 ヶ月半も前から中国大陸においてアメリカは日本に対し、隠密に航空攻撃を開始していたのである』

著者より読者へ

http://retirementaustralia.net/old/rk_tr_emperor_04_choshakara.htm

非常に長いですから元記事参照

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3397

やっぱりサンアンドレアスのあれは近いか? ちなみにソフトバンクの孫さんの米国での大邸宅はサンアンドレアス断層の真上だそうだ

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2019569.html#more

関連記事:カリフォルニアダウン

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3800



中国の異変~銀行口座から預金が引き出せない

http://www.sankei.com/world/news/161231/wor1612310012-n1.html

下の画像の真ん中は英国陸軍元帥の昭和天皇。その下はマルタ騎士団の昭和天皇のコイン(下の記事の二番目)

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83%7D%83%8B%83%5E%8BR%8Em%92c&inside=1&x=0&y=0

私はあなたの言う、情報ばかりを貪っている輩の一人です。25年ほど住んでいたNYから帰国して友人より貴殿のサイトを紹介されて以来5年間ほど、ほぼ毎日貴殿のサイトを閲覧しておりました。その間、友人、知人にも貴殿のサイトを紹介してきましたが、自分が何をしたのかと言うと気ばかりが焦って何一つできなかったことを恥じています。
サイトに書かれている内容はこれまでの自分の考えを根底から覆すものばかりで、私がまず最初に始めなければならなかったことはこれまでの自分の考えと人生感を捨てて新たに組み直す作業でした。
中学生の頃から感じていたこの国の矛盾と理不尽さには子供ながら大きな疑問があったため、その作業をするにはさほど大した時間はかかりませんでした。それは貴殿の噛んで含むような詳細なサイトがあったからこそできたことだと思います。また、貴殿のサイトにより自分を偽らず自身の考えに自信を持ってこの国で生き直すことができたと感じております。私などのようなものが貴殿のご苦労や功績を讃えられるものではありませんが、ただただ感謝の念以外に他なりません。
貴殿のご健康を心からお祈りしております。
ありがとうございました。

『本当の事が知りたいだけだ2

http://silverisrealmoney.blog.fc2.com/blog-entry-308.html

達人氏のブログの読者にしかすぎなかった2008年ころ、しかし当方は、氏に貢献したいと思ったものだ。達人氏の粋に感じた事もあった。氏の記事を読みながら、ぞくぞくしたものだ。これが現実なんだ、と思った。しかし、残念だが、それが本当だったということにいま、驚愕している。

本当の事を知る為に、自分はなんら危険も犯さず、金も出さず、いいところだけを持っていきたいという腐れ根性のやつがいるとしたら、当方がもっとも軽蔑するやつらだ。そういうのは単に、泥棒にすぎん。

そんな薄汚い根性は捨てろ! ばかやろう、お前だけが救われてどうするんだ、クソがっ。真実をすべての日本人が知るようになってはじめて、かすかな、ほんの少しの明かりが見えるかもしれない、という状況で、身をもって真実を語っている人のブログを盗みみて、自分だけが得をしようとする、その腐れ根性は、なんだ? 最低だよ、そういうのは。なんとかしろと言いたいよ。

自分が真実だ、と思った事は、社会で生活してるなら、周囲の人間に伝えたらどうだ? ツイッターで、あるいは自分のブログを通して紹介したらどうだ? できるだろ、そのくらい。本当に腐れてしまったのか日本人と思うよ、俺は。』

時々読まれている記事

アマゾンのシャーマン その1

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/31.html

アマゾンのシャーマン その2

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/32.html

継続的なご支援をお願いしております

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3543

おまけ~粋です 文化の違い



またおまけ



傀儡子

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%82%80%E5%84%A1%E5%AD%90&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

サンカ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AB_(%E9%9B%86%E5%9B%A3%E5%90%8D)

傀儡子で拙稿を検索すると6件ヒットします

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%98%F8%99S%8Eq&inside=1&x=0&y=0



吉本興業とサンカ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/291.html

傀儡子とサンカ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/950.html

ベーシックインカム制度は日本でも出来るはずだが

http://news.livedoor.com/article/detail/12493749/



 
 
》記事一覧表示

新着順:123/3568 《前のページ | 次のページ》
/3568