teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:116/3587 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ウド・ウルフコット暗殺か

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年 1月31日(火)23時03分59秒
  通報 返信・引用 編集済
 

関連記事

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2023074.html

このジャーナリストはドイツでは良く知られた存在だ。ドイツにおけるジャーナリストの買収の実態に関して内部告発をしたからである。買収に関与したのは米国のCIAやNATOならびにドイツの諜報機関である。

さっそく、最近の記事 [注1] を仮訳をして、読者の皆さんと共有したいと思う。

<引用開始>

ウド・ウルフコッテからの強力なメッセージ - 「ドイツの政治家は米国の操り人形」であり、ドイツのジャーナリストは米国に好都合な記事を書くよう求められている。

これはウド・ウルフコッテの言葉だ。2014年11月7日、オリエンタル・リビューおよびグローバル・リサーチに掲載された。

http://orientalreview.org/2014/11/07/german-politicians-are-us-puppets/

グロ-バル・リサーチ(GR)の編集者による注記: この記事はオリエンタル・リビューおよびGRによって2014年11月に始めて掲載された。

ジャーナリストでありドイツの政治学者でもあったウド・ウルフコッテ博士が亡くなった。同氏はフェークニュース(捏造記事)が如何に主流メディアを蝕んでいるかを暴露していた。

メディアにおける真実を追求しようとしたウルフコッテ氏の大儀に対する断固とした献身は彼が残したレガシーと並んで後世の記憶に残ることだろう。(ミシェル・チョソドウフスキー、2017年1月15日)

「今や米国人はウクライナの原発を爆破することさえも企て、その犯人は分離主義者あるいはロシア人であると主張する積りだ」と、ドイツのジャーナリストで、同国では最大の新聞のひとつであるフランクフルター・アレゲマイネ紙の記者を務めたことのあるウド・ウルフコッテが主張している。

彼は一冊の本を出版した。その表題はGekaufte Journalisten (「買収されたジャーナリストたち」)。彼は米国およびドイツの政治家らが如何にドイツのメディアを偏向させているかを報告した。ドイツのジャーナリストは世界の出来事に関して米国に都合のよい歪曲を施している。

記者たちはまず第一に米国に都合のよい記事を書き、反ロシアの記事を書くよう求められている、とウルフコッテは主張する。こういった事が如何にして起こるのか、このような主張を公開した後の彼自身の生活が今辿っている経路についてウド・ウルフコッテは喋ってくれた。

Q: ウルフコッテさん、親米路線の記事を書いてたくさんのお金を貰ったとあなたは言いましたよね。親米路線のジャーナリストはドイツではどれ程稼ぐんですか?

ウド・ウルフコッテ(UU): 私は現金は受け取ってはいません。貰ったのは贈呈品です。金時計や潜水用具、旅行の際には五つ星のホテルに泊まるとか・・・ どこかの時点で休暇用の別荘を外国で購入することさえもが可能になったドイツのジャーナリストを私は何人も知っていますよ。しかし、現金や贈呈品よりももっと重要なことは親米路線、あるいは、NATOに好意的な記事を書くことによってあなたには支援の手が差し伸べられるという事実です。もしもそういった記事を書かなければ、あなたの将来のキャリアは何も期待できません。オフィスの片隅に座って、編集者宛ての手紙を分類している自分の姿を発見するのが落ちでしょう。

Q: あなたが喋っている内容によりますと、費用の全額を先方持ちで米国への旅行に招待され、ジャーナリストが秘密裏に買収されています。しかし、真面目なジャーナリストはそんな僅かの報酬のために自分を売り渡すでしょうか?

UU: 米国へ何度も何度も旅行して、米国での滞在費用をまったく支払う必要がなく、米国の政治家に対するインタビューをお膳立てして貰っているとしたら、あなたは権力者のサークルに一歩も二歩も近づいていることに間違いありません。あなたはエリート・サークルの中に留まっていたいと思うことでしょう。こうして、あなたは彼らを喜ばすような記事を書くようになるのです。誰でもが有名な政治家に特別なアクセスをすることが出来るセレブリティー・ジャーナリストになりたいのですよ。しかし、一言でも言い間違えると、セレブリティー・ジャーナリストとしてのあなたのキャリアーは終わりです。誰でも、そのことを知っています。

Q: あなたは今になってどうしてドイツのジャーナリズムに関してご自分の意見を公開しようと決心したんですか?

UU: 私は心臓麻痺を三回も経験していますし、私には扶養しなければならない子供もいません。毎日のようにニュースで米国人を見ています。彼らはまたもや新たな戦争の準備をしています。今度はウクライナにおけるロシアとの戦争です。どんな能天気な者であってもMH17便の撃墜事件後に米国が行った一方的な反ロシアのプロパガンダに気が付かなかった人はいないでしょう。今や、米国人はウクライナの原発を爆破し、犯人は分離主義者かロシア人のどちらかだと主張しようと企んでいます。私はそういった話をしょっちゅう聞いています。実に不道徳です!

Q: ドイツは「バナナ共和国」だとあなたは主張していますよね。でも、それは誇張し過ぎではありませんか?結局、ドイツには野党がありますし、中には急進的な動きもあります。そして、メディアは政府に対して批判的です。たとえば、「Die Anstalt」 という最近のテレビ番組では酷く歪曲して報道を行っているドイツのメデイアが痛烈に批判され、波紋を引き起こしました。

UU: ドイツのメデイアに対する批判、つまり、さまざまな出来事を親米的に報道することに対する批判を通じて、ジャーナリストらはあの放送では風刺を活用していましたが、あれが終わってから苦情が提出されて、彼らは裁判所へ出頭することになりました。この出来事はドイツがバナナ共和国であることを示す完璧な証拠です。つまり、偏向した報道を批判する際に風刺を活用することさえも出来ないのですから。我が国では外見上の報道の自由があるだけです。まったく酷い状況です。

Q: ドイツ各紙が十把ひとからげにして「ロシア支持者」と称されている政治家(シュレーダーやギジ、ヴァーゲンクネヒト、他)や親ロ派ジャーナリストに対する攻撃についてはどうお考えですか?

UU: これらの「ロシア支持者」は高い教育を受けた、非常に率直な人たちです。私は政治的には彼らと協調してはいませんが、そう評価したいです。彼らの高潔さには敬意を表します。彼らが集中攻撃を受けているという事実はドイツがバナナ共和国であることを示す典型的な状況です。ドイツでは主流の意見から逸脱しますと、こっぴどく抑圧されます。

Q: ドイツは1988年の3月、当時は西側の同盟国であったイラクのサダム・フセインがイランとの国境付近にあるクルド人の都市でドイツ製の化学兵器を使って虐殺を行ったという事実を隠蔽しているとあなたは言いましたよね。今でさえも、反政府派の新聞をさえも含め、そのことについては一紙も報道してはいないって本当なんでしょうか?

UU: いいえ、そうではありません。そのことは報道されていますが、報道をするまでにまるまる1年もかかったのです!米国人の目の前でドイツ製の化学兵器を使って毒殺されたイラン人を私は撮影しましたが、そういった写真は一般に公開されることはありませんでした。当時、イラク人やドイツ人および米国人はイランに対する「最終的な」勝利を祝っていました。バグダッドでは皆が協調して地域住民を化学兵器で殺害したという事実を祝っており、残虐そのものでした。私は毒ガスで痛めつけられました。後には癌を患いました。私は現場で起こったことを何でも記録に残しました。そうした記録が国際的な批判を引き起こしてくれるだろうと期待したのです。しかし、誰も出版してはくれなかったのです。その代わり、誰もが自分たちの勝利を祝っていました。 今でさえも私は自問自答しています。ドイツの首相がイスラエルへ出かけ、ユダヤ人を虐殺したことに関して許しを乞うことがどうして問題ではないのだろうか?ドイツ製の化学兵器を使って虐殺されたイラン人は二等市民であるとでも言うのだろうか?テヘランでドイツの首相がそのことに関して謝罪しているのを聞いたことがありますか?ドイツの政治家は米国の操り人形に過ぎないという事実を目にしているわけです。ワシントン政府に言われた通りに彼らは従順に動かなければならないのです。われわれは米国の植民地のままです。バナナ共和国であって、自由な国家ではありません。

Q: あなたの話によりますと、あなたは諜報機関からリビアに関する情報を貰い、ご自分の署名の下でその情報を出版しましたよね。そして、あれはCIAやドイツ連邦情報局(BND)からの仕事だったとあなたは言っています。もしも、その情報が興味深い内容であって、真実であったとすれば、ご自分の関心事とも上手く噛み合うんではないでしょうか?結局のところ、あなたはその情報を出版することは拒否することも可能でした・・・

UU: はい、その通りです。私は「ノー」と言えた筈です。ADAC、つまり、全ドイツ自動車クラブはヘリコプター救援サービスの職員をBNDのために秘密裏に協力させようとしましたが、彼は拒否。この従業員は間もなくADAC から追い出され、彼は裁判所へ不服を訴えました。しかしながら、裁判官の判断としては一従業員がBNDのために働くことを拒否することはできないとして、抵抗することによって職を失ってもそれは問題ではないとの判断を示しました。分かりますか?私が言っていることが理解出来ますか?私は失職したくはなかったのです。

Q: あなたは諜報機関によってご自分の家を6回も捜索されたと言っていますよね。もしもあなたが諜報機関が望んでいる記事を出版していたとしたら、どうして彼らはあなたの家を捜索する必要があったんでしょうか?あるいは、それとは反対に、もしもあなたが諜報機関が隠ぺいしようとしている情報を独自に究明していたとしたら、あなたは独立したジャーナリストとして仕事をしているのであって、「非公式にCIAのエージェント」として働いていることにはなりませんよね?

UU: それは翻訳上の間違いです。家宅捜索を命じたのは諜報機関ではなくて、国の秘密警察でした。ナチが当時ゲシュタポと呼んでいた組織は現在は国家保安局と称されています。彼らは私が国家機密を暴露するかも知れないという想定の下で6回も家宅捜索をしたのです。この種の脅しをかけるのはバナナ共和国では典型的なやり口です。

Q: この本を出版するとあなたご自身に問題が派生するかも知れないとおっしゃいましたよね。たとえば、それはどんな問題ですか?

UU: フランクフルター・アレゲマイネ紙は文書で私に刑事、民事、労働関連法の違反、ならびに、ジャーナリズム界における企業基準に違反したことにより裁判所へ訴えると私に伝えてきました。それだけでも私を潰してしまうことが可能でした。私がまたしても「国家機密」をばらしたとして私を刑務所へ送り込みたい連中が何人もいたと聞いています。多分、エドワード・スノーデンのように私もモスクワへ飛んで、亡命の請願をするべきかも知れません。ドイツのバナナ共和国の指導者たちがどのように反応するか、しばらく様子を見ることにしましょう。彼らは譲歩していますし、彼らが我が国で出版の自由の外観を如何に取り繕ってるかに関して、あるいは、ドイツにおける民主主義は単なる幻想に過ぎないということについては、誰もが私の良く売れている本で読むことができるからです。

ロシア語による原典: VZ.RU

翻訳: オリエンタル・リビュー

本稿の原典はOriental Review and Global Research。

© Udo Ulfkotte, Oriental Review and Global Research , 2017

<引用終了>





久々に飯山一郎氏の記事
http://grnba.jp/index.html#aa01301

飯山氏が言っているCIA長官とはロバート・ゲイツのことか

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%84

CIA長官と司法長官

http://www.cnn.co.jp/usa/35092452.html

自民党ネットサポーターズクラブ

http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12243080183.html

ホットリンクという会社

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

一般的に田布施工作員と呼ばれているがコメント一件につき手当が支給される

http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%97L%97%BF%89%EF%88%F5&inside=1&x=0&y=0

ドレスデン計画なるものがもし本当だったら

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1015.html

上の記事から

イタリアで13兆円債権持ち出しの日本人逮捕される

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7409956

<script type="text/javascript" src="http://ext.nicovideo.jp/thumb_watch/sm7409956"></script><noscript>【ニコニコ動画】イタリアで押収された13兆円とその運搬者の正体</noscript>

上をクリック

ログインしました

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7409956

13兆円不法所持事件

http://www.y-asakawa.com/message2009-1/09-message37.htm

関連記事~日本人の名前は分かっています

http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RA2Dl6kY5VghgApUKJBtF7?p=%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%A7%EF%BC%91%EF%BC%93%E5%85%86%E5%86%86%E5%82%B5%E6%A8%A9%E6%8C%81%E3%81%A1%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

不可思議な13兆円米国債持ち出し事件 | 山本正樹 オフィシャルブログ

http://www.yamamotomasaki.com/archives/237 - キャッシュ

米国債など「13兆円」不正持ち出し、邦人?2人を拘束 伊警察 ... 日本政府も拘束の 事実は確認しているが、日本人との情報が本当かどうかは不明としている。氏名や 持ち出し .... 昨今のスイスの話題は日本人による13兆円を超える債権密輸がイタリアで 発覚>

中川昭一元財務大臣の怪死についての-考察 | 山本正樹 オフィシャル ...

http://www.yamamotomasaki.com/archives/228 - キャッシュ

保守派言論で知られ、核保有論者であり、北朝鮮の核開発に対しては、日本も核武装す べきであるとはっきり明言している。 .... 不可思議な13兆円米国債持ち出し事件」 .... 昨今のスイスの話題は日本人による13兆円を超える債権密輸がイタリアで発覚>

奇っ怪な事件

http://www.y-asakawa.com/message2009-1/09-message37.htm - キャッシュ

イタリア財務警察は、総額1340億ドル(約13兆円)相当の米国債をイタリアからスイス に持ち出そうとした日本人2人の身柄を拘束し、検察当局に .... つまり、アメリカの要請で 日本から秘密裏に持ち出された債券ではないかというわけである。

事件は2009年6月3日に置き16日に朝日が報道している。これは麻生政権の時だがこの13兆円は小泉元首相が米国に献上した米国債や郵政の預金のKBの可能性がある。イタリア当局に通報したのは麻生筋か?

小泉首相から麻生政権まで

http://www.uraken.net/rekishi/reki-jp95.html

米国債13兆円、有史以来の犯罪か? - 世相を斬る あいば達也 - Gooブログ

http://blog.goo.ne.jp/.../e/15f1f330a9cb4a7215a7ae2ab81f486d - キャッシュ

2人は持ち出しを申告しておらず、債券が本物の場合には額面の約40%が罰金として 科せられる可能性があるという。 ... まさか13兆の偽物本物の米国債券を所持していた 怪しい日本人をそんなに簡単に釈放するほどイタリア警察はお人好し ...

世界の真実の姿を求めて! イタリア13兆円米国債

http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-category-16.html - キャッシュ

13兆円の米国債と言えば日本政府が保有する米国債の5分の1にあたる。今回発覚 したの ... だから偽物だとは言えない、バチカンの銀行から持ち出していい本物の米国債 だ。 .... イタリア13兆円(1345億ドル)の債権押収事件はCIAの罠で、それに日本側が ひっかかった。 ..... 13兆円の米国の債権を持ち歩いていた日本人二人。

ROCKWAY EXPRESS 闇の中の13兆円米国債事件

http://rockway.blog.shinobi.jp/国際政治/闇の中の13兆円米国債事件 - キャッシュ

同紙は容疑事実は報じていないが、2人が米債券の持ち出しを申告していなかった としており、申告なしに多額の有価証券を持ち出そ ... 50代と60代の日本人2人が、 イタリアからスイスに額面総額1345億ドル(約13兆円)のニセの“米国債”を持ち込もう として伊 ...

【国際】 日本人?2人、13兆円の米債券持ち出しでイタリア当局が拘束 ...

http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1244839816/l50 - キャッシュ

1 :イカ即売会φ ☆:2009/06/13(土) 05:50:16 ID:???0: イタリアからスイスに1340億 ドル(約13兆1千億円)相当の米債券を持ち出そうとした日本人 2人が、イタリアの財務 警察に拘束され、債券が押収されていたことが10日、明らかになった。 同国主要紙が ...

13兆円の米債券持ち出し。主なレスを拾ってみました。 kokopon - 阿修羅

http://www.asyura2.com > HOME > 国家破産63掲示板

【国際】 日本人?2人、13兆円の米債券持ち出しでイタリア当局が拘束 領事館は パスポートデータ未入手のため日本人かは未確認☆11 http://tsushima.2ch.net/test/ read.cgi/newsplus/1244861745/ --------- 52 :名無しさん@十 ...

米国債13兆円持ち出し事件の真相: zeraniumのブログ

http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/13-7e34.html - キャッシュ

2009年6月、日本人男性二人が多額の米国債を持ち込もうとして、スイスの国境付近で 拘束される事件がありました。まだ記憶に新しいと思います。イタリアからスイスへと 向かう列車の中で、二重底のケースに隠されていた国債の束が見つかり ...

【イタリア】 13兆円相当の米債券を持ち出そうとした日本人2人を拘束 [06 ...

http://sp.logsoku.com > ログ速 > 世界情勢 > ニュース国際+

同紙は容疑事実は報じていないが、2人が米債券の持ち出しを申告していなかった としており、 申告なしに多額の有価証券を ... 【イタリア】 13兆円相当の米国債は偽造 されたものとみて捜査~逮捕された2人は神奈川と福岡に住む日本人の可能性強まる [ 06/18]

管理人注:二人の名前は出てきたが日本での報道は皆無

http://www.y-asakawa.com/message2009-1/09-message37.htm

問題の二人の人物の名前がはっきりしてきた。2人のうち1人は、武藤敏郎氏の義弟である山内恒夫なる人物であることが判明。武藤氏と言えば、大臣官房総務審議官、主計局長を経て、大蔵事務次官、そして、2003年3月から日本銀行副総裁となった人物である。

こうなってくると、政府筋、財務省、日本銀行といったところが奥に控えている可能性がますます大きくなってきた。

米のターナーラジオネットワークは、イタリアで身柄を拘束された2人の日本人は「財務省職員」だと

報道しています。掲載のHPを下記しました。

http://renzan.org/cat20/post-290.html

そうして連山のHPは見れなくなったという次第

元記事:http://www.y-asakawa.com/index.html

日本は何年も円安誘導~日本人は嘘つきだね。為券の発行を見ればすぐわかるが公表はしていない

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H12_R00C17A2000000/?n_cid=NMAIL001

円安誘導をトランプが批判~買ったドルで米国債を買い続けていることをトランプは知らないんだろうな

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM01H3Y_R00C17A2MM0000/

アメリカのセレブは凄い

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/29/sia-offers-to-match-100000-in-aclu-donations_n_14485778.html

中国の人肉カプセル

http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/b07086e1ed672c004909abc5e0e0efa4?fm=entry_awp_sleep

上記管理人さまのたとえば2012年4月の記事だけでも

http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/m/201204

日本人には知らせてはいけない その1

http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/31b189c3f9bcbd9e5873cb3361a65cb7

日本人には知らせてはいけない その2

http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/5e459dcbbf9ff156ca4db07fe0178c52



 
 
》記事一覧表示

新着順:116/3587 《前のページ | 次のページ》
/3587