teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 11(0)
  2. ハーゲンダッツの苦味成分と健康被害(0)
  3. 株暴落を手招きする投資家を絶対許してはいけない!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:115/3592 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

テロリストなんていないのですよトランプさん

 投稿者:Legacy of Ashesの管理人  投稿日:2017年 2月11日(土)22時08分3秒
  通報 返信・引用 編集済
  羊,山羊を飼育する畜産民は,子羊が生まれると,一年以内に雄は種付け用を少し残し,後は殺して食べる。ごくわずかの雄を去勢して群れの先導役にさせる。それを人間支配の技術に転用するのが去勢の意味。シオン長老の議定書(プロトコール)第18議定書より。これこそがバーディシャー由来の人間家畜の管理術。トランプさん あんたはどっち。

HYKSOSの帝王学

https://youtu.be/CSiVlM4cXXI?t=1712

HYKSOSは支配する民を管理するために神や同じようなリーダーをでっち上げ,それを裏から管理するという帝王学である。表舞台に立つのは常に傀儡であり,頭のすげ替えをひんぱんに繰り返すことになる。この帝王学にはなりすまし(背乗り)も枝に入る。少数派で組織に潜んで組織全体を支配する。その黒幕こそDVD・German Black Intelligence(Deutsche Verteidigungs Dienst)であり偽の情報を発信するのがHungarian Black Intelligenceなのです。皆さんの知らない世界があるのです。

その傀儡たちはイルミナティのステージショーを演じるのです

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/30.html

HYKSOS=NAZIS(国際シオニスト同盟)

http://blog.goo.ne.jp/j4goocast/e/44dd86343077e9da14b9ec35c9011eaa

ヒクソス

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%B9

フリーメーソンのオカルト知識はエジプトを模範にしたものです。それについては,C・W・レッドピーターが著書「古代の神秘儀式」で古代エジプトの神秘宗教が今日のフリーメーソンに持つ意義について語っています。またデーヴィッド・キャリコの最新書は,今日の悪魔主義の儀式を詳しく調査し,SRA(悪魔の儀式での虐待)とエジプトの「死者の書」(Pert Em Hru)には一体一の対応があることを論証しています。また,モナーク・マインド・コントロールを行う集団の一つが,「セト神殿」と呼ばれている。

サナトクマーラ

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%B5%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A9&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=&afs=&at=&aa=&ts=2642

一度は行きたい鞍馬寺~https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=81120

イスラエル盟主のテロ組織

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/39.html

関連記事:テロリストに仕立て上げられた若者~トーラーの名のもとに

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/774.html

トランプ暗殺はあるか

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52002605.html

「PAWNS IN THE GAME」

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/588.html

『イギリス王室、すなわち、イングランド銀行のフリーメーソンのユダヤ人の株主は、ワンワールド世界政府(実際は単に『英国』帝国主義の変身したもの)の背後にいます。 米国は、このアジェンダの現在の道具です』.....と。

関連記事:Chatam House

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/770.html



届かぬ声

http://doi-toshikuni.net/j/voices/



沈黙を破る

http://doi-toshikuni.net/j/bts/







イスラエルとハマスはお友達

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/841.html



















最後の方ではイルミナティに打ち勝つのはイエスしかいないと牧師特有の言い回しに辟易しますが以下のブログがよくまとまっています

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=50235

上記管理人様による二つのイルミナティの解説

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/judea/soshiki_kikanco/iluminatyco/what.2htm

フリーメーソンとイルミナティ その1に出てくるWICCAとは

https://search.yahoo.co.jp/search?p=Witches+International+Craft+and+Country+%EF%BC%9DWICCA&aq=-1&oq=&ts=32070&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

ウイッカ~https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AB

ペイガ二ズム

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%81%8C%E4%BA%8C%E3%82%BA%E3%83%A0&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=&afs=&at=&aa=&ts=4514

アブラハムの宗教

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%AE%97%E6%95%99

ペイガ二ズムの逆襲

http://www.geocities.jp/cato1963/paganism.html



シナルキ(Synarchie)

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%AD&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=&afs=&at=&aa=&ts=18554

13人ドルイド司祭

https://search.yahoo.co.jp/search?p=%EF%BC%91%EF%BC%93%E4%BA%BA%E3%83%89%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%89%E5%8F%B8%E7%A5%AD&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=-1&oq=&afs=&at=&aa=&ts=13788

パリのテロ ニースのテロ ベルギーのテロ ボストンのテロ.....一人も死んでいないテロ

関連記事は書いてきましたので省略します。トランプさんは入国規制なんてお門違い。



米国こそ世界最大のテロリスト

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1125.html

そんな国に日本国民の財産である年金17兆円をお土産にもって行ったそうだ。ここのところ滅入ってしょうがない。

マッカアサーの告白

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3105

巨悪は我々の心を養分として育つ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/331.html

以下は~http://www.archivelago.com/Garden/Cloisters/2004/shuudan_aku.html

『集団となって「悪さをする」のは、何も野次馬や暴徒化した群衆だけではない。会社でも国家でも、ある一定以上の規模になった組織は、容易に「悪」の巣喰う場所となる。

それはなぜか。それは人間が集団の中に、自分の醜い「悪」の顔を隠すことができるからである。「悪の顔」を隠すことができれば、われわれはもっと容易に悪を成すことができる。おそらくは、悪であると自覚せずに、その悪を成すことさえ可能である。人間の大部分は弱い。そして弱さの集合的発現こそが、将来われわれが代価を払うことになる(であろう)大規模の「悪の発露」たる戦争である。集団の陰に隠れて行われる、各人の「卑怯の合算」である戦争なのである。それによって生じるあらゆる破壊や殺戮は、それに関わるひとすべての共犯であるために、おそらくいかなる戦争も、その責任をきちんと追及することは不可能である。ましてや共犯関係にある者同士が互いを追及することなどあるはずがない。

ひとりひとりは、いかにも良心のありそうな人間であったとしても、悪いのは自分だけではないと信じる無責任、利益を自分に向けて抜け目なく最大限引き出そうとする利己主義、人の背中に隠れて小さな悪への誘惑に負ける意志薄弱という側面は、実は各自に潜む。ひとりひとりは一見「善良」ではあり得ても、集団というものは、こうした人間の最低の部分が、最大に「活かされる」場所なのだ。そして、人間の最低の部分の集合的な発現は、法的に違反しているものである必要はない。それら「悪」のほとんどは「合法的に」なされるのである。いかなる法も所詮人間が作りだした、われわれにとっての便宜のひとつのありかたにすぎないからである。

人間のこの狡賢さは、自分が被害者にならない限りにおいて、その帰属する集団を、暴力、嘘、盗み、といったあらゆる悪の行為に駆り立てる。いや、「駆り立てる」という言い方はひょっとすると正しくない。そういう行為を「許し」、密かに「見逃し」、悪の成就を、無言で「支持する」のだ。そしてあらゆる悪への牽制メカニズムの網の目をかいくぐって、最終的に悪はどこかで成就する。国家とは、そうした悪だけが表に発露される最低最悪の場のことである。われわれ小市民は、自分の利益のためにとても人を殺せないが、「国家」という乗り物を使ってなら、より大規模にそれを成し遂げることができる。より無自覚に。

嘘を付いて過去の悪行を認めない国家。
嘘を付いて他国から経済援助を引き出す国家。
嘘と知りながら大国の巨悪に「大義」を見出す小国。
嘘と知りながら国をまとめるだけのイデオロギーを以て、小国を支配するための大義とする大国。
あらゆる嘘や暴力が、歴史上あらゆる国家という国家によって堂々と実現されてきた。

支配されるわれわれの間では
人を殺せばそこには殺人の罪が生じる。
嘘を付いて他人の援助を受ければ、そこには詐欺の罪が生じる。

しかしいかなる隠れた狡猾も、明らかな罪科も、国家という巨大集団によって、より大規模に成されるや、それは「われわれの責任ではない」ということになる。実に、巨大な群衆としての「国家」とは、われわれ小市民にとって、便利な隠れ家である。日常の中に滑り込んでくる個人による殺人を、残虐であるとか非人間的な悪逆であると評し赦さない一方、われわれは、集団による組織的な殺人を「政策である」と呼ぶことができ、過去のそうした組織的かつ大量な殺人を「他に選択の余地がなかったこと」として情状酌量し、容易に忘却する。

年金制度や税の徴収のあり方など、何を見ても、人間としての考えられる限り“最低の在り方”を、政治家の判断や活動を通して、国家はわれわれに見本を示してくれている。しかし、実は、悪いのは政治家や官僚だけではない。「大きな集団」とは、小さな悪や小さな良心、その他諸々人間の行為や思いのすべてを濾し落として、内なる最大の巨悪だけをそのまま残して一番上に提示する、いわばザルのような仕組みのことなのである。このザルを以てしては、良心という人間のもう一つのちっぽけな真実の在り方を掬い上げるには、あまりに器としては大きすぎるのである。

何千年経ってもなくならない官僚組織の腐敗。一部の利益を代表するだけの、大局を決して見ることのない御用政治家の限界。個人の思いを無視した外交官僚たちの秘密の工作。どうして無くならないのか、われわれはいつも考える。しかし答が見つからない。そうした行いの正邪は、合法であるか非合法であるかという判断とはこの際関係がない。

官僚組織自体は、合法的に組織された集団である。そして国会は(表向きには)合法的に選ばれた代議士達によって組織されているものである。しかし、仮に、ひとりひとりの官僚や政治家に「一般人の良心」というものがあったとしても、それは国家や行政の「行為」として具現化できない。たとえば、行政活動の必要に応じて、いったん金の流れというものが生じると、それが時代と共に意味を成さないものとなっても、その旧弊な「流れ」を温存したいひとりひとりの心が、その変革を許さない。それら利権を温存する方法が、如何にわれわれの法に適ったものであっても、そこには集団としての、あきらかな悪がある。官僚や政治家のひとりひとりが、その悪を見ようとせず、その悪を悪であると、心の弱さと曇りから認めることができない。したがって、たとえば、必要だとされたひとつの「金の流れ」という利権が、時代の変化や必要の有無に関わらず、いつまでも温存される。結果的に一般の納税者から合法的に金を巻き上げ続けるシステムだけが残される。だからいくら増税しても、これら金を吸い上げる者達が、そのシステムを諦めない以上、いくら民衆が金を稼ぎ出しても、彼ら悪徳官僚達の腹を十分に満たすことはできない。われわれは、毎日額に汗して働いて、そういう者達を養い続けている。しかし権力という言葉が、こうした「もてる者達」にとっての「保身」の意味でしかない以上、この状態を変えることは容易にはできない。もてる者達自信が自らの矛盾のために自壊するしかないのかもしれない。(しかしどのように?)

恐らく、社会的弱者に対する無視(内へ向かう暴力)も、戦争への道(外へこぼれ出す暴力)も、より強い巨悪への追従も、個人個人の狡さや弱さを足し合わせた、その集団の総意の結果なのだ。暗殺や小国政府の転覆など、明らかな非合法行為も、実はそうした「合法的に赦されている」一般民衆の弱さの合算したものの例に漏れないはずだ。

合法的に赦されたわれわれが、倫理的に明らかな非合法である戦争を作りだすのである。戦争を可能にする合法的な制度によって。

個人の中ならばしばしば認められる良心や寛容というものも、生き物の本来持っている一側面である。政治家とは、そうした人間の善良さが、巨大な国家という生き物の性質として表現されるための、類い希な創意工夫と、鉄のような意志と、実行力を兼ね備えた者でなければならない。そして、われわれは、われわれの個人の中に生きている良心の具現化を助けない人間を、政治家として選んではならないのである。

私が書くことは、おそらく巨悪への共犯という私の罪を何ら酌量しないだろう。ましてや、このままではこれから起こるかも知れないことを防ぐなんの助けにもならないだろう。私の心に奇跡が起こり、私がわれわれを押しつぶす巨大な車輪の前に身を投げ出したところで、この巨悪の大河の流れをもはや止めることはできないかもしれない。しかし最も効果的な身の投げ出し方を悟れば、それを実行するかも知れない。しかし、次善でさえないにも拘わらず、今の時点で、私が何を信じていたのかを隠さないことには、何らかの意味があってほしいと願わずにいられない。そしてこれを公共に向けて書いていたことが、私の今後の「扱われ方」に多少の影響を与えることはあるかもしれない。あるいは図らずも「身を投げ出す」第一歩に結びつくのかも知れない。

管理人注:上のブロガーさんも書かれておられる「政権に潜む日本破壊思想 」にもあるように明治以来日本の破壊史なわけでそれは今も続いております。変な言い方ですがスピノザはもし自分の国が忌まわしいと感じるならばそんな国は一刻も早く消え去った方がいいと言っているそうです。大江健三郎氏の本にありましたが同感です。以上は私の敬愛するサイトから~http://www.archivelago.com/Garden/Cloisters/2004/shuudan_aku.html

日本破壊計画にはやく気づけ

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/443.html

おまけ~前の記事でNZでクジラの打ち上げがあったがクジラに続いてついにイルカも、人工大地震の前触れだろう。日本の2月17日午後14時46分厳重注意 東京直下型か東南海トラフの可能性25%

http://quasimoto2.exblog.jp/23639045/

ついに「311が核爆弾の人工地震であった証拠」が見つかった!?:高周波と音波の存在!
http://quasimoto.exblog.jp/17336865/

(あ)311が始まる前にHAARPが異常に活動したこと。 ~大地震の前兆現象が科学的に証明された!?:やはりHAARPと原爆の仕業だったのか?
http://quasimoto.exblog.jp/14809625/

(い)大地震の3連発が一気に起こったこと。この波の重ね合わせのために、
(う)巨大津波が日本側だけに到来し、北中南米に被害が及ばなかったこと。
(え)地下深部10kmの浅い地震であったこと。
(お)掘削船ちきゅうの活動地点であったこと。
(か)および、震災時にちきゅうがそこにいたこと。
(き)震災前にイルカの大量死があったこと。イルカの大量死の最大の理由は米原子力潜水艦による強烈な大音量極超低周波ソナーの放出によるイルカの脳破壊のためと知られている。
(く)したがって、この地域に原潜が到来した可能性があること。
(け)震災直後に巨大渦巻きが誕生し、水が海底穴に引き込まれたこと。
http://quasimoto2.exblog.jp/iv/detail/?s=23639045&i=201604%2F02%2F09%2Fa0348309_19281358.jpg

(こ)311地震の音を計画的にモニターしていた研究者がいたこと。 ~311M9の巨大地震の音:やはりアレか?
http://quasimoto.exblog.jp/14672938/

......宮崎正弘さんのメルマガから

じっくり読まれている記事

https://search.yahoo.co.jp/search?p=http%3A%2F%2Fangel.ap.teacup.com%2Fgamenotatsujin%2F381.html&aq=-1&oq=&ts=2976&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

エノク書~偽典や外典にこそ真実が隠されているということ。これが弁証法なり

http://www.asyura2.com/07/dispute27/msg/627.html

パナマ文書

http://blog.goo.ne.jp/y-inosan66/e/77765c47953c244ed1dcdd953760ff65

タックスヘイブン Democracy Now

http://democracynow.jp/video/20110415-1/







バガボン帝国

http://ameblo.jp/baclo/entry-11259196369.html

凝縮された曼荼羅

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/42.html

宮崎正弘の国際ニュース

http://melma.com/backnumber_45206_6478016/

この記事へのコメント

「国際ユダヤ同盟仲間 安倍と志位」
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1025.html

「巣鴨プリズンネットワーク」
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1189.html

「日本会議の実態」
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1191.html

管理人注:上の記事についたコメント~日本会議は本来の国体を取り戻す意味でならおおいに結構

投稿者:過去だけにとらわれることなく未来をみたいと思います。

2016/5/14  8:41

古代イスラエル・ユダヤにおいて、「宗教改革」が行われ、「いと高きところにまつられていた神々」の多神教からミディアン(ケニ人)の神である、現在のユダヤの神をまつる一神教へ、多神教の祭祀階級の粛清や追放を含む「改革」「変化」があり、祭祀階級の交替と葛藤が現在の世界の南北問題につながると思っています。ユダヤ・キリスト教と道教・縄文的世界の対立です。縄文は母であり。ユダヤ教は後から生まれており、。アブラハムの故郷・カルデア人のウル第三王朝時代、彼が移動し関わりをもったヒッタイト(ヘテ)は多神教世界でした。ネット情報の一つによると、道教において、金字塔(ピラミッド)の墓を造ったとされる少昊は、中国を統治した五帝の一人に数えられ、伏羲(太昊)の継承者を自称、ということです。gamenotatsujinnさん、ありがとうございます。

http://9311.teacup.com/daidaikonn/bbs/1556

また文中にあるまたちゃんの記事にあるDVDとはDVD・German Black Intelligence(Deutsche Verteidigungs Dienst)のことです。またすり替えられた明治天皇は大室寅之祐ではなかったことがその後の調べで判明しました。鬼塚英昭は北朝鮮のスパイです。

http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/334

「北朝鮮=統一教会=CIA」
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1231.html

鹿島昇について

http://plaza.rakuten.co.jp/junksai/diary/200511210001/

■ 明治天皇すり替え・田布施システム説のウソ ■

陰謀論者の「リチャード・コシミズ」、「鬼塚英昭」という人物が明治天皇すり替え説の論者としているが、コシミズの本を出版し、鬼塚英昭の書いた本のすべてを出している出版社の成甲書房は朴甲東という、朝鮮共産党機関紙「解放日報」元記者である在日朝鮮人が設立した会社である。

【田布施システムw】明治天皇すり替え説 フルベッキ写真←大ウソ【大室寅之祐(笑)】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n297974

その説明に「フルベッキと幕末志士たち」と呼ばれる写真が使われるが、それは佐賀の藩校の生徒だと確認されている。佐賀の写真を使って長州の田布施だ、長州のすり替えだと説明しても、お笑いなんだけどw

「フルベッキ写真」伝説覆す原板: 幕末の志士集合写真 → 実は佐賀藩校の生徒 (読売新聞 2013/4/24)
http://www5.kjclub.com/UploadFile/exc_board_66/2013/04/24/img0030.jpg

 2017/2/7

陰謀論の研究、日本を牛耳る田布施システムとは
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-480581/

管理人注:上下のお二人とも鬼塚英昭の影響が大きすぎるというか騙されていつのです。私もそうでした。

山口県田布施町の怪 ~日本国家の真相~ (心に青雲)
http://www.asyura2.com/07/bd50/msg/536.html

おまけ~The House of Rothschild

https://www.youtube.com/results?search_query=the+house+of+rothschild+full+documentary









 
 
》記事一覧表示

新着順:115/3592 《前のページ | 次のページ》
/3592