teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:67/3525 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

会社を辞めて後悔した12のこと

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年 1月15日(日)14時56分57秒
  通報 返信・引用 編集済
  管理人に一言いわせていただくならばサラリーマンに運よくなれたならば辞めてはいけません。管理人の後半の人生は海外現地法人の社長をしていました。そこで思ったことは給料を頂く立場から給料を払う立場になったことです。当り前なことですが毎月25日の給料日にもらうのがあたり前で当然という顔をしている方が払う人より100倍も楽だということです。

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/1311/07/news018.html

僕が19年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと

サラリーマンとして生きていくなら、従うべき流儀がある。会社の中でいつのまにか「使いにくい頑固な変わり者」にならないために知っておくべきこととは――。会社を辞めて起業の道を選んだ元サラリーマンが振り返る。

1つの会社で19年、サラリーマンとして勤めた。

念ながら、僕のサラリーマン人生は失敗だった。まだ、課長レベルだったけど、すでに先は見えていた。

自分ではデキるつもりで突っ走っていたけれど、自分なりに壁を感じていたし、人事の同期から漏れ聞く会社の評価も中程度のものであった。

僕らの世代(いま50代中盤)のサラリーマン人生も過酷だ。

順調な人たちはすでに取締役になっているが、最近のリストラで、いまさら会社を辞めざるを得ない人もいる。

サラリーマンを続ける以上、上から評価されるようにしなければ、若いころのわずかの差が、20数年後には無残な差となって突きつけられる。

いまでも、ときどき、ああこうすればよかったな、と思い出して後悔することがある。

そして、若くて元気な人たちをつかまえて、「オレみたいになるなよ」と説教したくなってしまう。

成功者の話は、聞いてもあんまりためにならない、と言われる。

しかし、実際のところ、若い人たちは失敗者の話も、その話者が失敗者であるがゆえに真剣に耳を傾けてくれようとはしないのだ。ちょうど、若いころの僕のように。

「あんたが失敗したのは、あんたがあまりにも馬鹿だからで、オレはあんたとは違うし」と。

それは分かっているが、今日はやっぱりそれを書きたい気分なので、書いておく。

また、ひとつだけ追記しておくが、僕はサラリーマン生活では失敗したが、人生そのものの成否は、まだついていないと思っている。あしからず。

1.入社初日から社長を目指して、全力疾走すればよかった

僕が入社したのは、ある百貨店だった。しかし、とても入りたいと思って入った会社ではなかった。そのため、入れてもらったにもかかわらず失礼な話なのだが、今から思えば最初から気が入っていなかった。よそ見しながら走っていたようなものだ。

だが、同期の中には、有名大学で流通のゼミに所属し、入社初日から社長を目指して全力疾走しているような連中がいた。勝てるわけがなかった。

2.ゴルフをすればよかった

ともかく、ゴルフをはじめればよかった。

ゴルフを始めると、貴重な土日の休みを上司とのつきあいに「浪費」しなければならないもの、と思っていた。

しかし、会社を離れても、あるいは大学の友達と、ゴルフを楽しんでいるみんなを見ていると、後悔の念がむくむくと起き上がってくる。

3.会社のカラーに染まりたくないと思わなければよかった

僕の悪い癖で、いつもいつも、その時に属している集団のあるべき姿、望まれている人物像に反発を感じてしまうのだった。

へそ曲がりなのだ。

だから、会社のカラーに染まりたくないと思ったし、会社の価値観に反発した。気持ちの上で、会社の内側に入ることができなかったのだと思う。

4.社内の人のことに、もっと興味を持てばよかった

社内の噂話が嫌いだった。

誰それがどこどこの大学を卒業して誰々の後輩である――といった話も、退屈で仕方がなかった。

しかし、社内の人事や人物に興味がないということは、逆に言うと、社内から自分も興味を持たれていないということでもあった。

また、課長時代に、「だれでも引っ張ってくるから、必要な人間を言え」と言われて、とても困ったこともあった。そのときに引っ張ってきてもらった人は、仕事はできたが、すでにいるスタッフの1人と仲が悪いことで有名だった。その後、僕が2人の間に立たされて、泣くハメになったことは言うまでもない。

5.思い上がらなければよかった

自分なりにかなりの業績をあげて、会社に大きく貢献したと思うことが何度かあった。

たぶん、その時の僕の顔は、鼻持ちならないものだったと思う。

サラリーマン生活は長いマラソンを走るようなもので、ちょっとした期間だけを早く走れても、それだけのことなのだ。

6.できない上司、嫌いな上司に優しくすればよかった

失礼ながら、どう考えてもできないと思われる上司に仕えたこともあるし、頭は良くてもあまりにも利己的で人間的に好きになれない上司に仕えたこともある。

慣れない業務で四苦八苦している上司に仕えたこともある。

そんなときの僕は、優しくなかった。まったく、優しくなかった。とても後悔している。

7.「あの人のようになりたい」という人を、もっと早くみつければよかった

サラリーマンは上司を選べない。だから、入社して最初に仕える上司が、その後のサラリーマン生活に与える影響は大きい。

先に書いたように会社の価値観に染まるものかと思っていたので、心底、「あの人のようになりたい」という人物に出会ったのは、入社後何年も経ってからであった。

社内事情に興味を持っていたら、もっと早くそういう人と出会えたのでは、と思うのだ。

8.男気なんてゴミ箱に捨てればよかった

会社の価値観にも染まらず、「自分が唯一無二である自分である」と思うためには、「筋を通す」「意味のない指示などには反対する」「部下を守る」「取引先との約束を守る」などということが重要であった。

どうせ会社は自分のことを評価してくれないと思うと、そういう考えがさらに強くなり、身体の芯に凝り固まったような気がした。

まったくもって、馬鹿だった。もっと柔軟に、もっと上層部の意向を理解して動けばよかった。

9.もっと勉強すればよかった

特に若いころ、もっともっと勉強すればよかった。

経営陣が突きつけられていることをもっとリアルに実感できるよう、勉強することは山のようにあった。それなのに、ただ漫然と日経新聞を読み、ランダムにビジネス書を読んで勉強した気になっていた。

何を勉強したらいいのか、どこを着地点として目指すべきなのか、分からなかったのかもしれない。

10.できる評判を得たいがために、長時間働き続けなければよかった

課長ぐらいのとき、めちゃくちゃ仕事をした。ほとんど会社を休まなかった。

なにかで大きな成功をしたあと、また、「次も次も」と、抱えきれない仕事を自らに課して、狂ったように仕事をした。不健康だったし、家族との関係もまずくなった。

短距離走ではなく、マラソンであるという認識を、しっかりと保つべきだった。

11.同期が先に昇進したとき、笑って忘れればよかった

今から思えば、昇進に遅れることは、なんら不思議ではない。でも、当時はどうしても飲み込めなかった。狂ったように働いている最中だったので、余計に飲み込めなかった。

飲み込めないことが、さらに僕に悪い影響を与えた。周囲からすれば、「おまえごときが何を思っているのか!」ということだったのだろう。

飲み込む、あるいはすくなくとも、完璧に飲み込んだふりをすればよかった。

12.社内での自分の評判に、もっと気を使えばよかった

そんなこんなで僕は、会社の中で「使いにくい頑固な変わり者」になってしまった。社内のこんな評判やイメージは、もはや自分から引きはがすことはできなかった。

社内、あるいは業界内でも同じだが、いったん自分についたイメージというのは、相当なことがない限り変えることができないのだった。

僕は自分のイメージを、社内へ伝える重要なメッセージの1つとしてもっと慎重につくりあげるべきであった。

番外:もっと早く辞めればよかった

ここまで読んだ大方の人は、「そりゃおまえ、サラリーマンとしては、ダメやわな」という感想を持ったことだろう。

上を目指してがんばっている若い人は僕のように馬鹿じゃないだろうけど、1つでも思い当たるところがあって、「そうかもな」と思ってくれたらうれしい。

でも、僕の個人的なあくまで超個人的な結論は、これだ。

もっと早く辞めればよかった。

※ 反響が大きかったため、ここに追記記事を執筆しました。

著者プロフィール:和田一郎

アンティーク・リサイクル着物を国内外へ販売する「ICHIROYA」代表。昭和34年生まれ。京都大学水産学科卒業後、大手百貨店に入社。家庭用品、販売促進部など。19年勤めたのち、2001年に自主退職して起業。現在に至る。趣味はブログ執筆。

追加記事

http://kyouki.hatenablog.com/entry/2013/11/03/065014

僕が19年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと - ICHIROYAのブログ

という記事を書いたら、思いのほか拡散してびっくりした。
色々と厳しい声をいただき、ここ2日間は生きた心地がしなかった。

僕が体験したことは、あくまで個人的なことだ。
最初に書いておきたいが、僕は個人的なことを書いているだけなので、ここにあなたへの答えはない。
あなたが考えるひとつの材料があるだけだ。

さて、僕が体験したことを、もう少し詳しく書こう。
新卒で19年勤めて会社を辞めたのは42才の時。いまから12年前のことだった。
業種は百貨店である。
そして、ご存知のように、百貨店は近年、リストラの20年であった。
僕は上記の記事に書いたような社員だった。
世の中には、「優秀で使いやすい人間」と「優秀だけど使いにくい人間」がいるという。
僕は後者であったのではと思いたいけれど、コメントにいただいたように、「無能で使いにくい人間」に過ぎなかったのかもしれない。
だから、結局のところ、前の記事に書いたように生きていても、何も変わらなかった可能性もある。
僕もその可能性は否定しない。

ところで、会社というところをイメージすると、こんなグラフになる。

f:id:yumejitsugen1:20131103054224j:plain 元記事参照

右に年数(40年間ぐらい)をとり、上に会社への貢献度(あるいは評価)をとる。
偉くなったAさんは、若い頃からひたすら頑張り、あるタイミングから会社におおいに貢献するようになる。
ダメ社員のCさんは、ずっとお荷物であり、歳をとっても会社への貢献度は低く、会社からすれば給与と貢献度の損益分岐点(X)を超えない。
中位のBさんは、ちょうど若いころの借りを後半で返し、会社からすれば損益分岐点はトントンということになる。

さて、僕が体験したのは、この損益分岐点が、(X)から(Y)へといつの間にか上昇してしまった、みたいなことである。
できない50代だけではない、ふつうの40代、50代も、できれば会社を去っていただいたほうが、助かるみたいな状況である。

「結局のところ、出世しか頭にないのね」という声もいくつかいただいたが、状況はそんなに甘いものではない。
自主退職の募集や、出向してそのまま転籍とか。
いる場所がなくなるのだ。

会社に残って貢献しようとすれば、少しでも会社にとって貢献度の高い自分を作っておく必要があった。
そして、僕があの記事を書いたのは、若い頃にはそれがリアルにわからないから、ぜひ知ってほしいと思ったのだ。
そもそも、(A)さんのようなずば抜けた能力があれば、どんな生き方をしても問題はあるまい。だが、(B)さんのような普通の人は、ちょっとの違いが人生の大きな違いになる可能性があるのだ。
しかし、若いころの差は、ほんの少しだ。
それは、グラフの赤い太線の部分で、とるにたらない差に思える。
「自分流」、「自分の信念」に従うコストとしては、安いものだと思えてしまうのだ。
ところが、それが20年、30年積み重なると、みるも無残な大きな差になってしまうのだ。
僕が一番言いたかったことは、この点なのだ。

いったい、何人の「俺流」の人を見てきただろうか。
その専門性、オシの強さゆえに、周囲からも一目置かれる。
上司もはれものに触るように接する。
しかし、そういう人たちの多くの行く末は、寂しいものであった。
そして、僕ももちろん、そのうちのひとりに数えられるからこそ、「成熟した組織人」になる重要性を、若い人に伝えたいと思ったのだ。

なお、先の記事で、「共感はするが、8.男気なんてゴミ箱に捨てればよかった、のところは間違っている」という声も多かった。
たとえば、僕はこういう状況を想定して書いた。
自分が人事課長で、10人の中高年をリストラせよと命じられた。
10人を慎重に選び、次の就職のことも最大限考慮して、リストラを実行した。
そのとき、9人を仲間から選んで、最後のひとりを自分にすることができるだろうか?
「男気を捨てず」に、10人の仲間を指名することなんて、できるのだろうか?

先の記事で、最後に、番外に「もっと早く辞めればよかった」と書いて、わざとすべてをひっくり返した。
だから、そこまで読んでくれた人の多くは、「あれ?なんだよ。結局、サラリーマンなんて、やってられん!ってことを言いたかったの?」と思われたことだろう。

違うんだ、ブラザー!
サラリーマン諸君のブラザーよ!

実際のところ、会社を辞めたあと、僕は嫁と小さなアンティーク着物の会社をはじめて、12年間やってこれた。
現在スタッフ十数人、年商2億弱というところだ。
詳しくはこちらに書いたが、なんとか商売人の端くれとして、自立して生活している。
そして、いまの僕は、昔の僕より、はるかに幸せになった。
いまでは自分が正しいと信じることしかしない。
お客様のためになると思うことしかしない。
あいもかわらず、頑固な僕は、しょせん僕であり、そんな僕であっても生きる場所があったのだ。
それがいかに小さな、ひとにとってはとるに足りない場所であったとしてもである。

ブラザー、つまり、僕の話には、ふたつの意味があるのだ。
サラリーマンとして生きるなら、慎重にやれよ、そして、自分を殺す技術も覚えるんだ。
でも、どうしても自分を変えることができないなら、ブラザー、自分の流儀を貫いて、会社を去り自分が生きる場所をつくることだってできるんだ。

だけど、だけど、僕にはわからない。
それが、僕の場合の特殊例だったのか、とんでもない幸運があったゆえなのか、嫁が言うように、神様のおかげだったのか。
僕の場合、自分の居場所はみつかったけど、会社を去った多くの「俺流」の人たちが、自分の会社を立ち上げて上手くやっているという話は、そんなに多くは聞くことができないのだ。
だから、サラリーマンを辞めればいい、独立すればいいんだ、なんて、僕は軽々しく口にはできないんだ。

だから、ブラザー、ここには答えはないんだ。
誰のブログを読んだって、答えはない。
自分で考えるしかない。

だけど、組織の中で苦しんで懸命に生きている親愛なるブラザーたちよ。
僕にできるのは、ありのままの僕の体験をこうやって話して、あとは、ただ、幸運を祈ることだ。
ほんとうに、ブラザー、君の幸運を祈っている。

PS ゴスペルロックを聴きながら書いたので、言葉遣いが変になっちまった!

(200日後の追記)こちらに、もうひとつの物語を書かせていただきました。ご参考まで『 定年退職した「最高にできる鬼上司」が後悔した、たったひとつのこととは? 』)

http://next.rikunabi.com/journal/entry/20140603

時々読まれている記事~龍神雲現る

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/205.html

ある医師の告白~後半部分

http://blog.livedoor.jp/pharao11/archives/55718574.html

断薬のすすめ

http://blog.livedoor.jp/pharao11/archives/55718576.html

薬は毒である~必読

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3788





2013/10/09 に公開

続き→http://www.youtube.com/watch?v=gwiMZP...

「"金融界のスノーデン"が内部告発 これが米ドル崩壊シナリオ」http://gendai.net/articles/view/news/...

日刊ゲンダイ 2013年10月15日 掲載

世界銀行の元上級顧問が米国財政の内幕を"暴露"だ。
 発言が話題になっているのは、世銀で法律部門の上級顧問を務めていたカレン・ヒューズ氏。最近はロシアのテレビ番組に出演し、「なぜ米政府機能が停止したのか」を解説した。その動画が「YouTube」などにアップされ、世界の注目を集めている。内容はこんな調子だ。

「オバマケアや債務上限の問題だけでなく、さらに根深い理由がある。それは深刻な通貨問題です」

「ドル紙幣は、財務省ではなくFRBが発行している。FRBは意図的に米政府に大量の借金をさせ、その金利でうまい汁を吸ってきた。それが米財政の巨額赤字の原因になった」

「中央銀行は、対価として提供するゴールドがないにもかかわらず、ドルを売っている。これは完全に詐欺だ」

「民間の銀行が発行している紙幣に対する信用は失われつつある」
「実際、BRICs諸国は、金本位制での貿易を始めようとしている。これが国際準備通貨としての米ドルを崩壊させることになる」

<インタビューで気になる発言続々>

 要するに、中央銀行が金資産などの裏付けがないまま札を刷りまくって金融緩和を続けたせいで、紙幣への信頼は薄れ、ドルは基軸通貨として崩壊の危機にあるというのだ。

「ヒューズ女史は世銀の法律部門に20年にわたって勤務する間に多くの秘密を知り得たそうで、それを今年の夏に"内部告発"して職を追われた。彼女の話をすべてうのみにすることはできませんが、世銀を離れ、自由な立場になったことで、暴露話が過激化するのではないかとみられている。"米国金融界のスノーデン"と呼ぶ人もいるほどです」(金融関係者)

 なかなか興味深い女性だが、インタビューでは、こんな気になる発言もあった。
「オバマ政権が発表している失業率は捏造だ」

「共和党も民主党もメディアも邪悪な勢力(金融やグローバル企業)に買収されている」
「邪悪な勢力は第3次世界大戦を引き起こそうとしている。なぜなら、戦争が起きれば儲かるからだ」
 トンデモ系の陰謀論にも聞こえるが、あながちデタラメとは思えない世の中になっているのが恐ろしい。











ToshiF4 週間前

「なかでも、グラバーの手引きによりイギリスに密航し留学した長州藩の5人の若者たちは「長州ファイブ」または「マセソンボーイズ」と呼ばれました。というのも、今の価値で10億円とも推測される彼らの留学費用の大部分を負担したのはグラバーの勤めるマセソン商会の社長、ヒュー・マセソンその人だったからです。

さらにヒューマセソンの上には、世界一の金融王ネイサン・ロスチャイルドの息子であるライオネル・ロスチャイルドがいました。
ライオネルやマセソンにかわいがってもらった5人の若者たちは日本に帰り、明治新政府ができた後、日本の最高指導者となります。

いわば、ロスチャイルド家当主の子分であった若者たちによって、明治の日本が作られていたわけです。」

注:マセソンボーイズトロスチャイルド

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%9E%E3%82%BB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%BA&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

日本人が知らない日本

http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html





おまけ~元宮内庁長官鎌倉節が死んでよかったのか

http://kabanehosi.seesaa.net/article/283186530.html

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%A9%8B%E6%9C%AC%E9%BE%8D%E5%A4%AA%E9%83%8E%E3%81%AE%E5%A6%BE%E3%81%AB%E7%94%A3%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8C%E6%84%9B%E5%AD%90%E3%81%95%E3%81%BE&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

禁断エリアの話ですが明治天皇は大室寅之祐という前提が間違っている。鹿島や鬼塚などは北朝鮮の工作員であったことは分かっています

http://www.asyura2.com/0401/bd33/msg/587.html

なぜ橋本清子で検索すると画像に皇室が出てくるのでしょうか

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E6%A9%8B%E6%9C%AC%E6%B8%85%E5%AD%90

おまけ~1月17日の記事 海外勢が先物売り

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HAS_X10C17A1000000/

昨年海外勢は3兆7千億の売り越し 一方日銀買いは4兆円 いびつな官制相場はいつかは破綻する

英国メイ首相今日演説~歴史の転換点か?

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H2Q_X10C17A1MM0000/?n_cid=NMAIL001

トランプ相場曲がり角

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD16HGB_W7A110C1EN1000/

アメリカの都市で快適に生活できる年収は

http://finance.yahoo.com/news/top-15-cities-america-where-132920160.html

悪魔どもの一覧

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1746

世界を支配しているCIA3派とは

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52001108.html



 
 
》記事一覧表示

新着順:67/3525 《前のページ | 次のページ》
/3525